記事更新日:

手取り12万は生活がやばい?生活費の内訳や収入を増やす方法を解説!

広告

手取りが12万円の生活というのは、想像できるでしょうか?相当厳しくなるであろうことは予想するのに難くないでしょうが、実際に生活をするとすれば内訳なども切り詰めていかなければ難しい話です。今回は、手取り12万円の生活費内訳や、収入アップ方法などを解説します。

手取り12万の月収・年収

手取り12万円というのは、額面から見ても相当厳しい生活を強いられざるを得ないというのが誰の頭でも想像できるでしょうが、まずは月収や年収の面から収入の程度を見ていきましょう。

手取り12万の月収

手取り12万円の月収に関してですが、約15万円程度になります。手取りと月収で金額が違うのはなぜなのかというと、まずそもそも月収というのは会社から従業員に支払われる給料の総合計になります。

この合計は、基本給に合わせて残業代や各種の手当てなどを合わせたものになります。そして手取りというのは、その月収から保険料や所得税をはじめとした諸々の控除を差し引いた後の残りになるので、3万円ほどの差額が出てきます。

この税金や保険料を合わせた控除の額は、総支給額となる月収の約2割から2.5割程度になると言われています。内訳は、厚生年金に1万円少々、健康保険に7千円、住民税が4千5百円、所得税が2千円となります。

手取り12万の年収

続いて年収に関してですが、金額とすると180万円前後から210万円程度という計算になります。この年収というのは、手取りではなく先に解説した月収の金額をベースに使って計算する形になっています。

すなわち、先に挙げた通り手取りが12万円で、月収が15万円ジャストだったという場合には、月収の15万円×12か月分で一年の収入は180万円となります。そして、多少金額目安に幅があるのは、ボーナスが影響しています。

大企業であればボーナス額は月収の2か月半近く、中小企業なら1か月分がボーナス月にプラスされますので、これを加味すると210万円程度となるのです。

ボーナス

そのボーナス額をより詳しく見てみると、金額自体は2か月半から1か月分程度と先述した通り企業によって中々に変化が出てくるものの、最低15万円、多い場合には60万円程度となると考えられます。

1か月分のみの支給という場合には月収と同じ額である15万円が加算されますし、年に2回、2か月分が支給されるというのならば、15×4で年間60万円が上乗せされます。ただし、注意点としてこのボーナス額がそのまま支給されるわけではありません。

これは、控除が関係しています。所得税や社会保険料の差し引きは、ボーナスの発生する月でももちろんありますし、所得が増える分差し引かれる額も比例して増えます。よって、2割から3割程度が控除に持って行かれます。

手取り12万はやばい?レベルを調査

手取りが12万円の場合の月収や年収がどれくらいの金額になるのかが分かりました。数字から見てもかなり低い印象を受ける所ではありますが、実際のところはどうなのかを平均年収との比較で見ていきましょう。

平均年収で調査

まず、平均年収から見ていきましょう。国税庁の行った令和元年の民間給与実態統計調査では、平均年収の割合が公表されています。これによると、以下のような年収の割合になっています。

  • 100万円以下:8.7%
  • 100万円超~200万円以下:14.2%
  • 200万円超~300万円以下:14.9%
  • 300万円超~400万円以下:17%
  • 400万円超~500万円以下:14.6%
  • 500万円超~600万円以下:6.5%
  • 700万円超~800万円以下:4.4%

この統計調査を参考にしてみると、年収が200万円以下の人の割合は国内において約20%少々存在しているのが分かります。すなわち、残りの8割近くは200万円以上の収入を得ている計算です。

手取り12万円の年収は180万円から200万円と少しという計算でしたから、国内で見てもかなり低い割合に入ってしまっているということになるのです。

年齢別男女の平均月収で調査

続いて、男女の平均年収についてです。19歳までの月収は男性で17万円程度、女性も同じような金額ですが、20歳から24歳だと性別を問わず20万円を超えています。年齢に比例して月収は多くなりますので、20歳以上であれば軒並み20万円以上です。

