記事作成日:

「もう働きたくない」と思ってしまう理由は?対処法や転職事情を詳しく解説!

もう仕事をしたくない、人間関係に疲れた、という方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんな方におすすめの対処法と、世代別の転職方法を詳しく解説します。精神的にも肉体的にも限界まで頑張ると、あとでしんどくなってしまいます。悩みを一人で抱え込まず、この記事を参考に自分に合った仕事を見つけてください。

もう働きたくないと感じる理由

働きたくないと思う人が感じる主な理由は何でしょうか。ここでは、「働きたくない」「仕事をしたくない」と感じる主な理由を7つ取り上げます。

もう働きたくない理由①仕事にやりがいがない

働きたくないと感じる主な理由の1つは、今の仕事に違和感や嫌悪感を感じているからです。違和感や嫌悪感の原因は、「仕事内容」と「環境」に細分化されます。

原因が「仕事内容」の場合、目標や満足感がない、仕事が楽しくない、自分が何をしたいのか分からない、他にやりたい仕事があるなどの理由で働きたくないと感じてしまいます。

確かに、今の仕事に目標や誇りがなく、ただ何となく仕事をしているだけでは、仕事に対して前向きになれないでしょう。また、他にやりたい仕事があるにもかかわらず、我慢して今の仕事を続けている場合も同様です。

違和感や嫌悪感の原因が環境であれば、たとえば、職場の人間関係が悪い、給料が安い、毎日忙しすぎる、などがストレスを与えることがあります。

仕事自体に問題はないものの、人間関係や福利厚生、給料などに不満があると、仕事へのモチベーションが下がります。やる気が出ないということは、働きたくないということに直結します。

もう働きたくない理由②人間関係に疲れた

職場の人間関係が複雑で、雰囲気が悪かったり、ストレスを感じながら仕事をしているために、「仕事をしたくない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

仕事と割り切ることができれば少しは楽になりますが、いつも一緒に同じ空間にいるなど、そうはいかない場合も多いでしょう。また、取引先やお客さまとのやりとりも、一人では難しい場合があります。

自分でコントロールできる問題なのか、それとも仕事をしたくない環境なのかなど、仕事をしたくない理由を整理することで、割り切りやすくなります。

もう働きたくない理由③同じ職場で長く働き続けたから

同じ環境で同じ同僚と同じ仕事を長く続けていると、飽きてしまったり、もう仕事をしたくないと感じてしまいがちです。特に30代、40代の中堅社員の中には、キャリアアップのために新しい知識や経験を得られないことに不安を感じる方もいます。

もう働きたくない理由④仕事でミスをした

仕事で取り返しのつかない失敗をして怒られた後、「また失敗するなら仕事をしたくない」と自信をなくしてしまう方もいます。対処法としては失敗に対する恐怖心を克服することが必要です。

もう働きたくない理由⑤やりたい仕事ではなかった

せっかく就職しても、いざ蓋を開けてみると思っていた仕事と違ったということがあります。そのような仕事を続けていると、何のために仕事をしているのか分からなくなり、次第にやる気や向上心が失われていきます。

充実感がなければ、働かない方が楽だし、働きたくないと思うようになるでしょう。もし同じ職場で働き続けるしかないのなら、やりがいを見つけることが大切です。

たとえば、任されているプロジェクトに打ち込む、インセンティブのある仕事で結果を出すなど、何でも構いません。自分が少しでも前向きになれる状況を見つけることで、対処できることがあります。

もう働きたくない理由⑥給料が安すぎる

給料が安いことも原因となり、イライラしたり、やる気が出なかったりするかもしれません。資格や月々の売り上げに応じて給料が上がるのであれば、まずは会社のルールに沿って自分の能力や実績を高めることが必要です。とはいえ、いくら頑張っても給料が上がらないのであれば、転職を考えてみてはどうでしょうか。

もう働きたくない理由⑦将来への不安

仕事や環境に満足している一方で、「本当にこのまま働いていていいのだろうか」と将来への不安や焦りを感じ、「働きたくない」と感じている若い世代の方は少なくありません。

たとえば、20代のサラリーマンなら、数年前までは学生でしたが、社会人になると、今後40年以上も働き続けなければならないという現実に直面します。

金融庁の2,000万円貯金推奨や政府の定年引上げは、若い世代の老後不安をさらに悪化させ、結果的に「働きたくない」と感じさせているようです。

もう働きたくないと思ってしまう人の特徴


もう働きたくないと思う人に共通する特徴として、「退屈しやすい」「忍耐力やコミュニケーションが苦手」「傷つきやすく落ち込みやすい」などがあります。以下に働きたくないと思う人の特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴①飽きっぽい

