記事作成日:

NAS(ネットワークアタッチトストレージ)とは?おすすめ商品15選を紹介!

NASとはファイルサーバーのことで、外出先の自宅でもスマホ&パソコンを使ってNAS(HDD)にアクセスできるので、自分の写真や動画を人に見せたい時に便利です。また、2台以上のHDDを搭載でき、RAIDと呼ばれるバックアップ機能を持つNASであれば、常にバックアップを取りデータを管理できます。本記事では、NASと外付けHDD&オンラインストレージの違いや、NASの選び方についてまとめてみました。

NAS(ネットワークアタッチトストレージ)とは?

NAS(Network Attached Storage)と略され、ネットワークに接続された記憶装置という意味です。ハードディスクは一般的に、パソコンに内蔵されているタイプと、USBで接続するタイプが知られています。

例えば、USBハードディスクに保存したエクセルファイルを2台以上のパソコンで編集したい場合、ファイルを編集するたびにお互いに接続する必要があります。その手間を考えると、USBハードディスクは2台以上のパソコンでデータを共有するのには適していません。

一方、NASはネットワーク、つまりLANに接続して使用します。NASがあれば、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからもネットワーク経由で簡単にデータを共有することができます。

そのため、スマートフォンで撮影した写真をパソコンで加工したり、パソコンで作成した文書をタブレットで表示したりすることができます。ホームネットワーク上だけでなく、外出先でもデータを共有できることも大きな魅力です。

外付けHDDとの違い

外付けハードディスクやファイルサーバー、クラウドストレージと同じような使い方ができますが、それらとNASは何がどう違うのでしょうか。NASが「ネットワークHDD」と呼ばれていることを考えると、外付けHDDとNASはさほど変わらないと思われるかもしれません。

しかし、外付けHDDは、USBケーブルで接続した1台のパソコンでしか使用できず、通常は複数のパソコンでデータを共有することはできません。一方、NASはLANで接続された機器であれば、複数の機器で使用することができます。

NASの選び方ポイント

ここでは、NASの種類と、押さえておきたい特徴を紹介します。目的に応じて選び方が変わりますので、ぜひ参考にしてください。

NASの選び方①HDDの有無

NASは、HDDを搭載しているかどうかで、「HDD内蔵タイプ」と「NASキット」に分けられます。HDD内蔵タイプは、初期設定が簡単で、購入後すぐに使用することができます。

また、手持ちのデバイス間で簡単にファイルを共有でき、データの自動バックアップにも利用できるというメリットもあります。ただし、手軽さと安さゆえに機能が限定されているのが難点です。

また、内蔵タイプなので、HDDが壊れた場合は修理に出さなければならず、ファンの交換もできません。そのため、どちらかというと個人や家庭での使用に適したタイプといえるでしょう。

NASキットは、自分でHDDを別途用意する必要があります。そのため、対応するHDDの選択や初期設定が内蔵タイプに比べて難しくなります。しかし、その分、機能も多く、安定性も高いといえます。

HDDの種類も豊富で、ほとんどのモデルが複数のHDDを搭載できるので、壊れたときのリスクを分散できるというメリットもあります。とはいえ、NASキットは、自由度が高い分、ある程度の知識が必要なので上級者向けです。初心者の方は避けたほうが無難でしょう。

NASの選び方②RAIDの機能

RAIDとは、複数のHDDを組み合わせて自動的にデータをバックアップしたり、読み書きを高速化したりするシステムです。RAID0、RAID1などがあり、数が多いほど高性能になります。

NASの選び方③HDDの搭載台数と容量

NASキットに搭載できるHDDの数は、ベイまたはドライブベイで表示されます。1ベイでは1台のHDD、2ベイでは2台のHDDが搭載できます。容量については、使用するHDDによって異なりますので、対応するHDDを必ず確認してください。

「HDD内蔵タイプ」の場合は、HDDを内蔵しているため容量が決まっており、安価なモデルではHDD1台が主流となっています。基本的にはHDDを増設することはできませんが、オプションで外付けHDDに対応している製品もありますので、確認してみてください。

NASの選び方④信頼のおけるメーカー

まずは王道「バッファロー(BUFFALO)」ですが、豊富なラインナップが魅力的です。バッファローは周辺機器のトップメーカーで、シンプルなHDD1台のモデルから、外部のテレビ番組を楽しむためのDTCP+対応モデルまで、幅広い製品を提供しています。

次にご紹介するのは「Synology」です。「Synology」の最大の特徴は、独自のNAS OSにあります。設定を細かくカスタマイズできるだけでなく、搭載されているアプリを使って表計算やメモなど様々な作業を行うことができます。

