「農機具」
買取・売るなら 工具男子

買取金額24,000

買取金額

買取金額

買取金額3,426,000

買取金額

製造業、工事業、自動車整備業の皆様、農機具を専門で買取しています。

  • 農機具買取
     共立 畦草刈機 斜面刈りタイプAZ430A

    農機具買取事例

    ¥138,000

  • 農機具買取
     井関農機 小型管理機

    農機具買取事例

    ¥36,000

  • 農機具買取
     共立 自走式キャリー動噴VSC361A

    農機具買取事例

    ¥141,000

  • 農機具買取
     イーグル・クランプ 電池式ポータブルホイスト

    農機具買取事例

    ¥177,000

  • 農機具買取
     工進 ハイデルスポンプ

    農機具買取事例

    ¥28,000

農機具、余っていませんか?

工具男子状態問わずお買取いたします!

大型工具から、小型工具まで「出張買取」「店頭買取」「宅配買取」すべて手数料など無料でお買取いたします。
倉庫に眠っている大型工具や、発注ミスで余ってしまった滞留在庫など処分して経費削減いたしませんか?
まずはお問い合わせを。誠心誠意、ガッツでお客様対応いたします。
職人の味方、工具買取専門サービス『工具男子』をぜひご利用ください。

注目の買取アイテム

  • コンバイン

  • ポンプ

  • 高所作業車

申し込むなら今がチャンス!!
使わない農機具をリサイクルに!!

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

工具男子には
3つの特徴があります

※査定にはある程度の時間を要します。直接その場で査定金額を出すことはできませんので、ご了承ください。

出張買取ご利用の流れ

出張買取対応エリア

関東地方

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、
千葉県、東京都、神奈川県

※関東以外でも商品数や商品内容でお伺いいたします。

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

買取対象アイテム

査定額が上がる!!お得なキャンペーン

申し込むなら今がチャンス!!
使わない農機具をリサイクルに!!

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

よくあるご質問

出張買取の手順を教えてください。
こちらをご確認ください。
出張買取の手順
全国どこでも出張していただけますか。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(離島を除く)を出張買取の対象エリアとさせていただきます。
ただし、お品物と数量によっては、対象エリア外でもお伺いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
出張買取に必要なものを教えてください。
買取希望のお品物と、本人確認書類のコピー1部をご用意ください。
出張料はかかりますか。
いいえ、出張料は無料です。
その日のうちに出張してもらうことは可能ですか。
他のお客様との予定などもございますのでお約束は出来ませんが、スタッフの予定を確認し
可能であればお伺いいたします。
日付の変更は可能ですか。
はい、出張前日までにご連絡いただければ変更可能です。
キャンセルは可能ですか。
はい、出張前日までにご連絡いただければキャンセル可能です。
当日、品物を追加で買取していただくことはできますか。
はい、お気軽にもお申しつけください。
買取金額の受け取り方法について教えてください。
銀行振込みとなります。

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)

農機具について

農機具の役割

農機具にはトラクターを初めとして耕運機や田植え機、コンバインなどの種類があり、それぞれ役割を持つのが特徴です。 耕運機は痩せた畑を耕す目的がありますし、田植え機は稲を田んぼに植えて行く役割を持ちます。 コンバインは 稲や麦などの穀物を刈取りと脱穀を併せて行うなどの特徴がありますが、トラクターは被牽引車を引っ張る牽引車両で、市役所などで届出を行ってナンバーを貰わなければなりません。 しかし、コンバインはその届け出が要らないなどの特徴もあります。 尚、コンバインを使って稲を収穫する場合は、乾燥前の生状態の藁とモミを一度に刈り入れて分別し、藁は田に掃き出され、モミだけがコンバインのタンクに貯められるなどの構造を持ち、タンクに貯められたモミを乾燥機に入れるなどの流れになります。

農機具の人気おすすめメーカーとそのモデル

農機具は農業を営む人にとっては欠かせない道具でもあり、どのような農作物を作るのかにより農機具の種類も変わります。 例えば、田んぼで稲作を行う場合には、田んぼを耕すための耕運機、稲を植えるための田植え機、稲を収穫して運搬するためのトラクターなどが必要になります。 コンバインはこれらの作業を1台で行う事が出来る農機具ですが、農業の分野においての人気モデルや人気を集めているメーカーが存在しています。 ちなみに、農機具には新品の製品とどこかの農家が使用していたものが買い取りされたり、払い下げで中古品として販売が行われている製品もあります。 最近は、インターネットを利用する事で、現在の人気を集めている農機具や価格が安い製品を取り扱っているお店などを見つける事が出来るようになっており、中古品などは値段が安くなっているので人気を高めています。

