記事作成日:

人生ハードモードの人の特徴・原因とは?ハードモードからの脱却方法を解説!

他の人よりも厳しい環境で過ごしている、望んでいることになかなか手が届かないような人生を送っている【人生ハードモード】の方はいませんか。

何をやっても上手くいかない人生ハードモードの人には、ある特徴や様々な原因があります。その特徴や原因を把握して、これまでの人生ハードモードを脱却してイージーモードに変えてみましょう。

人生ハードモードの意味とは

人生ハードモード】は元々ゲームから生まれたネット上の言葉で、ゲーム難易度の『難しい・ハード』『簡単・イージー』からきています。

このゲーム難易度ハードのようになかなかクリアできない、厳しく困難な状況が多い人生を送っている場合に『人生ハードモード』と言われることがあります。

もちろん自分自身の人生なので、人によってはその難易度は異なりますが、日々生きていく上でつらい状況がありすぎる方は毎日楽しそうに過ごす方を見ると羨ましく感じてしまうことでしょう。そこから「なぜ自分ばかり」と卑屈になってしまうこともあります。

人生ハードモードの人の特徴

常につらい思いをして過ごしている人生ハードモードの人には、ある共通する特徴があります。その特徴を見極めることで人生ハードモードを脱却するためのヒントが隠されています。

困難な状況に陥りやすい方は人生ハードモードの特徴に当てはまる可能性があるのでチェックしてみましょう。

特徴①求める理想が高い

人生ハードモードと感じる人は、自身が望む希望がなかなか叶わないことが多くあります。生きていく上である程度の理想を掲げることは良いことですが、人生ハードモードの人は求める理想が高い傾向にあります。

この理想は自分自身で望むものだけでなく、家族や世間など周囲が望む理想の場合もあります。

理想が高ければ高いほど、叶えるための努力が必要以上の大きな負担となり、理想と現実の差に悩んでしまうために厳しい人生を送っていると考えて人生ハードモードになりやすくなってしまうのです。

特徴②決断力がない

何事にも決断力がない場合も人生ハードモードに陥りやすい特徴です。やらなければいけないことを「あとで」「そのうちやる」「いつか」と先延ばしにすることで、結局結果を出せずに終わることがあります。

決断力がない人は、そのときにやっておけばチャンスに繋がることを見逃す行為でもあります。決断して物事を進めることで結果が良かった・悪かったの判断ができ、失敗すれば次に活かすことも可能になります。

人生ハードモードの人で決断力がない方は行動力がなく、次に進めるチャンスや本来であれば手に入れることができた機会を逃しています。

特徴③感情のコントロールができない

感情コントロールができないと視野が狭くなり、できることの幅も狭くなってしまいます。

感情のコントロールができない人は自分への評価が低く、他人からなにを言われても気にすることなく好きなことしかできない人生になります。そうなってしまうと社会では生きづらく、仕事をしても指示されたことができない、能力が低いと評価されて肩身の狭い思いをします。

特に真面目な性格の人は「自分自身ができる」と思っている範囲が狭いのに、なぜ上司は無理なことを指示するのか悩み、さらに自分ができないことに落ち込み、つらい毎日を送ることになります。

人生ハードモードになる原因【家庭環境】

性格によって人生ハードモードになる特徴を挙げましたが、実は人生ハードモードになる場合は性格だけでなく、家庭環境が原因となることもあります。

先程記述したように、理想が高いわけでもなく、決断力もそれなりにある、感情コントロールもできているのになぜか人生ハードモードの方は家庭環境が原因になっているかもしれません。

原因①劣悪な家庭環境

人生ハードモードの方に多く共通するのが劣悪な家庭環境です。家庭環境は自身の人生において大きく影響する要因でもあり、劣悪な環境で育てばそれだけでも人生ハードモードになってしまうのです。

家庭内暴力や虐待、保護者がギャンブル好き、片親、両親がいない場合には人生ハードモードになりやすい傾向にあります。虐待されて育った子どもは自分の感情を抑えてしまうので判断することや感情コントロールが上手くできません。

子どもの頃に育まれるはずの様々な感情が成長できず、精神的に不安定になることで社会に出ても上手くいかなくなります。また、両親がギャンブルに依存している場合は育児放棄になることが多く、虐待同様に愛情に飢え、不安定になりやすくなります。

