引用:amazon

記事作成日:

バルミューダトースターの魅力を徹底調査!特徴から気になる新型までご紹介!

広告

「普通のトースターじゃ満足できない」と言う方には、バルミューダトースターがおすすめです。高性能なのは当然ながら見た目がオシャレなので、インテリアの1つとしても最高に活躍してくれるニュータイプのトースターです。

ここではそんなバルミューダトースターの特徴や魅力、新型まで詳しい情報をたっぷりお届け致します。バルミューダトースターのことが気になる方は、是非参考にしてみて下さい。

主婦に大人気!バルミューダとは

バルミューダはクリエイティブとテクノロジーを融合させた会社で、今までになかった新しい着眼点で独自のアイデア・最新の技術を駆使して、機能的で優秀な家電を生みだします。2003年設立とまだ若い会社ではありますが、発売する家電は大ヒット。

生活の中で欠かせない存在の1つとなり、バルミューダの家電は1つの憧れとなりつつあります。スタイリッシュでオシャレなデザインは、性別問わず大人気なのです。しかもデザイン性だけではなく機能性も非常に優秀となっているため、使いやすさでも評価が高いです。

バルミューダのトースターの魅力

ここではバルミューダトースターの魅力についてまとめてみました。バルミューダトースターの人気の秘密でもあり、バルミューダトースターの特徴でもあります。バルミューダトースターが気になる方は、是非こちらもチェックしてみましょう。

魅力①完璧な温度制御

バルミューダトースターは、独自技術のスチームテクノロジー&コンピューターから「完璧な温度制御」を実現させた自動トースト機能が付いています。スチーム専用ヒーターが搭載していて、専用タンクに5ccの水を入れることでまずパンの表面に水分を纏わせます。

このひと手間のおかげでパンの表面をカリッと焼きあげ、パンの中の水分を損なうことなく、中をふわっと焼き上げることができるようになります。ちなみにバルミューダトースターはパンの種類によって焼き加減を自動調整する機能が付いているため、どんなパンでも1番美味しい状態で焼きあがります。

「トースト」・「チーズトースト」・「フランスパン」・「クロワッサン」・「クラシック」の5つのモードが搭載していますので、お好みで使い分けましょう。温度も、ふんわり焼きあがる60℃前後、パンの表面がキツネ色に変わる160℃前後、こんがり焼きあがる220℃前後と、細かい調節がパンの焼き上がりを左右させます。

どんなパンであっても最高に美味しい状態にしてトースターから出してくれるため、パンの美味しさを再確認できるはずです。バルミューダトースターは今までのトースターとはまた違う、新しい魅力がたくさん詰まったトースターなのです。

魅力②おしゃれなデザイン

ミニマルなデザインが魅力で、丸みのある窓枠、ダイヤルや取っ手の使いやすさを再設計することで、更にオシャレなトースターとして印象づけました。まるで映画のワンシーンに出てくるかのような洗練されたデザインは、たくさんの方の目を惹きます。

ほんのり丸みを帯びたデザインが可愛いと話題になり、バルミューダトースターの存在を知った方も中には、いるのではないでしょうか。オシャレで可愛くて機能性も高いトースターなので、誰もが欲してしまうのも理解できます。

魅力③冷凍パンも焼ける

パンを冷凍されているご家庭も多いのではないでしょうか。しかしバルミューダトースターなら、1週間以上冷凍したカチカチの状態のパンでも美味しく焼き上げることができます。通常のトースト時間よりも1分ほど長くトーストすれば、ふわふわのパンが復活します。

パンの中の水分も損なわれずにもっちりとしたパンに仕上がりますので、パンの美味しさを再確認できるはずです。もちろんパンだけではなく、パンに乗っている食材(サラミやウィンナー等)も美味しく焼きあがります。

バルミューダトースターが1台あるだけで、毎日の食事が更に美味しく、楽しくなることが約束されると言っても過言ではありません。ニュータイプのスチームトースターは、想像以上の優秀さを発揮してくれるはずです。

バルミューダトースターのデメリット

バルミューダトースターでは食パンが2枚がジャストフィットするスペースとなっていますので、1度に4枚焼きたい方には不向きかもしれません。1度に2枚しか焼けないのはデメリットになるかもしれませんが、それを補うほどの美味しいパンの焼きあがりとなるのはメリットとも言えるでしょう。

