記事作成日:

【准教授】とは?の仕事内容から年収まで詳しく解説!

准教授は、大学教員のランクの一つです。とはいえ、「准教授ってどうやったらなれるの?」「どれくらい稼げるの?」と疑問に思うことはありませんか。この記事では、准教授の詳しい年収や仕事内容について解説します。また、年収アップの方法や准教授になる方法も紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

准教授とは?

そもそも、准教授とはどのような仕事なのでしょうか。まずは、准教授と呼ばれる人は一体どんな立場の人で、どんな内容の仕事をしているのかを確認してみましょう。

准教授は教授の下の役職

「准教授」は「准」という漢字を使っていますが、これは「準ずる」という意味です。つまり教授に「準ずる」立場の人で、教授よりも下のランクになります。

では、准教授と助教はどうなのでしょうか。実は、今、准教授と呼ばれている人たちは、昔は助教と呼ばれていました。

2007年4月1日に学校教育法が施行された後「助教」という役職が廃止され、准教授という役職が新設されました。背景には、2007年以前に定義されていた助教の職務内容が、教授を補佐するものであったことが関係しています。

実際には、多くの助教は教授を補佐するというよりも、主に自分の研究に従事しており、助教の本来の職務は実態とかけ離れていました。

そこで、本来の職務と実情を一致させるために、教授の補佐を主な職務とする「助教」を廃止し、学生の教育と研究を主な職務とする「准教授」を新設したという訳です。

助教授が廃止されたもう一つの要因は、教授に相当する者は研究を最優先すべきであるという国際的な原則も関係しています。

准教授になるには?

2007年4月1日に改正された学校教育法では、大学のランクは一般的に、教授、准教授、講師、助教授の順に昇格することになっています。ただし、各大学によって条件は異なります。

現実は、准教授になりたくても、すべての大学に十分なポストがあるわけではないので、なかなか難しいのが実情です。また、准教授になりたければ、教授に気に入られることが絶対条件であり、教授に気に入られなければ、准教授のポジションに空きがある他の大学に移るしかありません。

任期付きの講師も多く、その場合は准教授への昇格は難しいかもしれません。准教授になるためには、助教授、講師と順に昇進していく必要があります。しかし、日本では、高校教師のような大学職員の教員免許制度はなく、法的な資格も求められていません。

政府が定めた教授・准教授になるための要件は、「博士の学位を有し、研究業績を有する者」など6つありますが、博士の学位を持っていることは必須ではありません。

また、1985年に大学設置基準が改正され、資格要件として「専攻分野において特に優れた知識及び経験を有すると認められる者」という項目が新設され、一般の社会人が大学教員になることが可能になりました。

1991年にはさらに大学設置基準が拡大された結果、大学が自由にカリキュラムを編成できるようになり、実業家や文化人、著名人までもが大学教員として採用されるようになりました。しかし、准教授のポストに空きがないため、准教授になりたくてもなかなかなれないのが現実です。

准教授の平均年齢

大学で働くためには、4年制大学を卒業しなければなりません。卒業後は、大学院に進学し、2年間のプログラムを修了して修士号を取得します。修士号を取得した後は、大学院で3年間勉強と研究を続け、論文が認められれば博士号を取得することになります。

博士号を取得した後、そのまま大学教員として働き始める人はほんの一握りです。ほとんどの人は、有期雇用の非正規雇用であるポスドクとして研究を続けています。教授からの推薦を受けたり、公募で合格したりすると、助教になることができます。

助教になった後は、研究を続けて講師を目指し、講師になったら、次は准教授に昇格します。2019年時点の准教授の平均年齢は47.3歳でした。博士号を取得する必要があり、ポストの有無も関係してくるため、若くして准教授になれる人はほんの一握りです。

准教授の仕事内容とは?

