引用:Amazon

記事作成日:

ヒーターベストおすすめ15選!最強暖かアイテムの選び方&使い方

電気の力を使い発熱をして体を温めてくれるヒーターベストは、寒い日の野外作業や冬のアウトドア・ウインタースポーツなどにあると便利なアイテムです。この記事では、エコの観点からも近年注目を浴びているヒーターベストの選び方と使い方、おすすめのヒーターベストを厳選してご紹介していくので、購入を考えている方はぜひご覧ください。

ヒーターベスト(電熱ベスト)とは

ヒーターベストとは、内蔵されているヒーターを電気の力を使って発熱して体を温めてくれるアイテムで「電熱ベスト」や「防寒ベスト」と呼ばれることもあります。スイッチを入れてから数分で暖かくなることから、寒い日に野外作業する方だけでなく、アウトドアシーン・ウインタースポーツシーン・冷え性の方の防寒着としても活躍しています。

ヒーターベストの選び方

近年注目を浴びているヒーターベストは機能性に優れたものはもちろんおしゃれなデザインものまで多く種類が発売されています。では、ヒーターベストを選ぶ時どのような点に気をつけて選べば良いのでしょうか?ここからは、ヒーターベスト選びに失敗しないために選び方のポイントをまとめていきます。

選び方①着用タイプ

ヒーターベストを選ぶ時はまずは「着用タイプ」をチェックしましょう。ヒーターベストには、着用している衣類の外側に使用する「アウタータイプ」と内側に使用する「インナータイプ」2種類があります。

アウタータイプは、厚みがあるほか襟がついているデザインが多く首元まであたたかいのが魅力です。シャツに下などに着用するのは難しく、ダウンベストの様に使用するのに適しています。

インタータイプは、薄型のデザインで襟がないため下着の上やシャツ下に着用します。衣類の下に着用できるためおしゃれに着こなしたい方や女性・釣り・自転車などのアウトドアシーンで活躍します。それぞれ、特徴が違うので自分に目的になったタイプを選ぶようにしてください。

選び方②サイズ

次にチェックしておきたい項目は「サイズ」です。ヒーターベストはできるだけ体にフィットしたサイズを選ぶのがポイントです。ゆったりしたサイズを選ぶと隙間ができて暖かい空気が逃げてしまいます。

反対に小さいサイズものを選ぶと動きにくくなるため避けた方が良いでしょう。ただし、アウタータイプを使用する場合はやや大きめを選ぶと重ね着がしやすくなります。

選び方③バッテリー

続いてチェックしておきたい項目は「バッテリー」です。ヒーターベストには専用バッテリーが付属されているものと付属されていないものがあります。バッテリーが付属されていないタイプのものは自分でバッテリーを準備しなければなりません。

ヒーターベストにはバッテリーを収納するためのポケットが付いています。そのため、ポケットに収納できる大きさのバッテリーを選ぶ必要がります。バッテリーの容量が増えるとその分使用できる時間は長くなりますが、大容量のバッテリーはコンパクトさに欠けるので容量と大きさのバランスがとれているタイプを選ぶようにしてください。

選び方④機能

機能性もヒーターベストを選ぶうえでチェックしておきたい項目のひとつです。製品により調整できる段階は違いますが、多くのヒーターベストに温度調整機能が搭載されています。快適な温度を保つためにも、温度調整機能がついているタイプを選ぶようにしましょう。

また、決まった温度になると自動で電源が切れる「サーモスタット機能」が搭載されているタイプを選ぶと、長時間利用される方や低温やけどが心配な方でも安心して使用できます。

ヒーターベストおすすめ15選

ここまでは、ヒーターベストの選び方について詳しく解説してきました。ここからは、おすすめのヒーターベストを厳選してご紹介していくので一緒にみていきましょう。

おすすめ①Bemega 電熱ベスト 電熱ジャケット

Bemega 電熱ベスト 電熱ジャケット
Bemega 電熱ベスト 電熱ジャケット
4枚炭素繊維加熱ヒートを採用して、usbケーブルを挿してから10秒間に急速加熱します。

