記事更新日:

中学生向けタブレット学習おすすめ6選!特徴や料金をご紹介!

中学生になると勉強が難しくなる上に、部活などで時間も無くなり、テスト勉強に頭を悩ませるお子さんも多くいます。そんな場合には、自宅でできるタブレット教材を使った学習がおすすめです。ここでは中学生向けのおすすめタブレット学習と、特徴や料金もご紹介していきます。塾に行かせるべきか悩む親御さんも、ぜひチェックしてみてください。

中学生向けタブレット学習とはどんな教材?

中学生向けタブレット学習の教材は色々あり、学校の授業やテストに合わせた学習で、テスト対策や苦手な所をおさらいしていくものや、発展問題も解けるようなハイレベルな学習、高校受験向けの学習をしてくれるものなどがあります。

タブレット学習はタブレット1つで完結できるので、毎月教材が届いて場所を取るような心配もなく、前に解いた苦手問題などを再度チャレンジするのも、タブレットなら以前の答えを消したり新たに答案用紙を準備する必要もないので便利です。

中学生向けタブレット学習のメリット

ここからは中学生向けタブレット学習のメリットをご紹介していきます。塾に通わせるか、タブレット学習かで迷っている方や、お子様が中学の勉強についていけていないという場合も、ぜひチェックしてみてください。

メリット①無駄なく効果的に学習できる

メリット1つ目は、無駄なく効果的に学習できる点です。タブレット学習は自分のやりたいポイントだけ学習しやすく、覚えた範囲なども一緒にやらずに済みます。勉強に割く時間がないときは特に、試験範囲外の項目や覚えた同じところを何度もやらなくていいので効率的です。

メリット②解説が理解しやすい

続いては、解説が理解しやすい点です。紙面で文字だけの解説だと、読むだけではなかなか頭に入ってこない、理解しにくいことも多いですが、アニメなどの動画になっていると解説が分かりやすく、すっと頭に入っていくことも多いでしょう。理解するのが遅い、勉強が苦手なお子様には、映像の解説がおすすめです。

メリット③料金が安い

最後は料金が安い点です。タブレット学習は、塾に通うよりも料金が安い場合がほとんどです。タブレット代金も初期費用でかかる場合や、一定期間継続して受講していれば費用がかからない場合など、様々です。タブレットの料金を含めたとしても、継続する場合は塾よりかからないので、家計的にも助かるでしょう。

中学生向けタブレット学習のデメリット

中学生向けタブレット学習はデメリットもあります。デメリットも確認して、お子様が勉強しやすいか、続けていけそうかなどを見極めてください。

デメリット①ながら勉強になりやすい

デメリット1つ目は、ながら勉強になりやすい点です。タブレットはどこにでも持ち運べるという利点があるので、好きな場所で勉強することが可能なため、勉強机以外にリビングや自分の部屋等、好きな場所で勉強できます。

そのためテレビや動画を見ながら勉強したり、おやつを食べながら、ベッドで寝転がりながら、友達とスマホで連絡を取り合いながら、など何かをしながら勉強もできてしまうのです。ご家庭の状況によっては、勉強にしっかり取り組めるような環境、ルール作りなども必要となります。

デメリット②質問することができない

質問することができない点も、デメリットの1つです。質問ができる場合もありますが、回答が来るまでに時間がかかってしまうことも多く、その場で疑問を解決できないことになります。塾などのように先生に質問しやすく、何度も分かるまで聞けるという環境ではないことを理解しておきましょう。

デメリット③モチベーションが保ちにくい

最後はモチベーションを保ちにくい点です。タブレット学習は自分自身で勉強を進めていかなければいけないため、塾の様に周りの友達も勉強しているという張り合いが感じられない場合が多いです。先生のサポートがないため、つまづいてしまうとやる気が失せてしまう場合も多いでしょう。

中学生向けタブレット学習のおすすめ6選

ここからはおすすめの中学生向けタブレット学習をご紹介していきます。お子様にあった学習ができるかどうかを、ぜひチェックしてみてください。

中学生向けタブレット学習①サブスタ

サブスタは、 お⼦様1人ひとりに合わせた「学習計画表」を作成し、ログイン式の学習アプリを使って⾃宅学習ができるサブスクサービスです。お子様の力と状況に合わせて、1番合っている勉強方法をお得な料金で毎月提供、効果的な学習をすることができます。

サブスタでは事前にチャットでしっかりとお子様の状況をヒアリングし、その情報元にプロの学習アドバイザーが最適な学習計画表を作成、その作成したスケジュールに沿って学習をスタートします。

また、有名予備校講師の映像授業など、1,000本以上の動画、音声を使いながら「見る」「聞く」「書く」「動かす」の体感的な学習が可能です。

間違えた問題は、その場で音声と映像を使って赤ペンで解説!1回見て理解できない場合は繰り返し見ることができるので、分からない部分をその日のうちに解決することができます。自宅にいながら個別指導塾のような学習ができ、塾に通わずとも効率的におうち学習で結果を出すことが可能です。

料金は中学生プラン7,900円/月(税込)・小学生プラン4,900円/月(税込)となっています。今なら14日間の無料体験でき、お試し中でも学習アドバイザーの計画表を受け取れるので、是非自分専用の学習計画表を手に入れてみて下さい。

