記事更新日:

人と関わりたくない人の心理や特徴|適した仕事はなに?

人となるべく関わりたくないという悩みを持つ人は少なくありません。自分に対するコンプレックスや、他人に対する恐怖心などがあり、人と関わるためにはその感情を解消する必要があるのでしょう。当記事では、人と関わりたくないと思ってしまう人の特徴や乗り越えるためのヒントをお伝えしています。今後転職や人生設計をお考えの方はぜひ参考にしてください。

人と関わりたくない人の心理

皆さんは、「人と関わりたくない」「誰とも関わらずに一人でいたい」と思ったことはありませんか?気分が落ち込んだ時や、人間関係で嫌なことがあった時などに一時的にそう思うこともあるでしょう。

また、長い間そのような状態が続いている方もいらっしゃるかもしれません。とはいえ、「他人と関わりたくない」と感じることは異常な感情ではありません。誰にでもそう感じる瞬間はあるものです。

しかし、ずっとそのような気持ちを抱えたまま生活するのは大変なことです。ここでは、まずは他人と関わりたくないと思う原因について解説していきます。

心理①裏切られたくない

過去に他人に裏切られた経験がある人は、「信頼してもまた裏切られるのではないか」と、他人と深い関係を持つことを恐れている場合があります。

また、実際に裏切られた経験がなくても、裏切られることへの恐怖を持つ人もいます。その理由は、自分に自信がない、人に頼る癖がある、日頃から人のせいにする癖があるなど、複数あるようです。

相手がこうしたから自分もこうする」というように、他人を基準にして行動する人は、自分で判断できず、他人に依存する傾向があります。他人が基準を決めているため、自分の期待と違うことをされると裏切られたと感じるのです。

心理②傷つきたくない

自分に自信がなく、自分の欠点を指摘されたり、けなされたりするのが怖いため、他人との関係を避けるようになることがあります。

人が自分を傷つけるかもしれないという思いから、他人を恐れ、必要以上に人と関わることをしなくなるのです。これは自然な反応と言えるかもしれません。

心理③人間関係が面倒

ただただ他人と接することが面倒になることもあるでしょう。相手の気持ちを推し量り、自分の気持ちをうまく表現し、共感し合うという作業が面倒に感じられることが多いのです。

他人と接したくない人の中には、他人の存在や会話そのものを面倒に感じる人も少なくありません。他者と接することで生じる問題が煩わしく、他者と関わりたくない人は刺激の少ない生活を求めてしまいます。

このような考え方から、人間関係にあきらめを感じたり、うんざりしてしまう人も多いのではないでしょうか。

心理④コンプレックスを知られたくない

コンプレックスを持っている人も、他人と関わりたくないと思っています。コンプレックスがあると、「どうせ他人から嫌われる、悪口を言われる」と思い込んでしまいがちです。

そのため、実際には何も言われていなくても、「自分は周囲から嫌われている」と思い込んでしまい、他人と関わりを持ちたがらないのです。

また、自分のコンプレックスを他人に知られたくないため、関わらないようにします。自分のコンプレックスを隠すために、人と距離を置くのです。

他人と自分をよく比較し、人と関わると落ち込む人は、ストレスがたまりやすく疲れやすい傾向にあります。

人と接することで劣等感を抱き、傷つくことが多い人は、人と関わりたくないと思うでしょう。自分に自信がない人や、常に他人と比較する癖がある人は、人付き合いが奥手になりがちです。

人と関わりたくない人の特徴

ここでは、他人との関わりを避けがちな人に共通する特徴をご紹介します。ここに挙げたものはあくまで一例ですが、自分に当てはまるかどうか確認してみてください。

特徴①一人でいるのが好き

「人と一緒にいると落ち着かない」「かまってもらうと疲れる」という理由で、一人でいることを選ぶ人がいます。特に人間関係に悩んでいるとか、自分に自信がないというわけではなく、楽をしたい傾向が強く、人と関わることに深く悩んでいるわけではなさそうです。

特徴②人を信用できない

過去に悲しい出来事があったり、隠蔽や詐欺のニュースを見たりすると、繊細な心を持つ人は、周りの人をなかなか信用できないことがあります。

嘘をつかれているような気がして、なかなか他人に心を開くことができないのです。また、他人に対して疑心暗鬼になっている人も一定数存在します。

みんな自分のことしか考えていないから、人と関わっても得るものはない、という考え方をしています。

また、内向的な人は、他人に興味がなく、コミュニケーションが苦手な人が多いので、人と関わると疲れるし、関わったら損をすると思って消極的になってしまうのです。

強いコンプレックスやトラウマがあるわけではなく、「人は裏切る生き物だ」という考え方がベースにあり、自分が人嫌いであることを気にしていません。

特徴③他人の目が気になる

また、自分が人からどう見られているかを気にする人は、人と関わりたくないと思う傾向があります。これは、「劣等感を持たれたくない」「自分がどんな人間なのか判断されたくない」という心理が働いている可能性があります。