Bemega 電熱ベスト 電熱ジャケットはアウタータイプのヒーターベストで、4枚炭素繊維加熱ヒートを採用しています。首・背中・左胸・右胸の4ヶ所にヒーターが搭載されており、USBケーブを挿入してから約10秒で急速加熱して上半身を暖めてくれます。

Sサイズから2XLサイズまでの幅広いサイズ展開で男女兼用で利用できるほか、気温に合わせて強・中・弱の3段階に調整可能です。また、汚れた場合は洗濯できるので清潔に保つことがきます。モバイルバッテリーは付属されていないので、別途購入する必要があります。

Bemega 電熱ベスト 電熱ジャケットの口コミ

初めての電熱ベストでしたが、とても温かくて〝コタツに入ってる感〟が不思議な感覚。気温7度の中、コレを着てバイクいじりをしましたが、快適に作業出来ました。

引用:Amazon

 

電熱ベストでは珍しいフリース生地で重ね着しやすそうなデザインで部屋着として使いやすいです。初の電熱ベスト買ってみたところ、今のところ大正解で思ってたより断然良かったです。

引用:Amazon

おすすめ②Ysdeal ヒーター内蔵ベスト

Ysdeal ヒーター内蔵ベスト
Ysdeal ヒーター内蔵ベスト
電熱線の熱慣性が小さく高速で加熱出来できる為、数分間で暖かくなります。 約30℃~約50℃まで、強中弱3段階に調節可能な発熱機能を搭載。

Ysdeal ヒーター内蔵ベストは、首後部と背中の2ヶ所にヒーターを搭載したアウタータイプのヒーターベストです。USBに繋いでから数十秒で加熱ができ、高温・中温・低温の3段階に温度調整できます。

寒い日の屋外作業だけでなく、通勤やアウトドアシーン・自宅で暖房の代わりに利用するなど、様々なシーンで活躍します。ブラックとダークブルーの2種類を展開しており、汚れた場合は洗濯機も利用可能です。モバイルバッテリーは付属されていないのでご自分で用意してください。

Ysdeal ヒーター内蔵ベストの口コミ

積雪30cm、気温-13℃で昼夜問わず二日使用しました。M65クラスの上着の中に着て、弱で充分凌げました。ジャケット自体がなかなか暖かいので、少し動くと汗かきます。じっとしているとさすがに冷えてくるので、その時は中か強でポカポカです。

引用:Amazon

 

室内で試してみたら、首がめちゃ温かい!それからバイクに乗ってしばらく走ってみたら、上半身はかなり温かい!冬のバイクでこんなに温かいことがあるのかと、驚いた。

引用:Amazon

おすすめ③DeliToo 加熱ベスト 電熱ベスト

DeliToo 加熱ベスト 電熱ベスト
DeliToo 加熱ベスト 電熱ベスト
前後9つの加熱ヒーターが内蔵 3段階の高温(45℃)・中温(35℃)・低温(25℃)が設定可能

DeliToo 加熱ベスト 電熱ベストは日本製のグラフィン繊維ヒーターを採用したヒーターベストで、アウターとしてだけでなくインナーベストとしても利用可能です。前後9ヶ所にヒーターがセットされているので、真冬でも体全体をしっかり暖めてくれます。

温度調整は前後分けて高温・中温・低温の3段階に調整可能です。ふんわり柔らかい中綿入りなので、電源が切れた場合でも暖かさが保てます。洗濯機・手洗いで丸洗いができるのはもちろん、モバイルバッテリーが付属されているところがポイントです。

DeliToo 加熱ベスト 電熱ベストの口コミ

思っていた以上に暖かくもっと早く購入すれば良かった。バイクや自転車の乗車時、欠かせない。前後9箇所加熱で個人的に首が暖かいのが気に入ってます。

引用:Amazon

 

私は魚釣り用に購入しましたが、素早く温かくなるので快適です。首回りも温かくなるのがいいですね。魚釣りに使うため、付属のモバイルバッテリーで長時間使えるので助かります。