基本的にはメリットが多いバルミューダトースターとなっていますので、食パンを2枚以上並べられないという問題以外は、特に重要視するようなデメリットはありません。

バルミューダトースターのモード

ここではバルミューダトースターに搭載された5つのモードについて徹底解説します。うまく使い分けることで更にパンの美味しさがUPするので、是非活用してみて下さい。

モード①トースト

トーストモードを使えば、パンにこんがり焼き目をつけてふっくら焼き上げます。食パンはもちろん、イングリッシュマフィンやベーグルにも最適なモードです。毎朝の朝食づくりにもピッタリなところと、簡単に美味しいパンに仕上がるというメリットが魅力的なのです。

トースターをデイリー使いする方が最も活用するのが、このトーストモードと言えるでしょう。1番気軽に使いやすく便利な機能なので、バルミューダトースターを購入したら是非実行してみて下さい。

モード②クロワッサン

クロワッサンの特徴を生かし、外はサクッ中はふわっと焼き上げることができます。他にもデニッシュ系のパンやスコーンをカリッとさせたい時や、メロンパンに利用するのもおすすめです。通常のトーストでは実現しないような、繊細な仕上がりが可能です。

モード③クラシック

クラシックモードではスチーム機能を使わず、いわゆるオーブンと同じ機能を使う形になります。パイやマフィン、クッキー、グラタンなど、レパートリーも豊富です。パンだけではなくオーブン料理にも使用できるとなると、料理の幅がグッと広がるでしょう。

モード④フランスパン

フランスパンモードにするとパンの表面に焦げ目を付けず、中だけをふんわりと温めることができます。フランスパンやコッペパン、ロースパンに活用するのが最適です。パンの質感を損なうことがないので、パン本来の旨味を確認できます。

モード⑤チーズトースト

チーズトーストモードは他のモードとは違い、特に上の火が強く作動する仕組みになっていて、チーズを載せたり、ハムやウィンナーなど、色々な食材を乗せてトーストしたい時におすすめの機能です。ピザトーストも美味しく焼き上げます。

バルミューダトースターの基本的な使い方

ここではバルミューダトースターの基本的な使い方についてご説明いたします。食パンやフランスパンを焼くだけではなく、グラタンやパイなどオーブン料理にも活用することができるので、バルミューダトースターの使い方をマスターして料理のバリエーションをさらに広げましょう。

まずは他のトースターと同じようにパンを並べます。1枚なら真ん中にセットに、2枚ならそれぞれが均等に焼けるようにセットして下さい。ちなみに食パンの場合は頭の部分を手前にセットすることで、ムラなくキレイに焼き目をつけることができます。

続いてトースターの上部に設置している給水口に、水5ccを入れて下さい。5cc専用カップが付属品として付いていますので、そちらを利用しましょう。

トーストモード・チーズトーストモード・クロワッサンモード・フランスパンモードでは、すべてこのやり方になります。ただしクラシックモードだけは水を入れないよう注意して下さい。

そして最後に電源をONにし、パンに合わせてモードを選択しましょう。バルミューダトースターの使い方はこれで終了です。凄く簡単な使用方法なので、どなたでもきっと使いこなせるはずです。

バルミューダトースターの旧型と新型の違い

バルミューダトースターは今のバージョンの前に旧型が存在します。ここでは旧型と新型でどのように変わったのか、どのように使いやすくなったのかについてご紹介いたします。

違い①付属品

新型のバルミューダトースターでは、計量カップが使いやすいように改良されました。以前はカップの内線で5ccの量を測るようになっていたところ、今はコップ1杯でちょうど5ccになるよう設計されています。そしてパンくずトレーも改良されたことで、パンくずがこぼれにくくなりました。

旧型のバルミューダトースターよりも更に使いやすくなったのが、新型のバルミューダトースターです。使いやすくなったことで忙しい朝でも万能となり、トースターだけではなく、オーブンとしても大活躍します。

違い②色・サイズ

パンをより美味しくふわっと焼き上げるために、新型のバルミューダトースターでは洗練されたデザイン設計が魅力となっています。

焼き上がりが分かりやすくなった窓枠、使いやすくなったダイヤルや取っ手、そして電源ボタンもダイヤル部分に付いていることで、簡単に稼働させることができるようになっています。

カラーはブラック、ホワイト、ベージュの3色展開となっており、キッチンのインテリアに合わせて自由に選ぶことができます。

バルミューダのトースターを手に入れよう

バルミューダトースターの魅力を知ったところで、早速バルミューダトースターを手に取ってみましょう。ここではバルミューダトースターの商品別にスペックや特徴、使い心地、口コミなどをまとめていますので、購入する際の参考にしてみて下さい。

