記事作成日:

スマホの安全な処分方法とは?捨て方の注意点など詳しく解説!

私たちの生活の一部となるスマホは、単に電話の機能だけではなく、多くのデータを保持するとても大切なものです。しかし、使用する中で故障等により、処分が必要になることもあるでしょう。そんな時、どのようにスマホの処分を行うべきか迷う方も多いはず。そこで今回は、安全にスマホを処分する方法や注意点について詳しく解説していきます。

スマホを処分する前の準備

壊れたからと言って、スマホをそのまま処分してはいけません。中に入っているデータを新しい機種へと移行させることも大切です。現在、iPhoneユーザーとAndroidユーザーのデータバックアップ方法を確認していきます。

準備①バックアップを取っておく

大切なデータは必ずバックアップを取っておくようにしましょう。この時、iPhoneユーザーとAndroidユーザーのそれぞれの方法をみていきましょう。

【iPhoneユーザーの場合】

iPhoneユーザーの場合は、「iTunes」にバックアップ、または「icloud」にバックアップを行う方法があります。

iTunesにバックアップを行う場合、保存先はパソコンの中となり、たくさんのデータを保存することができます。ネット環境を整え、バックアップを行ってください。パソコンへの接続を行う必要はありますが、大容量のデータを保存することができる最良の方法です。

一方で、icloudは、クラウドにデータ保存を行い、容量5GBまで無料で利用することができますが、iTunesよりもデータ容量が少量となってしまいます。こちらもインターネット環境を整え、決まった容量のデータを保存したい時には便利に利用することができます。

【Androidユーザーの場合】

Androidユーザーの方がデータをバックアップするには、Googleアカウントのデータのみの保存となります。その他、アプリ内のデータの保存も可能です。しかし、写真や音楽のデータとなれば、「JSバックアップ」を活用することになるため、ダウンロードしておくと便利に利用することができます。

準備②SDカードやSIMカード確実に抜いておく

壊れている為、今はもう使用しないというスマホを処分の際は、中のSDカード、また、SIMカードは必ず本体から抜いておいてください。SIMはスマホ購入時に付属の専用ピンを挿すことで簡単に抜き取ることができます。

Androidスマホはトレイまたは裏面にSIM挿入口があるものが多く、そこを確認して抜き取っておくようにしましょう。

スマホを処分する際の危険性とは

不要になったから、壊れたからという理由でスマホを処分する際、そのままゴミとして処分することにどのような危険性があるか以下にみていきましょう。

壊れていてもデータは盗まれる

電源が入らない、正しく作動しないなど、明らかに壊れていることが証明できても、そのままスマホをゴミとして処分してしまってはいけません。

どんな方法でもデータ復旧させ、中のデータを盗み取ろうとすることは、今の時代、可能なことです。そのため、正しく安全に処分する必要があるということを念頭においておくようにしましょう。

壊れたスマホは大手で処分するのが安全

もしもこれまで使用していたスマホが故障して、まったく作動しないという場合でも、リサイクルショップを利用すると、スマホによっては高価買取を行ってくれることもあります。しかし、中のデータを復元されてしまう恐れがあるため、個人情報に基づき売却は避けるようにしましょう。

やはり安全な方法は、ドコモやソフトバンク、auなどの大手携帯キャリア会社で処分を行うことをおすすめします。これらを利用することで、情報が他に流出することを防いだスマホ処分を行うことができます。

これは、大手の携帯キャリア会社は、ケータイパンチ(粉砕機)を利用して、スマホの中のデータを完全に消去し、二度と復元不可な状態へと操作してくれるからです。ここまでの行程を踏んでしっかりと行うことで、スマホを安全に処分することができるということが分かります。

安全なスマホの捨て方①

この後は、壊れてしまったスマホや、電源が入らないというスマホなど、不要になったスマホを安全に処分していくにはどのような方法、どのような捨て方があるか、その方法をみていきましょう。

MRNの無料回収サービスを利用

Docomoやau、また、ソフトバンクをはじめ、楽天モバイルなど、様々な携帯ショップにおいて、現在使用していない不要になったスマホは無料で回収してもらえるサービスがあります。

また、本体に付属していた電池バックやアダプターなど、新しい機種に持ち越して使用できない付属品まで回収してもらえるので、もし、手元にある使用しないスマホの処分をどのように行えば良いか分からない場合は、MRN無料回収サービスを活用してみましょう。

