記事作成日:

社会不適合者とはどんな人?特徴から向いてる仕事まで解説!

自分は社会不適合者なのではないか、このような思いに至った方は、日々の生活の中で辛い思いをされているのではないでしょうか。今回の記事内では、まず「社会不適合者」とされる人の特徴を紹介します。その上で、さまざまな特徴を持つ人に適した職業の例を説明します。皆さんの今後の人生に役立てていただければ幸いです。

社会不適合者とは?

社会不適合者とは、「社会になじめず、周りとうまく協調してやっていくことが困難な人」に当てはまる言葉です。一般的には、会社で同僚や周囲の人に馴染めない、ルールや約束を守るのが苦手など、協調性に欠け、社会や周りからの要求に応えられない人のことを指します。

社会不適合者の7つの特徴

それでは、社会不適合者の特徴を見ていきましょう。周囲から社会不適合者と思われている人には、いくつかの特徴があります。ここでは代表的なものをご紹介しますので、自分に当てはまるものがあるかどうか確認してみてください。

社会不適合者の特徴①集団行動できない

会社の飲み会の誘いをほとんど断っていたり、会議で自分ばかりがやたらとしゃべっていたりすることはありませんか?

また、複数の社員で同じプロジェクトを協力しながら進めていくような場面で、先に自分だけさっさと退社したり、自分の責任ではないと困っている仲間を手伝おうとしない人もいます。

このような行動は、協調性がないとか、空気が読めない社会不適合者と思われてしまうかもしれません。特に日本では「和」を重んじる文化がありますので、協調性がないとイコール社会不適合者とみなされます。

しかし、一人で行動できるということは、長所でもあります。日本文化の強くない外資系などで勤めると、この辺りの評価は変わる可能性もあります。

社会不適合者の特徴②自分に甘い

社会不適合者は他人には厳しいのに、自分には甘いという特徴があります。状況が悪くなると、言動を翻したり、逃げ出したりする人もいます。もっと最悪なのは、自分が不利益を被らないために、他の人に責任を押しつけることです。

社会の一員として、自分の言動に責任を持つことは大切です。自己中心的な言動を続けていると、社会不適合者と認定されてしまいます。また、他の人から好かれないばかりか信頼を失うことにもなります。

社会不適合者の特徴③ルールが守れない

基本的なルールを守れない人 も社会不適合者とみなされます。例えば、会社に時間通りに出勤できない人や、顧客との打ち合わせすらできない人は、社会不適合者とみなされます。

また、法律違反ではありませんが、会社のルールや常識を無視する人も社会不適合者とみなされます。このような基本的なルールを守れない人は、周囲から敬遠され、社会でうまくやっていくことができません。

社会不適合者の特徴④平気で嘘をつく

人間は誰でも、自分が一番かわいいと思ってしまうところがあるかもしれません。しかし、ほとんどの人は、「人に迷惑をかけるようなことは絶対にしてはいけない」と自分に言い聞かせて生活しています。

もし、自分がミスをして人に迷惑をかけてしまったら、素直に謝ればいいのです。しかし、中には謝るどころか、咄嗟に嘘をついてしまう人もいます。

しかも、その嘘がすぐにばれてしまい、立場が悪くなってしまったという例も数多くあります。すぐにバレる嘘をついて自分を守ろうとする人は、社会性が乏しいと考えられます。

社会不適合者の特徴⑤プライドが高い

意外に思われるかもしれませんが、「自信過剰」も社会不適合者の特徴です。自信のある人は一見頼りになりますが、ただのナルシストであることが多いので厄介です。

自分の能力以上の仕事を引き受けたり、他人の仕事に口を出したりしますが、問題なのはその仕事をこなす能力を持ち合わせていないということです。

その結果、周りの人に迷惑をかけ、次第に社会から疎外されていきます。特に、親に甘やかされて育った人は、自信過剰でプライドが高い傾向があります。

社会不適合者の特徴⑥人付き合いが苦手

社会的に不器用な人は、人とコミュニケーションをとるのが苦手な場合が多いです。苦手ではなくても、知らず知らずのうちに相手を不快にさせるような言動をしてしまう人も少なくありません。

例えば、最低限のお礼や挨拶ができない、雑談に加われない、TPOをわきまえない「空気の読めない発言」などが挙げられます。

また、周囲の人とのコミュニケーションに心理的なハードルがあるため、親睦を深めるための報告や会話の展開ができないこともあります。ビジネスの世界では、コミュニケーションが取れないという弱点が命取りになることもあります。

