記事作成日:

ジムシューズ人気おすすめ10選!種類と選び方のポイントを解説!

ジムに行く予定のある方は、ジム用の靴を用意するのがおすすめです。基本的には、最初は運動しやすい靴であれば何でも構いません。履きなれた靴であればあるほど、効率的に運動ができます。ただし、自分に合ったタイプのシューズを知ることが大切です。ここでは、ジムシューズの選び方、おすすめのジムシューズをご紹介します。

ジム用のシューズにこだわるメリットとは?

ジムでトレーニングする際に、普通の運動シューズを履いてトレーニングすることも可能です。しかし、ジムで効率的なトレーニングを行うには、トレーニング専用のシューズを履くのがおすすめです。

ジム用シューズにはラバーソールが使われていることが多く、滑りにくく、地面をしっかりとつかむことができます。安全性が高まるだけでなく、重たいものを持っても楽に扱えるようになります。

つまり、ウエイトトレーニングやマシントレーニングを行う際に、より効率的にトレーニングを行うことができるのです。

ジムでランニングマシンを使用する際には、軽くてクッション性があり、走りやすいランニングシューズを選ぶのがおすすめです。

特に、有酸素運動を中心に体脂肪を燃焼させたい方は、ランニングシューズをトレーニングシューズとして使用している方が多いようです。

ランニングシューズは、軽くて走りやすいだけでなく、クッション性やグリップ性に優れたものが多く、運動しやすいのが特徴です。

しかし、長距離用のレーシングシューズは、靴底が薄く作られているものが多く、軽くて無駄がありません。このようなシューズは、足の保護機能の多くが取り除かれているため、トレーニングには適していません。

ジムシューズの上手な選び方

では、ジムシューズを選ぶ際にはどのようなポイントを押さえておくべきでしょうか。トレーニングシューズの種類、クッション性、シューズの軽さ、サイズを比較することで目的に合ったシューズを選ぶことができます。

ジムシューズの選び方①トレーニングシューズの種類

ジムでランニングマシンを使う方は、ランニングシューズを履いていることが多いです。しかし、ランニングシューズは走るために設計されたもので、他のトレーニングのような横方向の動きではなく、縦方向の動きに耐えるように設計されています。

また、フットサルシューズやテニスシューズを履いている人もいますが、これらは圧力が強すぎて足の保護が十分ではないため、ジムには適していません。

もちろん、スパイクの付いていないシューズであれば何を履いても構いませんが、筋力トレーニングやエアロビクス、ダンスなどを行う場合は、フィットネス専用のシューズを履いた方がより効果的なトレーニングができます。

ジムシューズの選び方②クッション性

ランニングなどの上下運動は、筋肉だけでなく関節にも負担がかかります。関節への負担が大きくなると、ケガの原因になります。

関節を痛めないためには、クッション性の高いジム用シューズが有効です。クッション性は、靴底の素材や厚さによって決まります。

ジャンプなどの動きがある場合でも、衝撃吸収素材を使用した体育館シューズの方が、関節への負担が少なくなります。

ジムシューズの選び方③シューズの軽さ

ジムでランニングマシンを使うときは、軽くて走りやすく、クッション性の高いランニングシューズを選ぶのがおすすめです。

実際、有酸素運動を中心に体脂肪を燃焼させたい方を中心に、ランニングシューズをトレーニングシューズとして使用している方も多いようです。

ランニングシューズは、軽くて走りやすいだけでなく、クッション性やグリップ性に優れたものが多く、運動しやすいのが特徴です。

しかし、長距離用のレーシングシューズは、靴底が薄く作られているものが多く、軽くて無駄がありません。

このようなシューズは、足の保護機能の多くが取り除かれているため、トレーニングには適していません。

ジムシューズの選び方④サイズ

フィットネスシューズを購入する際には、かかとと足裏がしっかりとフィットし、靴の中で足指を動かすことができ、かつ足指が靴にほとんど触れないような靴を探してください。

スポーツクラブで激しい運動をする場合は、足と一体化したシューズを履くことが大切です。つま先に余裕がありすぎる靴は、足が靴の中で前後に動いてしまい、靴擦れの原因になります。フィッティングの際には靴下を持参して、自分に合った靴を選ぶようにしましょう。

ジムシューズの人気おすすめ10選

それでは、ここからは人気のジム用シューズをご紹介します。それぞれ、デザイン性や機能性が異なりますので、購入前の参考にしてください。

おすすめ①アシックス ウエイトリフティングシューズ

アシックス ウエイトリフティングシューズ
アシックス ウエイトリフティングシューズ

ヒールの高さ: 4.5 cm
留め具の種類: レースアップ
ソールの厚さ:1.5cm

アシックスのウエイトリフティングシューズ「727」は、瞬間的なパワーと着地時の安定性を追求したシューズです。サイドの白いストライプが、アシックスらしいデザインになっています。

通常のスポーツシューズでは、特に膝や腰などの関節に負担がかかり、故障しやすくなってしまいますが、「727」は力を入れるときやしゃがむときに、アスリートが踏ん張りやすいように設計されています。

また、アッパーには、しなやかな質感のスエードレザーと天然皮革の補強材を使用しています。

おすすめ②ブルックス ランニングシューズ ゴースト12

ブルックス ランニングシューズ ゴースト12
ブルックス ランニングシューズ ゴースト12

ソール素材または裏地: ゴム
ヒールの高さ: 3 cm

前作の「ゴースト11」は、スムーズな走行感、DNAロフト付きのソフトなヒール、スピード感のあるフォアフットなど、多くのランナーの心をつかんだシューズでした。

今年、「ゴースト12」は、アウトソールの配置を変更し、アッパーを一新し、パフォーマンスを向上させています。

1970年代、ブルックスは世界で初めて衝撃吸収性に優れたEVAスポンジソールを発表し、2009年にはすべてのランナーにぴったりフィットするクッションシステム、「ブルックスDNA」を開発しました。