また、放任主義の親とは真逆で子どもに構いすぎる、教育熱心な親が子どもに過度な期待を寄せることも、ある種劣悪な家庭環境になり、人間関係が上手くいかなくなります。片親や両親がいない場合には周囲との違いによる劣等感を抱くことで周りに馴染めなくなることがあります。

原因②家庭の貧困

貧困家庭では充分な教育ができていない、子どもに我慢させることが多くなってしまうことで生きる上でのハンデになってしまいます。

お金がない家庭では進学も満足にできず、子どもの夢や希望を断念せざるを得ない状況に陥ります。就職しても給料が出れば家にお金を入れなければならず、自分の好きなことを我慢しなくてはなりません。

夢や希望を断たれ、好きなこともできず、ただ働くだけの人生はまさにハードモードとしか言いようがありません。また、小さい頃から貧困状態の家庭で育つと服装や持ち物など、目に見えるものが周囲とは異なるため、いじめに繋がることもあります。

原因③僻地に家がある

僻地に家があると生活環境に恵まれず、社会に出たときに人生ハードモードになる可能性が高まります。離島や田舎などの僻地では自然が豊かであっても人やモノが少なく、交通が不便になっています。

進学や就職するにも選択肢が少なく、都会に出たとしても流行に乗り遅れる、これまでよりもお金がかかるなど色々なデメリットが出てしまいます。

ちょっとした田舎でも車やバス、電車を使えば都会に出ることができる場所ではなく、都会から遠く離れた僻地に住んでいる場合には生活する上で不便なことが多くなり、人生において大きなハンデとなってしまいます。

人生ハードモードになる原因【容姿・内面】

容姿や内面によって人生ハードモードになる人も少なくありません。よく「人間は中身」だと言われますが、実際には容姿や内面によって人生がハードモードになるかイージーモードになるかが変わってきます。

原因④容姿に恵まれていない

顔やスタイルが良くない、容姿に恵まれていない人は恵まれている人よりも人生ハードモードになります。第一印象でまず判断されるのが容姿であり、容姿に恵まれていなければ人に与える印象も異なります。

最悪の場合には容姿によるいじめに繋がることもあり、いじめに発展せずとも恋愛や結婚が上手くいかない場合もあります。また、就職活動や仕事では容姿による差別を受けることも珍しくありません。

容姿に恵まれていない「だけ」と言う人もいますが、それはその人が容姿に恵まれているのであって、見た目が普通以下であるとそれだけでハードな人生になってしまいます。

原因⑤頭が良くない

頭が良くないことは未だ学歴社会である現代にとって厳しい環境が多くなっています。もちろん勉強で知識を得ようと努力する人も少なくありませんが、どうしてもカバーしきれない部分もあります。

標準的な位置にいる人と比べれば、頭が良くない人が頑張って努力することでようやく普通の人がいるスタートラインに並べます。

頭が良い人は少し頑張るだけで一流の進学先や大手企業に就職することができますが、頭が良くない人は数倍以上の努力を重ねなければ同じようにできません。また、要領が悪い、知識が乏しいゆえに経験値不足になりがちのため、困難続きの人生になってしまうのです。

原因⑥コミュニケーション能力が低い

人が生きていくためには他者との関わりは避けては通れません。家庭内や学校、就職先など様々な場所でコミュニケーションを取ることを必要とされます。

そのコミュニケーション能力が低ければ他人との関わりで得ることができる経験やチャンスを棒に振ることになります。

コミュニケーションが取れないと仕事ができず、恋愛や結婚がうまくいかないばかりか、自分の意見を分かってもらえないので信頼を得ることも難しくなるでしょう。

リアルな人とのコミュニケーションを疎かにし、ネット上でのやり取りだけをしている方はコミュニケーション能力が低くなるので注意してください。

人生ハードモードになる原因【現在の状態】

元々の家庭環境や容姿はある程度自立できるようになれば改善することも可能です。しかし家庭環境や容姿に別段悪いところがなくても、今現在置かれている状態によって人生がハードモードになってしまった人もいます。自分が置かれている環境で人生ハードモードになっている原因を見てみましょう。

原因⑦借金がある

先程記述したように、家庭の貧困が原因で人生がハードモードになっている場合と似ていますが、借金があるとハードモードになりやすい傾向にあります。

その借金額が増えれば増えるほど生活は苦しくなり、ひたすらお金を稼ぐために働く必要があります。そうなれば自由な時間は削られ、友人とも疎遠になり、ただ働くためだけの人生を送ってしまいます。

