記事作成日:

明日から仕事だと思うと憂鬱になる原因と対処法を徹底解説!

明日から仕事だと思うと、途端に憂鬱になることはありませんか?休日や長期休暇など、プライベートの時間を満喫していても、最終日になると仕事のことが頭をよぎり、重くのしかかることがあります。明日から仕事だと思うと落ち込んでしまうという方のために、当記事内ではすぐに試せる対処法をご紹介します。また、前日から憂鬱な気分にならないための休日の過ごし方についても触れています。

明日から仕事なのに行きたくない原因

まずは、なぜ休み明けの仕事が苦痛になるのか、原因について具体的に解説していきます。嫌な気分から抜け出すには、まず、「明日の仕事がつらい」と感じる理由が何なのかを整理しておきましょう。ここではよくある理由を6つ取り上げます。

原因①体が休みに慣れた

1つ目の理由は、体が休みに慣れてしまっていることです。仕事や職場の人間関係に不満がなくても、休み明けはどうしても職場に居づらくなってしまうもので、特に、通勤時間が長い方は、休み明けに違和感を感じやすいようです。

原因②人間関係に悩んでいる

よくある原因の1つは人間関係です。仕事への気分は、仕事そのものよりも、一緒に働く人たちとの関係性に左右されることが多いようです。

例えば、気分によって態度を変える人、すぐ怒る人、ネガティブすぎる人、仕事があまり得意でない人が周りにいると、仕事に行くのが嫌になるかもしれません。

また、先輩や上司、同僚、部下、後輩からストレスを感じるケースもあるでしょう。人によっては、社外の人間関係(取引先やカスタマーなど)で悩むこともあります。このように、社内社外を問わず、日頃から苦手なタイプの人と接することが多いと、気分が落ち込むことが多いようです。

原因③生活のリズムが狂った

生活リズムが狂い、明日以降の仕事が憂鬱になることもあります。特に、休日の夜更かしや遅刻に慣れている人は、仕事当日の朝起きるのがつらいかもしれません。休みの日も仕事の日と同じ時間に起きて、リズムを崩さないようにするとよいでしょう。

原因④やりたくない仕事がある

職場でやりたくない仕事があると、仕事に行くのが憂鬱になります。たとえば、苦手なジャンルの仕事、苦手な取引先、仕入先・顧客とのやりとり、プレッシャーや緊張を感じる仕事などが控えていると、辛さを感じることになるでしょう。

どんな仕事でも、必ず1つくらいは苦手な仕事があるものです。例えば、営業職であれば、お客さんと話すのは好きでも、事務作業は苦手かもしれません。逆に、仕事全般が嫌で苦痛に感じるようであれば、本気で仕事に行く気が失せる危険性があり、改善が必要でしょう。

原因⑤通勤がつらい

「仕事や会社に不満があるわけではないけれど、通勤が辛くて仕事に行きたくない」と感じる人は少なくないようです。例えば、満員電車がストレスになったり、通勤時間が長いと、会社に行くのが苦痛になったりすることがあります。

休みの日にしっかり休んだとしても、休み明けに出社するころには重い気持ちになってしまうことでしょう。しかも、通勤に関する悩みは毎日のことで、1ヶ月、1年といった長期的な視点で見ると、通勤時間やコストは莫大なものになる可能性があります。

仕事とは直接関係ないため軽視されがちですが、仕事の不満やストレスにつながる可能性があるので注意が必要です。職場や仕事内容に満足しており、仕事を続けたいのであれば、引っ越しや通勤手段の変更を検討する必要があります。

原因⑥仕事がつまらない

仕事にやりがいを感じられず、職場に行きたくなくなる人もいます。これは考え方を変えることで解決できることもありますが、場合によっては転職や引っ越しで環境を変える必要があるかもしれません。

ただし、入社してすぐに責任のある大きな仕事を任されることは少ないので、仕事がつまらないと決めつけてすぐに退職を考えるのはやめましょう。

明日から仕事だと思い憂鬱な気持ちがもたらす影響

落ち込んだ状態で仕事を続けることは、心身に大きな負担をかけることになります。「気分が落ち込むけど、どうしようもない」と諦めモードの方も多いのではないでしょうか。ここでは、仕事の憂鬱を放置することによる弊害について解説します。

影響①うつ病になってしまうことも

「病は気から」という言葉がありますが、「仕事が憂鬱」という気持ちを放っておくと、うつ病になる可能性があります。うつ病になると、心と体の両方に症状が現れ、体がしんどいだけでなく、気持ちまで憂鬱になります。