2011年、ブルックスは米国でナンバーワンのランニングシューズブランドとなり、現在もその地位を維持しています。

おすすめ③アディダス ウルトラブースト19 ランニングシューズ

アディダス ウルトラブースト19 ランニングシューズ
アディダス ウルトラブースト19 ランニングシューズ

靴幅: medium
メイン素材: 合成繊維(織物), 合成繊維

ランニングに自信とエネルギーを与えるために、主要なパフォーマンステクノロジーを再構築したランニングシューズです。

第二の皮膚のような感触のニットアッパーは、モーションウェーブテクノロジーを採用し、ストレッチ性とサポート性を両立しています。

ミッドソールには、オリジナルのウルトラブーストに比べて20%多くのBOOST™フォームを採用し、パフォーマンスに貢献する反発力とクッション性を兼ね備えています。

また、ソックスのようにシームレスに編み込まれたPrimeknit 360アッパーが足を包み込み、快適性と軽快なパフォーマンスを兼ね備えたこれまでにないフィット感を実現しています。

おすすめ④リーボック トレーニングシューズ R クロスフィット ナノ

リーボック トレーニングシューズ R クロスフィット ナノ
リーボック トレーニングシューズ R クロスフィット ナノ

ソール素材または裏地: ゴム

第9世代となる「クロスフィットナノ」は、8つの異なる繊維を8の字型に織り込んだ革新的なアッパー素材を採用し、耐久性、柔軟性、通気性を実現しています。

シームレスで伸縮性のあるFLEXWEAVEアッパーは、快適性とフィット感をさらに向上させています。また、アッパーとミッドソールをソフトなラバーで包み込み、安定性を高めています。

アウトソールに採用されている「META SPRIT」は、どんな路面でも高いグリップ力を発揮してくれるので、スリップすることを気にせずトレーニングに集中できます。

おすすめ⑤ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース

ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース
ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース

ヒールの高さ: 4.5 cm

クッション性と安定性は、靴に求められる機能です。ミズノは、ソールに波を挟むという発想で「MIZUNO WAVE」を開発し、相反する2つの機能を両立させることに成功しました。

アッパーのエアメッシュとソールの通気孔により、シューズ内の水分が排出され、通常のシューズに比べて運動時の湿度や温度の上昇を抑制してくれるので、快適に使用できます。

また、フィットネスの動きを分析し、適切な位置と形状にソール素材を配置することで、高い柔軟性と安定性を実現しています。

おすすめ⑥SAGUARO ベアフット ランニングシューズ

SAGUARO ベアフット ランニングシューズ
SAGUARO ベアフット ランニングシューズ

適度なクッション性で約215g(単足、22.5cm)と超軽量フィットネスシューズ。

適度なクッション性を備え、重量がわずか215g(片足、22.5cm)の超軽量フィットネスシューズです。アッパーの外側には通気性の良いメッシュ素材を使用しているため、フィット感が高く、運動時のムレを軽減することができます。見た目はスリムですが、幅広の内装設計により、足指を圧迫せずに動かすことができます。

おすすめ⑦リーボック ウエイトリフティングシューズ

リーボック ウエイトリフティングシューズ
リーボック ウエイトリフティングシューズ

メイン素材: メッシュと合成アッパー
ソール素材または裏地: ゴム

サポートと通気性に優れた「フルグレイン・レザー」をつま先とアッパーに使用しています。また、アンチフリクション・ライニングを採用し、運動中の湿気や熱の蓄積から足元をクールでドライに保つことができます。

おすすめ⑧ライカ ダンスエクササイズシューズ

ライカ ダンスエクササイズシューズ
ライカ ダンスエクササイズシューズ

メイン素材: 100% MESH
耐水性能なし

新しいアッパーには、一体化したシュータンを採用し、ホールド感を高めてスムーズな着脱を可能にしたシューズです。また、メッシュアッパーにより、優れた通気性、軽量性、速乾性のアップを実現しています。

さらに、アウトソールには柔軟性を保つための前足部の切り込みが入っており、ランニングにも利用可能です。

おすすめ⑨50dB エアライト スニーカー 超軽量

50dB エアライト スニーカー 超軽量
50dB エアライト スニーカー 超軽量

メイン素材: ポリエステル
表地: ポリエステル
留め具の種類: BOA

このエアライトトレーナーは、シリーズ最高の機能性を備えています。透明感のあるエアソールが、直立時や着地時にかかとにかかる衝撃を効率よく分散し、長時間の歩行や立ち仕事での疲労を大幅に軽減します。

さらに、1足あたり245gという軽さは、履きやすさだけでなく、持ち運びにも便利です。旅行や出張にも最適です。

おすすめ⑩FITKYJP 軽量スニーカー スポーツシューズ

FITKYJP 軽量スニーカー スポーツシューズ
FITKYJP 軽量スニーカー スポーツシューズ

靴幅: 3E
メイン素材: ポリエステル
表地: 合繊
ヒールのタイプ: フラット

1足あたりわずか490gという軽さは、日常のスポーツ活動や通勤、旅行への持ち運びなどに便利です。また、靴底には滑り止めが施されており、雨の日にも実用的なシューズです。素材全体にMDを使用しているので、とても軽くて伸縮性があり、スポーツ活動に最適といえます。

室内トレーニング用にジム用の靴を用意しよう

ジムで本格的なトレーニングを行う場合は、専用のトレーニングシューズを用意するようにしましょう。そうすることで、運動がしやすくなるだけでなく、ケガの予防にもなります。より効率的で安全なトレーニングを行うためにも、自分に合ったジムシューズを選ぶようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。