引用:pixabay

記事作成日:

自宅トレーニングにおすすめのバランスボール10選!正しい選び方とは?

広告

自宅で過ごす時間が長くなると、運動不足になるのが気になる方もいるでしょう。もしくは在宅ワークで座りっぱなしの場合、足腰の筋力低下が気になります。

そんな悩みにぴったりなのがバランスボールです。そこで今回は、バランスボールがもたらす効果や上手な選び方、人気のバランスボール10選についてご紹介します。

バランスボールがもたらす効果

バランスボールは一見、ただ大きいだけのボールに見えますが、使い方によっていろいろな効果を得ることができます。バランスボールは家庭用のエクササイズからハードなトレーニングにまで活用できる便利なアイテムなので、一つあると健康づくりに役立つことでしょう。

バランスボールを使ったトレーニングにはいろいろな方法があります。体内のインナーマッスルを強化したり、日常生活であまり使わない筋肉にも作用して基礎代謝をあげたりすることもできます。

またぎっくり腰をしたことがある方や、普段から腰に痛みを感じる方、ダイエットなどにもピッタリのアイテムで、運動が得意な方だけでなくスポーツ全般が苦手な方も安心して使えます。

バランスボールのトレーニングの3大効果

バランスボールを使ってエクササイズをすると、主に以下の3大効果を得ることができます。
・インナーマッスルを鍛える
・手軽に運動不足解消できる
・体のゆがみを自宅で改善できる

バランスボールを使って正しいエクササイズを続けることにより、全身の筋力や体幹、さらにバランス能力の向上が期待できます。出産前後の女性やリハビリに使われることもあるバランスボールを使って、健康な体を作ってみましょう。

バランスボールは椅子としても使える?

バランスボールをたっぷりと膨らませてから上に座ると、ちょうど椅子に座っているときと同じような高さになります。バランスボールは椅子としても使えるのか気になる方もいるでしょう。

会社によっては社員の運動不足や気分転換を促すために、バランスボールを椅子代わりに使う事が可能な会社もあります。健康のために椅子として活用するのもいいでしょう。

座るだけでも効果あり!

バランスボールの上に座ると、倒れないように背筋を伸ばしてお尻の位置を調整するのが難しいことに気が付くでしょう。倒れないよう正しい位置に座り続けようとするだけで、自然と体感が鍛えられインナーマッスルに良い刺激が与えられます。

姿勢の改善にも役立つので、デスクワークなどで悪い姿勢が気になる方にもおすすめのアイテムです。

特にエクササイズの時間を設けなくても、仕事中バランスボールに座って作業をするだけで体感が鍛えられるので、早速試してみてください。

バランスボールの座り方ポイント

バランスボールの座り方にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。まずそのポイントについてしっかりとチェックしてから、正しくバランスボールの上に座るようにしましょう。

バランスボールの上に座ったら、自分の骨盤と同じぐらいの幅に足を開きます。骨盤、膝、足を前から見たときに一直線になるように座ります。

そして骨盤の上にまっすぐと上半身をのせるように心がけましょう。このとき、前かがみになったり背中を反りすぎたりしないように注意してください。

上半身が前や後ろ、そして左右に傾くと、せっかくバランスボールの上に座っていても効果がなくなるので注意しましょう。まずはただしい座り方を把握することが大切です。

慣れてくると、椅子のように座るだけで自然と体幹を整え、姿勢が美しくなってきます。特にエクササイズに時間をとらなくても運動できるので、時短になります。

バランスボールの上手な選び方

バランスボールはいろいろなブランドやメーカーから出ているので、どの商品をどうやって選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。ここでバランスボールの上手な選び方についてチェックします。

選び方①体に合ったサイズ

バランスボールは体に合ったサイズのボールを選びましょう。ボールのサイズ、つまりボールの直系は一般的には50から70cmぐらいありますが、体格がしっかりしている方や重さのある方は、比較的大きいものを選ぶ方がエクササイズが行いやすくなります。

