いい匂いの人気おすすめヘアオイル15選!効果がある使い方とは?

いい匂いの人気おすすめヘアオイル15選!効果がある使い方とは?

美髪効果のアイテムとして多くの女性が使っているヘアオイル。しっとりと潤いサラサラな髪へと導いてくれるヘアオイルは、ヘアケアの必需品です。ここでは、ヘアオイルの特徴や効果、いい匂いがする人気おすすめアイテムまでたっぷりとご紹介します。効果がある使い方で、輝くような美髪を目指しましょう!

ヘアオイルとは?

ヘアオイルとは、髪の毛に栄養を与えて保湿するオイルタイプのヘアケア用品です。クリームやミルク状ではなく、油が主成分となっているので「ベタベタするから抵抗がある」という方もいますが、正しい使い方をすることで、その効果を実感することができます。とてもいい匂いがするヘアオイルもあり、髪の毛に水分・油分を補いながら香りも楽しめるので女性から大変人気があります。

ヘアオイルの種類

ヘアオイルには大きく分けて植物性・鉱物性・動物性の3種類あります。ヘアオイルは種類によって配合されている成分が異なり、得られる効果も変わってくるので、自身の希望に沿った成分のものを選びましょう。

種類①植物性ヘアオイル

『植物性オイル』は、自然由来の成分で刺激が少なく、敏感肌の方でも安心して使用できます。「オーガニック」と言われる無添加のヘアオイルのほとんどが、植物性オイルベースです。

天然の成分でつくられているので、他のオイルと比べてベタつきが少なく、サラっとした使い心地が特徴です。保湿力が高く、髪の内側まで成分がしっかりと浸透してくれます。オイル特有のベタつきが苦手な方、髪のダメージがひどい方におすすめです。

【植物性オイルの主な種類】

  • アルガンオイル
  • 椿オイル
  • ホホバオイル
  • オリーブオイル

種類②鉱物性ヘアオイル

『鉱物性ヘアオイル』は、石油が原料でシリコンが配合されているヘアオイルです。髪に残りやすいのが特徴で、髪表面のコーティングに長けています。

髪を外的ダメージから保護したり、手触りを良くする効果はありますが、浸透性がないのでヘアケアにはあまり向いていません。髪の広がりを抑えたい時やスタイリング剤として使用するのがおすすめです。また、他のオイルに比べて安価なので、コスパ重視の方にも向いています。

【鉱物性オイルの主な種類】

  • ワセリン
  • ベビーオイル
  • ミネラルオイル

種類③動物性ヘアオイル

『動物性オイル』は、動物の油から精製されたオイルです。人間皮脂に近い成分が入っているので、髪に非常になじみやすいのが特徴です。

植物性と比べるとやや重めなので、少しベタつきが気になる方もいるかもしれませんが、浸透性・保湿力に優れているのでヘアケアには最適です。揮発しにくくしっかりと潤うので、髪のパサつきが気になる方やまとまりやすさを求める方におすすめです。

【動物性オイルの主な種類】

  • 馬油
  • スクワラン
  • エミュー

シリコンとノンシリコンの違い

ヘアケア用品で「シリコン」という言葉をよく目にしますが、最近ではノンシリコンシャンプーが世の女性から注目されおり、様々な種類のアイテムが登場しています。ヘアオイルにもシリコンとノンシリコンがありますが、そもそもその違いをご存知でしょうか?

ノンシリコンが注目されているので、シリコンを悪いイメージで捉えがちですが、ヘアケア用品に含まれるシリコンは髪のキューティクルを守り、きしまない髪に近づけてくれる髪にとって大変良い成分です。シリコンがキューティクルをコーティングするため、しっとりとまとまった仕上がりになります。

ノンシリコンはその名の通りシリコンが含まれていないものです。自然派志向の高まりより一気に注目されるようになりました。人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、頭皮が弱い方でも安心して使用できます。シリコン成分が配合されているものと比べると重くなりすぎず、軽くサラっとした仕上がりになります。