農機具の気になる価格帯

農機具を自宅の農家に導入する場合、当然予算の中で購入が出来る製品を選ぶ事になります。 しかし、販売価格はお店などに応じて異なるため、どのくらいの金額が相場になるのかを把握しておく必要があります。 さらに、田植え機には機械を押しながら稲を植え付けるタイプ、農作を行う人が重機などを操縦するのと同じように、田植え機に座席が設置してあり、広大な敷地面積を持つ田んぼに短時間で田植えを行う事が出来る大型サイズなど様々なタイプが用意してあります。 値段は割引などもあるため、相場を把握しておく事が大切です。 尚、田植え機は田んぼの広さなどに応じて色々な種類がありますし、田植え機のサイズなどに応じて値段も変わりますし、コンパクトサイズの場合には狭い田んぼでも自在にコントロールが出来るなどのメリットもあります。

農機具を買うなら

購入する場合は、どのような農業になるのかにより購入する製品も変わりますし、田んぼや畑の大きさ、全体の面積などによっても変わるのが特徴です。 例えば、田んぼの数が数面のみの場合と、幾つかの区画に分かれている場合では作業性も考えて大型の農機具が必要になる事もあります。 尚、農機具を探す時にはインターネットを利用するのがお勧めです。 従来は、専門メーカーのお店や代理店などに行かないと商品紹介をして貰えませんでしたが、現在では自分の家の田んぼや畑に合う農機具をネットの中で見つける事が出来ます。 さらに、販売価格が記載してある場合には、それぞれのお店などの値段を比較する事が出来ます。 普通のお店などの場合は、それぞれのお店に行かなければ値段を知る事が出来ませんが、ネットの場合はサイトにアクセスするだけで価格を分かるようになっているので便利です。

農機具のメンテナンス方法

農機具は田畑を耕す、種や稲などの作物を植える、収穫を行うなどの利用目的があります。 使う場所は田んぼの中の場合もありますし、土壌の上の場合もありますが、様々なフィールドの中で活用する事になるので、それなりの耐久性を持っています。 しかし、メンテナンスをしっかりと行うのと、行わないのでは耐久性にも変化が生じる事になります。 定期的なメンテナンスを実施する事が長く使えるようになる秘訣ですが、メンテナンスと言っても自分で出来る部分と専門家でなければ出来ない部分があります。 自分で出来るメンテナンスにはどのような事があるのかを把握しておけば、どのような状態になったら部品の交換が必要になるのか、部品の劣化がどのように表れるのかなどを知る事も出来ます。 尚、最近はインターネットの情報サイトなどにメンテナンス方法などが掲載してあるサイトがあるので、こうしたサイトを活用するのも良いでしょう。

使わなくなった農機具を売ろう!

従来、大きな畑を所有していたけれど、規模を縮小するので、コンパクトサイズの製品に買い替えを行い、従来利用していたものが要らなくなる事もあります。 中には農業ではなく別の業界の仕事を始めるようになり、トラクターや耕運機などの農機具が要らなくなる事もあります。 農機具を処分する場合、廃棄するのであれば産業廃棄物としてお金を支払い処分しなければなりませんが、農機具は買い取りを行っているお店もあります。 買い取りは文字通り、農機具を売る事が出来るお店で、買い取り方法には店頭での査定の他に、自宅や保管している場所まで出張してくれる買い取り方法を用意しているお店もあります。 お店に持ち込むとなると、公道を走らなければならない、コンパクトサイズなどの場合は荷台に積み込んでお店に持ち込むなどが必要になりますが、出張買い取りが出来るお店なら手間を掛けずに売る事が出来ます。

農機具の種類について

コンバイン

コンバインは、「自脱型式コンバイン」というムギやイネなどの農作物を収穫する手段として取り扱う農業機械の一つと言われています。別名、単コンバインやジャパニーズ・コンバイン、軸流式コンバインとも呼ばれています。使用方法は、刈り取られた穀物の茎の上の部分にある穂先を脱穀専用の機械装置で穀物の実の部分だけを取り出す方法です。また、普通型コンバインとは、刈り取られた穀物の実の部分を機械装置を使って脱穀する方法です。

ポンプ

ポンプとは、圧力を利用して気体や液体を吸い上げて送る機械です。機械の力を使用して、圧力による差を出し、気体や液体などの運動エネルギーに変える流体機械です。 ポンプは、遠心力を使って液体へ圧力をかける方法のポンプと軸の方向に液体を吐き出していく軸流ポンプとがあり、斜めの方向に液体を吐き出すポンプや軸流ポンプの特性を持っています。 また、回転している部品に圧力を与える回転式や往復運動によって圧力を与える往復式の容積ポンプなどがあります。

