記事作成日:

BeeRecords(ビーレコード)の宅配買取の口コミ評判は?特徴を紹介!

自宅に眠っているレコードを処分するなら、レコード店の利用がおすすめです。Bee Recordsでは、不要になったアナログレコードの宅配買取サービスを行っています。洋楽やジャズなど、さまざまなジャンルのレコードの買取に対応しています。この記事では、ビー・レコードの宅配買取サービスを利用した人の口コミ・評判をまとめています。

BeeRecords(ビーレコード)とは

BeeRecords(ビーレコード)は石川県に本社を置く、レコードの宅配買取専門店です。宅配キットにレコードを詰めて集荷してもらうという手軽さから、利用者が増えているようです。

基本的にオールジャンルのレコードが査定対象ですが、買取対象はジャパニーズポップス/ジャパニーズモノ/シティポップスが多いようです。

宅配買取をキャンセルすると送料がかかってしまいますが、手持ちのレコードを一気に処分したいときなど便利に利用できます。

BeeRecords(ビーレコード)の基本情報

買取方法 宅配買取
送料 無料
査定料・振込手数料 無料

BeeRecords(ビーレコード)の公式HPを詳しく見る

BeeRecords(ビーレコード)の気になる口コミや評判は?

BeeRecords(ビーレコード)を利用する前に、まずは口コミや評判をチェックしておきましょう。ネット上にはあまり多くの評価を見つけることはできませんでしたが、好意的な意見をいくつかピックアップしていますので、ぜひご確認ください。

アナログレコードをどこよりも簡単に早く処分することが出来るサービスです。
レコードの知識に特化したスタッフが査定するので、高価買取が可能です。引用:インタレスト・ウォッチ

 

BeeRecordsは、レコードの知識に特化したプロスタッフが査定するので、他店のどこよりも高価買取ができます!引用:インタレスト・ウォッチ

他にも、傷があるレコードでも買い取ってもらえる、値段がついた商品は一点ごとに明細を出してくれる、などポジティブな意見が載せられていました。

BeeRecords(ビーレコード)の特徴

ここでは、BeeRecords(ビーレコード)の宅配買取サービスの特徴をまとめてみました。どこに買取に出そうか迷っている方、他社とサービスを比較したい方はぜひご覧ください。

特徴①アナログレコード全般の買取に対応

BeeRecords(ビーレコード)では、ジャンルを問わずアナログレコードを買取しています。特にジャズや洋楽など、通常よりも高く売れる可能性が高いものは買取を強化しています。

傷や汚れがある状態の悪いレコードや、帯や歌詞カードを紛失してしまったレコードも買取可能です。ただし、ひび割れや破損など、再生不可能な状態のレコードは買取不可になることが多いです。

特徴②高い買取成約率

BeeRecords(ビーレコード)は、累計200万人以上の利用者がいるレコード買取サービスです。ビートルズ、ピンク・フロイド、山下達郎などのメジャーなアーティストだけでなく、マイナーなアーティストやジャンルのレコードの査定依頼も可能です。

買取価格は1枚ずつの見積もりとなり、価値に対して価格が低すぎる場合はキャンセルができます。買取成約率は97.5%と非常に高く、これもぜひチェックしておきたいポイントです。

特徴③熟練した査定員

BeeRecords(ビーレコード)は鑑定士に力を入れており、5年以上の鑑定経験を持つ鑑定士が、鑑定士として1点1点丁寧に鑑定しているお店です。

独自の流通ルートを持ち、少しでも高く査定してもらえるように協力してくれています。仮に査定額が0円でも無料で引き取ってくれるので、自分で処分する必要はないのが助かります。

特徴④自宅から一歩も出ずに買取が成立

BeeRecords(ビーレコード)は宅配によるレコード買取のみに対応しているので、自宅から一歩も出ずにレコード買取を行うことができます。

また、宅配買取で使用する梱包材やダンボールなどのキットは無料で提供されます。キットは申し込みから24時間以内に発送されるので、なるべく早く買取を依頼したい場合にもおすすめです。

申し込み方法は、ホームページの申し込みフォームに、氏名や住所、梱包キットの必要性の有無などを記入して送信するだけですので、忙しい方でも簡単に利用することができます。

特徴⑤送料や手数料がすべて無料

BeeRecords(ビーレコード)の宅配買取サービスを利用する際、利用者に負担がかからないように、梱包材の送付、送料、査定料、買取金額の振込手数料は無料となっています。

査定後のキャンセルは、返送料がお客様のご負担となりますのでご注意ください。全品買取か全品返却のどちらかをお選びください。

BeeRecords(ビーレコード)の宅配買取の方法

ここでは、買取査定を行ってもらう際の手続きについて説明します。上記のようなBeeRecords(ビーレコード)の特徴が気に入った方は無料査定の申し込みをぜひご検討ください。

宅配買取の方法①買取査定を申し込む

BeeRecords(ビーレコード)買取査定のご依頼は、お電話またはお申し込みフォームから行います。ダンボールが必要な場合は、宅配キット(ダンボール、ガムテープなど)を無料で送ってくれます。