シリコンとノンシリコン、どちらを使うか迷った時は、なりたい仕上がりから選ぶのも一つの手段です。

いい匂いと感じる香りの特徴

ヘアケア用品を香りで選ぶ方も多いのではないでしょうか。香りのあるヘアオイルなら気になるニオイをカバーし、ヘアケアを行いながら香りも楽しむことができます。では、いい匂いと感じる香りの特徴をチェックしてみましょう。

香り①フローラル系

「フローラルの香り」は、女性だけでなく男性からも大変人気がある香りです。甘くて華やかな花の香りで、女性らしさをより感じられるでしょう。

フローラル系にも、バラだけの香りを感じさせるシングル系の香調であったり、複数の花を感じさせるブーケタイプなど様々です。万人受けする香りなので、香り選びに迷った際は「フローラル系」を選べば間違いないでしょう。

香り②シャボン系

誰にでも好かれる清潔感のある香りが「シャボンの香り」です。せっけんの香りなので、しつこく香らせることもなく、さりげなく楽しむことができます。

シャボン系もフローラル系と並んで、男性が好む香りの上位にランクインしています。せっけんの香りが嫌いな方はまずいないのではないでしょうか。シャボン系は、「誰からも愛される香り」の代表格と言っても良いでしょう。

トリートメント効果重視のヘアオイルの効果

ヘアオイルには、スタイリングをよくするだけでなく、ヘアケアに効果があるアイテムもたくさんあります。次は、ヘアオイルで得られるトリートメント効果を見ていきましょう。髪のパサつきや広がり、ダメージに悩んでいる方は、毎日のヘアケアにヘアオイルを活用してみましょう!

効果①保湿効果で潤いのあるしなやかな手触り

ヘアオイルには髪に潤いやツヤ、保湿をする効果があります。髪の毛に栄養を与えながら保湿するので、手触りや指通りが良くなりスタイリングもしやくすなります。

水分の蒸発を防いで乾燥やパサつきを抑えてくれる働きもあり、しなやかでまとまった髪質に導いてくれます。トリートメント効果とスタイリング効果を備えたものが多くあり、美髪をつくるアイテムとして大変重宝するでしょう。

効果②ドライヤーの熱から守ってくれる

ヘアオイルには髪の表面をコーティングしてくれる効果もあるので、ドライヤーの熱など、外的ダメージから守ってくれます。ヘアオイルは乾いた髪だけでなく、濡れた髪にも使用できます。タオルドライした後にヘアオイルを塗ってからドライヤーで乾かしましょう。また、乾いた髪に使用することで、ヘアアイロンからの熱も保護してくれます。

ノンシリコンのヘアオイルの効果

自然派志向の高まりにより、最近のヘアオイルにおいてもノンシリコンのオーガニックが話題沸騰中です。先にシリコンとノンシリコンの違いについて解説しましたが、ここでもう少し詳しく「ノンシリコンのヘアオイル効果」について見ていきましょう。

効果①頭皮の毛穴を塞がない

シリコンには髪をコーティングする役割がありますが、人工的につくられた成分なので髪の内側までは浸透せず、保湿効果もありません。また、シャンプーの際しっかり洗い流さないと頭皮にシリコンの成分が残り、毛穴に詰まってしまいフケやかゆみなどの頭皮トラブルを引き起こす原因にもなります。

ノンシリコンのヘアオイルは、自然由来成分なので髪の毛に浸透して潤いを閉じ込めたり、保湿を促す効果が期待できます。また、頭皮にシリコンの成分が残ることもないので、毛穴を塞ぐこともなく頭皮トラブルのリスクも軽減できます。

効果②髪なじみがよく自然な仕上がり

ヘアオイルを使用すると「ベタつく」「髪がぺたんこになる」という理由から避ける方も少なくありません。そんな方には、まさにノンシリコンのヘアオイルがおすすめです。ノンシリコンのヘアオイルは、重さがないので、髪になじみやすくサラっとした自然な仕上がりになります。髪にボリュームがない方や軟毛・細毛の方に最適です。

