記事作成日:

学習机の処分方法を詳しく解説!捨てるより買取がお得⁈

広告

使わなくなった学習机を処分するか、売却してお金に換えるか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。長年にわたって使うことがほとんどである学習机は汚れが傷がつきやすいため、買取り対象に該当しないことがあります。今回は、学習机の処分方法と高く売るためのポイントを詳しく解説していきます。使わなくなった学習机の処分を検討している方はぜひチェックしてみてください。

学習机の処分方法は?

まずは、学習机の処分方法からご紹介していきます。学習机は家具の中でも重くて運びにくいため、できるだけスムーズに処分できるかどうかも考慮することが大切です。

学習机処分方法①粗大ゴミに出す

自治体の粗大ゴミ回収を利用すれば、解体せずにそのままの状態で処分することができます。粗大ゴミに出す場合は、コンビニや郵便局などで指定のゴミ処理券を購入し、処分したい学習机に貼って回収場所に出す流れになります。

さらに費用を抑えたいという場合は、ゴミ処理センターに持ち込む方法もあります。粗大ごみよりも安く処分できるものの、学習机は家具の中でも重いため、家から運び出して運搬するのは大きな負担になります。ごみ処理センターまでの距離や搬入方法を考慮して選択しましょう。

学習机処分方法②解体して普通ゴミに出す

できるだけ費用を抑えて処分したいのであれば、学習机を解体して燃えるゴミに出すのがおすすめです。解体する手間がかかるものの、ごみ袋代のみで処分ができます。

ただし、学習机は頑丈な造りである場合が多く、ライトや金具などを取り外して分別する必要があります。解体は力が必要な作業であるうえ、必要に応じて工具などを使うため、ケガに十分注意しながら行いましょう。

学習机処分方法③不用品回収業者に依頼する

手間を掛けずにすぐに学習机を処分したいという方には、不用品回収業者を利用して処分するのがおすすめです。不用品回収業者に処分を依頼すると自治体のごみに出すよりも費用が高くなりますが、自宅まですぐに引き取りに来てもらえるのがメリットです。

また、学習机のほかに家具や家電などの不用品があれば、まとめて引き取ってもらえるのも不用品回収業者をおすすめする理由のひとつです。引っ越しなどですぐにでも学習机を処分したいという場合は選択肢に入れてみてください。

学習机を売って処分できる?

不要になったとはいえ、状態が良く処分するのを躊躇するという場合や、人気メーカーの学習机である場合は、売却することも視野に入れてみてください。ここでは学習机の売却方法をご紹介します。

学習机の売却方法①掲示板に出品

学習机のように大きくて重い家具を売る場合、ネックになるのが梱包や搬入、発送などの手間です。そういった負担を減らしたいのであれば、近場で不用品の譲り合いができるサイトを活用するのもひとつの方法です。主に地元でやり取りをする「ジモティー」は、近場で引き渡しができるので、学習机のように大きい家具の引き渡しに適していると言えるでしょう。

ジモティーは掲載料・手数料0円で利用でき、金額も出品者が設定できるのが特徴です。売りたい人と欲しい人をつなぐ便利なサービスですが、学習机を必要としている人が地元にいない場合は出品してから売れるまで時間がかかるのがデメリットです。また、ドタキャンのリスクやトラブルが起きる場合もあるので、慎重に利用することを心掛けましょう。

学習机の売却方法②フリマやオークションに出品

フリマアプリやネットオークションはネット上で学習机を出品するため、多くの人の目につきやすく、購入者が見つかる可能性が高くなります。フリマやオークションでは自分で販売価格を決められるのがメリットで、傷や目立つ汚れが少なく状態が良い場合は購入してもらいやすくなります。

しかし、昨今では新品でも比較的リーズナブルな価格で学習机を購入できるため、フリマアプリやネットオークションで学習机を出品する場合、有名メーカーかつ美品でなければ、買い手が見つかかりにくい懸念もあります。

また、フリマアプリやオークションで売却できたとしても、サイズが大きい学習机の梱包や箱詰めはとても大変な作業になります。手間を掛けずに手放したい場合は、他の方法を優先するほうが無難だと言えるでしょう。

学習机の売却方法③リサイクルショップに買取依頼する

不要になった家具を手放す方法として定番なのがリサイクルショップに売る方法です。しかし、学習机は10年以上使われていることがほとんどで、傷や汚れがつきやすい家具のひとつです。そのため、リサイクルショップで高く買い取ってもらおうと思っても、使用感が強いと買取り額が安くなったり、買取の対象にならないことが多いです。

つまり、有名メーカーの学習机や状態が良い学習机だと買い取ってもらえるケースが高くなります。ただし、現在は新品でもお手頃な価格帯の勉強机が多く販売されてるため、中古品の売れ行きは低くなっています。そのため、高額買取などへの過度な期待はしないようにしましょう。

学習机を高く売るには?