もう仕事をしたくないと感じる理由の一つに、同じ仕事内容に飽きてしまうことが挙げられます。毎日同じような仕事であったり、職場環境に変化がなかったりすると、働くことが苦痛になりがちです。心当たりのある方は、体をよく動かす仕事や、仕事の内容が時々変わるような仕事を選ぶとよいでしょう。

特徴②人と接するのが苦手

働きたくないと思う人の特徴には、「人と接するのが苦手」というものがあります。人とうまくコミュニケーションがとれず、人見知りのせいでスムーズに仕事ができないのです。

今の時代、組織に属さずにフリーランスとして働くことも可能ですが、一般的には会社に所属して給料をもらっている人が大半でしょう。

組織に属しているということは、一人で仕事をするのではなく、組織の人たちと交流し、組織全体のために一丸となって業務を遂行しなければなりません。

仕事の内容にかかわらず、こうした人間関係が苦手で「仕事をしたくない」と感じる人も多いのではないでしょうか。このタイプの人は、職場で一人で行動することが多いでしょう。

特徴③ネガティブ

これは社会への反抗にも似ていますが、どちらかというと、仕事を始めてすぐに辞めることが多い方は、自分に合うものと合わないものにこだわりのある人です。

つまり、自分の天職は何か、自分は何者か、自分は何のために生きているのかを強く追求しているのです。しかし、中には「自分には合わない」という言い訳をする人もいます。

つまり、自分にとって正しいと思うこと以外には、価値も必要性もないと考えているのです。本当の価値は、その時に違和感を感じることの中にあるかもしれませんし、後になって気づくこともあります。

ですから、自分の天職や生きている理由にこだわりすぎると、苦労の中にある宝を見失ってしまうかもしれません。

特徴④我慢できない

人間関係など仕事でつらい思いをしたとき、「もう仕事をしたくない」と思うのはよくあることです。しかし、辛いことがあっても仕事を続けるには、ある程度の我慢が必要です。嫌なことがあると逃げてしまう人は、仕事を続けられない傾向にあります。

特徴⑤朝起きれない

朝起きるのが苦手という方は、毎朝、会社に出勤するのが億劫と感じるのではないでしょうか。低血圧など早起きが苦手な体質ということもありますが、仕事のストレスや睡眠不足で朝起きるのが苦手ということもあります。

ストレスで眠れないと、日に日に体が疲れてきて、仕事に行くのが辛くなってきます。また、「仕事に行きたくない」というネガティブな考えがあると、すっきりとした目覚めができず、仕事へのモチベーション低下につながることもあります。

朝が苦手な方は、朝からブルーな気分になります。ブルーな気持ちのまま会社に行ってしまうと、なかなかやる気が出ません。

もう働きたくないと思ってしまった時の対処法


ここからは、「仕事したくない」という気持ちをすぐに解決する方法をご紹介します。仕事をしたくないという気持ちに悩んでいる方は、今すぐ試してみてください。

対処法①休みを取る


仕事をしたくないという気持ちがずっと続いているのであれば、会社の有給休暇や休職を取ってリフレッシュしましょう。

会社の制度は社員が利用するためにあるのですから、遠慮せずに申請してください。温泉や自然の多い場所に旅行に行くのも良いですし、家で映画を見たり、好きなレストランに行ったりするのもおすすめです。

リフレッシュすると、だんだんと気分が良くなってきて、広い視野で物事を見られるようになります。苦しい思いをしながら仕事に追われ続ける必要はありません。息抜きをしながら、自分のペースで仕事をしていきましょう。

対処法②プライベートを充実させる


仕事をしたくない気持ちが大きくなっている場合は、一度プライベートを見直して、もっとプライベートの時間を充実することを考えて見てください。

人は働くために生きているのではなく、仕事はあくまで生活するための手段に過ぎないのですから、プライベートな時間を持つことは大切です。

仕事が終わった後の夜や休日は、まず誰にも邪魔されない自分だけの時間を楽しんで、心を満たしましょう。平日でも、できるだけ早く帰宅して、自分の時間を持つことで、よりリラックスできます。

対処法③目標を立てる


将来の目標が持てないからこのまま働き続けたくないと感じている人は、自己分析を深めて目標を設定することをおすすめします。また、働き始めた頃の気持ちや、今の職場が好きな理由を考えてみるのも有効です。

対処法④部署を変える


「転職する勇気がない」「年齢的に転職が無理」という場合は、「異動」を希望するのも手です。同じ会社でも部署が違うと仕事内容も異なるはずですし、少なくとも環境を変えて様子を見ることができます。

対処法⑤転職する


職場環境を変えることが難しい場合は、思い切って転職を考えてみることをおすすめします。異動を願い出てもすぐには認められないかもしれませんし、人間関係の問題は自分一人では解決しにくいものです。

職場を変えるだけでなく、一人でできる仕事を探したり、フリーランスになって固定的な人間関係に縛られない働き方を探したりするのも良いでしょう。

もう働きたくないけど簡単に転職できる?


