記事作成日:

人生やり直したいと感じたら?ポジティブな考え方と対処法を解説!

生きていると失敗したり思い通りに行かないことは誰にでもあることですが、人生をやり直したいと思う程、落ち込んでしまう場合もあります。人生をやり直したいと感じたときのポジティブな考え方と対処法をご紹介していきます。ネガティブな感情に囚われて、さらにマイナスに引き込まれないよう、考え方を変えてみましょう。

人生やり直したいけど可能なの?

仕事や友達、家族や勉強と言った、様々な原因でうまくいかなかった、失敗して人生をやり直したいと思ったことのある方は、意外に多いかもしれません。

人生をやり直したいという気持ちがあるということは、全てに絶望しているわけではなく、もっといい人生にしたい、幸せになりたいという気持ちがあるからで、前向きな考えを持っているからこその思いなのです。人生をやり直せるのかどうかは、やり直したい気持ちがあれば出来ます

もちろん、小学生に戻ったり、自分が一番後悔している場面に戻ったり、と言った過去に戻ってやり直しが出来るわけではありません。今いる時点から、人生をやり直すのです。

人生やり直したいと思う瞬間とは?

人生をやり直したいと思う瞬間は人それぞれですが、多くの方が壁に当たって、やり直したいと思う瞬間があります。自分だけではない、周りもそんな風に思っているかもしれないと分かるだけでも救われることも多いので、チェックしてみてください。

瞬間①思春期

やり直したい瞬間1つ目は、思春期です。子供から大人へと成長していく時期ですが、学校の勉強や友達関係、部活動など様々な場面でうまくいかなくなってしまうことがあります。

進学校に進んだが勉強についていけなくなった、受験に失敗してしまったという個人の悩みもあれば、部活の上下関係が辛い、部活のチームの成績が良くならないなど、周りも絡んでいることもあります。友達が出来ない、クラスに馴染めないといった人間関係の悩みも多いでしょう。

充実した学生生活を送っている人を見ると、余計に自分の人生をやり直したいと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

瞬間②理想と現実の差を感じたとき

続いては、理想と現実の差を感じた時です。夢だった職業に就き、思い描いていた理想の自分になれている、自分の目標を叶えて誰もが羨むような生活を送っている、という方はほんの一握り程度で、多くの方が理想と現実は違うと感じています。

希望の収入は得れても休みなく馬車馬のように働いている方もおられますし、アイドルや芸人など、夢だった仕事に就いても食べていけない、と言ったこともあります。理想と現実の差が大きいほど、人生をやり直したいと思いやすいのではないでしょうか。

瞬間③会社を解雇されたとき

会社を解雇されてしまった時は、やはり多くの人がショックを受けやすいです。もっと仕事を頑張っていれば解雇されなかったかもしれない、転職のチャンスがあった若いときに仕事を変わるべきだった、出世コースにのれなかったせいだ、など後悔は尽きないでしょう。

若い時なら仕事は探せばあると前向きに次へと考える方も多いですが、少し年齢が高いと再就職先を探すのが難しいなど未来への不安も大きいため、余計にやり直したいと落ち込んでしまう場合も少なくありません。

人生やり直したい方におすすめのポジティブな考え方

やり直したいと思うほど落ちこんでいる、悩んでいる状態が続くのは心にも体にもよくありません。人生をやり直したいと思ったときにおすすめのポジティブな考え方をご紹介していきます。考え方を少し変えて、心を楽にしてあげましょう。

誰だって人生やり直したいと感じている

人生をやり直したいと思ったことのある大人は多く、子供や学生に戻りたい、産まれ変わって一からやり直したいなどと思ったことがないという方の方が少ないくらいではないでしょうか。誰だって、人生やり直したいと感じているので、自分だけというより普通の感覚と思っていいかもしれません。

自分の周りにうまくいっている人がいたり、リア充の方のSNSを見たりすると、自分がみじめに思えてしまうこともあるかもしれません。しかし、自分の幸せの基準を決めるのは自分自身です。