ただし、処分の際は、携帯キャリアショップは混雑していることも多く、機種変更等、手続きに少々時間がかかることもあります。そのため、早期の処分を希望される際は、自治体の回収ボックスを利用することをおすすめします。

携帯キャリアショップで使用しないスマホ処分を行うという場合は、中のデータが漏洩することを防ぐことができる上、部品をリサイクルするなど、資源の有効活用につながります。

メリット

携帯キャリアショップでスマホを処分し、回収してもらう場合は、粉砕機を採用して粉砕処理を行うため、中の大切なデータや情報をすべて確実に消去することができます。そのため、情報が漏洩することなく安心の処理方法が可能となります。

この時、スマホの故障によって電源が入らず、中のデータを消去できない場合でも、粉砕できれば確実に処理することができるため、安心の処分が実現できるでしょう。処分の際に特に費用が発生することもなく、おすすめの方法です。

目の前で粉砕処理をするスマホパンチ

確実に中のデータを完全に消去する方法に、携帯端末の使用者本人がいる前で、確実に粉砕処理を行ってもらうのも方法です。これは、docomoショップでは「スマホパンチ」と呼ばれる携帯端末の粉砕処理を行う工具を使用し、回収してくれる方法があります。

使用者の目の前で行ってもらえる上、復旧不可能なレベルにまで粉砕する場面を自分の目で確認することで、より安心できるためおすすめの方法です。

安全なスマホの捨て方②

さらに、この後も安全にスマホを処分するためにどのような方法があるか確認していきましょう。

粉砕処理をしてくれる家電量販店へ持ち込む

家電量販店でも同じく、粉砕処理を行うことでデータをすべて破壊し、処分することが可能です。これは、リサイクル可能なものを活用することで資源を守る動きが活発になっているためです。

そのため、機種や各メーカーの名称問わずスマホを無料回収し、粉砕処理が可能な家電量販店をリサーチし、そこを活用されることをおすすめします。

メリット

家電量販店でスマホの回収を行ってもらえるのは、環境保護に関与する上、エコに対する意識を高めることができるため、ぜひ利用されることをおすすめします。

スマホ処分の注意点

スマホが処分できる場所や方法をいくつかみていきましたが、ここからは注意点を確認しておきましょう。

初期化したからと安心しない

スマホを処分する際、中のデータを消去するため初期化することを行っても、SDカードにまだメモリが残っている可能性があるため、必ずSDカードのデータ消去も行う必要があります。また、データ復元が可能な時代のため、データ消去のための専用ソフトを使用することをおすすめします。この時の初期化の方法について、|iPhoneユーザーとAndroidユーザーのそれぞれの方法をご紹介します。

【iPhoneユーザーの場合】

  1. ホーム画面の「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をクリック
  2. パスワード入力
  3. 「iPhoneを消去」をクリック
  4. 「Apple IDのパスワード」を入力→「消去」をクリック
  5. 初期化終了

【Androidユーザーの場合】

  1. 「設定アプリ」を起動
  2. 「システム」→「リセット」をクリック
  3. 「データ初期化→「スマホリセット」or「タブレットリセット」→「すべて消去」をクリック
  4. 再起動後、初期化終了

自治体の回収は避ける

小型家電リサイクル法によると、スマホ本体の端末は回収可能な品目のため、無料回収してもらえます。回収の際は、各自治体が設置する回収BOXへ投函するだけの簡単な方法ですが、スマホの中のデータを完全消去、完全初期化を行っておくことが大切です。

しかし、たとえ初期化を行っていても、悪意の第三者によって中のデータが何らかの形で復元され、そのデータを元に悪用される可能性が高いと言えます。そのようなことを避けるためにも、自治体が設置している回収BOXでのスマホ回収は、可能であれば控える方が良いと言えるでしょう。

スマホを正しく処分しよう!

古くなって使用しなくなったスマホや、壊れて作動しないスマホを安全に、そして適切に処分する方法や、処分の際に注意すべきことについて詳しく解説していきました。

スマホの処分は意外と簡単に思えて難しくもあり、しっかりと手順をふまなければ中のデータの悪用につながってしまいます。そのようなことを避けるためにも、スマホは定められた正しい処理方法で処分を行うようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。