「IODATA(アイ・オー・データ)」は、日本に拠点を置く老舗の周辺機器メーカーですので、サポートも安心です。最大226.6MB/sの高速データ転送が可能なモデルや、テレビを買い替えても録画した番組が楽しめる「RECBOX」シリーズなどを展開しています。

「QNAP」は、ユニークなデザインのNASです。企業でも利用できるハイスペックなNASキットを提供しており、NASとしては珍しい爽やかなブルーを基調としたスタイリッシュなデザインと、白を基調としたインテリアにも調和するコンパクトなピュアホワイトのデザインが特徴的です。

NASおすすめ商品15選

それでは、実際にどのような商品がAmazonで人気なのでしょうか。ここからは、NASおすすめ商品を紹介していきますので、先ほど挙げた選び方のコツを思いに留めつつ吟味してみてください。

おすすめ①BUFFALO LS210D0201G

BUFFALO LS210D0201G
BUFFALO LS210D0201G

【容量】2TB(1ドライブ)
【インターフェース】有線LAN×1(Giga)、USB×1(2.0/1.1)

本製品は、DLNAガイドラインに準拠したマルチメディア機能を搭載したホームユース向けのNASで、DTCP-IP機能を標準装備しているため、録画番組などの著作権保護されたコンテンツをさまざまな機器で楽しむことができます。

専用アプリ「WebAccess」を使えば、スマートフォンやタブレットからもNASにアクセスすることができます。外出先でも動画や音楽などのコンテンツを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

おすすめ②BUFFALO LS220D0202G

BUFFALO LS220D0202G
BUFFALO LS220D0202G

【容量】2TB(2ドライブ) ※ミラーリング時、実際に使える容量は1/2になります。
【インターフェース】有線LAN×1(Giga)、USB×1(2.0/1.1)

ネットワーク対応HDD(NAS)とは、Wi-Fiルーターの有線LANポートなど、ネットワークに直接接続できるHDDのことです。Wi-Fi経由でデータを保存したり、複数のPCやMac、スマートフォン、タブレットなどのデータをまとめて保存・共有することができます。本製品は2つのHDDを内蔵しています。

Windowsではバックアップ先として設定し、Macでは「TimeMachine」機能でバックアップすることができます。PCユーザーはもちろん、スマートフォンユーザーにもわかりやすいインストールマニュアルを同梱しています。

初めてネットワークハードディスクを購入するユーザーでも、手順に沿って進めるだけで、製品のインストールから製品の接続までの準備をPCやスマートフォンで完了することができます。

おすすめ③BUFFALO リンクステーション LS220DN0402B

BUFFALO リンクステーション LS220DN0402B
BUFFALO リンクステーション LS220DN0402B

■インターフェース:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T

本製品はホームユースを想定したNASであり、NAS用に設計された専用HDD「WD Red」を搭載しており、長期運用に適した信頼性・安定性に優れています。毎秒最大82.94MBの高速でのデータ転送が可能で、大容量のデータでもストレスなく扱えます。複数人で同時にアクセスしても快適に使えるのも魅力です。ノーマル、RAID 0、RAID 1の3つのRAIDモードが選択できます。

おすすめ④BUFFALO リンクステーション LS720D

BUFFALO リンクステーション LS720D
BUFFALO リンクステーション LS720D

録画した地上デジタル放送番組を楽しめるDTCP-IP機能に標準対応しています。3つのストリームを同時に利用できるので、レコーダーの録画データを保存しながら、リビングと寝室の別々のテレビで録画番組を再生することができます。

また、6コアのCPUを搭載しているので、ハイビジョン動画などの大容量データを短時間で快適に転送したり、PCのバックアップやスマートフォンでの写真閲覧、複数のデバイスからの同時アクセスなど、多くの機能を同時に処理できるネットワークHDDとしては十分な処理能力を持っています。

おすすめ⑤Synology DiskStation DS220j

Synology DiskStation DS220j
Synology DiskStation DS220j

CPU/メモリ:Realtek Quad-core 1.4GHz(64bit) 512MBメモリ
HDDベイ:2ベイ(SATA)

Synologyの強みは、搭載されているOSにあります。「DiskStation ManagerS(DSM)」は、すでに第6世代になりますが、データを保存するためのファイルストレージシステムだけでなく、NAS本体でアプリケーションを実行することもできます。

つまり、ちょっとしたWebサービスやストリーミングサーバーになるのです。基本的にはWebブラウザから簡単にアクセスでき、見た目もWindowsのようなデスクトップで、それぞれのアプリケーションや機能がウィンドウに表示されるので、初心者にも非常に簡単に始めることができます。

