記事作成日:

雨漏り補修スプレーの使い方や選び方は?おすすめ商品も紹介!

広告

自宅に雨漏りが発生して、困った経験はありませんか?放っておくと実害が発生する恐れもあるのですが、そんなときに便利に活用できるのが雨漏り補修スプレーです。簡単に使用できて雨漏りに対し優れた効果を発揮します。今回は雨漏り補修スプレーの使い方やお勧めの商品をご紹介します。

雨漏り補修スプレーとは

雨漏り補修スプレーというのは、雨漏り箇所の一時的な補修やシーリングに使用される特殊なスプレーです。水に対して防水効果を持っており、補修対象の表面にスプレーすることで一時的に水の侵入を防ぐことができます。

スプレーが乾くと、柔軟な膜やシーリングを形成します。これによって動きや振動に対しても耐性を持ち、補修箇所の保護や密封を可能にするといった柔軟性を持っています。

モルタル外壁に発生した小さなひび割れ、亀裂、穴を埋めたり窓の冊子周りのコーキング作業などに用いられます。加えてスプレーの成分が浸透する素材であれば、木製やアルミのサッシであっても防水効果を発揮してくれるのです。

詳細な使用方法は商品によって異なる場合もありますので、製品の使用方法や注意事項に従って使用してください。補修スプレーは一時的な対処方法であり、雨漏りの根本的な原因を修正するためには専門の建築家や屋根業者に相談することをおすすめします。

雨漏り補修スプレーの選び方

突発的に発生してしまった雨漏りに対して、すぐに対処ができる雨漏り補修スプレーは便利なアイテムである事は間違いありません。続いては、そんな便利な雨漏り補修スプレーの選び方のポイントについて解説します。

選び方①使いたい場所や用途に使用できる

まず、自分が使いたいと思っている場所や用途で使えるかを確認してみましょう。使用したい場所や用途が防水処理を必要とするかを知っておくべきで、例えば屋根や外壁、床、地下室などの水が侵入しやすい場所や湿気の多い環境での使用が適しています。

雨漏り補修スプレーはさまざまな材料に使用できる製品がありますが、全ての材料に適合するわけではありません。木材やコンクリートなど、スプレーを使用したい場所の材料と製品の適合性を確認することが重要です。

使用したい場所や用途が特定の環境条件や気候条件に晒される場合、その条件に耐えられるスプレーを選ぶ必要もあるといえます。例えば屋外での使用や耐久性が求められる場合、耐候性に優れた製品が求められます。

選び方②使用後に塗装が可能かどうか

続いては、使用後に塗装ができるスプレーであるかについてです。雨漏り補修をした後、塗装が可能であるかどうかは外観の美観を保つために重要といえます。補修箇所が目立たないように塗装することで、修理部分を自然に溶け込ませることができます。

塗装というのは単に見た目をよくするだけではなく、補修部分を保護する役割も果たします。塗装によって補修箇所がさらなる水の浸入や劣化から守られ、長期的な耐久性を向上させられるのです。

更に塗装可能なスプレーを使用すると、補修箇所の色や仕上げを自由に選択できるという点もメリットになります。建物の外観に合わせた塗装を施すことで、一体感を保ちながら修理を行うことができます。

選び方③ひび割れにはセメント補修スプレーがおすすめ

使おうとしているのがひび割れに対してであれば、セメント補修スプレーが推奨されます。スプレー缶から直接ひび割れ部分に塗布するだけで迅速に補修が可能であり、特別な道具や技術を必要とせず初心者でも使いやすい点が魅力です。

セメント補修スプレーは広範囲なひび割れに対応が可能なスプレーでもあります。液状のセメントが広がってひび割れの拡大を防止できるので、大きなひび割れや複数のひび割れがある場合でも効果的に補修できます。

スプレーのカラーバリエーションに関しても豊富であるため、ひび割れ箇所に合わせた色合いを選べるというのも嬉しい点でしょう。これにより、修復箇所が目立たない自然な仕上がりを実現できます。

雨漏り補修スプレーおすすめ3選

雨漏り、そしてひび割れなどの対策として、サット仕えて実用的な補修スプレーは非常に便利である事は間違いありません。ここで、実際に便利に使うことができるお勧めの雨漏り補修スプレーの製品を3点ご紹介します。

おすすめ雨漏り補修スプレー①日本特殊塗料 nittoku 強力 防水一番

まずは、nittokuの強力防水一番をおすすめしましょう。強力防カビ剤が使用されており、モルタル・木部・コンクリートの防水・防カビ・防腐・汚染防止に使うことができる雨漏り補修スプレーとしてラインナップしています。

