「建機」
買取・売るなら 工具男子

買取金額

買取金額

買取金額

買取金額

買取金額

製造業、工事業、自動車整備業の皆様、建機を専門で買取しています。

  • 建機買取
     

    建機買取事例

    ¥

  • 建機買取
     

    建機買取事例

    ¥

  • 建機買取
     

    建機買取事例

    ¥

  • 建機買取
     

    建機買取事例

    ¥

  • 建機買取
     

    建機買取事例

    ¥

建機、余っていませんか?

工具男子状態問わずお買取いたします!

大型工具から、小型工具まで「出張買取」「店頭買取」「宅配買取」すべて手数料など無料でお買取いたします。
倉庫に眠っている大型工具や、発注ミスで余ってしまった滞留在庫など処分して経費削減いたしませんか?
まずはお問い合わせを。誠心誠意、ガッツでお客様対応いたします。
職人の味方、工具買取専門サービス『工具男子』をぜひご利用ください。

注目の買取アイテム

  • トラック

  • フォークリフト

  • ユンボ

申し込むなら今がチャンス!!
使わない建機をリサイクルに!!

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

工具男子には
3つの特徴があります

※査定にはある程度の時間を要します。直接その場で査定金額を出すことはできませんので、ご了承ください。

出張買取ご利用の流れ

出張買取対応エリア

関東地方

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、
千葉県、東京都、神奈川県

※関東以外でも商品数や商品内容でお伺いいたします。

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

買取対象アイテム

査定額が上がる!!お得なキャンペーン

申し込むなら今がチャンス!!
使わない建機をリサイクルに!!

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

よくあるご質問

出張買取の手順を教えてください。
こちらをご確認ください。
出張買取の手順
全国どこでも出張していただけますか。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(離島を除く)を出張買取の対象エリアとさせていただきます。
ただし、お品物と数量によっては、対象エリア外でもお伺いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
出張買取に必要なものを教えてください。
買取希望のお品物と、本人確認書類のコピー1部をご用意ください。
出張料はかかりますか。
いいえ、出張料は無料です。
その日のうちに出張してもらうことは可能ですか。
他のお客様との予定などもございますのでお約束は出来ませんが、スタッフの予定を確認し
可能であればお伺いいたします。
日付の変更は可能ですか。
はい、出張前日までにご連絡いただければ変更可能です。
キャンセルは可能ですか。
はい、出張前日までにご連絡いただければキャンセル可能です。
当日、品物を追加で買取していただくことはできますか。
はい、お気軽にもお申しつけください。
買取金額の受け取り方法について教えてください。
銀行振込みとなります。

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

建機について

建機の役割

建機は、建設・土木工事に利用されています。 その役割は、人を超える大きな力を使って作業を効率的にすすめることです。 人類は古代から大規模工事を行っており、ピラミッドの建設やローマ街道の整備など、挙げればきりがないほどです。 長きに渡って建設・土木作業は人力で行われていましが、エンジンなどの動力の開発により、建設・土木作業に機械が使われるようになりました。 人力を遥かに凌ぐ作業効率をもっているため、施工期間を大きく削減することに成功しまいた。 道路建設や舗装、解体工事や建設作業、土砂・資材・建設廃材・産業廃棄物などの搬入出に使われるものなど、建設・土木作業ごとに適した建機が開発が利用されています。 このような建設機械は、我々の生活に欠かせないインフラや住宅、オフィスビルや商業施設の建設において決定的な役割を担っています。

建機の人気おすすめメーカーとそのモデル

建機メーカーとそのモデルを紹介しましょう。 日本で最も知られているのが、コマツです。日本最大で世界第二位の規模を誇るトップメーカーの一つで、いち早く建設機械の情報化(ICT)に取り組んだことでも知られており、ICT油圧ショベルPCモデルなどが知られています。 日立建機は、日本第二位のメーカーです。油圧ショベルの品質の高さと多彩なラインナップが知られており、EXモデルが人気を集めています。 キャタピラージャパンは、世界最大の建機会社の日本法人です。油圧ハイブリッド式を採用したショベルなどからミニショベルFIGA、ブルドーザーのDモデルなど幅広くラインナップしており、世界最大のメーカーとしての存在感を示しています。 川崎重工業は、ホイールローダーで知られています。またホイールローダーやキャリア、転圧機械などの部品製造開発にも強みを持っています。

