記事作成日:

毎日が辛いと感じる理由とは?しんどい時に試したい対処法を解説!

平日の朝、「もう朝だ」「仕事に行きたくない」と思ったことはありませんか?重い心と体にムチを打って出勤準備をし、満員電車に押し込まれて出勤する、そんな日常を考えただけで胸が締め付けられ、涙が出てくるかもしれません。今回は、そんな「毎日辛い」という思いに悩む方に、その対処の仕方をご紹介したいと思います。今の辛い状況から一刻も早く抜け出すために、ぜひ参考にしてください。

毎日が辛いと感じる理由とは?

悩みは家庭や職場など様々な場所で発生し、「毎日がつらい」と思いながら日々を過ごしている人も少なくないでしょう。しかし、なぜ自分が精神的に追い詰められてしまったのかは分析できていないことがあります。そこで、まずは「毎日がつらい」と感じる主な理由を詳しく解説します。

毎日が辛い理由①完璧を求めすぎている

完璧を求めすぎる人は、毎日がつらいと感じがちです。これは、完璧を求めるがゆえに、できないことが目立ってしまうからです。成績に満足できない人、家事を完璧にこなせない人、生活のあらゆる場面で完璧を求める人は、つらいと感じるでしょう。

特に、責任感の強い人は自分を追い詰めてしまうことがあります。完璧主義者が仕事でより高いレベルを目指す根底には、完璧でない自分に対する強い「恐れ」があります。しかし、完璧を目指せば目指すほど、緊張感が高まり、失敗する確率が高くなります。

その結果、自分で自分の首を絞めてしまう危険性があるのです。そうすると、「自分は何もできない」と強く思うようになり、自信を失ってしまうのです。

毎日が辛い理由②休息が足りない

また、しっかりと休めていないということが原因になっている可能性も考えられます。徹夜をすると体調が悪くなるように、人間には適度な休息が必要です。

最近は座りっぱなしによる疲労もよくあります。これは主にデスクワーカーや長距離ドライバーに当てはまります。ずっと座っていると、血流や代謝が悪くなり、肩こりや腰痛の原因になります。

また、現代人はスマートフォンやパソコンから常に膨大な情報を取り込み、脳はその情報を処理するために常に働いています。

情報処理が追いつかないほど脳が酷使されると、物忘れが多くなったり、気分が落ち込みやすくなったりします。最近、休養が足りないと感じている人は、意識的に休養を取るようにしましょう。

毎日が辛い理由③他人と比較している

周りと比較して自分を卑下してしまうことは、毎日が辛いと感じる原因のひとつになります。周りの人をうらやましいと思ったり、自分が人より劣っているように感じることはありませんか?

周囲で人気のある人をうらやましく思ったり、仕事で自分より結果を出している人と自分を比べてしまったりすると、精神的に参ってしまうことがあります。

毎日が辛い理由④仕事がうまくいかない

仕事で毎日上司に怒られ、ミスや間違いを指摘され続けると、自分を責めてしまう人もいるかもしれません。仕事で結果を出せない、ミスが多い、と自分への情けなさから辛さに襲われる人もいるでしょう。

これは自分より優れた人と自分を比べて、無力感を感じてしまうパターンです。子供の頃から周囲と比較されて育ってきた人に多く見られる傾向です。

自分の良いところに目を向けていないため、自分はうまくいっていないと感じやすいのです。自己肯定感が低いと、人は悩みを抱え、精神的に追い込まれるのは仕方がないことです。

毎日が辛い理由⑤人間関係が苦痛

周囲とうまくコミュニケーションがとれない人は、精神的に疲れてしまいます。職場や学校などで毎日顔を合わせる人とうまくいかないと、日常的に疲れを感じることが多くなり、人付き合いそのものが面倒になってしまいます。

このように、日常生活で避けて通れない人間関係に煩わしさを感じていることが、毎日をうまく過ごせない原因のひとつと考えられています。

毎日が辛くてしんどい時の対処法【思考編】

日常生活は様々な理由で辛いと感じることがあります。毎日辛さや悩みを抱えながら生活するのは大変で、「何とかして解消したい」と感じている方も多いのではないでしょうか。そこで、毎日が辛いと感じたときの対処法をご紹介します。

自分を認めて褒める

まずは自分を無条件に褒めてみましょう。自分は今のままでいいんだと安心すると、気持ちが落ち着いてくるからです。ノートやメモ帳を持ち歩き、自分をほめたいこと、うまくいったことを書き留めておきましょう。

小さなことでもかまいませんが、ネガティブなことは書かないのがポイントです。また、毎日日記をつけるのもよいでしょう。自分をほめることができない人は、自分を労わることから始めてみてはいかがでしょうか。