やり直したいと思うことがあっても、自分の人生も悪いことだけではない、そういうときもあると負の感情だけに囚われないようにしましょう。

失敗は成功の糧になる

失敗をしてしまうと、もう失敗したくないからと安全策を取ってしまったり、失敗しないようにと身を守るような行動しかできなくなってしまう方もいます。しかし成功者の多くは、失敗を糧に成功しています。

失敗があったからこそ、それを生かして次の手を考えていくのです。そこでまた失敗してしまうかもしれませんが、それを恐れていてはやはり前にはうまく進めません。成功ばかりの人生はない、失敗はするものだと考えてみると気持ちも楽になるかもしれません。

人生のやり直しに年齢は関係ない

年齢がある程度行くと、今からやり直しても遅い、もう40代だから無理だ、とやり直したいという気持ちがあっても諦めてしまう方がいます。しかし、人生のやり直しに年齢は関係ありません。60代、70代になって昔からやってみたかった趣味を始める方もおられますし、50代で新しい仕事にチャレンジする方もおられます。

無理だと決めつけているのは自分なので、やってみたい、やり直したいという気持ちに目を向けて、恥ずかしがらずにチャレンジすることが大切です。

人生やり直したいなら今を変える

やり直したい、変わりたいと思っていても、思っているだけでは何も変わらず、誰かが変えてくれるわけでもありません。人生やり直したいなら、今を変えるのです。失敗したときになぜ失敗したか、どうしたら成功するかを考えずにまた同じことをしたら、やはり失敗してしまうでしょう。

失敗しないための対策を取り、今を変えれば失敗しないかもしれません。それでも失敗したら、また違う対策を考えて行動したらいいのです。過去は変えられませんが、未来はいくらでも自分の気持ちや行動で変えられます。

何もない人ほど人生をやり直せる

失敗して仕事を失った、大げんかをして友達を失った、事故で家族を失った、投資に失敗してお金を失った、災害で家を失った。様々なものを失って、どん底に落ちて人生やり直せたらと思っている方もおられるかもしれません。自分には何もないと悲観しがちですが、何もない人ほど人生をやり直せるのです。

自分が持っているものが多い人ほど、持っているもののこと考えながら選択していくため、必然的に選択肢の幅が狭くなることはよくあります。子供がいる方なら子供のことを考えた暮らしや、仕事があれば仕事を続けられる方法を優先させたり、何もかも自由に選んだり決めたりしてやり直すと言うのは難しいのです。

海外に行ってみよう、島に移住しよう、今から大学に入り直そう、など自由に決められます。自分に何もなくても、自分の気持ち1つでやり直し方を決められるので、悪くないはずです。

誰でも1つは才能がある

人生をやり直すのに自分は何が出来るかを考えた際に、自分には才能がないから、何をやってもダメと考えてしまう方もいます。自分にある才能が何かを答えられる人もいますが、才能が全くないという方も少なからずいます。自分に自信がない方は特にそうかもしれません。

才能は誰しも1つは持っているのですが、才能と言えない場合は、やはり努力が足りていないことが多いのです。スポーツ選手はやはり練習をしてうまくなっていますし、努力がなければ勝てるような選手になれません。物作りでも最初から売り物になる一品を作れるわけでもありません。

自分の好きなものや、得意なことを努力し実力を磨くことで、才能になっていくのです。もちろん、今から才能を磨き始めたって、遅くはありません。

後悔することに意味はない

どん底にいるとこうすればよかった、ああだったらよかったのに、と果てしなく後悔の気持ちが溢れてしまうことがあります。しかし、ずっと後悔して落ち込んでいるだけでは意味がありません

今回はダメだったけど次はこうしたらいいと、次へのステップを踏めるよう、分析して前を向きましょう。やり直したい気持ちがあるならば、うじうじと下を向いてる時間がもったいないです。

人生やり直したい方におすすめの映画や書籍

ここからは人生をやり直したい方におすすめの映画と本をご紹介していきます。落ち込んでいて外に出かけたくない、人とも会いたくないという場合にも、映画や本は1人で没頭できるのでおすすめです。騙されたと思って、一度見てみてください。

人生やり直したい方におすすめの映画

人生をやり直したい方におすすめの映画は、「LIFE!」です。世界で幅広く読まれたアメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働く臆病で不器用な男が主人公で、空想で現実逃避するのが唯一の楽しみという冴えない人生を送っていました。