常に他人の評価を気にして「いい人」でいようとすると、他人の意見に合わせすぎて疲れてしまい、「いい人」をやめたくなるのでしょう。

しかし、いい人であればあるほど、「いつものいい人でないと困る」と強く思うので、余計に人前に出たくなくなってしまうのです。

特徴④話しかけるのが苦手

人と仲良くしたいのに、自分から人に話しかけるのが苦手な人もいます。人から話しかけられるのを待っていたり、話しかけられたとしてもうまく応えられないことが多いので、「人と関わりたくない人」と思われることが多いようです。

他者とのコミュニケーションは、言葉がすべてではありません。しかし、会話によって成立するコミュニケーションも多く、話すのが苦手な人にとっては、それ自体がストレスになることも少なくありません。

人と一緒にいるときに何を話せばいいのかわからないと悩む人も多いのではないでしょうか。人と仲良くしたいのに、素直に言葉にできない、シャイな人も一定数おられることでしょう。

集団の中に入れてもらいたくても、「入れてください」と言う勇気がなく、次第に一匹狼になってしまうこともあるようです。

特徴⑤すぐ落ち込んでしまう

また、ちょっとした失敗で落ち込んだり、ブルーな気分が長く続いたりする人も、周囲との関係がうまくいかないことがあります。

相手が言った些細な一言が気になり、いつまでもそのことが頭から離れないという経験はないでしょうか。

相手はもう忘れているのに、自分はなかなか忘れられず、二人の間に温度差ができてしまう、その結果、二人の距離は徐々に広がっていくかもしれません。

特徴⑥完璧主義

また、完璧主義でこだわりが強いのもこのタイプの人の特徴です。自分の思い通りにしたいという気持ちが強く、少しのずれやズレも見逃せない人は、予測不可能な恋愛が苦手で、他人と関わりたくないと思うケースが多いようです。

何事にもこだわりが強い人は、他人を許容することができません。何事も自分の思い通りにしたいので、自分とは違う人を受け入れることが難しいのです。

自分の思い通りにならない他者にストレスを感じ、他者と関わりを持ちたがらなくなる人も多いでしょう。対人関係は思い通りにならないことが多いので、何事も「期待」してしまう人はストレスがたまりやすく、人嫌いになってしまうのは当然といえます。

人と関わりたくない人の原因

人と関わるのが面倒だと感じるのは、どのような理由からなのでしょうか。ここでは、考えられる4つの原因の背景について解説しています。ぜひチェックしてみてください。

原因①過去に人間関係で傷ついている

過去に人間関係で裏切られたり、いじめられたりした経験があるため、他人との接触を避けるようになる人もいます。もうこれ以上傷つきたくない、と自分を守ろうとするのです。

原因②プライドが高い

また、プライドが高いことも、人と関わりたくない理由の1つになります。一度からかわれたり、バカにされたりすると、そのことが許せず、「人に話してもバカにされるだけ」「本当の自分は人に理解されない」と思ってしまうのです。

また、プライドが高い人の中には、「自分は他人と違う」という気持ちが強いため、他人と同じように付き合ったりコミュニケーションを取ったりすることが苦手で、他人との関わりを避けてしまう人もいます。

原因③家庭環境に問題があった

他人と関わりたくないと思う大きな理由のひとつに、家庭環境があります。特に幼少期に親から愛情を受けなかったり、家族関係がうまくいかなかったりすることが原因として考えられます。

虐待やネグレクトによって子どもたちが負った傷は計り知れません。最も身近で、最も愛する大人から存在を否定された子どもたちは、大人になっても誰も信じることができません。

また、親や身近な大人から言われたことを信じてもらえなかったことで、他人を信じることができなくなることもあります。そのため、人間不信に陥り、人と関わることを拒否してしまうのです。

原因④疲れていて余裕がない

毎日、疲れを感じていると、気持ちにも時間にも余裕がなくなり、他人を気遣うことができなくなります。例えば、笑顔になる余裕がなければ、笑顔は作れません。

余裕があれば、周りの人に配慮し、笑顔で優しく接することができます。しかし、疲れから冷静さを失ってしまうと、常に気を張っていて、笑顔で人に接する余裕すらなくなってしまいます。