いい匂いの人気おすすめヘアオイル15選

ここからは、いい匂いがする人気のおすすめヘアオイルをご紹介します。ヘアオイルの魅力は、ヘアケアをしながら香りも一緒に楽しむことです。シャンプーよりも香りが残りやすく、香りでヘアオイルを選んでいる方も多いでしょう。

ここでは、とってもいい匂いがするヘアオイルを15アイテム厳選しました。髪にも良い効果をもたらすアイテムばかりなので、是非ヘアオイル選びの参考にして下さい。

おすすめ①ロレアル パリ エルセーヴ フレグランス

ロレアル パリ エルセーヴ フレグランス ヘアオイル
ロレアル パリ エルセーヴ フレグランス ヘアオイル

・花入りフレグランスヘアオイル
・スタイリングダメージケアなどマルチに使える
・ツヤのある美髪へ
・華やかなフレンチローズの香り
・内容量:100mL

ロレアル パリ エルセーヴ フレグランス』は、香水のような香りが1日中続く贅沢なフレグランスヘアオイルです。史上初の本物の花を閉じ込めたヘアオイルで、見た目だけでも贅沢感を堪能できます。華やかなフレンチローズの洗練されたフェミニンな香りをまといながら、髪にツヤと潤いを与えます。

おすすめ②ミルボン ディーセス エルジューダ

ミルボン ディーセス エルジューダMO
ミルボン ディーセス エルジューダMO

原産国 : 日本
内容量 : 120ml

『ミルボン ディーセス エルジューダ』は、大自然のやわらかさと優しさをイメージしたトランスパレントフローラルの香りがするヘアオイルです。

樹齢6000年に及ぶアフリカの巨木・バオバブから採取されたバオバブオイルが配合されており、髪表面のキューティクルに集中的に作用し、水分となじみながら髪の内部まで浸透しやわらかな髪へと導きます。またスタイリング剤としても優秀で、髪が素直に動き、方向付けした形も長時間維持できます。

おすすめ③ゆず油 無添加ヘアオイル

ゆず油 無添加ヘアオイル
ゆず油 無添加ヘアオイル

原産国 : 日本
内容量 : 60mL

『ゆず油 無添加ヘアオイル』は、爽やかなゆずの香りがするノンシリコンのヘアオイルです。植物由来原料100%の無添加ヘアオイルで、使うたび天然精油でつくりあげた、自然で爽やかなゆずの香りが広がります。

のび・なじみがよく、サラッとした使い心地で、たった1摘で広がる髪がしっとりとまとまります。傷んだ髪を補修し、潤いを与え艶のある健康的な髪へと導きます。

おすすめ④ケラスターゼ NUソワンオレ

ケラスターゼ NUソワンオレオリラックス
ケラスターゼ NUソワンオレオリラックス

「ケラスターゼNUソワンオレオリラックス125ml」は、サラサラでまとまりやすい髪へ導くトリートメントです。ラスティング効果により、クレンジング・トリートメントで得られた潤い・ツヤ・なめらかさをしっかりキープします。

ケラスターゼ NUソワンオレ』は、サラサラでまとまりやすい髪へ導くオイルタイプの洗い流さないヘアトリートメントです。フルーティーフローラルの香りで、大人っぽい華やかなお花にアプリコットをミックスしたような香りがします。甘過ぎない高級感のある香りで、しつこさを感じません。クセを抑え、サラサラと1日中艶めく髪へと導きます。

おすすめ⑤モロッカンオイル トリートメント

モロッカンオイル トリートメント
モロッカンオイル トリートメント
スタイリングにもコンディショニングにも使えるモロッカンオイルトリートメントは全てのヘアケアのベースとなる洗い流さないトリートメント

モロッカンオイル トリートメント』は、シルクのように輝くイキイキとした髪のためのヘアオイルです。アルガンオイル(保湿成分)や各種ビタミン(美容成分)を豊富に含み、髪の指通りがよくなり、ツヤ感が増して髪が大きく変身します。

