記事作成日:

退職が意味することとは?仕事の辞め時のスピリチュアルサインをご紹介!

仕事中になんだかいつもと違う、やる気が起きないなど違和感を感じたことはありませんか?多くの方が違和感を感じつつも職場にとどまり、悶々とした気持ちで仕事を続けています。

実はこの違和感が辞め時のスピリチュアルサインであることも少なくありません。転職するきっかけを見逃さないためにもどんなスピリチュアルサインがあるのかチェックしてみましょう。

違和感を感じたら仕事の辞め時?

仕事で違和感を感じたとき、それは魂が「今が辞め時」だと訴えているのかもしれません。常に向上心のある魂は、「今の職場では成長が難しい」「もっと適した業務がある」と思い立ったときに転職するよう心と身体にサインを送り、それが違和感となって現れることがあるのです。

もし、今の仕事を辞めようか、転職を考えたときにそのようなサインがないか考えてみましょう。

退職することに意味はある?

そもそも退職することに意味はあるのでしょうか。転職成功者の多くは自身を磨き上げるために転職を決意します。転職するということは、現在の職場では得ることができない「何か」があります。

単に働くことが面倒、嫌なことがあった、という理由で退職しても無意味です。仕事を辞める、ということはスキルアップや資格を習得したいなどの目的がある場合には意味があります。

また、ブラックな環境で働き続けることは自分自身を追い詰め、病む原因にも繋がるため、健康な心身を保つためにも辞める決断は大きな意味を持ちます。

スピリチュアルサインを見逃さず、辞め時を見極めることでこれからの人生を良い方向に導くのであれば、退職も意味があるものになるでしょう。

退職したほうがいい7つのスピリチュアルサイン

スピリチュアルサインは自分自身の心身を守るための重要なサインであり、レベルアップするために何が必要なのかを教えてくれるサインでもあります。

辞め時だと感じるスピリチュアルサインにはいくつかの前兆があります。これから紹介するサインは、退職したほうが良い、との知らせを見逃さないためにもチェックしておきましょう。

退職したほうがいいスピリチュアルサイン①精神的に限界

仕事で心を病んでしまう人は少なくありません。精神的に限界、と感じたときは退職を促すためのスピリチュアルサインです。

仕事がある日は朝から気分が沈んでいる、職場に通う足が進まないなど、精神的に違和感を感じたときは、魂が悲鳴を上げて仕事を拒絶しているのかもしれません。

そのまま仕事を続けても心と身体が病んでしまうので、「限界」と感じたら退職したほうが良いでしょう。

退職したほうがいいスピリチュアルサイン②人間関係で悩む

どんな職場でも他の人と関わりを持って仕事をします。そこで周囲の人との関係がうまくいかない、と人間関係で悩むときも辞め時のサインです。

初めから人間関係がうまくいかない場合もあれば、途中で合わなくなることもあります。これは魂が現在の職場ではもう学ぶことがない、と判断してスピリチュアルサインを送っているのです。

次に転職したことで新たな出会いがあれば様々な人と関わり、そこでまた自身を成長させることができるようになります。

退職したほうがいいスピリチュアルサイン③体調不良になる

頭痛や吐き気、めまいなど明らかな体調不良が現れたら、それはもう退職するためのスピリチュアルサインと言っても過言ではありません。

医学的に考えても、仕事に行くだけで体調が悪くなるのはストレスによる身体の変化です。精神的に不調を訴えているにも関わらず、そのまま続けていれば身体を壊します。

体調不良の兆しがあれば医療機関で診断をしてもらい、すぐにでも退職するようにしてください。

退職したほうがいいスピリチュアルサイン④仲の良い人が次々に退職

自分自身ではなく、仲の良い人が次々と退職している場合も辞め時となります。上記の人間関係の悩みでも記述しましたが、周囲の人は自分にとって成長できる相手かどうか、同じ運命を辿る相手でもあります。

そのため気の合う人が辞めるということは、今後も長く付き合うはずの人が自分の元から離れてしまうことになるため、仲の良い人が次々と退職する場合は、自身も退職のタイミングでもあるのでしょう。

退職したほうがいいスピリチュアルサイン⑤やる気が起きない

どう頑張っても仕事に対してやる気が起きないときは方向性を間違えている、というスピリチュアルサインになります。

現在行っている仕事ではモチベーションが上がらない、刺激が足りない場合には今の職場ではすでに学ぶことがないのかもしれません。

仕事に集中できず別のことを考えたり、集中できないときは魂と身体の調和が取れていないので、まずは気分転換をして心身共にリフレッシュし、それでもダメなら退職のタイミングです。