もちろん、宅配キットを使用せず、お手持ちのダンボールを使用してお送りいただくことも可能です。お手持ちのダンボールを使用する場合は、「お手持ちのダンボールで送る」からお申し込みください。

宅配買取の方法②宅配キットが届いたら梱包する

次に、届いたダンボールに売りたいレコードを詰め、マイページから発送の手続きを行います。その際、ダンボール箱の側面に合計個数を明記してください。

ダンボールの中身は、輸送中に商品が動かないように、できるだけ厳重に梱包していただくと、破損防止につながります。

帯や歌詞カード、ポスターなどの付属品がある場合は、忘れずに同梱するようにしましょう。高価買取につながります。

宅配買取の方法③発送する

発送の準備ができたら、発送方法を選んで送ります。自宅での集荷(ピックアップ)、ヤマト運輸の営業所への持ち込み、コンビニエンスストアやPUDOへの持ち込みが選べます。

集荷を選択した場合は、配送業者が自宅まで集荷に来てくれるので、とても便利です。送料はもちろん無料です。

宅配買取の方法④査定結果の確認と買取了承

荷物を送ってから数日以内に査定結果を知らせるメールが届くので、金額を確認することができます。また、メールでは合計金額しか表示されませんが、マイページでは、どのレコードがいくらで査定されたのか、詳細を確認することができます。

万が一、査定額に納得できないという場合は、返品の依頼も可能ですが、その際の送料はお客様のご負担となりますので、ご注意ください。

BeeRecords(ビーレコード)での買取でよくある質問

最後にBeeRecords(ビーレコード)を利用するにあたって、「よくある質問」を取り上げておきましょう。きっと参考になる情報が見つかるはずです。

質問①レコードプレイヤーの査定はできる?

はい。レコードプレーヤーの査定・買取も行っています。レコードプレーヤーを売る際には、購入時に付いていた付属品や保証書などを全て揃えてから売ると良いでしょう。

購入時の元箱や取扱説明書、カタログなどもあればなお良しです。逆に、保証書や元箱がない場合は、減額される可能性があります。

さらに、購入時の第一印象も重要です。ダストケースや箱にホコリや黄ばみがある場合は、布で軽く拭いて取り除いてください。

質問②買取できないのはどんなレコード?

買取できないレコードは、出版社から発売されたレコード、レンタル品、コピー品、レーザーディスク、状態が極端に悪いもの、在庫過多のものなどです。とはいえ、買取不可のものでも、無料で引き取りに来てくれます。

質問③高く売れやすい音楽ジャンルは?

洋楽ロック、ジャズ、邦楽ジャズ、和風(シティポップス)などは査定額が高くなる傾向にあります。ただし、商品の状態などによって査定額は変動しますので、ご注意ください。

BeeRecords(ビーレコード)のホームページでは、高価買取のレコードを掲載していますので、気になる方は事前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

BeeRecords(ビーレコード)の公式HPを詳しく見る

レコードを高値で売るためのコツ

専門店以外では、査定スタッフによって買取価格に差が出ます。目の肥えた査定スタッフがいなければ、「本来の価値」で買い取ってもらうことは難しいでしょう。

買取店を選ぶ際は、腕のいい査定スタッフがいるかどうかに注目しましょう。買い取りたいレコードがたくさんある場合、店頭まで持っていくのは大きな負担になります。

そのため、持ち込みたいレコードが多ければ多いほど、出張買取が可能かどうかに注目するようにしましょう。また、レコードは非常にデリケートで傷がつきやすいため、丁寧に扱わないと破損してしまう可能性があります。

郵送する前はきちんと再生できていたレコードでも、買取店に届いたときには大きく破損していたというケースも少なくありません。

そのため、郵送する際には、衝撃から守り、破損しないように丁寧に梱包するように気をつけましょう。売りたいレコードの枚数が多い場合は、破損のトラブルを避けるために、できるだけ多くの枚数を重ねて梱包するとよいでしょう。

売りたいレコードの枚数が少ない場合は、段ボールに新聞紙や包装紙で隙間ができないように梱包するのがおすすめです。また、キズを防ぎ、針飛びから守りたい場合は、ダンボールに縦に詰めることが大切です。

また、レコードの保存状態も買取価格を左右する要素になります。そのため、将来的に売却する予定がある場合は特に、日頃から丁寧に扱うことを心がけましょう。

湿気の多い場所で保管していたためにカビが生えてしまったり、直射日光の当たる場所で保管していたためにジャケットが変色してしまったりというケースが多いようです。レコードを保管する環境にも気を配って、高値で売る備えをしておきましょう。

口コミで評判のBeeRecords(ビーレコード)で高く買取ってもらおう

今回は、BeeRecords(ビーレコード)の特徴や買取方法などを取り上げましたが、いかがでしたか?BeeRecords(ビーレコード)は日本全国に配送している会社です。

送料や手数料が無料なのもBeeRecords(ビーレコード)のメリットです。なるべくユーザーの負担にならないように配慮してくれているのです。

また、梱包材の送付や査定料等もユーザーの負担はありません。ただし、査定後のキャンセルの場合、返送料は依頼者の負担となるので注意したいところです。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。