シンプルかつ高級感のあるバニラムスクの香りで、蓋をあけるとまずバニラのいい香りが漂います。最初はバニラの甘い香りが特徴的ですが、実際に使うとムスクの甘すぎない爽やかな香りが広がります。

おすすめ⑥ナプラ N. ポリッシュオイル

ナプラ N. ポリッシュオイル
ナプラ N. ポリッシュオイル
内容量:150ml

ナプラ N. ポリッシュオイル』は、天然由来成分とシアバターでつくられたヘアオイルです。スタイリング仕上げのツヤとまとまり感出しのほか、シャンプー後の洗い流さないトリートメントとしてや、肌の潤い補給にも使えてとても重宝します。マンダリンオレンジ&ベルガモットの香りで、オレンジっぽいフルーティーな香りがします。

おすすめ⑦ダイアン ボヌール オーガニック ヘアオイル

ダイアン ボヌール オーガニック ヘアオイル
ダイアン ボヌール オーガニック ヘアオイル
原産国:日本 内容量:100ml

ダイアン ボヌール オーガニック ヘアオイル』は、自然の恵みを豊富に含んだ、全身に使えるオイルです。99.7%オーガニックオイルを配合し、髪に自然なツヤを与え、フェイスやボディに潤いを与えます。フランス・グラース産オレンジフラワーを中心としたホワイトフローラルの香りで、やわらかく爽やかな香りがします。

おすすめ⑧NUXE プロディジュー オイル

NUXE プロディジュー オイル
NUXE プロディジュー オイル
サイズ : 50ml

NUXE プロディジュー オイル』は、1本で顔・体・髪を保湿する植物オイル配合のオイルです。肌なじみがよく、栄養を与え、サテンのようなツヤのある肌、シルキーな輝きを放つ髪に導きます。ドライオイルなので、ベトつかないサラサラな仕上がりで、髪にボリュームがない方に最適です。

オレンジブロッサム、マグノリア、バニラと移り変わる女性らしい魅力的な香りで、愛用している方の使い続ける理由として、オイルの香りをあげるほど人気の香りです。

おすすめ⑨コーセー スティーブンノル プレミアムスリーク

コーセー スティーブンノル プレミアムスリーク
コーセー スティーブンノル プレミアムスリーク
83mL

コーセー スティーブンノル プレミアムスリーク』は、ダメージから髪を保護し、髪を1日中輝かせるヘアオイルです。洗い流さないトリートメントとしても使用でき、パサついてツヤを失った髪も、しっとりなめらかにまとまり輝くようなツヤを与えます。 優しいフローラル系の香りで、強すぎずほどよく甘い香りが漂います。

おすすめ⑩ロレッタ プレミアムベースケアオイル

ロレッタ プレミアムベースケアオイル ヘアオイル
ロレッタ プレミアムベースケアオイル ヘアオイル
原産国 : 日本 内容量 : 100ml

ロレッタ プレミアムベースケアオイル』は、やさしいローズの香りがするオイルトリートメントです。しっとりするのにベタつかず、リッチな保湿効果で指通りしなやかでまとまりのある髪に仕上げます。よりツヤが欲しい髪、やわらかさが欲しい髪におすすめです。

おすすめ⑪マシェリ ヘアオイル

MACHERIE(マシェリ) ヘアオイル
MACHERIE(マシェリ) ヘアオイル
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :45mm×34mm×165mm 原産国:ベトナム 内容量:60ml

マシェリ ヘアオイル』は、しっとり毛先まで輝き補修してくれる洗い流さないトリートメントオイルです。濃密パールハニージュレEX配合で、髪1本1本を補修して扱いやすい状態に導きます。サラッとしたオイルで、塗布した瞬間に素早くなじみ、サラサラ艶やかに仕上がります。

フローラル系のうっとり甘くさわやかなマシェリのいい香りが楽しめ、マシェリらしいガーリーなボトルもとても可愛いです。効果・香り・ボトル・コスパと、全てが優秀なおすすめのヘアオイルです。