素材の中に浸み込み内部に防水層、防カビ層をつくるので防水防カビの抜群の効果を発揮します。長期にわたり初期の効果を持続してくれ、木材・コンクリート・モルタル・ブロック・厚手の繊維・木製スノコなど幅広く利用できます。

詳しく見る

おすすめ雨漏り補修スプレー②ニッペ 住宅用防水スプレー

続いておすすめするのは、ニッペの住宅用防水スプレーになります。コンクリート・モルタル・ブロックなど建物外壁の防水・防汚・防かび・防苔・微亀裂の防水に使用できるスプレーとして展開されています。

素材に浸透し、耐候性に優れた防水層を形成してくれます。雨漏りによって発生する主な被害であるかび・コケ・汚れを防ぎ、建物の美観を長期間保ちます。実際の使用時には無色透明なので、素材の持ち味を損なわず、塗料の下塗りとしても使用可能です。

詳しく見る

おすすめ雨漏り補修スプレー③ラスト・オリウム リークシールスプレー

もう1点、ラスト・オリウムのリークシールスプレーもおすすめです。水漏れ部や亀裂部を充填して水の侵入や湿気の浸透を防ぐスプレーであり、当然のことながら防水、防食効果を速攻で発揮してくれます。

簡単な取扱いで柔軟で密封性のある保護膜を生成でき、乾燥後は滑らかな仕上がり面になるので水性塗料や油性塗料で上塗りにも対応しています。雨樋、屋根、配管、塩ビ、レンガ等の漏水箇所などに使用可能です。

実際の使用した人からも「臨時的に使用する分には実用的」「使用感じとしてはイメージ通りでしたので、用途が合えば問題ない」といった声があるように用途通りの応急処置的な使い方であれば便利に使える様です。

詳しく見る

雨漏り補修スプレーの使い方と注意点

突発的に発生してしまった雨漏りやひび割れに対して、補修スプレーが応急処置的な使い方であれば有効に活用できる事が分かりました。ここで、実際の雨漏り補修スプレーの使い方や注意点に関して解説していきます。

雨漏り補修スプレーの使い方

  1. スプレーする箇所の清掃をしっかり行う
  2. スプレーは1回だけでなく、2~3回噴射する
  3. 雨漏り箇所にできるだけ均等に噴射する
  4. 使用後はしっかりと乾燥させる

実際の雨漏り補修スプレーの使い方に関しては上記の通りとなっています。雨漏りスプレーは埃や汚れがある場所でそのまま使っても効果が薄れてしまいますので、先に清掃を行って十分な効果を発揮させるのです。

スプレーの吹付も1回だけではなく、2回~3回程度使うと防水層が形成されて防水効果が発揮されます。また、分けて噴射することによって修繕個所に均等に防水層を形成させるといった目的もあります。

雨漏り補修スプレー使用時の注意点

注意点としては、使い方の中でも述べた通り使用箇所の清掃はしっかりと行っておきましょう。汚れがある状態のままで使っても、スプレーの防水効果を半減させてしまうことになるので先の清掃が重要です。

また、スプレーを使用する際、一度の吹き付けで全部をカバーするのはその道のプロであっても困難であると言われています。必ず2回から3回程度吹き付けて、全体をカバーする防水層を形成できるように使ってください。

雨漏り補修スプレー以外の雨漏り対策グッズも紹介

雨漏り補修スプレーは応急処置用のアイテムとして非常に便利ですので、1本あると緊急時にも安心といえるでしょう。そのほかの雨漏り対策グッズに関しても便利なものが揃っていますので、合わせて検討してみてください。

防水テープ

まずは、防水テープになります。表面に防水加工を施したブチル系の粘着剤テープを指すもので、粘着性に優れているので様々な箇所に利用できます。種類に関しても豊富で、耐水性や耐熱性に優れているものなど多く展開されているのです。

吸水シート

続いては、吸水シートになります。雨漏りをしている場所や水たまりができやすい場所に設置することで、水が周囲に広がるのを防止できるアイテムです。吸水バッグもあり、こちらはシートよりも対象の水を吸収可能です。

ブルーシート

防水対策として有名かもしれませんがブルーシートも挙げられます。広範囲に展開させられるブルーシートは室内の家具や家電への漏電防止としても効果的ですし、バケツ等との併用によって被害拡大に寄与してくれます。

一時的な応急処置として雨漏り補修スプレーはおすすめ

根本的な対策とまではいきませんが、突発的に発生したような雨漏りへの一時的処置としては補修スプレーが便利である事は間違いないといえます。安全という意味でも是非とも便利なスプレーを使ってみてください。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。