退職したほうがいいスピリチュアルサイン⑥退職を勧められる

頑張っていても家族や友人、大切なパートナーから退職を勧められたときは、自身の魂からではなく守護霊や天使からのスピリチュアルサインの可能性が高くなります。

このまま続けるよりも仕事を辞めたほうが良い、と背中を押しているのです。もしかしたら、自分では気付かないけれど、周りから見れば辛そうに見えるために退職を勧められている場合もあります。

生身の人間だけでなく、すでに亡くなった家族や親戚、友人なと生前親しい間柄だった故人からのお告げは、強いサインとして現れる傾向にあるので無碍にしないようにしてください。

退職したほうがいいスピリチュアルサイン⑦なかなか寝付けない

仕事で疲れているはずなのに、夜、布団に入ってもなかなか寝付けない場合も注意しましょう。

これは常に仕事のことばかり考え、眠ることができない状態になっています。そのまま放置すれば不眠症など体調不良に繋がり、退職したほうがいいサインでもあります。

退職しないほうがいい3つのスピリチュアルサイン

退職を促すスピリチュアルサインは負の感情や体調不良、周囲の人の変化など様々な状態で現れます。逆に「辞め時」ではないスピリチュアルサインもあるので参考にしてみましょう。

退職しないほうがいいスピリチュアルサイン①楽しく感じる時がある

仕事をしているときにふ、と楽しく感じるときがある場合は、退職しないほうが良いという兆しです。

どんなことでも落ち込んだりやる気が起きないこともありますが、そのなかでも「楽しい」と感じる瞬間があれば、それは魂がまだやり残しがある、改善の余地があると告げているのです。

仕事で少しでも楽しく感じるときがあれば、嫌なことを改善できないかを考え、退職することをとどまってください。

退職しないほうがいいスピリチュアルサイン②退職後の計画がない

退職後の計画がない場合には一先ず「辞める」という選択肢を保留にしておきましょう。仕事を辞めたあとの転職先がない、自身が望む職種が分からないなどノープランで退職すれば後悔する可能性も高まります。

退職後の計画がないのは今後成長できる機会がある、まだ辞め時ではないというメッセージでもあります。

しかしノープランであっても体調不良が現れたり、ブラック企業だと分かったときは退職も仕方ありません。

退職しないほうがいいスピリチュアルサイン③成長のチャンスがある

業務を行う中で学ぶことがあるならば、それは自分自身が成長できるちゃんすのため、まだ退職するべきタイミングではありません。

職場では今後任されるであろう仕事があったり、チームリーダーに抜擢されるチャンスなど、人間として成長できる機会はたくさんあります。

自分がいま、どのようなポジションにいるのかを見極め、成長のチャンスがある場合にはもう少しとどまってみてください。

退職するかどうか迷った時の対処法

退職したほうがいい、まだ退職するべきではないスピリチュアルサインは色々ありますが、それでも退職するかどうかを迷うときはあります。そんなときに試すべき対処法を把握しておきましょう。

対処法①退職後の自分を想像してみる

会社を辞めるかどうか迷ったときは、まず退職後の自分を想像してみてください。仕事を辞めるというのは大きなエネルギーを必要とし、辞めてから後悔することも少なくありません。

そのため次はどうなっているのか、という想像をしてみてください。転職して自分が好む、興味のある仕事がある場合は未来へのビジョンが明確になっているため、すぐに行動できるので退職しても大丈夫です。

しかし「辞めたい」だけでその後何も浮かばないのであればもう少し考えてみましょう。魂は自分の幸せのために常にベストな選択をしているので、退職後が想像できないのであれば辞めてから後悔する可能性も高くなります。

もちろんすでに身体に不調が現れている、精神的に厳しい状態であれば、まずは回復のために辞める手段もアリです。

対処法②占い師に相談する

今後の明確なビジョンも分からず、辞め時のスピリチュアルサインも不明瞭で、辞める・辞めないを自分だけで判断できない場合には第三者である占い師に相談する方法もおすすめです。

占い師に相談することで、これまで自分では気付かなかったサインが見つかる可能性もあります。

もちろん家族や友人、パートナーに相談するのも良いですが、できるだけ客観的に答えを導いてくれる占い師は相談にも適しています。

最近は対面での占いだけでなく、電話やチャットなどで悩みを聞いてくれる占い師も存在します。探すときは仕事関連の悩みに特化した占い師で、相性の良い人を見つけましょう。

退職のスピリチュアルサインを見極めよう

退職するということはどんな人でも一度は考えてしまうものです。しかし実際に会社を辞めるとなれば、その後のことや次の転職先など様々な不安がつきまといます。それでも「辞め時」を見逃さないためにも、退職のスピリチュアルサインを見極めましょう。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。