記事作成日:

仕事ができる人に共通する特徴や考え方とは?見習いたい仕事への姿勢をチェック!

広告

仕事ができる人のそばにいると、「どうして自分はできないんだろう」と落ち込んでしまうことはありませんか?実は、仕事ができる人には共通点があり、それを真似ることでできる人になることができるのです。今回は、仕事ができる人の共通点と、仕事ができるようになるためのコツをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

仕事ができるとはどういうこと?

まず、「仕事ができる」とは、どういうことでしょうか?一言で言えば、周囲の人から評価される人のことです。

評価の基準はいくつかありますが、たとえば20代の若い社会人の場合、大きく分けて2つあります。1つは、上司から期待されている以上のことができるかどうか、もう1つは、上司に言われたことだけではなく、当事者意識を持って自主的に行動できるかどうかです。

当然のことながら、これらの評価基準は、年齢や立場によって変わってきます。例えば、チームリーダーであれば、メンバーをまとめる力や育成する力が求められますし、マネージャーであれば、マネジメント能力や様々な相手と交渉する力が求められます。

特徴としては、年齢や役職が上がるにつれ、実践的なスキルの比重が下がり、人間力に関するスキルが重要になってくることです。

仕事ができる人に共通する特徴

仕事ができる人になるためには、「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違いを知っておく必要があります。仕事ができる人はどのような能力を持ち、どのような人生を歩んでいるのでしょうか。その特徴を詳しく見ていきましょう。

仕事ができる人の特徴①コミュニケーション能力が高い

私たちの仕事のほとんどは、社内外のさまざまな人たちとのコミュニケーションです。そのため、コミュニケーション能力が高ければ高いほど、仕事をスムーズに進めることができます。

仕事ができる人は、上司や同僚、お客様とのコミュニケーションが上手です。挨拶から話の聞き方まで、常に気を配っています。

何かを成し遂げたことが誰にも伝わらなければ、仕事ができる人とは思われません。日頃からコミュニケーションをとって良好な関係を維持している人は、成果を認めてもらえる可能性が高くなります。

仕事ができる人の特徴②行動力がある

変化の激しい時代には、自分で考え、率先して情報を得て、仕事を創造する力があるかどうかで大きな違いが出てきます。それは、指示を待たずに状況を見て課題を発見する能力とも言えます。

やろうかな、どうしようかなと迷ったり、後回しにしたりせず、スピードを意識して行動する習慣を身につけたいものです。

先手を打てば、状況が変わってもすぐにリカバリーできますし、必要なリソースにも早く気づくことができます。チームの目標を達成するためにどのような行動が必要か、全体的に考える習慣を身につけましょう。

仕事ができる人の特徴③見た目に気を遣っている

仕事ができる人は、身だしなみに気を配ります。例えば、清潔できちんとした身だしなみは相手に好印象を与えますが、不潔な身だしなみは相手に不快感を与えます。

相手に不快感を与えるような身だしなみでは、決して良い印象を与えることはできず、大切なビジネスチャンスを失ってしまうかもしれません。

その点、できる人は、身だしなみが整っていて、清潔感があり、笑顔でエネルギッシュ(疲れていてもそれを見せない)な印象を受けます。

一方、できない人は、身だしなみが整っていない(髪がボサボサ、ヒゲがないなど)、清潔感がない(シャツがシワシワ、靴が汚れているなど)、いつも不機嫌な顔をしている、などと周囲から見られています。

仕事ができる人の特徴④自己管理能力が高い

仕事が出来る人は、自己管理が得意という点も共通しています。自己管理には大きく分けて、「時間管理」「モチベーション・感情管理」「体調管理」の3つがありますが、いずれも仕事のパフォーマンスには重要な要素です。

セルフマネジメント能力とは、目的や目標を達成するために、自分自身をできる限りコントロールする能力ともいえます。

そのためには、計画を立て、それを一つひとつクリアしていくことが必要であり、それを着実に実行するためには、精神的な安定や論理的な思考、そして地道な努力が求められます。

自制心を高めるためには、冷静な判断をリラックスして行えるように、精神状態を安定させることが必要です。精神を安定させるためには、趣味や運動をして脳をリセットしましょう。

