記事作成日:

握力を鍛えるおすすめ器具8選!握力強化器具を詳しく解説!

握力を鍛える器具には、ハンドグリップやパワーボールなどいくつかの種類があります。ここでは握力を鍛えたいけど、どのような器具を使えば良いのか分からないという方のために、握力を鍛えるための器具の種類や選び方・握力の鍛えるおすすめの器具を種類別にご紹介していくので、興味のある方はどうぞご覧ください。

握力を鍛えるためには?

握力とは物を握るときに使われる力のことで、前腕部と上腕部の筋によって力が発揮されます。握力は全身の筋肉量を反映する指標になるとも言われており、握力が低下すると様々な病気のリスクが増加すると考えられています。

では、握力を鍛えるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?握力を鍛えるには専用の器具を使うのが効果的です。この記事では、握力を鍛える器具の種類や選び方から、おすすめの器具を種類別にご紹介していくので、一緒にみていきましょう。

握力を鍛える器具の種類や選び方

握力を鍛える器具や道具には、いくつかの種類があります。ここからは、その種類や特徴・選び方について詳しく解説していきます。

握力を鍛える器具①ハンドグリップ

握力を鍛える器具1つ目にご紹介するのは「ハンドグリップ」です。握力を鍛える器具と聞いて多くの方が「ハンドグリップ」を思い浮かべるはずです。

「くるみ割り型」をしていて、握力の中でも握りつぶす力を育てます。グリップ部分を握る戻るを繰りしたりある程度の時間、握ったままにしたりして使用するのが一般です。

ではハンドグリップを選ぶ時、どのようにしたら良いのでしょうか?ハンドグリップを選ぶうえで一番需要なのは、負荷です。ハンドグリップの負荷は、約10kg~100kgを超えるものなど様々な種類があります。

とはいえ、負荷が大きなものを使えば良いというものではありません。握力が30kgの方なら24kg程度と言うように、自分の握力の約80%ほどの負荷がベストです。自分の握力が分からないという方は、男性の平均握力が40kg・女性の平均握力は20kg程度だと言われているので参考にしてください。

また、グリップの素材も、プラスチックやスポンジ・金属・シリコンなどの種類があるので自分に合った素材を見つけるようにしてください。実際にお店に行って、握り具合を確認してみるのも良いでしょう。

握力を鍛える器具②パワーボール

握力を鍛える器具2つ目にご紹介するのは「パワーボール」です。パワーボールは、大きさが野球ボール程で中にローターが入っており、ローターが回転する遠心力を使って指・手首・握力・前腕を効果的に鍛えることができます。

野球やテニス・ゴルフ・バスケットボール・バレーボール・ボルダリングなど腕を使うスポーツのトレーニングとして使われているほか、リハビリなどにも使用されています。非衝撃のトレーニング器具なので、筋肉を傷めにくいのが魅力です。

パワーボールには、コードをパワーボールに巻き付けてローターを回転させるコード有りタイプとコードなしで使えるオートスタートタイプの2種類があります。コードタイプは、使用するのに手間がかかり、コードを紛失すると使用できなくなるといったデメリットがありますが、価格が安いところが魅力です。

コードなしタイプには、オートスタート機能が搭載されているので初心者やコード有りタイプを上手く回せない方でも簡単に使用できます。また、コードを紛失する心配もありませんが、コード有りタイプよりも価格が高いのが難点です。

パワーボールを選ぶときのポイントは重量です。女性や初心者の方なら、190g~250g程度の軽量タイプから始めるのがおすすめです。

中級者や上級者なら250g以上のものを選ぶと良いでしょう。また、握りやすいサイズを選ぶことも大切です。男性なら、直径7cm程度のものを女性やお子様なら直径5~6cmのものが目安です。無理なくトレーニングするためにも、重量と大きさに注意して自分に合ったパワーボールを見つけてみましょう。

握力を鍛える器具③フィンガーバンド

握力を鍛える器具3つ目にご紹介するのは「フィンガーバンド」です。フィンガーバンドは、太い輪ゴムのような形をしていて輪っかの中に5本の指を入れて使用します。

ハンドグリップやパワーボールのように、握ることで握力を鍛えるのではなく、手を使って輪っかを開くことで手の甲の筋肉や握力を鍛えます。バンドよって強度が違ってくるので、自分にあった強度を見つけてください。

握力を鍛えるおすすめ器具【ハンドグリップ編】

ここまでは、握力を鍛える器具の種類や選び方をチェックしてきました。ここからは、握力を鍛えるおすすめの器具を種類ごとにご紹介していきます。まずは、ハンドグリップのおすすめ商品からみていきましょう。

おすすめ①Heavy Sports ヘビーグリップ

Heavy Sports ヘビーグリップ
Heavy Sports ヘビーグリップ

物理的制限を打ち破る – ほとんどのアスリートが知っているように、全体のフィットネスを向上させたい場合は、最も弱いリンクをトレーニングする必要があります。

握力を鍛えるおすすめのハンドグリップ1つ目にご紹介するのは「Heavy Sports ヘビーグリップ」です。100ポンド(45kg)~350ポンド(159kg)まで50ポンド単位での調整が可能です。

アルミニウム製のハンドル部分には、滑りにくいようにチェッカリング加工が施されているほか、スチール製のスプリングには錆止めコーティングもされています。

おすすめ②Longang ハンドグリップストレングスナー

Longang ハンドグリップストレングスナー
Longang ハンドグリップストレングスナー

トレーナー:手、指、手首、前腕の強度を向上させ、関節炎、腱炎、手根管のある方に最適。また、ミュージシャン、アスリート、ゴルファー、ロッククライマー、テニス選手にも最適です。