年収に換算してみても、20歳以上なら男性は300万円弱、女性でも250万円ほどという結果がありますので、20代以降のほぼすべての年代では性別を問うことなく手取り12万円以上は確実となっています。

これらのデータを踏まえて見てみると、手取り12万円というのは20歳未満と同程度が少し低く、そして20歳以上と比べると周りよりもかなり低くなっているのが分かります。

手取り12万の生活費内訳

想像した通りかもしれませんが、手取りが12万円というのは年代や世代で比べてみてもかなり低い方であると言わざるを得ないというのが、データからも分かりました。しかし、そんな中で生活をしている方も実際に居るのが事実です。

一人暮らしの場合の内訳

まず、一人暮らしをしている場合の内訳を見てみましょう。特に日本国内で一人暮らしをする上では、最も生活費が高くなると言われている東京を居住地として選んだ場合の内訳が以下の通りとなります。

  • 家賃:5万円
  • 食費:3万円
  • 通信費:1万円
  • 水道光熱費:1万円
  • 雑費:1万円
  • 交通費:5千円
  • 貯金:5千円

家賃というのは、月収の3割程度にとどめるのが理想的と言われています。12万円ならば3万6千円となりますが、東京で生活する事を考えるとかなり難しい金額になります。勿論、地方で生活する場合にはこの限りではないので、もう少し余裕はあるかもしれません。

仮に家賃を5万円とした場合には、趣味や娯楽にお金をかける事もままならなくなり、貯金にも回せなくなるほどに厳しい生活費の内訳となっているのが分かります。

手取り12万で生活している人の声

先に述べている通り、苦しい生活を強いられかねないとは言っても実際に手取り12万円の生活をしている人がいるのは事実であり「会社近くのシェアハウスに住んでいて固定費は6万円ほどで済んでいるけれど、一人暮らしは無理」という声があります。

「会社が家賃を6割負担してくれて、交通費も全額支給、形態もプライベートで社用のものを使っているので、固定費が5万円で済んでいる」という方もいるなど、会社側の福利厚生によって差はあります。

とはいえど、その制度や生活の工夫によって何とか固定費を抑え込んで生活をしている、という方が大半であり、やはりリアルに一人暮らしをしようというのは相当厳しいのが現実の様です。

手取り12万で結婚は可能?

手取りが12万円の方であっても安定した生活を送る手段の1つとして、結婚をするという方法があります。賃貸に住む場合であれば二人で家賃を分割できますし、諸々の生活費用も同棲をする分カットできるところがあります。

実際、手取り12万円でも結婚生活を送っていく事自体は不可能ではありません。リアルにそうした生活をしている方も居るでしょうが、問題は実際に結婚が出来るのかという話であり、結婚や子供を育てるという点を考えると、かなり厳しいところがあります。

結婚生活をし、特に子供がいる生活を想定している場合には、それなりの金額が必要です。女性の場合には特に異性に対しての収入面の条件を付けている人が多く、年収で言えば400万円から500万円ほどを求めているようです。

また、女性であっても年収は200万円から300万円程度の収入を得ている人が良い、という意見を持っている男性も一定数存在していますので、それを踏まえるともう少々の収入アップを考えた方が良さそうです。

手取り12万から収入を増やす方法

手取り12万円という状況でも、一人暮らしが出来ないわけではありません。しかし、相当に切り詰めていかなければならず、自由度が低い生活になるのは間違いないので、そこから収入を増やす方法を画策するべきです。

増やす方法①昇進や昇格を目指す

まず、今の仕事で昇進や昇格を目指すという方法が挙げられます。この方法はどんな仕事をしていたとしても取れる方法であり、今よりも立場を上に進める事さえできれば、責任こそ増えますが同時に給料も間違いなく上がります。

どんな会社であっても、昇給や昇進のチャンスは社員全員にあるものですし、よほど悪い成績でもなく真面目にやっていれば正当に評価されるはずですから、そういう意味でも誰もが期待できる方法となるでしょう。

増やす方法②副業を行う

続いては、副業を始めるという方法になります。現状の仕事の手取りが12万円という状況下では、どうしても自由さのある生活をするのは相当厳しいですので、収入源を他に確保して全体の収入を上げるのです。

