記事作成日:

【IT企業】とは?企業の種類や職種について詳しく解説!

IT企業という単語は聞いたことがあるけれど、いまいちどんな仕事なのか把握していない方も少なくありません。転職サイトなどでも良く見るIT企業とはどんな仕事内容なのでしょうか。

未経験でもできるのか、どのような職種があるのか、こちらの記事ではIT企業の種類や仕事内容、職種などをまとめてみました。IT企業に関心のある方もチェックしてみましょう。

IT企業の種類や仕事内容とは?

IT企業といってもその種類や仕事内容はそれぞれに異なります。大まかな仕事としてはパソコンを用いたネットワーク関連の仕事です。

そのなかでも種類や作業内容に違いがあり、実際に仕事を選ぶ際には中身を知っておかなければ自分のやりたい仕事に繋がりません。まずはIT企業の種類と各業界の仕事内容を把握してみましょう。

ソフトウェア業界

IT企業のなかでソフトウェアを扱う業界はプログラム要素が強く、主にWEBサイトやアプリ、全システム統括ソフトウェアのオペレーションシステムなどを作り上げる仕事になります。

顧客情報や勤怠管理・在庫管理など様々な情報管理のソフトからモバイル系のソフトウェア開発がメインとなり、他にも文字入力や図表などのソフト等、普段から利用しているインストールソフトウェアなどの開発にも携わります。

ハードウェア業界

スマホやゲーム機、家電からコンピューター、モニターやキーボード、マウス等のパソコン周辺機器などの電子機器の企画、設計、開発を行うのがハードウェア業界です。代表的な企業としてはApple社やIBM、パナソニック、NEC、ソニーなど、大手企業の名前が挙がります。

ソフトウェア業界との違いは実際には目にすることのないプログラムを組み立てるのがソフトウェアで、パソコン周辺機器や家電など目に見えるものを作り上げるのがハードウェア業界になります。

情報サービス業界

ソフトウェア・ハードウェア業界は企業・個人共に利用頻度の高いものに関連していますが、情報サービス(情報処理)業界は企業向けがメインとなっています。

各企業の業務に合わせた情報や抱えている課題を収集し、必要に応じたシステムの設計や開発を行います。すでにある既存ソフトウェアを利用したデータ分析や改善だけでなく、企業からの依頼によって新たなソフトウェアを開発する場合もあります。

企画・開発後も運用に携わり、時には業務や組織マネジメントを改善するためのコンサルティングに関わることもあります。

Webサービス業界

インターネット上に提供されるサービスを行っているのがWebサービス業界です。スマホやパソコンなどにインストールするソフトウェアとは異なり、Webサービス業界はインターネットが接続できる環境であれば誰でも利用できる機能、TwitterやInstagramなどのSNSからGoogleやYahoo!といった検索エンジン、Web広告等が当てはまります。

このようなWebサービスやサイトの制作や運営など、インターネットブラウザ全般に関わる業務になります。

IT企業にはどんな職種がある?

IT企業はソフトウェアやハードウェア、情報サービス、Webサービスといった複数の種類が存在しますが、どんな職種があるのでしょうか。

一般的に各業務それぞれに担う仕事内容がありますが、技術の進化や環境の変化に伴いスピーディーな対応が望まれるため、区分・分類が曖昧になっている部分もあります。

IT企業の職種①システムエンジニア

パソコンを使いプログラミングを行う印象の強いシステムエンジニア・SEですが、実はその前段階であるシステム設計がメインとなっています。企業からの要望を聞き、それに応じたシステムを設計、実装します。

システム設計を行う際には提示された課題をヒアリングして分析、ニーズに沿ったシステムを設計するだけでなく、それに必要な人員や予算を算出しなければなりません。

IT企業の職種②ネットワークエンジニア

ネットワークシステムの設計や初期設定、テストなどの構築から運用、セキュリティを担うのがネットワークエンジニアです。

パソコンを利用してデータの送受信を円滑に進めるための環境を作り上げ、守ることがネットワークエンジニアに任されている任務です。

システム構築後の設定や構成変更も行い、トラブル発生時にはその原因を突き止めて解決する必要もあります。

IT企業の職種③ITコンサルタント

クライアントからの相談を受け、その課題や解決策を提案するのがコンサルタントですが、ITコンサルタントはIT関連に特化した業務で、システム改修や業務改善の提案、新たなシステム導入の支援など、ITに関わるすべてにアドバイスを行います。

システム設計や改修などを担うシステムエンジニアと異なる点は、プログラミングの前段階であるシステム構築を行うシステムエンジニアに対して、ITコンサルタントは経営や企業の課題・問題を解決する、ユーザー側の立場、クライアント視点で行動します。

IT企業の職種④セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアはその名称からも把握できるように、コンピューター関連のセキュリティに特化した業務を行います。サーバー保守のためのシステム設計や運用、サイバー攻撃に対する対策などから、セキュリティ強化システムの構築・実装などです。