せっかく学習机を売るのであれば、できるだけ高く売りたいと思うのは当然のことです。ここでは、学習机を少しでも高く売るためのポイントをご紹介します。

高価買取のコツ①きれいにする

見た目がきれいであるかどうかは、高価買取を狙ううえで最も重要なポイントです。学習机は鉛筆やペン、マジックなどによる汚れが付きやすいものですが、目立つ汚れやキズが少なく、見た目が綺麗な方が高く売れやすくなります。

すぐに取れるような汚れは取り除いておき、査定に出す前には表面だけでなく側面や裏側、引き出しの中など細かい部分もしっかりと拭いておきましょう

ただし、高級な素材で作られた学習机に洗剤を使うと素材傷めてしまうことがあるため、取扱説明書を読んで正しい手順でお手入れをしましょう。

高価買取のコツ②付属品や保証書・取扱説明書つける

購入時に付いている付属品や、取扱説明書、保証書はまとめて売るのが望ましいです。すでに処分していたり、探しても見つからない場合は仕方ありませんが、次に購入する方にとっては扱い方が分かる説明書等があった方が親切であることは違いありません。

付属品が充実しているほど買取り額がアップする可能性が高くなるため、家のどこかにあるかもしれないという場合は、買取査定に出す前に探してみることをおすすめします。

高価買取のコツ③椅子もセットで出す

リサイクルショップやオークションサイトで学習机を売る場合、椅子もセットにするのがおすすめです。学習机だけで販売すると、いっしょに使う椅子を別で探さなければならないため、買うのをためらってしまう購入者もいます。

破損している場合や汚れがひどい場合は無理に買取りに出す必要はありませんが、できれば学習机単品よりも椅子とセットで査定に出すようにしましょう。特に、学習机と椅子が同じメーカーの場合はセットで出品することで、より高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

高価買取のコツ④同シリーズの家具があれば一緒に売る

学習机と椅子やライト、本棚などがセットになっている場合は、まとめて売りに出すことで買取り額が高くなることがあります。特に、同じシリーズで揃えられている学習机の場合は、机単品で売るよりも高く売れる傾向があります

また、セット商品ではなくても学習机に引き出しや本棚、ワゴンなどを組み合わせて使っていたという方もいるかもしれません。セット商品ではなくても統一感があれば買い取ってもらえて、買取り額がアップすることがあります。学習机と一緒に使っていた家具も不要である場合は、まとめて売りに出しましょう。

高価買取のコツ⑤シーズン前に売る

入学準備として学習机を購入する場合、11月~2月頃に購入するのが一般的です。そのため、学習机を手放す場合は、学習机の需要が高まる10月~2月頃に出品するのがおすすめです。

とはいえ、何らかの理由で年間を通して学習机を探している人もいます。売ろうと思い立った時期が春を過ぎていたとしても、出品する意味は大いにあると言えるでしょう。

不要になった学習机は売るのがおすすめ!

今回は、学習机の処分方法と高く売るためのポイントについて解説しましたが、いかがでしたか。学習机の代表的な処分方法には「粗大ごみに出す」「解体して燃えるゴミに出す」「不用品回収業者に引き取ってもらう」「知り合いに譲る」といった選択肢があります。

廃棄ではなくお金に換えたい場合は「フリマやオークションに出す」「リサイクルショップに売る」「掲示板を利用する」方法がおすすめです。その際、「椅子や備品、説明書をつける」「きれいな状態にする」などの点に気を付けて、高値で売れるように工夫しましょう。

基本的に長年使用することになる学習机は使用感が出やすく、重量が重いという特徴があるため、ご自身にとってスムーズに処分・買い取ってもらえる方法を選ぶことをおすすめします。学習机の処分を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。