引用:Amazon

おすすめ④Bonim 電熱 ベスト 電熱ジャケット

Bonim 電熱 ベスト 電熱ジャケット
Bonim 電熱 ベスト 電熱ジャケット
5枚の電熱パットにより効果的に暖める事が出来ます。 3段階調温

Bonim 電熱 ベスト 電熱ジャケットは、高品質のポリエステル繊維生地を採用しており、インナーベストとして活躍します。ヒーターは前面2ヶ所・背面に3ヶ所設置しており、お腹・背中・腰を効率よく暖めてくれます。

M・L・XL・XXL・XXXLの5つのサイズ展開で、男女共に着用できます。高温自動切断機能が搭載されているので、長時間利用される方や低温やけどが心配な方も安心です。なお、モバイルバッテリーは付属されていません。

Bonim 電熱 ベスト 電熱ジャケットの口コミ

寒い朝、毎日のポケ活がだんだん厳しくなるこの季節。モバイルバッテリーで10時間近くぽかぽかの状態です。10000mAhがジャストフィットのポケットもおきにいりです。

引用:Amazon

 

電源入れて即効暖かくなりました。この価格でこの機能性は最高だと思います。ベストの作りもいいと思いました。都内の建築現場は暖房設備がほぼ無いので、これさえ着ていれば寒さから解放されると期待しています。

引用:Amazon

おすすめ⑤NAFUAIR 電熱ベスト ヒーターベスト

NAFUAIR 電熱ベスト ヒーターベスト
NAFUAIR 電熱ベスト ヒーターベスト
業界超強発熱面積・5秒即暖 三段階温度調節・最大約60℃

NAFUAIR 電熱ベスト ヒーターベストは、首・背中全体・お腹にヒーターを搭載しています。ベストの内側にアルミプリントの裏地を施すことで、体から発する熱を反射して保温力をアップしています。

S~2XLまで5つのサイズを展開しており、ブラック・ダークグリーン・シルバー・萌葱色からお好みのカラーが選べます。16000mAhモバイルバッテリー付きで、洗濯機で丸洗いもできます。

NAFUAIR 電熱ベスト ヒーターベストの口コミ

首元の暖房が良いですね、室内で肌着の上から強で試してみましたが、ほんのり暖かくかんじる感じでした。いざ、屋外でバイクで使用‥首周りが暖かい!これはいい買い物をしました。

引用:Amazon

 

生地,素材や縫製とても高品質です。電熱ベスト自体に少し厚みがあって電熱使わない肌寒い季節から使えます。生地に撥水効果もあるようなので急な雨も安心です。襟もハリがあって首の防寒に役立ちそうです。

引用:Amazon

おすすめ⑥マキタ 充電式暖房ベスト

マキタ 充電式暖房ベスト
マキタ 充電式暖房ベスト
マキタバッテリで、体の芯から素早く温める! ヒートスイッチ3段階! ダブルファスナー!

マキタ 充電式暖房ベストは、総合電機工具メーカーとして知られるマキタから発売されているアウタータイプのヒーターベストです。アクティブな動きを妨げないフレキシブルなデザインが魅力で、冬場の屋外作業やアウトドアシーンで活躍します。

肩と背中の2ヶ所にヒーターが搭載されており、3段階に温度調整ができます。下側からも開閉可能なダブルファスナーは腰袋使用時に重宝します。バッテリーとバッテリホルダーを外せば手洗い洗濯が可能で、S~4Lまで6サイズを展開しています。バッテリ・バッテリホルダー・充電器は付属されていません。

マキタ充電式暖房ベストの口コミ

シガライターから電源を取り、車内が暖房で温まるまて使用したり、現場仕事で使ったりしてます。ヒーターが背中部分しかないので星4つにしました。前もあれば星5でした。

引用:Amazon

おすすめ⑦SUNART 充電式Wヒーター内蔵電熱ベスト

SUNART 充電式Wヒーター内蔵電熱ベスト
SUNART 充電式Wヒーター内蔵電熱ベスト
温度調節機能/押しボタン式3段階 発熱時間/強:約3時間、中:約4.5時間、弱:約7時間