もうどうしてもこれ以上働きたくない、と思い詰めている方には転職がおすすめですが、世代によって転職事情が異なります。ここからは20代~40代の転職事情を詳しくご紹介します。

20代の転職事情


20代はまだ若く、業界や職種の経験がなくても転職しやすい時期です。以前の職場で働きたくなくなったから転職しようと思っても、採用側は経験よりもポテンシャルを重視しますので、職務経験を聞かれることはほとんどありません。

20代の場合、「世の中に貢献できる仕事がしたい」「仕事で人と直接関わりたい」など、漠然とした転職理由を持つ人が多い傾向があります。

そのため、まずは自分が希望する転職条件を明確にすることが大切です。どのような業界・職種で働きたいのか、将来はどうしたいのかなど、明確なビジョンを描いておくことも大切です。

30代の転職事情


総務省の調査結果によると、2019年に転職した人の数が過去最高になったそうです。その数はなんと351万人に達しました。

内訳を見ると、第二新卒を含む10代、20代の若者の増加が目立ちますが、30代以降の中高年の転職者数も過去最高となりました。

残念ながら、20代と比較すると、30代での転職は圧倒的に入職率が低いですが、中高年の転職者数が過去最高を記録したことからもわかるように、30代でも工夫次第で転職は可能です。

転職によるキャリアアップが浸透してきたこともあり、30代の方でも転職活動をされている方が多くいます。

40代の転職事情


一般的に40代は、給与面や組織の年齢構成の面で、20代や30代に比べて転職しにくい傾向にあることは否定できません。

しかし、必ずしも転職できないわけではなく、数は少ないですが、社歴の浅い企業や、経験豊富な人材を強く求めている企業では、40代を積極的に採用している場合もあります。今の会社ではもう働きたくないというほど疲れていても、転職を検討する余地はあります。

もう働きたくないと思う人にはどんな道がある?


もう働きたくない、人と関わりたくないといっても、一生働かずにいるわけにはいきません。働かないとお金は稼げません。

働き方はいろいろありますので、自分に合った働き方を模索するのが賢明です。人との関わりが少ないフリーランスの仕事や、働きやすく、快適な職場環境で働く方法を考えてみましょう。

おすすめの仕事①フリーランス


人と関わりたくない、上司や先輩に指示されるのが嫌だという方には、フリーランスがおすすめです。パソコンだけを使ってフリーランスとして生計を立てている人は年々増えていますし、これからも増えていく働き方になるでしょう。

フリーランスとしての働き方には、プログラマー、ウェブデザイナー、ウェブライター、ビデオ編集などがあります。

また、一口にプログラマーといっても、ウェブベース、アプリケーションベース、ネットワークベースなど、様々な種類の仕事があります。

フリーランスとして働けば、嫌な上司と毎日顔を合わせることもなくなりますし、働き方も働く時間も自分で選べるので、ストレスも大幅に軽減されます。

おすすめの仕事②フリーター


もう働きたくないと思ったら、無理に正社員にならなくても、とりあえずフリーターになる方法もあります。

総務省統計局の調査によると、2020年のフリーターの平均人数は約136万人で、日本の人口の1%近くになるという結果が出ています。どうやって生計を立てていくかは、それぞれの家庭の事情や個人の選択です。

おすすめの仕事③専業主婦(主夫)


最近では、男性でも専業主夫になるという生き方もあります。家の中の家事を取り仕切ったり、子どもの教育や世話が得意という方で、パートナーが十分な収入を得ている場合は、専業主婦(主夫)になる道も話し合ってみてはいかがでしょうか。

もう働きたくないと感じたらゆっくり考えてみよう


もう働きたくないと思ってしまう理由や、対処法について解説しましたが、いかがでしたか?働きたくないと感じるのには理由がありますし、すぐに正しく対処することで状況がそれ以上悪化するのを防げるかもしれません。

また、働きたくないと思う場合にゆっくりと身の振り方を考えてみることで、新たな可能性を見つけられる可能性もあります。煮詰まってしまったときは、一旦立ち止まって、状況を変えるためにできる行動を取りましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。