記事更新日:

フェラーリおすすめ買取店4選!人気車種の買取相場価格&高く売るコツを紹介!

広告

フェラーリは高級スポーツカーとして人気があり、所有することで多くの人々にとって夢の一台となります。所有している車を買い替えるために、もしくは手放すために買取業者に査定を依頼することがあるかと思います。そこで今回は、お勧めのフェラーリ買取店をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

フェラーリおすすめ買取店4選

早速ですが、お勧めできるフェラーリの買取店をご紹介していきましょう。外車であるという特性を鑑みて知識と実績のある買取店を厳選しましたので、是非とも参考にしてみてください。

フェラーリ買取店①ナンバーワングループ

関東圏を中心に店舗を構える買取業者です。高級スポーツカー、フェラーリの買取に力を入れており、豊富な知識や経験がある査定員が在籍しています。また査定額に対する交渉も行っており、より高額な買取金額を実現できる可能性があります。

専門査定員が在中しており日本全国どこからでも買取に対応してくれます。専任の査定士が車の細かな部分までチェックし、最大限提示できる金額を提示してくれます。

ナンバーワングループの特徴

  • 独自販路の販売力
  • 中間マージンをカットして高価買取を実現
  • 日本全国どこからでも買取が可能
ナンバーワンの公式HPを詳しく見る

フェラーリ買取店②マリオットマーキーズ

マリオットマーキーズは、フェラーリをはじめとする高級車の販売と買取を行っている会社です。常に最新の市場動向を見極め、高品質なフェラーリを扱っています。

査定員は車両の状態をしっかりと確認し、適正な価格を提示してくれるため信頼性も高いといえるでしょう。フェラーリの他にもポルシェ、ベンツにベントレーといった世界的に知られているメーカーの車を各種買取対象にしています。

マリオットマーキーズの特徴

  • BOSCH CAR SERVICE、外国自動車輸入協同組合にも加盟
  • 公式サイトで車を高く売るコツなどについても説明
マリオットマーキーズの公式HPを詳しく見る

フェラーリ買取店③MODERNO

MODERNOは、全国展開をする買取業者であり、高級車やスポーツカーの買取に特化しています。フェラーリの買取にも力を入れており、高い買取金額を実現できる可能性があります。

国産車・外車輸入車を問わず各メーカーの中古車販売・買取・査定・見積り・アフターサービス・車検・板金・修理・整備・名義変更といったように様々請け負っていて、全国各地への出張無料買取・査定も柔軟に対応します。

委託販売は不要な費用を省き、委託手数料を5%から10%と制限することでお客様への還元を最大化しているのです。預かられた車は特徴や仕様を深く理解しセールスプロモーションを行ってもらえます。

MODERNOの特徴

  • スーパーカーのスペシャル買取店
  • 全国各地への出張無料買取・査定
  • 委託販売によって高価買取を実現
MODERNOの公式HPを詳しく見る

フェラーリ買取店④外車王

最後は、外車王をおすすめします。フェラーリをはじめとする高級車の買取に特化している会社です。業界でも有数の買取実績を誇り、高い査定額を提示することで知られている買取店です。

無料の出張査定を行っており、自宅で手軽に査定を受けることができます。さらに、買取後の手続きや名義変更なども業者側が行ってくれるので非常にスピーディーに買取の手続きを進められます。

フェラーリは新車価格が高額なこともさることながら、リセールバリューも高くどのモデルであっても非常に高額で取引されています。これを把握し、セールスポイントをしっかりと見極める査定を行ってもらえます。

外車王の特徴

  • 専門スタッフが特徴及びセールスポイントを把握
  • エリア内に1社限定で丁寧に対応
  • 一般買取店では評価が難しい車種でも高額査定
外車王の公式HPを詳しく見る

フェラーリ人気車種の買取相場価格

フェラーリの買取相場価格は、車種や年式、走行距離、車の状態、市場需要などによって大きく変動します。その中で、人気の高い車種は走る不動産などとも形容されるほどに、高い値段が付くこともあるのです。

360モデナ

まずは、フェラーリ360モデナです。こちらは1999年から2005年にかけて生産された2人乗りスポーツカーで、フェラーリらしい美しい曲線を描くスタイリング、低く構え、車体はコンパクトでスポーティな印象を受けます。

3.6L V8エンジンを搭載し、操縦性に優れフェラーリらしいスポーティーなドライビングを楽しめます。買取相場は640万円から880万円あたりとなっていて、同ブランドのモデルの中でも中古車市場での人気が高いです。