SUNART 充電式Wヒーター内蔵電熱ベストはマイクロカーボンファイバーヒーターを内蔵したヒーターベストで、熱伝導率が高く約10秒で効果を発揮します。

首すじから背中全体にヒーターが搭載されているので、首・背中・腰までをしっかり暖めてくれます。1ヶ月の電気代が約12円と非常に経済的で、寒い日の屋外作業や通勤だけでなく自宅で着用すれば暖房費の節約にも役立ちます。

温度調整は強・中・弱の3段階に調整可能で、バッテリ・充電アダプター・収納ポーチも付属されています。汚れた場合は手洗いで洗濯可能です。

SUNART 充電式Wヒーター内蔵電熱ベストの口コミ

これは最高!!!冬の釣り、冬の子供の公園待機、とにかく外で待機して冷えるような場面で最強。熱い時はスイッチをきればいいのでそこまで着こまなくても十分。

引用:Amazon

 

冬の釣り用に購入。買うときは迷いました。すぐに壊れないか?充電が面倒ではないか?でも買ってよかったです。まず、軽い。次いですぐに暖かくなり、自動で適温になる。4時間使えるのもまあまあちょうどよい。

引用:Amazon

 

おすすめ⑧ARRIS 電熱ベスト

ARRIS 電熱ベスト
ARRIS 電熱ベスト
背中、お腹、胸に7枚のヒーターが配置 3つ独立区域調温・温度5段階調節

ARRIS 電熱ベストは、お腹・背中・胸・3つに位置に7つのヒティングバードを内蔵したヒーターベストです。超高温・高温・中温・低温・超低温の5段階に温度調整ができるでけなく、7つのヒティングバードを別々に制御できます。

また、サイズをSサイズからXXLサイズまで自由に調整できる作りになっているので、様々な体型方にぴったりフィットしてくれます。電源を入れてから約5秒ほどで暖まり始め、30秒ほどたつと全体に暖かさが広がります。過熱状態になると熱が標準温度に戻るまで停止する安全機能が搭載されているほか、7200mAhのバッテリーも付属されています。

ARRIS 電熱ベストの口コミ

生地や縫製がしっかりしています。両サイドがマジックテープになっているのでどんなサイズの体型でも合わせやすいです。私の様なポッコリお腹でもピッタリに合わす事が出来ました。

引用:Amazon

 

初めて加熱ベストを購入しましたが、値段以上に、品質や縫製 あと温度管理もできて、期待以上の製品です。注意点は、モバイルバッテリーが、2.1A仕様でないと加熱しません。

引用:Amazon

おすすめ⑨Oromany 電熱ベスト 電熱ジャケット

Oromany 電熱ベスト 電熱ジャケット
Oromany 電熱ベスト 電熱ジャケット
カーボンファイバーヒーターを腰と背中と腹の3箇所に配置し腹、背中、腰を同時に温めます。 3秒間内で急速に温度が上昇できます。

Oromany 電熱ベスト 電熱ジャケットは、最新の炭素繊維素材と優れたTPU加熱シート素材を採用したヒーターベストです。背中・腰・お腹に5つのヒーターが搭載されており、防寒保温や冷え性対策に効果的で様々なシーンで活躍します。

温度調節は高・中・低の3段階に調整可能で、S・M・L・XL・XXL・XXXL・4XLの7つのサイズに対応しています。バッテリーは付属されていないので、別途用意してください。

Oromany 電熱ベスト 電熱ジャケットの口コミ

綿も入っており、布で覆われた機械ということはなく、きちんと服になっています。USB端子を保護する端子カバーも付いており、しっかりしている感じです。試しに使ったところ、暖かくなり、良さげです。これから本格的に使用したいと思います。

引用:Amazon

 

ちょっと大げさですが、また一つ時代が変わったと感じるアイテムです。電池がリチウムイオン電池に進化したことで達成できた商品ですね。とても暖かく、通勤のバイクや普段使いに重宝します。

引用:Amazon

おすすめ⑩JETCO 電熱ベスト

JETCO 電熱ベスト
JETCO 電熱ベスト
電熱ベストは1つのスイッチでコントロールします。3~5秒の長押しで加熱がスタートします。

JETCO 電熱ベストは、S~5Lまでの7つのサイズの対応したユニセックスタイプのヒーターベストで、首と背中に電熱ヒーターを内蔵しています。アウターベストとしての利用はもちろん、薄くて軽量なのでインナーベストとしても着用できます。