気遣いができないことがトラブルなどにつながると、人と接することが面倒になり、人と接することを避けるようになります。

人と関わりたくない人に適した仕事

ここでは、他人と関わりたくない人に向いている仕事を紹介します。適材適所という言葉があるように、人にはそれぞれ向いている仕事があります。

自分に合った仕事で実力を発揮できるよう、人と関わりたくない人が前向きに取り組める仕事について見ていきましょう。

適職①Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのレイアウトなど、ユーザーフレンドリーで魅力的なページを作成する仕事です。しかし、プログラマーと同様、経験を積み、スキルを身につけることで仕事の幅が広がっていきます。

経験を積むと、Webディレクターなどの仕事を担当する人も出てきます。基本的に一人で行う作業が多いため、コミュニケーションも少なく、人と関わりたくないという方に向いています。

適職②データ入力

在宅ワークは、家にいながら仕事ができるため、おすすめの仕事です。最近では、インターネット環境さえあれば、会社に行かなくても自宅でできる仕事が増えています。

社員同士のコミュニケーションもネット上で行えるため、他の人と接することも少ないです。例えば、データ入力はスキルがなくても始められ、在宅でできる仕事として人気です。

収入は仕事量によって変わります。仕事内容は、顧客名などを入力してリストを作成する作業がメインです。

適職③プログラマー

プログラマーは、SE(システムエンジニア)が作成した仕様書をもとに、ソフトウェアのプログラム(アプリケーション開発、ゲーム制作など)を構築する仕事です。

在宅プログラマーは報酬が高いですが、仕事の内容や規模、難易度によって報酬が異なります。例えば、ホームページを作成するツールであるWordPressのプラグイン制作は単価が低く、報酬は2万円前後が一般的です。

一方、Webサイトの構築は、1つの案件で50万円前後の報酬が得られることもあります。プログラマーとして働くには、資格は必要ありませんが、プログラミング言語の知識は必要です。

経験を積めば、SEのようなシステム設計に携わることも可能です。プログラマーになるには、プログラミング言語を学ぶ必要があり、Webデザインに比べると独学では難しいと言われています。

適職④翻訳家

この仕事は、海外の論文や読み物を日本語に翻訳する仕事です。日本語を外国語に翻訳するパターンもあります。必要なのは語学力です。

TOEICなどの外国語検定を受けておくと、語学力の証明になります。また、翻訳するジャンルの専門的な知識もあると便利です。

クラウドソーシングサービスでは、Web関連資料やマニュアル、論文など、さまざまな媒体の翻訳を請け負うことが可能です。

適職⑤小説家・漫画家

他人と関わりたくないという人は、小説家や漫画家も向いています。自分の世界観をしっかり持っている内向的な人は、それを人に話すのが苦手ですが、どこかで表現したいという欲求も持っています。

ですから、自分の世界を文章や絵で表現できる小説家や漫画家は、とても向いていると言えるでしょう。他人と全く関わらないというのは難しいですが、仕事をするときは基本的に一人で黙々と作業を行えます。

また、同じように根暗なアシスタントがいれば、編集者や出版社などと関わるとき以外は、自分の部屋にこもって仕事をすることができます。

適職⑥清掃員

会社によっては清掃員でチームを組んでいるところもありますが、一人で清掃を行う会社であれば、少ない人数で仕事をすることができます。

清掃員の仕事は、自分が担当する場所をきれいにすることです。そのため、他の人と関わることなく黙々と仕事をすることができます。

人と関わりたくない気持ちは克服できる?

ここでは、人と関わるのが苦手な人の克服法を紹介します。人によって合う方法は違うかもしれませんが、もしかしたらネガティブな感情を克服するヒントになるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

克服方法①固定観念を捨ててみる

まず、固定観念をなくすようにしましょう。どうせ自分にはできない、うまくいかない、などの強い固定観念があると、人と関わりたくないという気持ちになるものです。

しかし、いきなりこれらの固定観念をすべてなくすことは困難です。そのため、まずは日頃から小さな固定観念をなくしていくことから始めましょう。

克服方法②自分を受け入れる練習をする

人からからかわれるのが苦手な人、コンプレックスで自信が持てない人は、ありのままの自分を受け入れる練習をしましょう。

自分を受け入れられるようになるには、まず自分を批判する声に気づき、その時感じたことを紙に書き出してみましょう。

実際に紙に書いて客観的に見ることで、今後どのように対処していけばいいのか、冷静に考えることができます。

克服方法③他人の良いところを見つける

人を嫌いになると、その人の嫌なところばかりが目につくようになりますが、どんな人にも良いところがあります。人の長所を見つけることで、人間関係が良好になり、ストレスが軽減されるかもしれません。