体に合わないサイズのものを使うと、せっかく正しく使っていても効果が得られないことがあるので注意してください。小さすぎるものを選ぶとバランスがとりにくくなるので気を付けましょう。

家族で使う場合、それぞれの身長や体の大きさに合ったものをそろえることが大切です。無理に共有しないようにしましょう。

選び方②耐荷重

バランスボールが耐えられる重さは耐荷重として表記されています。バランスボールは上に座って使うだけでなく、エクササイズの内容によっては上で飛び跳ねたり、ダンベルをもって使用したりすることもあります。

通常のエクササイズ時は、耐荷重が100kg程度あれば十分です。ボールの上で重さのある器具や反動をつけたエクササイズを行うのであれば、耐荷重が200~300㎏あるものを選ぶようにしましょう。商品によっては耐荷重についての表記がされていないものもあるので注意してください。

選び方③割れにくいノンバーストタイプ

バランスボールを探していると、ノンバーストと書かれた商品を見ることもあるかもしれません。

ノンバーストタイプのバランスボールはバランスボールに穴が開いたときに少しずつ空気が漏れるようになっており、突然破裂することがないので安心して使えます。バランスボールの破裂が怖いのであれば、ノンバーストタイプがおすすめです。

選び方④付属品

バランスボールの中にはほかの商品と一線を画すために、いろいろと便利な付属品を付けているものもあります。付属品の例としてはエクササイズについて学べるDVDやバランスボールを膨らませるための空気入れ、ボールが転がらないように工夫された台座などがあります。

どんな付属品がついているのか、それを重視して選ぶのも一案です。付属品を活用して、バランスボールをより便利に役立ててみましょう。

バランスボールのおすすめ人気メーカー

バランスボールの人気メーカーについてチェックしてみましょう。参考にしてみてください。

・アルインコ ALINCO
アルインコは日本に本社を構えるフィットネス商品の総合メーカーで、そのバランスボールは、ノンバースト仕様となっています。中には耐荷重300kgのモデルもあり、ハードなトレーニングを行いたい方にもぴったりのモデルがそろっています。

「運動マニュアル付き」のモデルも多く、空気の注入や補充に便利なエアーポンプも付属しているのがポイントです。購入後すぐに使いたい方にぴったりの付属品がそろっているので便利です。

・ラ・ヴィ La-VIE
ラ・ヴィは通販を中心にビジネスを展開しており、ほかのメーカーに比べて比較的安価な製品が多く、初めて購入するバランスボールなどで慣れるまでは安いので良いという方におすすめのメーカーです。

お手頃価格な上に、耐荷重300kgの商品もラインナップされています。カラーバリエーションも豊富なので、色にこだわりたいという方にもぴったりのメーカーです。

人気のおすすめバランスボール10選

バランスボールはいろいろなメーカーから出ているので、どれを選んだらよいのか迷われる方も多いでしょう。ここで人気のおすすめバランスボール10選についてご紹介します。購入するときの参考にしてみてください。

おすすめ①ALINCO バランスボール

ALINCO バランスボール
ALINCO バランスボール

本体サイズ:幅65×奥行65×高さ65cm
本体重量:1.1kg

体重3桁の方でも安心して使えるというアルインコのバランスボールです。腰痛対策の椅子を探しているという方にもおすすめの商品です。ノンバースト仕様となっています。

おすすめ②Lucky West ヨガボール

Lucky West ヨガボール
Lucky West ヨガボール

直径約55cmのヨガバランスボール
空気穴固定ピン、ピン抜き、ポンプ付

体幹トレーニングはもちろん、椅子代わりにも使えるヨガボールを使って、隙間時間に気軽にエクササイズをしてみましょう。耐荷重は100㎏、生産工場で厳しい検査をパスした商品なので安心して使うことができます。

