記事作成日:

フォークリフトの仕事の将来性は?仕事なくなるって本当?!真相を調査!

荷物を積みこんだり、高い場所から荷物を下ろしたり出来るフォークリフトは、倉庫や工場などで活躍していて、フォークリフトを操作する方は資格も必要です。そんなフォークリフトの仕事が将来なくなるという噂があるのです。フォークリフトの仕事の将来性、そして噂は本当なのか、真相を徹底調査していきます。

フォークリフトの仕事の将来性は?無人化する?

フォークリフトの仕事は大型の倉庫や大量の荷物を扱う工場など、様々な会社で仕事をされている方が多くいます。しかし、フォークリフトの仕事の将来性は、と聞かれるとあまり明るい答えは出来ません。

この先20年程までに、人工知能やロボット等で代替が可能だとされている職業の中に、フォークリフトの仕事が入っています。人間の仕事をロボットに奪われる可能性が高い仕事であるため、将来性は低いと言わざるを得ない状況です。

フォークリフトの仕事なくなるって本当?

フォークリフトの仕事の将来性が低い、となるとやはりフォークリフトの仕事がなくなるという噂は本当なのでしょうか。結論から言うと、フォークリフトの仕事がなくなるのは本当です。ただ、今すぐに無くなるわけではありません。

今もフォークリフトの仕事は入出荷作業や製品の運搬などがあり、すぐになくなる心配はありませんが、この先はどんどん先細りになって、いずれなくなっていくでしょう。今の状況からするとそんな簡単になくならないだろうと思われがちですが、理由が分かれば冷静にこの先を見通せるようになれるはずです。

フォークリフトの仕事が将来なくなる理由

ではなぜ、フォークリフトの仕事が将来なくなってしまうのでしょうか。フォークリフトの仕事だけでなく、同じ現場で働く倉庫や工場の作業員の方も、同じ理由で仕事がなくなる可能性があります。

フォークリフトの仕事をしている方やこれからフォークリフトの仕事につこうと考えている方は、なくなる理由を知って将来を考えてみてください。

仕事がなくなる理由①物流倉庫の自動化

仕事がなくなる理由1つ目は、物流倉庫の自動化です。すでに大手の会社の物流倉庫ではロボットの導入や自動ピッキング化が始まっており、物流だけでなくベンチャー、機械メーカーなど各社が倉庫の自動化、無人化を出来るように開発を行っています。

某大手運送会社でも2030年までに倉庫の一部を無人化するべく開発を行っており、フォークリフトの仕事も自動で行うようになるそうです。入出庫作業などでは走行型双腕ロボットを活用していくそうなので、自動化が進んでしまうとフォークリフトの仕事はなくなってしまいます。

まだ完全自動化を目指している最中ではありますが、どこの会社も自動化が進むにつれフォークリフトの仕事は先細りになる、ということがお分かりいただけるはずです。

仕事がなくなる理由②作業員の働き方改革

もう1つの理由は、作業員の働き方改革です。厚生労働省が進めている働き方改革は、働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革、とされています。この働き方改革によって時間外労働の上限が規制されました。

残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間となり、大企業は2019年4月〜、中小企業は2020年4月〜施工されています。フォークリフト作業員の給与は他業種に比べて低く、増加傾向にもありませんが、これまでは基本給が安くても残業代で稼げていました。

しかし働き方改革で残業があまり出来なくなり、働いても貧困になるケースも出てきてしまいました。重労働な上、残業できずに給与も安いとなると、やはり新たにその仕事を選ぶことはしたくない方が多いはずです。

フォークリフトの仕事の現状

将来性がないフォークリフト作業員の現状はどうなっているのでしょうか。フォークリフトの免許を持っていて資格を生かしたい方は、仕事を探して働きたいという方もおられるかもしれません。現状のフォークリフト作業員の仕事について、把握しておきましょう。

フォークリフト作業員の現状は人手不足

フォークリフト作業員の仕事は、最近求人検索をしたことのある方ならお分かりかもしれませんが、多くの会社で募集を出しており、実は人手不足の状態です。フォークリフト作業員だけに限らず、日本は労働力不足が懸念されており、2025年にはマイナス583万人もの人手が足りなくなると言われています。

労働力不足の解消は、女性やシニアが働くことによってある程度解消される見込みですが、フォークリフト作業員の仕事は危険が伴い、重労働で倉庫内は夏は暑く冬は寒いなど、デメリットが多いため若い世代や女性、シニアが好んで選ぶ様な環境にはありません。

またトラックドライバー不足とドライバーの安全確保のため、これまでドライバーが行っていた物流センターや倉庫での積み下ろし作業をやめようとしている所もあるため、このような場合はフォークリフトの仕事が増えてしまっています。一般的にドライバーよりも賃金が安いフォークリフトの仕事に、人が殺到することは今後も考えにくい状況にあります。

フォークリフトの仕事なくなるのはウソ?