高温・中温・低温の3段階に温度調整可能で、10000mAhのモバイルバッテリー付いてます。屋外での作業はもちろん、自転車やバイクでの通勤/通学・釣り・スポーツなど様々なシーンで活躍します。

JETCO 電熱ベストの口コミ

大変重宝します。最初に届いた商品は、不具合がありましたが、連絡した所、直ぐ交換品を送って頂きました。その後は、不具合もなく使用できています。

引用:Amazon

おすすめ⑪コミネ ハイブリッドベスト

コミネ ハイブリッドベスト
コミネ ハイブリッドベスト
電源にはKOMINE製7.4Vリチウムポリマーバッテリー(別売りEK-209)の他、USBモバイルバッテリー(2.1A以上)も使用可能。 スイッチ操作によって3段階の温度調節が可能。

コミネ ハイブリッドベストは、バイク用品ブランドのKOMINEから発売されているヒーターベストで、薄型なのでジャケットの下に着るインナーベストとしての利用におすすめです。電源にはKOMINE製7.4Vリチウムパリマーバッテリーほか、USBモバイルバッテリー(2.1以上)が使用できます。

WM・M・L・XL・2XL・3XLの6種類のサイズがあり、スイッチ操作によって3段階に温度調整が可能です。ヒーターは背中側に1ヶ所・前面に2ヶ所備えており、ボタンタイプなのでVネックとしても使用可能です。

コミネ ハイブリッドベストの口コミ

7.4V使用の場合とても暖かいです。市街地走行では、強の場合部分的には暑いぐらいですが、10度以下の高速巡航にはちょうど良いです。コミネ製品の安心感もあります。買って良かったです。

引用:Amazon

 

ベストの内側はベロア調になっていて厚みもそこそこあり質感もよく暖かいです。第一ボタンを外して内側に折り込めばVネックにもなり、スタイルに合わせて変えられます

引用:Amazon

おすすめ⑫Karcusiny 電気ベスト

Karcusiny 電気ベスト
Karcusiny 電気ベスト
9枚炭素繊維ヒーター 温度調整は、3段階(強・中・弱)です。

Karcusiny 電気ベストは、前後9ヶ所にヒーターを内蔵したUSB充電式のヒーターベストです。冬場の屋外作業はもちろん、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツ・寒い日の散歩など様々なシーンで利用できます。また、部屋着として利用すれば暖房費の節約にもつながります。

温度調整は、前後独自に3段階に調整可能です。通常のサイズより、やや小さめの作りになっているので締めつけが苦手な方はワンサイズ上のサイズを選ぶと良いでしょう。サイズはM・L・XL・2XLの4種類が用意されています。

Karcusiny 電気ベストの口コミ

インナーに着る目的なので、襟なしを選択、サイズはちょうど良かったです。表生地は薄めのナイロン、裏地はベロアの様な生地でそのままでも温かいです。

引用:Amazon

 

ジャケットの内側が肌触りのより綿毛となっており、ヒーターも9か所に縫製されていたので、おかげで、寒さから守られました。屋内では、これ一枚羽織れば薄着で作業が出来るので、とても気に入っています。

引用:Amazon

おすすめ⑬foxseon 電熱ベスト 加熱ベスト

foxseon 電熱ベスト 加熱ベスト
foxseon 電熱ベスト 加熱ベスト
前後11箇所発熱 防寒あったかベスト 3段階温度調節 前後独自調温

foxseon 電熱ベスト 加熱ベストは、前後11ヶ所にヒーターを内蔵したアウタータイプのヒーターベストです。両サイドにはスマホなどを収納するのに便利なファフナー付きポケットを備えているなどファッション性にも優れています。

S~2XLサイズまで展開しており、男女共に着用できます。バッテリーは付属されていないため別途用意する必要がありますが、5V 2.0A以上のものを使用するようにしてください。温度調節は3段階に前後独立して設定可能です。バッテリーを外せば、洗濯もできます。

foxseon 電熱ベスト 加熱ベストの口コミ

電熱ベストの下にフリースのパーカーを着ています。私はとても寒がりなので電熱ベストを購入。暖かさも自分的には大満足です。

引用:Amazon

 