仕事ができる人の特徴⑤判断が早い

ビジネスの世界では、迅速な意思決定が非常に重要です。簡単な例では、AとBの2つのプロジェクトのうち、一方を優先し、もう一方を後回しにする必要がある場合です。

意思決定を迅速に行うためには、物事に優先順位をつけることが求められます。あらかじめタスクの重要度を決めておけば、例えば「タスクA>タスクB>タスクC」のように、どちらかのタスクを取る必要があるときに、素早く判断することができます。

仕事ができる人の特徴⑥ポジティブ

仕事ができる人は、どんな状況でも常にポジティブに考えることができます。たとえ失敗しても、その問題を解決するためのエネルギーを持っているのです。

仕事ができる人はポジティブな考え方を持っているので、失敗しても落ち込んだり、暗い気持ちになったりしません。逆境に強い人、明るい人の周りには自然と人が集まり、チャンスも巡ってきやすくなります。

仕事ができる人の特徴⑦自己投資している

仕事に使わないお金や時間は、自己投資と消費に分配するのも出来る人の特徴といえます。消費とは一時的に楽しむことであり、自己投資とは将来の自分のためになることをすることです。

自己投資にはさまざまな方法がありますが、一般的には自分の能力を高めたり、方向性を修正したりすることです。

仕事以外でも、知識や技術を向上させることが、性格に染みついているので、どんどんスキルも向上していき、より仕事ができるようになります。

仕事ができる人の考え方

仕事ができる人は、基本的に仕事に対する考え方が真剣です。どうすれば仕事がうまくいくかを常に考えて行動するように心がけています。それでは、仕事ができる人の考え方を確認しておきましょう。

考え方①ベストを尽くそうとしている

仕事ができる人は、上司に言われたことだけをやるのではなく、常に自分の価値を高めようとしています。例えば、目の前の仕事をより良くするためにはどうすればいいかを考え、より質の高いアウトプットを出そうとします。

考え方②失敗を恐れていない

仕事ができる人は、失敗を恐れて立ち止まらないようにしています。むしろ立ち止まることを恐れていると言えるかもしれません。

失敗しても次に生かせばいいと考えているので、失敗しても落胆せず、次の行動に移すことができます。行動しているからこそ、普通の人よりもPDCAサイクルを頻繁に回すことができ、結果的に自分の欠点を改善することにもつながっているのです。

考え方③失敗してもくよくよしない

もちろん、仕事がデキる人もミスをします。しかし、ミスをしたからといって立ち止まったり、あきらめたりすることはありません。すぐに気持ちを切り替えて、次の仕事に生かすことを考えます。

仕事ができる人は、失敗を成長のチャンスと捉えています。悩んだり、何かのせいにしたりするのではなく、「次はできる」と前向きに仕事に取り組むことができます。

仕事ができる人の業務に対する姿勢

仕事ができる人は、普段どのように仕事に取り組んでいるのでしょうか。ここでは、仕事ができる人から学べるヒントをご紹介します。

業務に対する姿勢①優先順位を付けて仕事を進める

仕事をする上で、完成させなければならない作業はたくさんあります。例えば、1週間後にプレゼンテーションをしなければならないとしたら、企画書を作成するためのデータを集め、一緒に仕事をするメンバーを選び、ミーティングを行い、資料を作成しなければなりません。

仕事ができる人は、これらの仕事に優先順位をつけ、期限を決めています。打ち合わせはメンバーの都合に合わせて早めに行う必要があるし、自分でできる仕事は空いた時間に行うなど、優先順位をつけて仕事を進めています。

優先順位を明確にすることで、仕事の全体像を把握し、抜け漏れを防ぐことができます。また、仕事が出来る人は、遅れているメンバーや困っているメンバーへのフォローも忘れずに行います。

自分だけでなく、チームのメンバーにも気を配ることで、安心して仕事に集中でき、効率よく仕事を進めることができるのです。

業務に対する姿勢②効率を重視して無駄を削る

仕事ができる人は、極力残業をせず、プライベートも充実させている人が多いです。それができるのは、日頃から生産性を上げる工夫をしているからです。

例えば、優先順位をつけて、最も重要な仕事に集中し、仕事のスピードを上げています。また、ツールを使って無駄な作業を極力減らすようにしています。

また、意外と重要なのが、整理整頓です。物を探すのに時間を費やすことほど、非生産的なことはありません。書類や資料の置き場所を決めて管理しておけば、すぐに次の仕事に取りかかれるだけでなく、うっかり忘れ物をすることも防げます。