それに、そもそもコミュニケーションの価値を感じていない人も多く、「必要最低限の会話しか交わさない」「飲み会や交流会には一切参加しない」という特徴があります。

社会不適合者の特徴⑦ナルシスト

人間は誰でも自己愛を持っています。それがなければ、人間として生きていくことはできません。しかし、自己愛が強すぎると、「自分しか見えていない」状態になってしまいます。

自己愛が「自分しか見えない、自分を守るためには何でもする」というレベルになると、社会不適合者と呼ばざるを得ません。自分のことしか見えなくなると、当然、他人を思いやる意識や気持ちがなくなってきます。

また、自分を守るために必死になり、他人を貶めるような言動をするようになります。社会に溶け込むためには、周りの関わる人を大切にするという意識が不可欠です。

社会不適合者に向いてる仕事

自分は社会不適合者かもしれないと悩んでいる方におすすめの仕事を紹介します。自分に合った仕事を見つけることで、無用な退職・転職の繰り返しを避けることができます。

仕事①1人でできる職業

人と協力しながら仕事するのが苦手で、自分は社会不適合者かもしれないと思っている方には、一人で黙々と作業ができる仕事がおすすめです。工場で1つ1つ部品を作る仕事や、数字を入力するデータ入力の仕事などがあります。どちらも自分の仕事に没頭できますし、面倒な人間関係もありません。

仕事②人と関わらない職業

人と話すのは苦手、あまり人と関わらない仕事がしたいという方もいるでしょう。そんな方には、トラックドライバーや警備員などの仕事がおすすめです。最初は先輩と一緒にトラックに乗り、研修を受けることになるかもしれません。

しかし、それが終われば、ほとんどの場合、一人でトラックに乗れるようになります。それと同じように、警備員も仕事に慣れてくれば、一人で過ごせるようになります。ですから、比較的人間関係が楽な仕事だといえます。

仕事③特技を活かす職業

好きなことをしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。自分の好きなこと、得意なことを突き詰めていくことが仕事につながることもありますので、一度好きな事を仕事にできる可能性について考えてみましょう。

もし資格やスキルアップが必要なら、そうした努力を始めるのもおすすめです。ジャンルにもよりますが、見習いとして働ける場所もあるはずですので、本当に好きなことを仕事にできる可能性があるなら、学びながら進めていきましょう。

好きなことを仕事にするのは簡単ではないかもしれませんが、達成の先には大きな可能性が広がっています。

社会不適合者を抜け出すためには?

社会不適合者の多くは、自分の現状を改善したいと考えています。では、自立して社会でやっていくためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、社会的に認められるようになるための方法をいくつかご紹介します。

一般常識を身につける

社会不適合者であっても、一般的なマナーは身につけておくべきです。一般的なマナーとは、「挨拶をする」「話しかけるときは今よろしいですか、と確認する」「人が話しているときはしっかりと耳を傾ける」などの習慣です。

人と話すときには、相手の目を見て話を聞き、人前では人の悪口や批判をしないなどのマナーも大切です。また、人と深い関係を築くつもりはなくても、最低限のコミュニケーションは取れるようにしておきましょう。

そのためには、人に興味を持ち、相手が自分に何をしてほしいと思っているのかを考えることが大切です。一般的なマナーをおろそかにせず、できることから努力してみましょう。

自分の行動を見直してみる

「遅刻が多い」「約束を守らない」「小さな嘘を繰り返す」など、自分の行動の中に人の信頼を失うような行動がないかどうかをチェックしてみましょう。これらの行動を一つ一つ正していくことが、社会不適合者から脱出する近道です。

些細なことだから大丈夫と思ってはいけません。むしろ、「この行動は他の人に迷惑をかけていないか」「自分が同じことをされたらどう思うか」と冷静に自問しながら改善点を見つけていくことが大切です。

社会不適合者でも活躍できる環境を見つけよう

以上、社会不適合者の特徴と向いている仕事、問題解決のヒントをご紹介しました。時間にルーズな人や協調性のない人は、社会不適合者である可能性が高いと言えます。しかし、社会不適合者だからといって、必ずしも仕事ができないわけではありません。

自分の特性を理解し、自分に合った仕事を見つけることが大切です。また、一般的な社会人としてのマナーも身に付けるように努力しましょう

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。