サブスタの公式HPを詳しく見る

中学生向けタブレット学習②スタディサプリ

続いてはスタディサプリです。CMでスタサプというフレーズを耳にしたことのある方も多いかもしれませんが、自宅にあるタブレットだけでなくパソコンやスマホにアプリをダウンロードして勉強するスタイルです。ベーシックコースは5教科で月額2178円という破格のお値段で、初期費用や入会金もかかりません。

担当コーチがスケジュール作成し、指導もしてくれる中学個別指導コースは月額10780円となっています。どちらのコースも教科書に対応した演習問題や1万問以上の演習問題も解き放題で、動画は1つ5分程度の要点を絞ったものなので分かりやすく、動画も見放題です。

全ての動画授業にはテキストがあり、PDFでテキストの無料ダウンロードも可能なので、印刷して紙面で勉強したい時にも便利です。

スタディサプリの公式HPを詳しく見る

中学生向けタブレット学習③Z会

Z会ではZ会専用タブレット、または対応機種なら自宅のiPadを使用するのも可能で、専用タブレットもセット受講かつ12カ月一括払いで実質0円で利用できます。独自AIが自分の苦手な箇所を繰り返し出題することで、苦手教科の克服に向いています。

学習履歴から高校入試を見据えた到達度を判定してくれるので、自分に足りない部分を可視化し伸ばすべきところを明確にしてくれます。中学3年分の単元から、自由に選択して取り組めるので、2・3年生になってから始めて1年の内容を復習することも可能です。

英語4技能で英検対策ができたり、定期テスト対策は教科書対応、試験範囲も自分で選択OKなので、自分の学校の授業に合わせた勉強ができます。自宅でできる全国模試や、中3からは難関校受験者用の演習も取り組めるので、高校受験向けの勉強にもおすすめです。5教科12カ月払い、中1の料金は1か月あたり8514円で、単科受講は1教科2023円と苦手科目だけ始めることもできます。

Z会の公式HPを詳しく見る

中学生向けタブレット学習④すらら

タブレット学習は飽きてしまいそうで継続できないのではと心配な方には、すららがおすすめです。自宅のパソコン、タブレットで学習できるマルチデバイス対応の教材で、講義がただ聞くだけのものではなくアニメーションを使った分かりやすい解説になっており、さらにキャラクターと対話する形式なので、飽きずに集中して講義も聞くことができます。

AI搭載型のドリルやテスト機能により、一人一人の習熟度に応じて根本理解と学習定着を身につけます。5教科に対応しており、ゲーム感覚で楽しく勉強できる仕組みもあるので、飽きやすいお子様にもピッタリです。

すららの公式HPを詳しく見る

中学生向けタブレット学習⑤スマイルゼミ

スマイルゼミは、対応教科が9教科と中学の勉強すべてに対応しています。自分で動かせるアニメーション教材や、専門の講師が解説する映像授業などがあり、学習状況に応じて今日すべき学習が提示される仕組みになっています。

定期テスト対策や入試対策もあり、模擬テスト後には苦手と判定された部分は専用の補強講座を配信してくれるので、弱点を克服できます。専用タブレットは10978円で、中学1年生の標準クラスの場合は12カ月一括払いでひと月当たり受講料が7480円です。応用問題や難問を中心とした講座に取り組む特進クラスもあり、難関校受験向けの勉強ができます。

1年生から現学年までの内容を学べるので復習もしやすく、書く学びを重視しているので書いて理解と定着を深める教材です。

スマイルゼミの公式HPを詳しく見る

中学生向けタブレット学習⑥進研ゼミ

最後は進研ゼミです。中学3年間の学習がどの学年でも可能なので、先取りの勉強も復習もできます。オンライン授業も週1回開催しており、オンライン授業の録画は前の学年分まで見放題です。理解度に合わせて自動出題してくれるので、つまずきを無くしレベルアップできる仕組みになっています。

進研ゼミの代名詞、赤ペン先生では提出した課題に個別に指導もしてもらえるので、記述問題なども丁寧に見てもらえます。間違えた問題はワンタッチで解き直しも可能で、学校の授業の進み方にも対応しています。受講には専用タブレットが必要ですが、6カ月以上継続受講すればタブレット代金はかかりません。

中学1年生は12カ月一括払いでひと月当たり6570円です。紙の教材を使うオリジナルスタイルもあります。定期テスト暗記BOOKはタブレット学習のタイプでも貰えるので、テスト向けの暗記に便利です。

進研ゼミの公式HPを詳しく見る

中学生向けタブレット教材で家庭学習を効率的に進めよう

中学生向けのおすすめタブレット学習をご紹介してまいりましたが、料金や勉強スタイルも様々で余計に迷ってしまう方もおられるかもしれません。キャンペーンなどで2週間や1ヶ月無料体験などを行っていることもあるので、続けられるか不安な方はまずは体験してみるのがおすすめです。

中学生は授業以外にも部活など、やることが増えるので時間をいかに有効に使うかが大切です。高校受験対策をしたい、定期テストの点を上げたいなど、利用を考える目的はご家庭によっても違いますが、タブレット学習なら効率よく家庭学習が進められます。自分に合ったタブレット学習で、成績アップを目指してください。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。