システム内の脆弱性を早期発見・対策や障害が起こった際のメンテナンスなども含まれます。

コンピューターを扱う業務にとっては必要不可欠な存在で、企業内の機密情報や個人情報に触れることも少なくないため、社外だけでなく社内での情報漏えい対策を徹底することが重要となります。

IT企業の職種⑤Webマーケティング

Webマーケティングはネット上でデータ収集を行い、分析してそれに必要な対策を施します。より多くの集客を求めるためのSEO対策Web広告、SNSの運用を行い、集客をアップするだけでなく、それらに掛かるコストダウンを図るようにします。

主にサイト上に掲載される商品やサービスを購入してもらう、ブロクやサイト閲覧数を伸ばすためのデータを集め、サイト上に訪れる人を増やして集客・販売実績をアップさせるための仕組みを作り上げます。

IT企業の職種⑥プログラマー

上記に紹介したシステムエンジニアが構築したシステムを、設計通りに作動させるためのプログラミングを行うのがプログラマーです。

プログラミングに必要な専用言語を操り、動作に必要なそれぞれの作業を順序よく組み立て、システム設計に基づいたプログラミングを行います。

また、プログラミングを行う中で発生したバグを見つけた場合には、システムエンジニアと連携して修正する場合もあります。IT企業で仕事を行うときは、まずこのプログラマーから始まり、後にエンジニアになることが一般的です。

IT企業の職種⑦Webデザイナー

Webデザイナーはクライアントから依頼を受け、サイト上のデザインを行います。企業だけでなく個人依頼もあり、全体の構成やレイアウトデザインがメインとなり、画像の加工やイラスト作成、配色からロゴデザインなどの提案からサイトのデザインを作ります。

クライアントからのヒアリングからサイト・画面情報などの設計、デザイン、コーティング、プログラミング等、デザインを行うだけでなくその前後の作業もWebデザイナーの仕事内容に含まれることも少なくありません。機能性と美しさや見やすさなどはもちろん、グラフィックソフトである『Photoshop』や『Illustrator』を使用することが求められます。

IT企業には未経験でも就職できる?

これまでに紹介したIT企業の種類や仕事内容、職種を見ると、未経験では難しい業務ではないか、と思ってしまいます。実際に転職サイトや求人サイトでは専門スキルや知識が必要と記載されていることもありますが、実はIT企業は未経験でも就職できるのです。

ネット社会の現代ではIT関連の企業は常に人材不足であり、多くの人材を欲しています。そのため未経験であっても、入社後に必要なスキルや知識を教えるための研修制度が整っている企業も少なくありません。

ある程度の経験者はもちろん、未経験だからといって諦める必要はなく、不安があればしっかりと研修を行っている企業を探して挑戦してみるのもおすすめです。

IT業界に向いてる人の特徴

IT関連に興味はあるけれど、未経験のため自分に向いているかどうかが分からない場合もあります。IT企業に向いている人は興味があることを前提として、数字やデータを元に物事を理論的に捉えられる人や常に変化する仕様やコード、トラブルなどに対して自分で考え、行動できる、その変化を楽しめる人はエンジニア系でも充分通用します。

また、新たなスキルや知識をどんどん吸収したい意欲や柔軟性、クライアントや開発チームに馴染めるコミュニケーション能力がある人がIT企業に向いています。逆にパソコンやIT技術関連にほとんど興味がない、常に受け身でコミュニケーションに乏しい場合にはIT企業は難しい職業かもしれません。

IT業界で求められるスキル

先程IT企業には未経験でも就職できる、と記述しましたが、最低限必要なスキルがあります。それがコミュニケーション能力と積極性です。IT企業ではクライアントからのヒアリングや、チームでの開発も多く、意外と人と接することが多い業務もあります。

さらに一人で黙々と作業するよりもチームで作業するこもあるため、スムーズに進めるためにはコミュニケーション能力が必要になります。

また、予想外のことにもすぐに対応できる、咄嗟の判断力や決断力も求められるため、仕事に対する積極性も重要です。他にも専門用語や調べながらでも対処できるなど、最低限の知識があると良いでしょう。

IT企業に将来性はある?

どんな仕事に転職するときでも、その仕事に将来性があるかどうかは長く続ける上で重要なポイントになります。IT企業の場合はどうでしょうか。

近年パソコンやインターネットなどを利用する業界も急激に増え、IT関連の需要は高まっています。特に国内だけでなく世界各国のトップ企業の多くがIT関連であり、IT企業は将来性のある企業です。

IT企業なら未経験でもチャンスがある

需要が高まり将来性のあるIT企業は、人材不足の業界ということもあり、未経験でも求人があるためIT関連の仕事に興味がある人には転職・就職するチャンスでもあります。自分のやりたい業界や職種を把握して、IT企業で働いてみませんか。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。