インナーで使用すると低温でもポカポカ、バッテリーも長持ちします。バッテリー収納ポケットは大きめのバッテリーでもスッキリ収納でき、USBコネクタ接続もしやすい設計でした。

引用:Amazon

おすすめ⑭DRESS 電熱ヒーター内蔵ジャケット

DRESS 電熱ヒーター内蔵ジャケット
DRESS 電熱ヒーター内蔵ジャケット
電熱線にダイレクトヒートカーボン ファイバーを使用し瞬間的に発熱! 遠 赤外線効果で効率よく体の芯まで温めます。

DRESS 電熱ヒーター内蔵ジャケットは、電熱ヒートシステムと中綿で驚異的な暖かさを実現したヒーターベストです。電源を入れてから約10秒で発熱し、極寒のフィッシングシーンでも体を芯から暖めてくれるのはもちろん、アウトドアや普段使いなど幅広く活躍します。

温度調整機能がある「自動モード」に、自動モード以外で連続して使用している場合に時間経過で電源が落ちる「安全装置機能」も搭載されているので安心して利用できます。

DRESS 電熱ヒーター内蔵ジャケットの口コミ

肌触りもいいし、ヒーターを起動させなくても暖かい、もちろんヒーターを起動させればなお暖かい!一言で言うなら最高です!強いて言うなら丈幅がもう少し短ければよかったと思うぐらいですね。

引用:Amazon

 

バイクで使用してます!電熱ベストと違ってジャケットなのでバイクに乗りながら温度調整出来て楽です!モバイルバッテリーもついでに買いましたが、軽くて薄くていいですね!

引用:Amazon

おすすめ⑮GUKEA 電熱ベスト ヒーターベスト

GUKEA 電熱ベスト ヒーターベスト
GUKEA 電熱ベスト ヒーターベスト
8枚の改良型加熱シート+高品質の保温材料 3段温度調節+3つの独立スイッチ

GUKEA 電熱ベスト ヒーターベストは、背面に6ヶ所前面に2ヶ所合計8ヶ所のヒーターを搭載したヒーターベストです。軽量薄型なのでインナーベストとしての利用に適しています。

肩・腰・胸部の3つの独立したスイッチがあり、それぞれ3段階に温度調整ができます。Vネックタイプなので、ジャケットの下から見えることがなくファッション性にも優れています。S~3XLまでの6サイズ展開しており、汚れた時は洗濯機・手洗いで丸洗いできます。

GUKEA 電熱ベスト ヒーターベストの口コミ

まず、3か所独立して電源操作ができるのが良い。私は肩がこるので主に肩だけONにして使っています。事務所では電源OFFで着ていてタバコ吸うときに外に出るので、その前に電源ONすると喫煙所につく頃にはポカポカです。

引用:Amazon

 

これが3個目の電熱ベストですが、この商品が1番出来が良かった。バッテリーを入れるポケットが大きくて、今まで入りきらなかったバッテリーが収まるようになった。あと部位によりスイッチが分かれていて、調整が細かくできていい。作りもOK!

引用:Amazon

 

ヒーターベストの安全な使い方

冬の寒さをしのぐのに便利なヒーターベストですが、低温やけどやバッテリー故障による発火という危険性も秘めています。そういったトラブルを防ぐためにも「必要以上に連続利用しない」「暑くなったら温度調整する」など時間や温度の調整をこまめに行い、低温やけどやバッテリー故障による発火というトラブルをできるだけ防ぐようにしましょう。

アウトドアや外作業におすすめ!ヒータベストを活用しよう

ヒーターベストは、寒い日の野外作業や冬のアウトドア・ウインタースポーツなどにあると便利なアイテムで、エコの観点からも近年注目を浴びています。今回は、ヒーターベストの選び方と安全な使い方を解説していくとともに、おすすめのヒーターベストを厳選してご紹介しました。ここでご紹介したことを参考にお気に入りのヒーターベストを見つけて、アウトドアや屋外作業で活用してみましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。