高所作業車

高所作業車とは、ビルや電線などの高い処で作業を行うことを目的とした建設機械です。つまり、2m以上の高いところに作業床を持っており、走行装置や昇降装置によって作られている作業用の車です。 使用される用途としては、空調のメンテナンスや街路樹の整備工事、電話会社や電力の取り付けや信号機や街頭などのメンテナンス、高層マンションなどの引っ越し作用による搬出や搬入、内装工事や駅プラットホームなどの蛍光灯の交換などが挙げられます。

ジャイロレーキ

ジャイロレーキとは、農作物を収穫する前に土壌の飼料を乾燥させる為、1台で作業が行えるるので、作業効率がぐんとアップします。ジャイロレーキには、シングルレーキとツインレーキと二種類あるのが特徴です。特に、コンパクトかつ広い農場などでも作業をスムーズにしてくれるのが、牽引式のツインロータージャイロレーキ です。狭い場所などでも、スムーズに移動が出来て、牧草などの密集した場所でも、地面のギリギリまで走行し、安全かつ綺麗なウィンドローを作り出します。

芝刈機

芝刈り機とは、芝を刈ることを目的とした機械です。芝刈り機には、リール式とロータリー式と2種類あり、リール式の芝刈り機は、円筒状に並ぶ刃を縦の方向に回転させ、巻き込んだ芝を固定させた刃とすり合わせてカットしていくタイプです。 リール式は、短く刈れて音が静かですし、芝を傷つけることなく、刈った後の仕上がり感が綺麗です。ロータリー式は、水平かつ速度が速い円盤状の刃が芝をカットしていくタイプです。比較的長めの芝を刈れ、雑草や壁、障害物なども刈れますし、メンテナンスが簡単なのも特徴です。

農機具の取り扱いメーカーについて

スチール(STIHL)

スチール(STIHL)とは、株式会社スチールという、1990年8月に設立した会社です。株式会社スチールが取り扱っている商品とは、建設機械や農林緑化機械に関する商品をテーマに取り扱っています。中でも、エンジンカッターや高圧洗浄機、チェンソーや刈払機、ヘッジトリマーやブロワーなどがメインです。また、製品の輸出入も盛んに行われています。 最新式のツールとしては、バッテリーツール「コンパクト」が挙げられます。その他、製品に関する専門の知識を持ったプロのスタッフがスチール販売店において、良いサービスをご提供します。

クボタ

株式会社クボタは、1930年12月22日に設立した大阪と東京が本社の機械メーカーです。1890年には、久保田権四郎により、鋳物メーカーとして創業します。 1897年には、久保田鉄工所に改称し、1953年には、久保田鉄工に社名が変更しました。事業内容としては、主に、農業機械や産業機械、エンジンやパイプ、バルブや素形材、環境施設やポンプ、産業用ディーゼルエンジンや鉄管、空調機器や住宅機材などを取り扱っています。

CAT

キャタピラー(Caterpillar)とは、アメリカ合衆国にあるイリノイ州に本拠地があり、1925年に設立します。鉱業機械や建設機械やディーゼルや転々ガスエンジン、産業用ガスタービンの分野において、世界で最大級を誇る機械の製造会社として、名を馳せています。 取り扱っている商品には、ブルドーザやホイールローダー、油圧ショベルといった建設機械を始め、天然ガスエンジンやガスタービンエンジンの開発や生産、販売、輸入、そして、金融サービスを手掛けている会社です。

コベルコ

コベルコとは、1999年に建設機械カンパニーに加え、国内で販売している神鋼コベルコ建機やショベルの製造をしている油谷重工を統合することによって、製造販売を一体化して設立された会社です。 事業内容は、主に、運搬機械の製造や建設機械、販売やサービスなどを行っています。特に、油圧ショベルは、コマツや日立建機に次ぐ、第三位の国内シェアを占めています。 その他、ホイールローダやクローラークレーン、ラフテレーンクレーンやオールテレーンクレーンなどが挙げられます。

イセキ

井関農機株式会社とは、1936年に設立したコンバインや田植え機、トラクターといった農業機械を製造することを目的とした会社です。農業機械の開発においては、実績のある会社で、1960年代には、日本において、より効率よくイネを作る田植え機やコンバインの開発においては、トップクラスを誇る会社なのです。また、1966年には、自走自脱型のコンバインと言われる日本型のコンバインを初めて、開発・発売した会社です。

\ 買取方法をお選びください /

買取方法に迷ったらお気軽にご相談ください。
お客様にオススメの方法をご案内いたします。

03-6629-2896
受付時間:09:00〜20:00(年中無休)