また、Synologyだけでなく、多くのサードパーティ製アプリケーションが用意されており、必要に応じてインストールすることができます。NASが単体でバックアップ操作を行うことができるので、自分のマシンを起動させる必要はありません。

他にも、写真や動画を保存してWeb上で閲覧できる「Photo Station」や、主要なクラウドサービスを自動でバックアップできる「Cloud Sync」など、ほとんどの機能が無料で利用できます。

おすすめ⑥Synology DiskStation DS220+

Synology DiskStation DS220+
Synology DiskStation DS220+

・CPU : 2.0GHz/最大2.9GHz デュアルコア(Intel Celeron J4025)
・メモリ : 2GB DDR4(最大6GBまで対応)

Synology DiskStation DS220+ は、データとマルチメディアの管理を効率化するコンパクトな機種で、スムーズなデータ共有、ビデオストリーミング、フォトインデックス、豊富なデータ保護とリカバリーオプションを提供しています。

Windows、Mac、Linux などのプラットフォーム間でファイルを同期し、データ管理を簡素化します。また、ドライブを使用することで、他の SynologyNASユーザーとファイルを共有したり、頻繁に使用するデータを複数のコンピュータと同期させたり、モバイルアプリを使用していつでもどこでもファイルをブラウズしたりすることができます。

おすすめ⑦Synology DiskStation DS920+

Synology DiskStation DS920+
Synology DiskStation DS920+

・外形寸法 : 199(W)×166(H)×223(D) mm
・本体重量 : (ドライブ除く) 2.24kg

高速データ転送が可能なM.2 SSDスロットを搭載しており、高速なレスポンスが期待できます。保存したファイルは様々なデバイスから確認することができます。また、容量が足りない場合は、専用の拡張ユニットを接続することで、データ容量を増やすことができますので、手軽にストレージの容量を増やしたい方や、多くのデータを扱うビジネスシーンにも最適です。

おすすめ⑧I-O DATA HDL-TA3/E

I-O DATA HDL-TA3/E
I-O DATA HDL-TA3/E

容量/対応OS]:3TB / Win10/8.1 Mac OS 10.12~10.15、iOS 11.0~13.0、Android 5.0~10

本製品は、初期設定からセットアップ後の使用まで、誰でも簡単に使用できるネットワーク接続型ハードディスクの「ランディスク」です。初めての方でも安心してLAN DISKをお使いいただけるように、パソコン用の専用アプリや、スマートフォン用のアプリのQRコードを読み取って設定を行うことができます。

LAN DISKは、スマートフォンやタブレット、パソコンなどのマルチデバイスからアクセスできるので、家族みんなでファイルを共有するのにとても便利です。また自分だけのフォルダを作成し、誰にもファイルを見られない場所を確保できる機能が付いていますので、家族一人ひとりのプライバシーを守ることができます。

おすすめ⑨I-O DATA HDL-TA4/E

I-O DATA HDL-TA4/E
I-O DATA HDL-TA4/E

容量/対応OS]:4TB / Win10/8.1 Mac OS 10.12~10.15、iOS 11.0~13.0、Android 5.0~10

「CD RECO Music」アプリを使えば、NASに保存した音楽データをスマートフォンやタブレットで直接聴くことができます。楽曲をダウンロードする必要がないので、スマートフォンの容量を圧迫することなく、どこでもNASに保存された音楽を楽しむことができます。

自分で録音した懐かしい曲を聴いたり、より多くの曲の中から自動的に再生したりと、日々の音楽ライフの幅が広がります。また、スマートフォンの容量が足りなくても、LANDISKにデータをバックアップしておけば、大切な画像をそのままにしておくことができます。

ガイドブックにはLAN DISKの使い方が詳しく記載されているので、初心者でも設定に迷うことなく使用することが可能です。

おすすめ⑩I-O DATA RECBOX HVL-LS4

I-O DATA RECBOX HVL-LS4
I-O DATA RECBOX HVL-LS4

対応OS:Win10/8.1 macOS 10.3~10.15、 iOS 11~14、 iPad OS 13~14、 Android 6~10、 macOS 10.3~10.15

「RECBOX HVL-LS」シリーズは、録画した番組を家中のテレビで楽しむことができるハイビジョン録画ハードディスクです。テレビが変わってもRECBOXにダビングしてDTCP-IP対応のテレビで再生できるので、テレビが突然故障したり、買い替えたりしても、安心して保存できます。