握力を鍛えるおすすめのハンドグリップ2つ目にご紹介するのは「Longang ハンドグリップストレングスナー」です。

11ポンド(5kg)~132ポンド(60kg)まで調整できるこのハンドグリップは、初心者から中級者までの負荷に対応しています。負荷はスクリューキャップで簡単に調整可能です。

おすすめ③GD IRON GRIP ハンドグリップ

GD IRON GRIP ハンドグリップ
GD IRON GRIP ハンドグリップ

ハンドグリップなら、GD IRON GRIP一台で決まり! 25kgから80kgまでの強度調節(6段階調節 – 第1段階:25kg, 第2段階:36kg, 第3段階:47kg, 第4段階:58kg, 第5段階:69kg, 第6段階:80kg)

握力を鍛えるおすすめのハンドグリップ3つ目にご紹介するのは「GD IRON GRIP ハンドグリップ」です。25kg~80kgまで6段階に強度が調整できます。

また、グリップ幅は74mm~98mmの範囲で3段階で調整できるので自分の手の大きさに合わせられるのが魅力です。これ一台で、ウォーミングアップからネガティブトレーニングまでのトレーニングが可能です。

握力を鍛えるおすすめ器具【パワーボール編】

ここまでは、握力を鍛えるおすすめのハンドグリップをご紹介してきました。ここからは、握力を鍛えるおすすめのパワーボールをチェックしていきましょう。

おすすめ①RPM Sports NSD パワーボール

RPM Sports NSD パワーボール
RPM Sports NSD パワーボール

回転数18000rpm時16Kg相当の負荷をかけることができます。

握力を鍛えるおすすめのパワーボール1つ目にご紹介するのは「RPM Sports NSD パワーボール」です。コードを使わないオートスタートタイプのパワーボールです。

最大回転18,000rpmで最大16kg相当の負荷をかけることができます。280Hz高機能ローターを搭載することで、バランスの取れた滑らかな回転を実現しています。

おすすめ②NSD Spinner オートスタート機能

NSD Spinner オートスタート機能
NSD Spinner オートスタート機能

自宅で行える運動器具 腕力 筋トレグッズ NSD Spinner。

握力を鍛えるおすすめのパワーボール2つ目にご紹介するのは「NSD Spinner オートスタート機能」です。親指でボールを回して離すだけのオートスタートタイプなので、初心者やコードスタートが苦手な方でも簡単に使用でます。

カウンター測定機能付きなので、今どれくらいの力が加わっているのかがひと目で分かります 。軽くて握りやすい形状も魅力です。

おすすめ③DUKKORE スナップボール

DUKKORE スナップボール
DUKKORE スナップボール

高速でジャイロ回転するボールの遠心力を利用して、筋肉トレや握力腕力を鍛えるという理念で誕生したスナップボールが世界中で多くの方を愛用しています。

握力を鍛えるおすすめのパワーボール3つ目にご紹介するのは「DUKKORE スナップボール」です。コードのいらないオートスタートタイプのパワーボールで、世界中で多くの方に愛用されています。回転数8,000rpmでは、約14kgの負荷をかけることができます。

回転数をあげれば、負荷もあげることができるので、手首や腕・指の筋肉増加に効果的です。また、LEDライトが搭載されているのもポイントです。

握力を鍛えるおすすめ器具【フィンガーバンド編】

ここまでは、握力を鍛えるおすすめのパワーボールをご紹介してきました。ここからは、握力を鍛えるおすすめのフィンガーバンドをチェックしていきましょう。

おすすめ①Pnrskter 指トレーニング

Pnrskter 指トレーニング
Pnrskter 指トレーニング

すべての手のための人間工学に基づいたデザイン-すべての年齢層に適しており、市場にある他の「小さな指の開口部」とは異なり、すべての手のサイズによく合います。

握力を鍛えるおすすめのフィンガーバンド1つ目にご紹介するのは「Pnrskter 指トレーニング」です。こちらの商品は、指のトレーニングに最適な指トレーニングストレッチャー3種類とリング状のグリップ3種類がセットになったフィンガーバンドです。

30ポンド~50ポンドまで3種類の強度があるので、お好みの強度を選ぶことができます。握力の強化に使用できるのはもちろん、リハビリでの使用にも効果的です。

おすすめ②アイアンマインド エキスパンダーバンド

アイアンマインド エキスパンダーバンド
アイアンマインド エキスパンダーバンド

握る力ではなく開く力を鍛えることができます。
特に拮抗筋の強化に効果的です。

握力を鍛えるおすすめのフィンガーバンド2つ目にご紹介するのは「アイアンマインド エキスパンダーバンド」です。このフィンガーバンドは、握る力ではなく、開く力で筋力を鍛えることができます。

ラテックスフリーのゴムで作れているので、伸びが大きく寿命が長いところが魅力です。白・緑・黄・白・赤の5種類の強度の違うバンドが各2個ずつセットになっています。

握力強化グッズでトレーニングしよう

今回は「握力を鍛えたいけど、どのようなものを使ったら良いのか分からない」という方のために、握力を鍛えるための器具の種類や選び方・握力の鍛えるおすすめの器具を種類別にご紹介しました。

握力を鍛えるため器具は、コンパクトで持ち運びに便利なものが多く、比較的簡単に始めることができます。ここでご紹介した商品を参考に、握力強化グッズでトレーニングを始めてみてはいかかでしょうか。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。