そんな人生がイージーモードになるはずもなく、借金があるだけでハードになりやすいのです。また、借金してしまった状況にもよりますが、場合によっては社会からの信用を失ってしまう可能性もあります。

借金は決して他人事ではなく、誰でも起こりうることです。車や家を買うときのローンもある意味借金になるので、いつ人生ハードモードになるか分かりません。

原因⑧酒やギャンブルなどの依存症である

酒やギャンブルに依存している方は要注意です。ギャンブル依存症になれば借金を抱えることも多く、酒に溺れてしまえば感情のコントロールができなくなります。

両親がギャンブルにのめり込み、劣悪な家庭環境になってしまうことと同様に、自身が依存症になれば生活は破綻する率が高まります。

特にギャンブル依存症は勝ったときの余韻が忘れられず、「次は勝てる」と借金を繰り返す原因にもなります。負けが続くことでさらに借金は膨らみ、最終的に破産することも少なくありません。

人生ハードモードからの脱却方法

誰でも好き好んで人生ハードモードを歩んでいるわけではありません。ハードモードから抜け出せるのであれば、抜け出したいのが本音でしょう。

人生ハードモードから脱却し、イージーモードにするためにはどうすればよいのでしょうか。これまでの人生を振り返り、脱却するためのポイントをチェックしてください。

脱却方法①環境を変える

人生ハードモードの原因は家庭環境や生活環境など色々な環境が関わってきます。それなら現在の環境を変えることで人生ハードモードから脱却できるようになるでしょう。

今の環境を変えるためには時間の使い方や住んでいる場所、人間関係を変えることがハードモードからの脱却に繋がります。「いつか」「そのうち」という考えは時間を無駄にし、得られるチャンスを逃し、僻地に住んでいるのであれば引っ越しすることで解決可能、いじめや差別による環境は人間関係を変えることで改善できます。

人生がハードモードだ、と感じたらまず自身が置かれている環境を見直し、変える努力をしてみましょう。

脱却方法②スキルを習得する

スキルを習得することでハードモード脱却できる場合もあります。スキルを習得するためには目標を掲げ、努力すると同時に手に届く範囲内の理想を求め、習得できれば達成感が生まれ、自分自身に自信をつけることができます。

習得したスキルによって就職が有利になる、仕事の幅が広がる、コミュニケーションを取るきっかけになることもあります。

習得するスキルは現在自分に足りていない部分、仕事関係であれば必要な資格を、人間関係であればマナーや趣味のスキルを手に入れることで良好な人間関係を築くことができるでしょう。コミュニケーションが取りにくい方は在宅ワークで必要なスキルをゲットしてみるのもおすすめです。

脱却方法③短所を自覚したうえで長所を伸ばす

人生ハードモード脱却のためには自分の長所と短所をしっかりと把握し、短所を自覚したうえで長所を伸ばしましょう。

短所を受け入れることで解決策を導き出すことができればそれを克服、難しいのであれば長所を伸ばしていくとスキルアップになり、プラスに向かうことも可能です。

短所ばかりを見つめて何もしない状況下で「自分は駄目だ」と悲観するよりも長所を伸ばし、胸を張ることで心の安定にも繋がり、人生にも余裕が生まれます。

脱却方法④心の持ちようを変える

人生がハードモードと感じる人は心の持ちようを変えてみるのも効果的です。人によっては知らないうちにあえてつらい人生を乗り越えることを選んでいる場合もあります。

動画では努力して頑張ることも良いが、結果が同じであれば楽できるところは楽をしてみる道もある、ということを伝えています。苦労することで得られるものがある、と考える方は少なくありません。

しかし成功者のなかには苦労しなくても上手くいった人もたくさんいることを覚えておきましょう。

人生ハードモードを楽しいイージーモードに変えていこう

人生ハードモードはこれまでの生き方を変えることでイージーモードにすることができます。自身を取り巻く環境や容姿、内面、現状でハードモードになっている原因を見極め、脱却するために行動することでイージーモードに切り替えてみてください。

人生ハードモードと諦めず、まずはそこから抜け出すことを考え、自分の人生を楽しいイージーモードに変えてみましょう。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。