おすすめ⑪I-O DATA HDL2-AAX2/E

I-O DATA HDL2-AAX2/E
I-O DATA HDL2-AAX2/E

容量/対応OS:2TB / Win10/8.1/7、Mac OS 10.12~10.15、iOS 11~13、Android 4.4~10

「HDL2-AAX/E」シリーズは、デュアルコアCPUを搭載し、読み取り最大226.6MB/sの超高速データ転送を実現した2ドライブモデルのネットワークHDD(NAS)です。

業務用NASに採用されているアイ・オー独自のデータ保護技術「エクステンデッド・ボリューム」を採用し、従来のRAID1のように1台のハードディスクが故障した場合に重要なデータを保護するだけでなく、2台のハードディスクが同時に故障した場合のリスクを低減します。

また、データを保持したまま容量を拡張できるなど、利便性と冗長性を高めています。さらに、必要な機能を追加できるパッケージ機能や、古いNASからの買い替え時に問題となりがちなデータ移行を容易にするデータコピー機能なども搭載しています。

おすすめ⑫I-O DATA HVL-RS3

I-O DATA HVL-RS3
I-O DATA HVL-RS3

対応OS:Win10/8.1 macOS 10.3~10.15、 iOS 11~14、 iPad OS 13~14、 Android 6~10
サイズ/重量:約215(W)×170(D)×38(H)mm/約850g

「RECBOX HVL-RSシリーズ」は、テレビで録画した番組を家中どこでも楽しめ、外出先でもスマートフォンやタブレットで見ることができるハイビジョン録画ハードディスクです。RECBOXにダビングすることで、DTCP-IPに対応したテレビであれば、異なるテレビでも番組を再生することができます。

おすすめ⑬QNAP TS-230

I-O DATA HVL-RS3
I-O DATA HVL-RS3

★2GB DDR4メモリ搭載
★スナップショットによる高速な障害復旧。

軽くて、静かで、多機能なTS-230は、初心者にぴったりのNASです。すべてのデジタルファイルをTS-230に保存・バックアップして、簡単にアクセス、同期、共有することができますし、重要なファイルのスナップショットを作成して保護することも可能です。

また、ホームエンターテインメントポータルを構築して、写真、音楽、ビデオを自宅や外出先の複数のデバイスにストリーミングすることもできます。

TS-230は、PCやスマートフォンなどの基本的なデバイスと同じように、ITユーザーにとっては必須ともいえるアイテムです。初心者向けかどうかにかかわらず、スナップショット保護機能を備えたNASは、ファイルの不用意な削除やマルウェアの攻撃からデータを守ります。

また、個人や家族の写真、音楽、ビデオを一箇所にまとめて保存したり、マルチメディアファイルを簡単に閲覧、整理、共有するといった使い方もできます。エレガントなベビーブルーのNASは、インテリア性を重視したNASをお探しの方にもおすすめです。

おすすめ⑭QNAP TS-451+

QNAP TS-451+
QNAP TS-451+

CPU:クアッドコアIntel Celeron J1900 2.0GHz (最大2.42GHz)
Memory:2GB SO-DIMM DDR3L

素材は、表面が滑らかなブラックプラスチックで、インジケーター部分に光沢のあるブラックを採用しています。背面には12cmの大型ファンを搭載しています。

RAID1は、2台のHDDに同時に書き込むことで、データの安全性と耐クラッシュ性を飛躍的に高めてくれますので、片側が破損しても、問題なく動作することができます。

また、動作中に電源を切らずにHDDを交換できる「ホットスワップ」にも対応しています。ファンは非常に低速で静かですので、夜中に動かしても音が気になりにくいのもポイントです。

おすすめ⑮QNAP TS-453Be-4G

QNAP TS-453Be-4G
QNAP TS-453Be-4G

CPU : Intel Celeron J3455クアッドコア1.5 GHz、最大2.3 GHz

TS-453Beには、メディアクリエイターやクリエイティブな専門家が作業効率やマルチメディア体験を向上させるための幅広い生産性ツールが用意されています。

スナップショットは、システムの状態とデータの完全な記録を行ってくれますので、誤ってファイルを削除したり変更したりしても、以前に記録したデータをすぐに復元できるので安心です。また、最大225MB/秒の読み取り/書き込み速度で信頼性の高いパフォーマンスを実現します。

PC・スマホ・テレビ録画などのデータをNASで快適に保存しよう

今回は、NASについてご紹介しましたが、いかがでしたか?個人用のNASは、録画した番組やビデオを家族で共有したり、外出先でコンテンツを楽しむのに活躍してくれます。一方、法人向けのNASは、一度に多くの人が快適に利用でき、セキュリティも高いメリットがあります。この記事を参考にして、自分に合ったNASを探してみてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。