フェラーリ458

続いては、フェラーリ458です。2009年から2015年まで生産が行われていたモデルで、高い操縦性能とドライビングフィールを有し、スポーツカーファンからの人気の高さは現在でも十分に健在となっています。

ミッドシップスポーツカーとして展開されていて、優れた品質に創造性などどの点を取っても非の打ちどころのない仕上がりであったことから祖国イタリアの名前も付けられています。価格は600万円から、高いモデルでは2,000万円超えになることもある様です。

F12ベルリネッタ

2012年から2017年まで生産されていたベルリネッタも人気の高いモデルです。599GTBフィオラノの後継車として年を追うごとに人気が高まっている部分もあり、スポーティーかつエレガントなデザインが特徴的です。

流れるようなボディラインが美しく、フェラーリを象徴するレッドカラーのモデルは高値になりやすい部分もあります。買取価格は1,500万円から2,500万円少々といったところで推移しています。

カリフォルニア/T/30

オープンスポーツカーとして代表的なのが、カリフォルニアT30です。カリフォルニアシリーズは1950年から続いている息の長いもので、T30は2014年から2017年に発売されていた後継車です。

8気筒のターボ・エンジンを搭載した機能性が魅力的なオープンカーであり、中古相場は1,200万円から高いと2,500万円ほどになることもあるそうです。

フェラーリなどの外車は高く売れないって本当?

フェラーリほどのブランドの車であれば高く買取ができそうに思えますが、車種やグレード、年式、走行距離、車の状態などによって大きく異なります。また、外車の場合、部品の入手や修理費用が高額になることから、車の状態が悪い場合は買取相場価格が下がることもあります。

ただ、国内メーカーの車と比べて販売台数が少ないため、中古車市場でも需要が高く輸入車であることから希少性もあります。よって、高く売りたいの出ればやはり良好な状態を保って売りに出すのが重要となっています。

フェラーリを高く売るコツ

折角手に入れたフェラーリですから、売りに出して手放すときにも最大限適正な価格をつけてもらいたい事でしょう。そこで最後に、フェラーリを高く売るためにできるコツをいくつか解説します。

コツ①外車専門の買取業者に依頼する

まず、買取業者は外車を専門的に扱っているところを選択するのがおすすめできます。外車を専門としているのならば、当然ながら扱っている輸入車に関する知識や経験が豊富ですので、価値をしっかりと見極めてくれやすいです。

また、外車用の整備施設がそろっている事も意味しており、更に言えば外車の買取実績が多いとその分満足して買取を依頼しているという証明にもなります。よって、専門で扱っている業者は特に信頼ができるのです。

コツ②できるだけ綺麗な状態にして売る

フェラーリに限らず、中古の自動車は出来る限り綺麗にしてから売るのを推奨します。汚れている状態よりもきれいな状態で売りに出された方が査定士としても当然印象が良くなりますので、売りに出す前に綺麗にしておきましょう。

コツ③需要が高まる時期に売る

フェラーリほどの知名度の高級車が売れるシーズンというのは、明確には決定していないところがあります。しかし、6月や12月のボーナスの時期には比較的売れやすいとされていますので、この辺りを狙うと買取価格も期待できる可能性があります。

コツ④複数の買取業者に査定依頼する

そして、買取業者は複数に対して以来をするべきです。買取相場価格は業者によって異なるため、複数の買取業者に査定を依頼し、相場価格を比較することが大切なポイントになっています。

また、1社のみでは高いのかどうかわからなくても、2社以上の査定額を見ることで初めてどちらが高いかの比較ができるようになります。外国車は特に目利きが重要とされているので、色々な業者からの査定は必須といっていいでしょう。

フェラーリの査定額アップを狙えるオプションは?

フェラーリなどの外国車はオプションアップが狙える部分が大きいです。特にカーナビや後付けができないサンルーフ、そして本革のシートなどのオプションは、特に査定が大きく上がるものとされています。

高級な輸入車を購入するような方は、オプションも高級感のあるものを付加してゴージャスな車に乗りたいと思っている部分もありますから、上記のようなオプションは買取時の狙い目になるでしょう。

フェラーリを高く買い取る業者を見極めよう!

フェラーリは知名度も非常に高いメーカーですから、扱っている買取店も複数存在しています。十分に時間をかけて買取店はどこが良いのかを調べ、信頼できる店舗を選択してください。

その他関連記事はこちら


【令和版】フェラーリ買取高く売るならここ!人気業者おすすめ比較

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。