おすすめ⑫ジルスチュアート ヘアオイル

ヘアオイル ホワイトフローラル
ヘアオイル ホワイトフローラル
スタイリング オイル

ジルスチュアート ヘアオイル』は、植物由来オイルが髪1本1本をコートし、プレスタイリングにもなるヘアオイルです。天然由来のキューティクルコート成分(マカデミアナッツ油)などのケア成分が、髪1本1本をコートして髪表面をなめらかに整えます。

オイルなのに塗布するとサラサラとした感触で、髪に広がりやすくうるおいはキープしながらも、ベタつかない使用感です。純白な花のブーケのような香りで、ピュアで甘くホッとリラックスできる幸福に包まれる香りです。

おすすめ⑬ウカヘアオイル レイニーウォーク

ウカヘアオイル レイニーウォーク
ウカヘアオイル レイニーウォーク
原産国:日本 内容量:50ml1

ウカヘアオイル レイニーウォーク』は、レモンやユーカリ、ミントの爽やかな香りで、ブルーな気持ちをリフレッシュしてくれるヘアオイルです。

アサイーオイル(アサイヤシ果実油:保湿)・モリンガオイル(ワサビノキ種子油:保湿)などの良質な植物由来の成分とアミノ酸成分が、毛先のダメージを補修し、自然なツヤを与えます。さらっとのびのよい軽めのオイルで、湿気による髪のうねりや広がり、ハネを抑え、しっとりまとめてくれます。

おすすめ⑭モモリ 濃厚つややか ヘアオイルセラム

モモリ 濃厚つややか ヘアオイルセラム
モモリ 濃厚つややか ヘアオイルセラム
原産国:日本 内容量:60mL 髪質:ノーマル

モモリ 濃厚つややか ヘアオイルセラム』は、蟠桃エキス(うるおい成分)と桃オイル(毛髪保護成分)配合のヘアオイルです。濃厚なオイルが傷んだ髪を補修し、ツヤのある美しい髪に仕上げます。ベタつかずさらっとした使い心地で、髪になじみやすくとても使いやすいです。

ヒートプロテクト処方により、ドライヤーやヘアアイロンの熱から、髪をしっかりと守ります。甘く優しい桃の香りが広がり、幸せな気分に包まれます。

おすすめ⑮スリー スキャルプ&ヘア リファイニング

THREE(スリー) スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント
THREE(スリー) スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント
髪にハリ・コシを与える、トニックウォーター。 ベタつくことなく頭皮に浸透(角質層まで)し、髪にハリやコシを与えます。 天然由来成分99%です。

スリー スキャルプ&ヘア リファイニング』は、天然由来成分100%のノンシリコンヘアオイルです。アウトバス用(洗い流さないトリートメント)のヘアオイルで、キューティクルを滑らかに整えて、みずみずしいツヤとシルクのような手触りをもたらし、まとまりやすい髪に仕上げます。

美容成分をリッチに含んだ植物のブレンドオイルは、さらりとした感触で、髪になじみやすく使い心地抜群です。グリーンハーバルとシトラスの香りが軽やかに調和する爽やかな香りで、ヘアケアをしながら気分をリフレッシュすることができます。

ヘアオイルの効果的な使い方

最後はヘアオイルの効果的な使い方をご紹介します。ヘアオイルを使って、ベタついたり、ぺたんこになってしまう方は使い方が間違っているかもしれません。正しい使い方を覚えて、より効果的にヘアオイルを活用しましょう。

ほとんどのヘアオイルが乾いた髪、濡れた髪に使用できますが、ここでは「アウトバストリートメント」の方法を解説します。アウトバスとリラックスとは、お風呂の後に使う洗い流さないトリートメントのことです。 ヘアケアの基本として、シャンプ&リンス、トリートメント、さらにその後にもアウトバストリートメントを行うことで、しっとりまとまりのあるツヤやかな髪に仕上げることができます。