自分に働きかけ、自分を肯定することで、自分を認めることができるようになります。「今日も一日がんばった」こんな簡単なことでも、自分を肯定してあげることで気持ちが楽になります。

周りと比較しない

「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、他の人はいつも自分より優れているように見えるものです。それで、他人と自分を比べるという無駄な行為に時間やエネルギーを割くのはやめましょう。

自分が日々成長できるように努力しているかどうかで物事を判断すれば、自分のことだけに集中でき、平穏な日々を過ごすことができるはずです。

完璧を諦める

すべてを完璧にこなすことは難しいので、すべてにおいて100点を目指すと、どうしても精神的な疲労が蓄積してしまいます。そのため、完璧主義者の方は、満点を求めることから一度離れてみてはいかがでしょうか。80点でもよく頑張ったと思えると楽になるはずです。

毎日が辛くてしんどい時の対処法【行動編】

心の健康のためにも、「毎日辛くてしんどい」という気持ちをいつまでも持ち続けることは避けるべきでしょう。では、この気持ちを解消する方法はあるのでしょうか?ここでは、辛いと感じたときに試してほしい方法をご紹介します。

しっかり休む

どうしても気分が晴れないときは、休暇をとってリフレッシュしましょう。仕事や学校を休むことに罪悪感を感じるかもしれませんが、気分転換をすることで仕事の効率も上がり、精神状態も良くなります。これからの人生をより良くするための「先行投資」と考えるようにしてください。

気の合う人に相談する

一人で抱え込まず、誰かに自分の状況を話してみましょう。誰かに話すだけで、ずいぶん気持ちが楽になるものです。家族でも恋人でも友人でも同僚でも、信頼できる人なら誰でもいいのです。ただし、相手の時間を使うことになるので、節度を持って行ってください。

楽しいことだけに時間を使う

人は、毎日を惰性で過ごしていると、人生がつまらないと感じ、精神的に辛くなる傾向があります。ですから、毎日がつらいと感じる人は、何かひとつでもいいので、楽しみを見つけるようにしてください。趣味や仕事、恋愛など、何か楽しみを見つけることで、刺激的な毎日を送ることができるはずです。

毎日が辛くてしんどい時の対処法【状況別】

最後に、シチュエーション別に辛い気持ちの対処法を考えていきましょう。会社、学校、主婦など、立場によって辛い原因が異なります。それぞれの状況に応じた対策を考えることで、実際に行動しやすくなります。

サラリーマンの場合

日々の仕事に疲れ切っているサラリーマンの方は、そもそも自分はなぜ働いているのかという根本的な問題を掘り下げてみてはいかがでしょうか?

とにかく、思いついた働く理由を書き出してみてください。何か隠れた仕事の動機が見つかるかもしれません。サラリーマンであることが負担になるのであれば、仕事を変えて環境をガラッと変えてみるのもいいかもしれません。

しかし、転職先をよく見極めないと、転職したときと同じような気持ちになってしまうかもしれません。「もう限界だ」という方は、ぜひ「転職エージェント」を利用して、自分にとって最適な会社を探してみてください。

主婦の場合

休みの日に家でゴロゴロしている夫を見て、主婦が不満を感じるのはよくあることです。「主婦にも休日は必要。主婦だって休みが欲しい」思うことでしょう。そんな爆発寸前の状況なら、家族に「主婦休みの日を作る」と宣言して、たまには完全に自由な一日を過ごしてみましょう。

買い物で車を使う人なら、車内が一人になれる貴重な時間になることもあります。好きな音楽やポッドキャストを聴いたり、ちょっと遠回りして自然の景色を見たりして、リフレッシュすることができます。

一人になる時間を確保する方法として、買い物や食事の宅配、掃除や片付けなどの主婦業をプロに依頼するのもおすすめです。もったいないと思うかもしれませんが、心身の負担を軽くするための必要経費と考えましょう。

学生の場合

学生なら、学校が辛いときに通える別の居場所を探してみるのがおすすめです。習い事や趣味のサークル、塾、フリースクール、アルバイトなど、学校以外の居場所の選択肢は意外と多いものです。

気になる場所が見つかったら、安心して好きなことを思い切りできる場所かどうか、試してみてください。見つけた「場」は、学校の代わりとなるだけでなく、学校が辛くなったときの学校以外の新たな居場所となることもあります。

学校以外で自分を表現できる場があれば、少々辛いことがあっても前向きな気持ちになれるはずです。ぜひ自分に合った場所を探してみてください。

毎日が辛い原因を知って正しく対処しよう

人は職場や家庭でさまざまな悩みを抱えています。痛みや悩みを抱えながら生活するのはつらいことです。そんな時は、毎日辛いと感じる理由を理解し、適切な対処法を行うことで、きっと辛さが改善されるはずです。自分にとって最適な解決策を見つけ、笑顔で過ごす毎日を目指しましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。