建機の気になる価格

建機は、メーカーや目的、パケット容量等によって相場が大きく違ってきます。 建設・土木現場の花形でであるユンボ(パワーショベル)は、超小型のミニショベルモデルで200万円~、中型モデルで1000万円~、大型モデルで2000万円、超大型パワーショベルになると6000万円以上するものもあります。 建設・土木現場で土をならし作業を行うブルドーザーは、重量やパケット容量によって異なります。 小型モデルだと1000万円~、20tモデルでは3000万円、50tモデルになると5000万円以上するものもあります。 ホイールローダーの場合では1000万円前後することが一般的です。 中古建機の価格帯は、製造年月日や型番、種類やモデル、状態などで違ってきますが、新車価格の10%~50%ほどが多くなっています。

建機を買うなら

建機は、業務用であることや重量があるため、一般的な自動車販売店では購入できません。 そのためメーカーの営業所や建設機器販売専門店などを利用するのが一般的です。 コマツや日立建機、キャタピラージャパンなど建設機械の開発製造で知られているメーカーは、全国各地に数多くの営業拠点を設けているため、この営業所に問い合わせを入れて担当者が対応してくれます。 建設機械専門販売店では複数のメーカー、複数のモデルなどを扱っているため、比較して選べるのがメリットです。中古建機も扱われており、より安価で手頃な建設機械も購入できます。 また現在では、メーカーが中古建機を取り扱うことが増えており、メーカーサイトでラインナップされている建機を閲覧できる場合もあります。 建設機械を購入する場合は、メーカーの営業所や建設機械専門販売店を訪れると良いでしょう。

建機のメンテナンス方法

建機のメンテナンス方法は、作業後の清掃、メーカーメンテナンス、販売店メンテナンスがあります。 過酷な環境で作業することで泥や汚れがついてしまいますが、作業後にホースなどを使って洗い流してやりましょう。 またオイルの点検、各部の稼働に違和感がないかなどのチェックも行っておきましょう。 メーカーメンテナンスを利用するのが最も効率的なのがメンテナンス方法といえます。 メーカーのアフターサービスでは、定期的なチェックにより故障やトラブルの予兆を早期に発見してくれるため、スムーズな施工に役に立ちます。 販売専門店でもアフターサービスを行っている場合があるため、販売店の定期メンテナンスを利用するのも良いでしょう。 より長く使用するには、普段からの清掃やメーカーや販売店のアフターサービスを利用する方法があります。

使わなくなった建機を売ろう!

使わない建機があるなら売ることをおすすめします。 大きな建設機械は、保管するにも一定規模のスペースが必要なので、そのままにして置くのは効率的とはいえません。 売ることで売却金も手に入るのメリットでしょう。経営リソースや新たな建設機械の購入代金に加えることもできます。また保管スペースが空くので、スムーズな車両の出入りが可能になり、移動もスムーズになります。 日本各地では、多くの建設機械が活躍していますが、手頃な価格の建設機械を求める業者はたくさんあります。 売却することで、このような業者に手が届くため、社会にとっても役に立つといえるでしょう。 もし使わない建設機械があったり、処分に困っている、処分を検討している、どうやって処分したら良いかわからない場合には、売却することが最も最適な対策になります。

建機の種類について

トラック

トラックは、貨物を運搬する際に使用される大型自動車です。日本語で、「貨物自動車」と呼ばれており、その種類には、主に、自家用貨物自動車や営業用貨物自動車、三輪貨物自動車や軽貨物自動車などが挙げられます。 トラックに乗る際には、大型車や中型車、準中型車や普通車の免許が必要です。また、普通貨物自動車で車軸が4つ以上の車を特大車と言います。トラックの中でも有名なブランドとしては、KATOのユニトラックやTOMIXのファインテックなどが挙げられます。

フォークリフト

フォークリフトとは、油圧を用いて傾斜をすることが出来る荷役用のフォークを車体の前の方に出した荷役自動車です。特徴としては、マストを保有して、つめ(フォーク)の貨物を保持していく装置が装備され、動力を持って走行することが出来て、フォークによる傾斜や昇り降りをすることが出来る機能を持っています。 フォークリフトには、いくつかの種類があり、バッテリー式、ディーゼルエンジン式、ガソリンエンジン式などがあるのが特徴です。

ユンボ

ユンボとは、一般的にパワーショベルや油圧ショベル、バックホーと言われる建設を目的とした呼び名で、日本では、油圧ショベルとも言われ、住友建機油圧ショベルが有名です。 つまり、ユンボとは、レンタルのニッケンという名前の会社による商標登録と言われています。ユンボの由来は、フランシス・シカムの製品の名前を意味します。日本においては、油圧ショベルの呼び名としてユンボという呼び名に変わったのは、求人広告欄には、業界用語として、「ユンボ」として使用されるようになりました。