使い方①タオルドライをする

ヘアオイルは、髪を保湿してくれるヘアケア用品です。そのため、髪が少し濡れた状態の方が効果をより実感できます。お風呂から上がった後、ぽたぽた水が滴らないようにしっかりタオルドライしましょう。

この時のポイントが、お風呂からあがった後すぐに行うことです。髪を湿ったまま放置すると菌が繁殖しやすくなり、フケ・かゆみといった頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。

また、髪は乾いた瞬間に形状記憶されます。お風呂上がりに髪をタオルで拭いて、そのまま放置していると、そのままの形で形状記憶が始まってしまい、思ったようにスタイリングができなくなってしまいます。頭皮の保護や良い形状で乾かすためにも、洗髪後はすぐにタオルドライしヘアケアを行いましょう。

使い方②手のひらでなじませてからつける

ヘアオイルは直接髪に塗るのではなく、手のひらになじませてから使用します。この時、指の間までよく伸ばすことがポイントです。こうすることで、髪全体にオイルを均一にのばすことができます。

そして重要なのがヘアオイルの量です。ヘアオイルはたくさんつけるほど良いと思っていませんか?オイルのつけすぎはベタつきの原因になります。ヘアオイルは適量を必ず守ることが原則です。商品によっても変わりますが、髪の長さごとの適量については、以下を参考にして下さい。

ショート 1~2滴
セミロング 2~3滴
ロング 3~4滴

使い方③傷みやすい毛先を中心に内側からつける

タオルドライした後、ヘアオイルをつける前に必ず髪をとかして下さい。髪をとかしたら、傷みやすい毛先を中心に内側から手ぐしをしてなじませるようにヘアオイルをつけましょう。

この時、ヘアオイルは髪の半分位の長さから毛先までつけるのがベストです。髪の根元までつけてしまうと、こちらもベタつきの原因になります。特に傷んでいる毛先は、手のひらに残っているオイルで念入りに揉み込むようになじませて下さい。内側につければ、自然と髪全体に浸透するので表面にはつけなくてもOKです。

最後は必ずドライヤーでしっかり乾かしましょう。髪が濡れているときは、キューティクルが開いた状態です。せっかくヘアオイルをつけても、自然乾燥ではキューティクルが開いたままどんどん乾燥していきます。先にも触れたように、濡れて放置した髪は、頭皮トラブルを引き起こす可能性もあります。ヘアオイルをつけたあとは、すぐにドライヤーで乾かすことが鉄則です。

【もしもヘアオイルをつけすぎてしまったら・・・】

では、ヘアオイルをつけすぎてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。いちばんの方法は洗い流すことです。気になる部分をお湯で洗い流すことで、ある程度のベタつきなら気にならない仕上がりになります。

しかし、夜行うアウトバストリートメントでは可能かもしれませんが、朝のスタイリングでつけすぎてしまった場合は、洗い流す時間がないことも多いでしょう。そんな時は、「ベビーパウダー」で応急処置をすることができます。

ベビーパウダーを手にとって、少しずつつけすぎた部分になじませましょう。ベビーパウダーの粉が油分を吸収し、サラサラにしてくれます。つけすぎると白っぽくなってしまうので注意して下さい。

ヘアオイルでいい匂いのサラツヤ髪を手に入れよう!

いい匂いがする人気おすすめヘアオイルいかがでしたか?ヘアオイルには、保湿とツヤ出し効果があり、キレイな髪に導く手助けをしてくれます。また、香りがあるヘアオイルなら、気になるニオイもカバーし、気分も上がること間違いなしです!

また、いい匂いがするヘアオイルでヘアケアを行えば、リラックス効果もありホームエステのような感覚が手軽に味わうこともできます。ヘアオイルは継続して使うものなので、自分好みの香りがするヘアオイルを選ぶことも大切なポイントです。

ヘアオイルにも、オーガニックや無添加を始め、様々なアイテムが揃っています。是非本記事を参考に、自分にぴったりなヘアオイルを見つけて、香りを楽しみながら毎日のヘアケアを行ってみて下さい。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。