BALMUDA The Toaster K01E

BALMUDA The Toaster K01E
BALMUDA The Toaster K01E

独自のスチームテクノロジーと完璧な温度制御によって、最高の香りと食感を実現する究極のトースター

BALMUDA The Toaster K01Eはキッチンに映えるような、パッとしたホワイトカラーです。毎朝食べるパンのトーストに最適で、見た目を楽しみながら美味しくパンを焼き上げましょう。冷凍パンも焼きたてのパンのようにふわふわに仕上げることができるので、忙しい朝にもピッタリです。

パンくずトレイ、焼きアミ、ボイラーカバー、給水パイプは取り外し可能なのでお掃除もラクラク。可愛い見た目と抜群の機能性を持ち合わせている、最強のスチームトースターです。

スペック

BALMUDA The Toaster K01Eの大きさは41.4×36.6×26.8cmと、パン2枚がしっかり入るサイズ感が魅力的。重さは4.96kgとそこまで重くないので、移動する時や掃除をする時も困りません。カラーはホワイト、ワット数は1300Wとなっています。

口コミ

BALMUDA The Toaster K01Eに寄せられた口コミをご紹介いたします。今まで使っていたトースターとはまるで違うパンの焼きあがりに、感動する方が続出中。安いパンでもまるで高級パンのような香ばしさ、美味しさを表現できるということで、全体的に大好評でした。

評判通りに良いものです。使ってみてよくわかったのは、安いパンを焼くとさらに美味しく、高い良いパンを焼いてもさして変わらないということです。200円以下の食パン、特に大手メーカーの大量流通しているようなパンを焼くと劇的においしくなります。 出典:amazon

 

今まで数千円の安いトースターを使用していましたが、比べてみると歴然です。安いトースターでは全体的にガリガリになってしまうのに対し、バルミューダでは外はカリッと中はフワッとする絶妙な仕上がり具合でした。バルミューダを買った後は食パンの消費量が増えました。 出典:amazon

BALMUDA The Toaster K05A

BALMUDA The Toaster K05A
BALMUDA The Toaster K05A

消費電力:定格消費電力 1300W
温度調節機能:170℃/200℃/230℃

BALMUDA The Toaster K05Aは、170℃・200℃・230℃と温度を細かく調整してパンを焼いたり、暖めることができるトースターです。他のメーカーのトースターにはないような「外はサックリ、中はふんわり」を再現することができるので、パン本来の旨味を堪能することができるでしょう。

ブラックのボディはシックなデザインとなっており、インテリアの挿し色、または締め色としても最高にオシャレです。女性だけではなく男性からも好評のカラーで、汚れが目立たないといったメリットもあり、トースターとして大活躍してくれます。

スペック

BALMUDA The Toaster K05Aの大きさは、39x37x27 cmです。重さは約5kgと、高機能スチームトースターでありながらそこまで重くないです。本体カラーはブラックですが決して重みのあるカラーではなく、抜け感のあるスタイリッシュさが魅力的となっています。

口コミ

BALMUDA The Toaster K05Aの口コミを見てみましょう。冷凍パンでも何の問題もなく、サクサクでふわふわの最高の状態のパンが焼きあがると話題です。まるでパン屋さんのようなパンが毎朝食べられるということで、バルミューダトースターなしの生活が考えられないと、評価が高いです。

これまでトースターにはこだわりもなく、場所も取るので毎朝のパンはグリルで焼いていました。半信半疑で購入しましたがここまで「サクッ」とした焼き加減になるのは驚きです。主に冷凍の食パンなのですが、全然問題ないです。 出典:amazon

 

見た目もかわいくて、パンを焼くと外はカリカリ、中はもっちりでとても美味しいです。パン屋さんで買ったクロワッサンとバゲットを次の日の朝に焼いてみましたが焼きたてのように美味しく出来ます。美味しくて、パンを食べる日が増えました。 出典:amazon

バルミューダトースター使用時の注意点

バルミューダトースターは正しく使えば故障することはありません。初めて使う方に特に注意しておきたいポイントをお伝えしますと、「クラシックモードの時は水を入れないこと」です。

他のモードの時は必ず5ccの水を入れるのが必須になりますが、クラシックモードの時は水を入れることでボイラートレイに水が溜まってしまい、それが原因で故障してしまうことがあります。

もし本体動作に不振な点を確認した場合は、バルミューダトースターの公式サイトから気軽に問い合わせることができるので、まずはそちらから確認してみましょう。

バルミューダトースターで美味しいパンを食べよう

バルミューダトースターなら、どんなパンでもサクサク・ふわふわの美味しいパンに焼きあがります。冷凍パンでも、安いパンでも、何も問題ありません。パンを1番美味しい状態にして食べることができるので、毎朝の朝食が今よりも楽しくなること間違いなしです。パンの旨み、香ばしさを堪能しながら、最高の朝を迎えましょう。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。