ダンプ

ダンプとは、ダンプトラックやダンプカーのことを言います。また、荷物を傾けたり、荷物を降ろすことが出来ます。他の意味としては、競艇などでわざと敵の相手の艇に触れることにより、相手の艇のパワーを弱め、自分の順位を優位にしていく戦法の事を言います。デバッグやデータを修復させるためには、メモリの中身やファイルの内容をプリンターやファイルなどに出力し、実行するデバッガの一種なのです。また、スノーダンプの略とも言われています。

クレーン

クレーンとは、人力では及ばない重たいものや巨大なものを釣り上げてから運ぶ機械で、日本にでは、クレーンなどの安全規則による、水平にするのを主旨とした機械の装置であり、荷物を動力の力を利用して釣り上げる為の機械です。クレーンには、数多くの種類があるのが特徴であり、製鉄用天井クレーン、特殊型天井クレーン、普通型天井クレーンなどがあります。その他、ジブクレーンやつち形クレーン、引っ込みクレーン、壁クレーン、アンローダやその他、様々な種類のクレーンが存在します。

建機の取り扱いメーカーについて

フォード(ニューホランド)

フォードとは、別名、ニューホランドとも呼ばれており、1895年にアメリカのペンシルバニア州というニューホランドに設立された会社です。日本では、「日本ニューホランド」株式会社で、1970年に設立した会社です。主に、トラクターや各種高性能機械や商品の輸入や販売を行っています。当時は、外国製乗用車の販売や修理によるサービス部門をしていました。 1952年には、フォードトラクターの日本総代理店となっており、農業用トラクターの輸入販売をスタートします。1995年になると、日本ニューホランドに社名が変更されます。

コマツ(小松製作所)

株式会社小松製作所とは、1921年5月13日に設立した機械の会社です。事業内容は、産業機械や建設機械や車両を中心とした、リテールファイナンスや物流などの事業を展開した会社です。コマツ製作所とは、1921年には、竹内工業から独立し、現在に至ります。設立当初は、不況が続く中、満州事変を機に業績が伸び始めるようになりました。ヨーロッパやアメリカ、中国やブラジルなどのおよそ50店舗くらいの生産拠点があります。東日本大震災へはおよそ2億円ほどの支給支援を行っている企業なのです。

ユニキャリア(TCM)

ユニキャリアとは、旧日産フォークリフトと旧TCMとが、統合して出来た会社です。これまでの信頼性と積み上げてきた経験などを最大限に生かして、より多くの市場のニーズに対応した製品ラインナップにおいて、物流に携わるお客様により多くのサービス・製品を提供しています。取り扱っている商品は、数多くあり、主にエンジン式のフォークリフトやバッテリー式のフォークリフト、ホイールローダやフォークリフトのアタッチメント、ショベルローダやスキッドステアローダ、清掃機や物流システム、造船・製鉄などの物流システムなどを取り扱っています

タダノ

株式会社 タダノとは、1948年8月24日に設立した車両積載形トラックレーンや高所作業所や建設用クレーンなどを製造し、販売している世界で最大手の建設用クレーンメーカーです。タダノの製品は、油圧技術が用いられており、本社は、香川県高松市にあります。建設用クレーンは、ラフテレーンクレーンやオールテレーンクレーンやトラックレーンなどがタダノの代表的な製品です。国内では、香川県を本社としており、東京、志度、多度など、全国で10店舗の支店があり、全国で23箇所の営業所があります。 また、海外では、南米や欧州や北米、オセアニアやアジアなど、全部で16箇所の拠点が存在します。

キャタピラージャパン

キャタピラージャパンとは、1963年11月4日に設立したアメリカ合衆国にある世界で最大手をいわれる建設機械製造会社です。1960年には、新三菱重工業が建設機械へ進出し、油圧ショベルを国産化します。そして、1963年には、キャタピラー三菱株式会社として発足し、1987年には、新キャタピラー三菱株式会社に社名が変更になります。本社は、東京都世田谷区用賀にあり、相模事業所、秩父デモセンター、明石事業所などがあります。取り扱っている製品としては、ブルドーザー、油圧ショベル、ホイールローダー、オフロードダンプトラック、ロードローラー、モーターグレーダー、環境機械、クローラーダンプなどが挙げられます。

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)