業務に対する姿勢③臨機応変に対応する

もちろん、目標を達成するためには、予想外のことが起こる可能性もあります。例えば、予期せぬ外部環境の変化が起こった場合、何が起こっているのかを冷静に分析し、今後起こりそうなことを予測して、当初の目標に固執しすぎずに柔軟に対応することが必要です。

業務に対する姿勢④チームとして動いている

仕事は個人ではなく、チームで行うものです。将来、上の立場になりたい、部下を持ちたいと考えている人は、部下の管理も重要な仕事です。

連絡が遅れている人がいたら、さりげなくフォローしてあげてください。遅れている人をフォローすることで、プロジェクト全体の流れが良くなり、周囲から優秀な人材と認められるようになります。

逆に仕事ができない人の特徴とは?

以下に、仕事ができない人によく見られる行動を挙げてみました。これらの行動が自分に当てはまっていないか、振り返ってみましょう。

仕事ができない人の特徴①ネガティブな発言が多い

仕事が苦手な人は、仕事中に「疲れた」「できない」「無理だ」などのネガティブな発言をしがちです。また、難しい仕事が割り当てられたときに、できませんと言ってしまっては、周囲の人が「この人は仕事ができる人だ」と思ってくれるはずがありません。

仕事が苦手な人は、何かあったときに言い訳をして、改善する努力を怠るという特徴もあります。ネガティブな発言や態度は、周囲にも伝わってしまいます。また、仕事に後ろ向きな人とは誰も協力したがらないため、良好な人間関係を築くことができません。

仕事ができない人の特徴②同じ失敗を繰り返す

仕事が苦手な人は、仕事に対する意欲が低い人でもあります。時間で仕事をしているので、仕事が終わると「今日はこれで終わり」と言って何もしないのです。

こういうタイプの人は当然、言われたことをやるだけで、学習しません。復習もせずに済ませてしまうので、以前と同じ失敗を繰り返し、無能と言われてしまうのです。

仕事ができない人の特徴③自ら行動しない

仕事では「やる」と言ったことをやらなければ、評価されません。自分から行動しないとやる気のない人だと思われ、重要な仕事を任されなくなります。

その結果、重要でない仕事しか与えられなくなり、仕事そのものに対するモチベーションも下がってしまいます。そうなると、さらに仕事をしなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

仕事ができる人になるためには?

できることなら、仕事ができるようになりたい、大きな仕事を任されたい、チームメンバーから頼りにされたいと思うはずです。そのために今から始められる行動をまとめました。以下を参考にして、すぐに実行に移してみましょう。

仕事ができる人を観察する

もし、あなたの周りに仕事のできる人がいたら、その人の仕事ぶりを観察し、一緒に仕事をする中で学んでいくのが一番の近道です。

ちょっとした習慣やリストの作り方の工夫など、仕事をしている人の「技」を参考にしながら、その人がなぜこの方法でやっているのかを考えるようにすると、できる人の思考パターンがだんだんわかってきます。

主体的に仕事に取り組む

仕事をうまくこなすためには、期待以上の成果を出すことを常に意識する必要があります。言われたことだけをやるのではなく、何か改善できることはないか、自分なりの付加価値を付けられないかを考え、率先して仕事に取り組むことが大切になります。

生活習慣を見直す

仕事で成果を上げるためには、能力だけでなく、健康管理も重要です。寝不足で会議に遅刻したり、風邪をひいて会社を休んだりしていては、仕事はうまくいきません。睡眠や食事、運動などの習慣を見直して、自分を大切にすることも意識していきましょう。

仕事ができる人と言われるように意識や行動を変えよう

以上、仕事ができる人の特徴や考え方、仕事ができるようになるためのポイントを解説してきましたが、いかがでしたか。どんなに仕事ができる人でも、すべてに完璧な人はいません。とはいえ、仕事ができる人の行動パターンや思考パターンから学んで、1つずつ実践することは成長の助けになります。そうすると、結果が出て、周りからも認められるようになり、自信につながります。まずは、できることから始めてみましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。