おすすめ③La-VI バランスボール ハンドポンプ&メジャー付き

La-VI バランスボール ハンドポンプ&メジャー付き
La-VI バランスボール ハンドポンプ&メジャー付き

本体サイズ(約)直径55cm
本体重量(約):800g
耐荷重:200kg

膨らませるためのフットポンプと、ボールのサイズを図るための紙メジャー付きのバランスボールです。付属品がついているのに安価なのでお買い得感たっぷりです。

イエローやライム、アクアなどほかのメーカーではあまり見かけないようなおしゃれな色合いも魅力の一つです。

おすすめ④Tanita ジムボール TS-962

Tanita ジムボール TS-962
Tanita ジムボール TS-962

サイズ:約幅650×奥行650×高さ650mm
本体重量:約1.2kg

有名ブランド、タニタのジムボールがあれば、いつでも気軽にエクササイズができます。身長160~175cmの方向けのサイズですが、空気の入れ具合によって高さの調節ができるので便利です。

おすすめ⑤東急スポーツオアシス バランスボール

東急スポーツオアシス バランスボール
東急スポーツオアシス バランスボール

耐荷重:300kg

ボールを膨らませるためのハンドポンプだけでなく、固定リングも付いているので椅子として使うときも転がらずに安心です。毎日座っている椅子をバランスボールに変えるだけで自然と体幹トレーニングにつながります。

おすすめ⑥primasole フィットネスボール 空気入れ付き

primasole フィットネスボール 空気入れ付き
primasole フィットネスボール 空気入れ付き

primasoleのバランスボールはストレッチに富みバーストしにくい加工を施しているので耐久性に優れています。

耐荷重300㎏のフィットネスボールがあれば、負荷のかかるエクササイズにも使用できます。ノンバースト仕様なので破裂の心配も無用です。

おすすめ⑦Trideer バランスボール

Trideer バランスボール
Trideer バランスボール

直径45/55CM/65CM/79CM、子供と大人、女性と男性に適応。

スリップ止めのついたタイプなので、上に乗ってエクササイズしても滑りにくい仕様になっています。厚みもあるので耐性にも優れています。

おすすめ⑧Umi. バランス ボール

Umi. バランス ボール
Umi. バランス ボール

直径55㎝で重さ1kg、直径65㎝で重さ1.2kg、直径75㎝で重さ1.4kgの3種類。一般的なバランスボールよりも重めで安定感がある

直径55㎝で重さ1kg、直径65㎝で重さ1.2kg、直径75㎝で重さ1.4kgとほかのメーカーより少し重ためのモデルが3種類そろっています。重たい分安定感に優れているので、エクササイズもしやすくなっています。

おすすめ⑨D&M バランスボール SDS EXERCISE BALL

毎日使い続けることにより、自然と体幹と腹筋が鍛えられます。ハードなスポーツは苦手という方も、このバランスボールに座るだけでエクササイズ代わりになります。

トレーニングマニュアルも付いているので、届いたらすぐに自宅でトレーニングを始めてみましょう。

おすすめ⑩HATACHI クラウドチェア

少し変わった形のバランスボールはチェアタイプとなっています。オフィスでも在宅ワークでも便利に使える形なので、長時間座って作業をすることが多い方におすすめです。

シェイプアップにも役立つバランスボール!

今回は、シェイプアップにも役立つバランスボールについてご紹介しましたが、いかがでしたか?トレーニングをしたいけれどハードな運動は苦手という方でもバランスボールがあれば快適に気軽に体幹やインナーマッスルを鍛えることができます。この記事を参考にして、ニーズに合った使いやすい商品を選んでみてください。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
マツダ
これまで25カ国以上を歴訪した経験があり、日仏英語が堪能なフリーライター。現在は、整理収納アドバイザーとして活躍するかたわら、育児やDIY、芸能関係など幅広い分野で執筆活動を行っている。趣味は読書とDIY。