その結果、仕事にいくのが嫌になるだけでなく、以前は普通にこなせていた作業が億劫になることもあります。健康で仕事を続けたいのであれば、憂鬱な気分を放置しないことが大切です。

影響②仕事を辞めるか悩む

休み明けに今の仕事を辞めるべきかどうか、真剣に悩む方も多いようです。休みの日の楽しくてのんびりした気持ちと、仕事の辛さや緊張感に大きなギャップがあると、休み明けの仕事が憂鬱になってしまうのでしょう。

もちろん、一時の感情で衝動的に辞表を出すのはおすすめしません。しかし、休みのたびに仕事を辞めるかどうか悩んでいる方は、転職への行動が必要となる場合もあります。

今の仕事と他の仕事を比較することで、今の仕事の労働条件が良いことが分かるかもしれません。また、一度転職の決意を固めれば、スムーズに新しい職場に移ることができるはずです。

影響③休みが休みじゃなくなる

休日に仕事をしていたり、仕事の携帯を頻繁にチェックしていたりして、休日を思いっきり楽しめなかったという経験はないでしょうか。中には、休みの日に仕事が気になってしまい、休日出勤をしてしまう方もいるくらいです。

休息も仕事のうちと考え、仕事を完全にシャットアウトするようにしましょう。そうすれば本当にリラックスして、休日に臨むことができるはずです。会社を離れても仕事が頭から離れないという方は、自分が夢中になれる趣味を見つけて、目の前のことだけに集中することをおすすめします。

例えば、仕事場から離れた遠い場所に旅行に行けば、目の前に広がる新しい景色に刺激を受け、嫌な気持ちも消えていくはずです。

明日から仕事なのに行きたくない時の対処法

ここからは、明日から仕事が始まるという憂鬱な気持ちへの対処法をご紹介します。やる気を出して、気持ちを仕事モードに切り替えるためのコツをぜひマスターしましょう。

対処法①朝の楽しみを作る

起きてから家を出るまでの楽しみを用意してみるのはいかがでしょうか。朝から好きなことをしたり、お気に入りのアイテムを用意したりして、1日のモチベーションを上げてみましょう。

例えば、朝食に好きなものを食べるというのはどうでしょう。朝ご飯はつい手抜きしがちですが、憂鬱な気分を乗り越えるには、頑張るエネルギーが必要です。気持ちがアップするようなアイテムを冷蔵庫に揃えてみましょう。

また、出勤の準備をしながら好きなドラマやアニメを見るのも良いアイデアです。朝一番にゆっくり見られないのは当然ですが、BGM代わりに流すだけでも気分は変わります。

お気に入りの仕事着や小物を身につけるのも良い方法です。朝起きるのが苦手な方でも、朝の楽しみがあれば、スムーズにベッドから出ることができます。

対処法②気分転換をする

また、好きなことをして気分転換をすることも大切です。例えば、好きな音楽を聴く、運動をする、趣味に没頭する、新しい趣味を見つける、行きたい場所に出かける、などを試してみてはいかがでしょうか。

気分を変えるポイントとしては、仕事と関係ないことをするように注意しましょう。意外と、1日景色を変えるだけで、気分が変わってリフレッシュできることも多いようです。

家にいたいなら1日中家で過ごすのもいいですし、逆にちょっと遠出するのもよいでしょう。意識的にオフモードにして、自分のやりたいこと、好きなことに取り組んでみてください。

対処法③睡眠の質をあげる

3つ目の対策は、睡眠の質を高めることです。睡眠不足で仕事に行きたくないと思う方は多いです。そのため、睡眠の質を高めて快適な朝を迎えることで、気分に変化をもたらせる可能性があるでしょう。

睡眠の質を上げるためにできることは、「寝る前にカフェインやアルコールを摂り過ぎない」「寝る前にスマホやパソコンを触らない」「機能的な寝具を購入する」などがあります。朝の目覚めを良くするために、一度試してみてはいかがでしょうか。

対処法④体調を整える

明日から仕事という精神的なプレッシャーに加え、体調不良が重なると、仕事に行くのがさらに憂鬱になります。憂鬱な気分を助長しないためにも、体調管理はしっかりと行いましょう。

例えば、睡眠不足にならないよう睡眠リズムを整える、休みの日に疲れを残さない、二日酔いにならないようにするなどに気をつけるようにします。社会人である以上、最低限体調を整えて働けるよう、体調管理には気を配りましょう。

対処法⑤仕事後のご褒美を準備する

仕事に行きたくないと感じたら、「明日は頑張った自分にご褒美をあげよう」と、自分への励ましとなる予定を設定しておくことをおすすめします。

特別なものでなくても、好きな食べ物や飲み物、漫画や雑誌、あるいは有料のネット動画など、ちょっとしたご褒美があると、飽きずに続けられます。繁忙期が終わったら、旅行や高価な洋服など、より大きなご褒美を狙うのもよいでしょう。