しかし、LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付き、カメラマンを探すため一歩を踏み出して旅に出るというストーリーです。人生やり直すのに年齢は関係なくいつでもリスタートを切れる、人生を楽しむパワーを与えてくれるような映画です。

人生やり直したい方におすすめの書籍

人生やり直したい方におすすめの書籍は、「メンタルが強い人がやめた13の習慣 」です。作者はアメリカのエイミー・モーリンで、誰もがもっている13の思考習慣をやめれば、メンタルが強くなるという本です。

具体的には、よい言葉を使って考えたり、思考を休ませたりと、実行しやすく納得がいく内容です。人生やり直したいと考える人は、やはりメンタルが弱っている状態にあります。メンタルを強くしたり、自分で癒したりと自分が変われるヒントが書かれています。

人生やり直したいと感じた時のリスタート方法

ここからは人生やり直したいと感じた時のリスタート方法をご紹介していきます。自分がリスタートしたいと思い、行動におこす。それだけで再出発できるので、いつでも、どんな方法を取っても大丈夫です。自分がやりたいと思うリスタート方法を探してみてください。

リスタート方法①自分を磨く

リスタート方法1つ目は、自分を磨く方法です。仕事のために資格や免許を取ったり、ジムに通ってダイエットをしたり鍛えたり、今まで着たことのないおしゃれな服を着たりネイルをしてみたりと、方法は様々です。

見た目を変えて自信がつくと、自分は変わったと感じやすいかもしれません。自分に投資することで、自分に自信が持てるのでおすすめです。

リスタート方法②新しいことに挑戦する

続いては、新しいことに挑戦する方法です。今までやったことのなかったものに挑戦すると、これまでにない刺激を受けられる可能性があります。趣味でも勉強でもなんでもいいです。

マラソンや家庭菜園、裁縫やインストラクターの資格など、この歳から始めるにはちょっと、と思うものでもチャレンジしてみてください。気づいたら没頭していて、やり直したいとじめじめ考えていた時間が減っているかもしれません。

リスタート方法③日々を一生懸命に生きる

日々できる方法で意外に難しいのが、日々を一生懸命に生きる方法です。毎日朝起きて会社に行って家に帰って寝る、といった毎日変わらない日々を過ごしている方は多く、1日1日の大切さはあまり感じない方が多いです。

今日という日は今日しかない、明日自分は生きていないかもしれないと考えながら毎日過ごすと、毎日を楽しもうと一所懸命に生きていけるはずです。その日の終わりに1日に感謝して、また次の日も精いっぱい生きていけたら、毎日が楽しく愛おしく感じられるようになるでしょう。

リスタート方法④人間関係を変える

リスタート方法4つ目は、人間関係を変えることです。人生をやり直したいと思っている原因が人間関係にある場合は多く、職場や学校など、いくら自分が変わろうとしても関係性が変わらないこともよくあります。

仕事であれば違う部署で知り合ったり、趣味や習い事のサークルに入ったりと、新たな人たちと関係を作っていくいいでしょう。全ての人間関係を変える必要はないので、これからもお付き合いしたいという友好関係のある方はそのままで大丈夫です。

リスタート方法⑤転職する

最後は転職する方法です。人間関係を変えることにも繋がりますが、仕事内容や職場の人間関係から人生をやり直したいと思う程落ち込んでいる場合は、転職して仕事を変えると、職場の人間関係を一新でき、新たにやり直すことが出来ます。

転職によっては1からのスタートになる場合も多いですが、仕事を変えると気持ちがしゃきっとして引き締まる思いもしますし、人間関係も一から築いていけばいいので、これまでの反省も生かしてまた新たに頑張ればいいのです。環境が変わるとやり直した感はとても感じるかもしれません。

人生やり直したいと感じた今こそが変革のチャンス

人生をやり直したいと思ってる方は、どん底で沈んだ気持ちで、なかなかポジティブな考え方は簡単に出来ないという方もおられます。しかしやり直しはいつでも出来ます。何歳になったって、やり直したいと一歩踏み出せば変わっていけるのです。やり直したいと思った時が変革のチャンス、今こそ前に進んで幸せな未来を掴みましょう。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。