克服方法④周りに期待することをやめる

また、周囲に期待をしないことも大切です。人に期待しすぎると、裏切られたような気がして傷ついたり、「どうして○○してくれないんだろう」「どうして認めてくれないんだろう」と悩んだりすることがあるのです。

期待すべきなのは自分自身だけです。それで、人にではなく自分自身がベストを尽くすように努力してみましょう。そうすれば、他人から認められること、他人からどう思われることを気にしなくなります。

克服方法⑤適度な距離感で人と接する

人間嫌いを克服するためには、人と適度な距離を保つことが大切です。例えば、カップルや友達どうしで家をシェアする場合があります。

一緒に住む前はとても仲がよかったのに、いざ一緒に住んでみると、相手の嫌なところばかりが目についてしまい、一緒に住む前よりも仲が悪くなってしまうケースが多々みられます。

これは距離が近くなりすぎた結果問題が発生したことが考えられます。人と接するときには、くれぐれも適度な距離感を保つことを忘れない様にしましょう。

人と関わりたくない気持ちは無理をせず克服しよう

いかがでしたでしょうか?何か解決策になりそうなヒントはありましたか?人と関わりたくないという気持ちを克服するために、マイナス面を見るのをやめて、プラス面を見るようにしてみてください。

自分が心地よいと感じる環境、考え方、仕事を探してみてください。そうすれば、もっともっと楽しくて前向きな人生になるはずです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分に向いている仕事を探してみる

国内最大級の転職サイト「リクナビNEXT」は、幅広い業種の多くの企業が求人広告を掲載しているため、求職者から圧倒的に指示され会員数は約1000万人を誇っています。リクナビNEXTでしか登録されていない求人も多数あるので、他の転職サイトで希望の求人を見つけられなかった方は登録してみることをおすすめします。

また、企業から転職希望者に対してオファーが送られてくる「スカウト機能」があり、忙しくて転職活動の時間が満足に取れない状況でも、企業からオファーを受けることができます。本格的に転職活動をしなくても気になる求人をチェックすることができ、転職の選択肢が広がるので、ぜひ活用して下さい。

リクナビNEXTの適職診断「グッドポイント診断」

リクナビNEXTで行なっている「グッドポイント診断」は無料で受けることができる自己分析診断サービスです。自分の性格について選択式で答えていき、18種類の特徴の中から5つの強みを診断します。応募時のアピールポイントが知りたい方、どんな仕事に転職するべきかお悩みの方にもおすすめの診断です。

診断結果は応募する際に添付することも可能で、転職活動における自己PRなどの参考情報として活用することもできます。

対象者 リクナビNEXT会員
所要時間 30分
18種類の特徴 親密性・冷静沈着・受容力・決断力・悠然・柔軟性
現実思考・自己信頼・バランス・社交性・高揚性・自立
慎重性・俊敏性・継続力・挑戦心・感受性・独創性
診断結果の組み合わせ 全8,568通り

リクナビNEXTの公式HPを詳しく見る

DODAのキャリアタイプ診断で自分に向いている仕事を探してみる

今、転職を考えている方やなかなか仕事が続かない、今の仕事は自分に合っているのか?などと言った悩みをお持ちの方は沢山いらっしゃいます。そんな方々におすすめしたいのがこちらの転職サイト「デューダ」です。10万件ある求人の中から仕事を見つける事が出来るので是非、ご利用して頂き、ご自身に合った職場で働きましょう。

おすすめポイント・特徴

まずは無料で行える「キャリアタイプ診断」を受けてみましょう!サイト内にある120個の設問を受けて頂き、診断結果が出ます。ご自身に合った仕事の適性を知り、仕事を紹介してくれます。所要時間は10分程度とお時間もかかりません。

キャリアタイプ診断は「A 性格、気質傾向」「B 能力傾向」「C 行動基準」「D あなたに向いている仕事スタイル」「E あなたに向いている企業風土」の5つの項目を細かく診断してくれます。診断は誰でも無料で行う事ができるので、転職を考えている方以外にも今の仕事は自分に合っているのか?と疑問に思っている方も気軽に診断を受ける事が出来ます。

また、ご自身の簡単な経歴を入力するだけで行える「年収査定」もご利用いただけます。デューダ会員186万人のデータを元に自身の適正年収も分かります。デューダに無料登録をして、この機会にご自身に合った職場を見つけて下さい。

公式サイトをチェック

 

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。