記事作成日:

東京で働くのは難しい?就職するのが難しい理由と就活の秘訣を解説!

地方に住んでいると、東京で働くことに憧れるかもしれませんが、具体的なイメージが湧かず、仕事が見つかるかどうか、経済的にやっていけるかどうか不安になることもあるでしょう。今回は、東京で働くことのメリット、東京での就職が難しいと言われる理由、そして東京に移住して就職活動を成功させるための効率的な方法についてご紹介します。

上京して東京で働く人は多い?

東京に住む人口の内訳は、東京生まれが約54%なのに対し、地方出身が45%もいます。つまり、東京の人口の半分近くは地方から上京してきた人たちで占められています。

国土交通省によると、地方からの上京者が多い理由として、20代の若者が進学や就職のために上京することが挙げられます。

東京に魅力(利便性、娯楽など)を感じて上京する人もいれば、東京にしか存在しない学校や会社に入るために引っ越しする人もいます。

また、結婚や子育てのために上京する人も多く、その場合、地元に帰らずにずっと東京で暮らす人も一定数いる可能性があります。

東京で働くメリット

では、東京で働くことのメリットは何でしょうか。ここでは、東京で働きたいと考えている人が一般的にメリットと考えるポイントを紹介します。

メリット①給料が良い

まず、給料が高いことが挙げられます。東京都の平均年収は、47都道府県のランキングの中で一番高く、2位の愛知県とは50万円以上の差があるほどです。

この給料の高さは、東京で働くことのメリットの一つとして十分に考えられます。ただし、すべての職業や職種に当てはまるわけではないことに注意が必要です。

メリット②仕事の種類が多い

東京には多くの企業や官公庁、団体があります。つまり、自分のやりたい仕事、やってみたい仕事が見つかる可能性は、東京が一番高いのです。大企業だけでなく、新興のIT企業やベンチャー企業、おしゃれなアパレル企業など、東京でやってみたい仕事はたくさんあります。

メリット③成功者が多い

東京はレベルの高い人が集まる街であり、成功者も多い場所です。仕事をうまく選べば、そうしたレベルの高い人や成功者に期待され、大成功するチャンスがあります。

日本のブームや流行も、その多くは東京で生まれています。また、有名なテレビ局も、大企業も、政治家も、すべて東京に集中しています。東京で作られたテレビ番組やファッションをただ受動的に消費するのではなく、作る側に回ってみたいと思いませんか?

イノベーションやトレンドを生み出すかっこいい人になりたいなら、第一歩となるのは間違いなく東京で働くことです。

東京で働いていれば、いつか大物にスカウトされる可能性もありますし、成功者やハイレベルな人たちと出会うことで、自分の価値観も変わっていくかもしれません。

よく「レベルの高い人と仕事をするとレベルが上がる」とか「成功者に会うと人生観が変わる」と言われますが、これは事実です。

どんなにダイヤの原石やアイドルの卵がいたとしても、田舎にいればその才能を発揮できず、無難に地元で結婚して平凡な人生を送るしかないかもしれません。

しかし、東京では、大物プロデューサーと出会ってスターになることも夢ではありません。このように、東京には成功や活躍を願う人にとって、夢を叶える無限の可能性があるといえます。

メリット④出会いが多い

東京で仕事をしていると、仕事でもプライベートでも多くの人と出会います。職場では、日本全国、世界各国からさまざまな人が集まっており、毎日、さまざまなアイデアを聞いて成長することができます。

プライベートでは、話題のスポットやお気に入りのバーなど、東京を楽しめば楽しむほど多くの人と出会うことができます。想像もしていなかったような場所で、未来のパートナーと出会える可能性も十分にあります。

東京での出会いは、人だけではなく、自分を刺激してくれるモノやサービス、文化や芸術との出会いでもあります。世界の文化の中心地である東京だからこそ、最新のものや異世界のものを味わうことができるのです。

さまざまな人やモノとの出会いは、大金を払ってすぐに手に入るものではないので、東京で暮らす醍醐味のひとつと言えるのではないでしょうか。

東京で働くデメリット

では逆に、東京で働くことにデメリットはあるのでしょうか?ここでは、東京で働くことのデメリットを3つご紹介しますので、東京で働くかどうか迷っている方は参考にしてみてください。

デメリット①物価が高い

東京は平均給与や平均年収が高いと言いましたが、実は生活費も高いのです。食費や生活費はもちろんのこと、家賃も地方に比べてはるかに高いことがあります。

そのため、場合によっては生活が苦しくなることもあるでしょう。東京では、住む地域やアパートの選び方で多少の節約は可能ですが、生活費が高いことはデメリットです。

デメリット②人が多い

東京で仕事をする場合、車で通勤することは難しいため、普通は満員の通勤電車に乗ることになります。その電車に1時間以上も乗っていることがどれほど苦痛かは想像に難くないでしょう。

地方から引っ越してこられた方にとっては、きっと予想以上に体力と気力を消耗し、健康にもよくありません。痴漢の被害に遭ったり、痴漢の冤罪をかけられたりと、満員電車に乗っていることで起こるトラブルは後を絶ちません。