日頃から自分のメンタルに気をつけ、リフレッシュできる環境を整えておくことが大切です。そうすればもっと頑張ろうという気になりますし、仕事に対する姿勢も変わってきます。

対処法⑥転職活動をする

5つ目の対策は、「転職活動して外の世界を見てみよう!」です。あまりにも仕事に嫌な思いをし続けるのであれば、可能性にかけて転職するのも一つの手です。

思い切って環境を変えることで、人間関係や仕事内容、給料などを一気に変化させることができます。職場によって雰囲気や働き方が全く違うので、転職することで自分に合った会社を見つけることができるかもしれません。

対処法⑦休みの日の予定を入れる

また、仕事へのモチベーションを上げるために、次の休みに向けて楽しい計画を立てるのもおすすめです。辛いことやイライラすることがあっても、次の休みには楽しいことが待っていると思えば頑張れることも多いはずです。

また、お昼休みを利用して、お休みに計画している楽しみをリサーチするのも良い方法です。旅行先でどんなおいしいものを食べようか、恋人とどこにデートに行こうか、そんなことを考えると、休憩時間に心がリフレッシュされます。

明日から仕事に行きたくない人におすすめの休日の過ごし方

うっかりしていると、1日があっという間に過ぎてしまいます。貴重な休みを無駄にしないためにも、休みを有意義に過ごすためのコツをご紹介します。

休日の過ごし方①スマホをあまり見ないようにする

スマホを触らないようにするのも休日を上手に使う方法の1つです。SNSに時間を取られすぎて、休日らしいことが何もできないまま終わってしまうこともあります。

そこで、休日はなるべくスマホを見る時間を少なくするようにしましょう。スマホを置いて、周りの景色を見る時間を増やせば、平日に酷使した目を休ませることもできます。

休日の過ごし方②読書や映画鑑賞

本を読んだり、DVDを見たりするのは、気軽に楽しめる趣味の代表格でしょう。本を読むといっても、わざわざ休日に書店に買いに行かなくても、最近では電子書籍で購入することもできるので、家にいる時間を有効に使うことができます。

また、メディアだけでなく、DVDをオンラインでレンタルできるサービスもあり、こちらも家でゆっくり過ごしたい方にはおすすめです。ネットで購入した本やDVDは、通勤時間にも楽しむことができます。

休日の過ごし方③体を動かす

また、休日にスポーツで体を動かすのもよいでしょう。思いっきり体を動かせばストレス解消になりますし、運動による適度な疲労は食欲増進や安眠にもつながります。激しいスポーツが苦手な方は、早歩きでもいい汗をかくことができます。

明日から仕事に行きたくない人におすすめの転職エージェント

明日から仕事だと思うと憂鬱になるという方に、オススメの転職エージェントをご紹介します。登録しないと見れない求人も多いので、転職先の選択肢を増やすことができます。転職エージェントにはそれぞれ特徴がありますので、比較しながら自分に合ったところを選んでください。

おすすめ①パソナキャリア

パソナキャリアは、手厚いサポートやフォローに定評があり、転職に不安を感じている方には特におすすめです。パソナは派遣業界最大手であり、16,000社以上との取引実績があります。また、パソナでは年収700万円以上の非公開求人も多く扱う「ハイクラスサービス」など、幅広いサービスを展開しています。

パソナキャリアの公式HPを詳しく見る

おすすめ②doda

dodaエージェントは、パーソルキャリアが運営する日本最大級の転職エージェントです。20代、30代で首都圏の転職を希望するのであれば、dodaはおすすめです。

dodaの公式HPを詳しく見る

おすすめ③リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内No.1の転職エージェントです。公開求人は147,963件、登録者のみ閲覧可能な「非公開求人」は350,755件あります。業界最大級の求人数を誇り、サポートも充実しているので、転職を考えている人はぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントの公式HPを詳しく見る

明日から仕事に行きたくない憂鬱な気持ちを吹っ飛ばそう

仕事に行きたくない主な理由と、対処策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?ここで取り上げた対処法を活用して、ぜひ憂鬱な気持ちを吹っ飛ばしてしましましょう。

とはいえ、「仕事に行きたくない」という気持ちが毎日長期に渡って続く場合は、無理に仕事を続けると、うつ病などの精神疾患につながることもあります。

そのため、自分の心と向き合い、自分なりの努力や工夫をしても改善されない場合は、早めに転職を検討することが賢明です。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。