これだけ現状、人手不足で引く手あまたなら、フォークリフトの仕事がなくなるのはウソじゃないか、と考える方もおられるかもしれません。しかし人手不足の解消を目的に物流倉庫の自動化がますます進む可能性が高いのです。

ただ、自動化するのは多額の資金が必要で、システムの開発など、お金も時間もかかります。今すぐにロボットにとってかわられるわけではありませんが、大きな企業や倉庫を複数持っている会社などから自動化は進み、いずれ中小企業でも自動化が進んでいくでしょう。

若い20代、30代の方があと30年、40年、フォークリフトの仕事で一生働いていけるかと言われると仕事がなくなっている可能性の方が高いです。早いうちに他の仕事への転職を検討するのがおすすめです。

フォークリフトからの転職で失敗しないコツ

ここからはフォークリフトからの転職で失敗しないコツをご紹介してまいります。これまでフォークリフトの仕事以外はしたことがない方には、なかなか他業種に就職しようと思っても、うまくいかないこともあります。早く転職がしたい方や、いい条件で仕事につきたい方はぜひチェックしてみてください。

転職に失敗しないコツ①転職エージェントの利用

転職に失敗しないコツ、1つ目は転職エージェントの利用です。転職エージェントに依頼すると、よい求人の紹介など転職のサポートを無料で行ってもらえます。自分に合う企業かどうか、なかなか自分では入社前には分からないことも多いので、相談をしながら決めたりアドバイスも貰えるので安心です。

転職に失敗しないコツ②資格取得

もう1つは資格の取得です。転職したい仕事をするにあたって、まず自分がこの先どう仕事をしたいかをはっきりさせ、資格があった方が有利であったり、資格がないと働けないという場合は事前に資格を取得しておくと良いでしょう。

とりあえず簡単そうな資格を取ったり、転職先を考えずあった方が良さそうという漠然とした状態で資格を取っても、転職しても資格が全く役に立たない、ということも少なくありません。資格は自分の強みになるので、転職した後のことを考えて取るようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントの違い

ここからは転職サイトと転職エージェントの違いをご紹介していきます。そもそも転職するのが初めての方は、転職サイトを見るのも転職エージェントの利用も初めてになるので、違いをよく知らない方も少なくありません。それぞれに特徴やメリットをご紹介していきます。

転職サイトとは?メリットは?

転職サイトは、採用企業が求人広告を出しているサイトで、サイト内から自分で求人を探して応募していくサービスです。自分で好きな求人を探したり応募できるというメリットがあります。求人も多いのでどんどん応募して転職活動していくことも可能です。

ですが、採用企業によっては採用者を年齢や学歴で絞っていて、広告が閲覧できず応募できないというケースもあります。また転職サイトを見ている人は多いので、人気のある求人だと書類選考で落とされてしまうことも多いです。

転職エージェントとは?メリットは?

転職エージェントは、アドバイザーが転職に関しての相談やアドバイスなど、様々なサポートを無料で行ってくれます。メリットは、転職エージェントしか持っていない非公開求人を保有しているので、自分の力では探せない求人を紹介してもらえる可能性があります。

また、自分の希望と自分に合いそうな企業を提案してもらえたり、年収などの交渉を代行、応募書類の添削やアドバイス、面接対策も教えてもらえるので、初めて転職する方には心強いサービスです。

フォークリフトの仕事なくなる前に対策をとろう!

フォークリフトの仕事がなくなるという噂の真相を調査してまいりましたが、真相を知ってがっかりしたり不安になられてしまった方もおられるかもしれません。しかし、今から対策を取れば、仕事がなくなったと慌てなくても済みます。

今は大丈夫という方も、この先なくなるのであれば早めに将来を考え、行動を起こすのがおすすめです。転職サイトや転職エージェントを上手に利用し、希望の仕事を見つけましょう。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。