時間を有効に使いたいのであれば、仕事場に近いところに住める地方で仕事を見つけた方がいいかもしれません。

デメリット③孤独感がある

地方から上京すると、家族や地元の友人と離れて生活することになります。見知らぬ土地での一人暮らしは、慣れるまでは思った以上に寂しさを感じるものです。また、東京は様々な人が集まる場所なので、良くも悪くもドライなところがあります。

あまり人と関わらない人が多い分、寂しさを感じることもあるかもしれません。それが耐えられずに何度も地元に戻ったり、精神的に落ち込んだりする人もいるでしょう。

東京で就職するのが難しい理由

東京で働くことには多くのメリットがありますが、一方で「東京で仕事を見つけるのは難しい」という声もよく聞きます。その理由は、東京は選択肢が多く、大きな可能性を秘めた街だからです。

成功するためには、情報を見極め、戦略的に進めることが必要です。例えば、残念ながら東京は求人数が多い反面、ブラック企業が多く潜んでいます。

特に、離職率の高い会社や、急成長していて人手が足りない会社は、どうしても一人分の仕事量が多くなり、労務管理がおろそかになって、長時間労働を強いられたり、残業代や休日出勤代が未払いになったりする危険性があります。

対策としては、ブラック企業の情報を集めることで回避することができます。東京の会社は人の出入りが激しいので、事前にインターネットでその会社で働いたことのある人の評価を確認しておくといいでしょう。

また、優良な求人だけを紹介してくれる就活支援サービスを利用して、効率的に就活を行うのもおすすめです。別の面として、東京には全国から優秀な人材が集まってくるため、人気企業の求人は競争が激しいです。

そのため、東京での就職活動で大切なこととして、人気企業や他人の評価に惑わされることなく、自分の夢を追うための戦略を立てる必要があります。

さらに、東京で就職活動を始めようと考えたとき、現在の仕事をしながら面接のたびに東京に来るのか、仕事を辞めて東京に住みながら就職活動をするのか、多くの人が悩みます。

どちらを選択しても数十万円の費用がかかり、東京での就職活動の大きなハードルとなります。このように、東京で就職活動をする際の留意点を確認し、自分がどのように行動すべきかを考えてみましょう。

東京で働くためには?就活を成功させるコツ

では、最後に東京での就活を成功させるコツについてもご紹介します。漠然と東京で働きたいと思っていても、目的や動機があいまいだとうまくいきません。ここでご紹介するポイントを参考に東京で働く準備を始めましょう。

東京で何がしたいのかを考えておく

東京で働きたいという漠然とした理由だけで上京すると、長く続けられなかったり、「こんなはずではなかった」と不満が募ったりすることがあります。

東京は便利さや自由さという点では魅力的ですが、人混みや慌ただしさがストレスになる人もいます。また、生活費を稼ぎたいだけで、何のために東京に来たのかわからなくなってしまう可能性もあります。

少なくとも、上京して働く前には、東京で何をしたいのか、なぜ東京にいなければならないのか、なぜ地方にいてはいけないのか、東京のどこでどのように生活するのかを考えてみてください。

自分の具体的な生活や計画、将来のビジョンをイメージすることで、就職後のミスマッチを減らすことができます。

自分に向いている仕事を見つける

企業数の多い東京では、必ず希望通りの仕事に就けるかどうかは別として、仕事の選択肢は無数にあります。リモートワークが普及し、地方に住みながら仕事をすることも可能になっている中で、これは東京の強みでもあります。

まだあまり知られていない仕事でも、これから成長が期待される業界でも、自分に合ったやりがいのある仕事であれば、どんな仕事でも良いでしょう。

まずは、自分がどのような仕事に向いているのか、どの分野で活躍できるのかをよく考えてみてください。東京でしかできない仕事であれば、東京で仕事を探すようにしましょう。

上京支援サービスを利用する

先ほど説明したように、東京で生活する上での最大のハードルは家賃の高さです。そのため、これまではお金の負担や情報の少なさから、地方に住む人が東京に出てきて仕事を探すことは非常に難しかったのです。

しかし、最近では「上京支援サービス」を利用して、東京での就職活動を効率的に成功させている人が増えているのをご存知でしょうか?

たとえば、東京キャリアセンターのサービスは、無料でシェアハウスに住めるほか、企業紹介やIT勉強会などの就職支援サービスを提供し、情報不足を解消しています。

また、東京キャリアセンターが提供するシェアハウスには、東京で就職活動をしている地方出身のメンバーがいるので、ホームシックの心配もありません。

東京で働く夢を実現させよう

以上のように、東京で働くことには多くのメリットがあり、地方に住んでいるだけでは得られないチャンスや充実した生活を送ることができます。しかし、デメリットや大変なこともあるのも事実です。田舎から上京するのは勇気がいりますが、一歩踏み出して、東京の会社で働くという夢をつかんでください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。