それでは、ここからはいよいよ准教授の仕事内容についてご紹介します。准教授の仕事内容は、主に学生への講義と研究に分けることができます。

学生への講義

一般的に、准教授の仕事は、大学の教授や講師の仕事と大きな違いはありません。准教授は大学の研究者ですから、当然、研究が主な仕事になりますが、学生を教えたり、育てたりすることも大きな仕事になります。

理想的には教育と研究は半々ですが、現実には教育、研究、校務がそれぞれ3分の1ずつを占めています。特に、少子化の影響で、国立大学、私立大学ともに入学者数が減少しており、多くの大学が学生の教育の質の向上に努めています。

研究

准教授の仕事の中でも重要な位置を占めているのが研究です。大学の教員は皆、学生を教育しながら自分の研究を行っています。教授にならなければ、研究が行えないと言うことはありません。准教授も研究で結果を出すことが求められます。

良い研究結果を出したり、論文が評価されたりすれば、研究者としてのキャリアアップが可能になります。ただし、准教授は大学の運営に関わる事はありませんので、この点で教授とは大きな違いがあります。

准教授の年収はどれくらい?

2019年の「賃金構造基本統計調査」によると、大学准教授の平均年収は872万3600円となっています。平均年収は、「定期的に支払われる現金給与」×12+「年間賞与などの特別給与」で算出されます。

平均年収は、会社や学校の規模が大きくなるほど高くなる傾向にあります。2019年に実施された「民間給与実態統計調査」によると、民間企業全体の平均年収は436万円となっています。そう考えると大学准教授の平均年収はこの約2倍であり、高い水準にあるといえます。

准教授の平均年収

国公立と私立の大学准教授の平均給与は、国立と公立が同程度であるのに対し、私立が最も高くなっています。これは、国公立大学教員が公務員の給与規定に従っているためです。

月給では、国公立大学、私立大学、公立大学はほぼ同額で、大きな差はありません。しかし、推定平均年収では最大約200万円の差があり、私立の方が高くなっています。このことから、国公立学校と私立学校では、ボーナスの面で年収に差があることが推測されます。

国立・公立・私立で差がある

日本には様々な専攻を持つ大学がありますが、最も年収が高いのは大学病院の准教授です。大学病院で働く准教授の年収は約850万円です。中には900万円、1000万円という准教授もいます。

大学病院の准教授の年収が最も高い

日本には様々な専攻の大学がありますが、最も年収が高いのは大学病院の准教授です。大学病院に勤務する准教授の年収は850万円程度です。准教授の中には900万円から1000万円の人もいます。

主な大学の准教授の年収

各大学が公表しているデータをもとに、各大学の准教授の平均年収を見てみると、東京大学が約950万円、京都大学が約890万円、岡山大学が約820万円、東北大学が約820万円となっています。大学平均の867万円と大体同じくらいの水準です。

准教授の年収を上げるには?

准教授が年収を上げようと思ったら、まず思い浮かぶのが大学教授への昇進です。教授になれば、年収1,000万円も見えてきます。

教授になるためには、研究実績が重要です。大学によって基準は異なりますが、優れた研究成果を上げ、国内外で高い評価を得られれば教授に昇格できます。

研究を続けて論文を書くことは前提条件です。ただし、ポストが空いているかどうかも重要なポイントです。たとえ素晴らしい成果を上げ続けていても、ポストがなければ教授になることはできません。

少子化の影響で大学や学部の拡大が見込めないため、今後も教授ポストが増えることはなく、教授に昇格するのは非常に難しいと言われています。

しかし、優れた業績を上げれば、自分の所属する大学以外の大学から教授職のオファーが来ることもあります。教授への昇進は狭き門ですが、最終的には研究成果にかかっていると言われています。

准教授としてキャリアを積んで年収アップを目指そう

以上、准教授の仕事内容と年収についてまとめてみました。思い描いていた印象と同じだった事もあれば、意外だと感じられる面もあったでしょうか。

准教授の年収は大学によって異なりますが、平均は約867万円です。教授と同等の役職であるため、年収も高くなっています。ただし、大学の職員になったからといって、必ずしも准教授になれるわけではありません。

学生の指導や研究に関わる業務が多いため、一生研究を続けていきたい方や、研究を進めていきたい方に向いている職業です。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。