コンビニ店員やチラシのポスト投函というように、学生時代のメジャーなアルバイトを入れるという方法もあれば、在宅で梱包やライティング業務を請け負うといったように、副業と言っても様々な形があります。

増やす方法③資格取得の勉強をする

資格取得の勉強をするというのも、収入を上げるのに繋げられます。現在の仕事に関係している資格を取得する事が出来れば、会社によっては保有しているだけで手当てが付くケースもありますし、昇給や昇進にも影響します。

もちろん、資格である以上はそれなりの時間をかけて勉強をする必要があります。もしも今の仕事に興味があって、意欲的に取り組める姿勢があるのならば、取得に向けて頑張ってみる意義は大いにあると言えます。

増やす方法④お金の使い方を考える

今ある収入の中での生活の改善というのも、立派な収入アップにつながる方法です。代表的なのが節約で、これまでの収支を見直してみて、無駄に発生している出費が無いかどうかを振り返ってみましょう。

昇給も方法の1つではあるのですが、それで上がるのはせいぜいが年に1万円程度です。節約をして現状の収入から1万円を確保するという方がはるかに容易にできますので、今一度お金の使い方を見直してみてください。

増やす方法⑤転職活動をはじめる

もしも今の仕事よりも良さそうなところがあると思うのなら、転職という手段もあります。単純に今よりも給料面で良い働き先に変わる事が出来れば、当然ながら本収入をグッと上げられるでしょう。

先に挙げた資格取得も、この転職で役立ってくれる可能性が出てきます。転職を視野に入れて、先んじて時間を確保して資格を取っておくというのも場合によっては有効になり得ます。

手取り12万から転職を成功させる方法

昇給や昇進という方法もありはしますが、現状で手取り12万円の仕事を続けるというのは厳しいものがあると言わざるを得ません。もし転職を考えているのなら、成功のためにもコツを覚えておきましょう。

方法①自己分析をする

まず、自己分析をするところから始めます。おそらく今であれば収入の面で不安があるからこそ転職をしたいのでしょうが、もっと根本的な所で言えば将来的に結婚を想定しているから、といったところまで考えるのです。

それを叶えるためにどれだけの収入を欲しているのか、そしてそれに当てはまる仕事とは何なのかを探す、というのが自己分析になります。時間がある内に、長期的な手取りを増やす根本の理由を考えてみましょう。

方法②成長率が高い業界を選ぶ

選ぶ業界に関してですが、成長率が期待できそうなところを選ぶというのもあります。収入アップを考えるならなおさら必要で、業界全体に成長の余地が残っていれば、転職後も高収入を目指していける可能性が大いに生まれます。

インターネットやIT、医療分野などが代表的な成長率の見込める業界であると言われています。昨今では、未経験でも受け入れてくれるような企業もあります。

方法③今までの経験が活かせる仕事

最大限、今までの仕事などの経験を活かせそうな仕事を選択するのも大切です。経験があるのなら、転職をしてからであってもすぐに戦力として活躍が出来ますから、勤め先が変わってからもすぐの収入アップが期待できるのです。

未経験でも歓迎、というような業界も最近では珍しくはありませんが、教育に時間をかけなければならない以上は収入がダウンしかねません。できる限り、得意かつ今までの経験をそのまま活かせられる仕事を選んでみましょう。

方法④転職エージェントを利用する

個人では限界がありますので、転職エージェントはほぼ必ずと言っていいほどに利用するべきです。自分が望んでいる希望の業界や待遇面などに合わせて、エージェントがマッチする企業を紹介してくれます。

こういったマッチングのサポートをしてくれるのはもちろんの事、言い出しにくい待遇面の交渉などをしてくれる場合もあります。マイナビ、リクルートなど、まずは大手を利用してみるというのもお勧めです。

手取り12万がきついと感じたら早めに行動しよう

厳しい生活をせざるを得ない手取り12万円の生活に不満を感じているのであれば、早めに行動して損はありません。是非とも無理なく生活が出来る様な形にしていってください。

その他関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。