引用:Rakuten

記事作成日:

ミニマリストにおすすめのマットレス8選!コンパクトに収納できる商品をご紹介!

ベッドは、部屋の中で大きなスペースを占める家具です。収納できるマットレスを使うことで、狭い部屋でも部屋のスペースを広げることができます。シンプルさを追求するミニマリストにとって、マットレスはもはやマストアイテム。しかし、これまでベッドで寝ていた方は、マットレスを床に直接引いて安眠できるのか、どんな商品が良いのか気になるところでしょう。今回はその点についてご紹介します。

ミニマリストのマットレスの選び方

「マットレスの種類が多すぎて、どれを選べばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。今回は、ミニマリストのためのマットレスの選び方を解説します。

選び方①コンパクトに収納できるか

ミニマリストにとって、収納しやすいことは必須条件です。例えば、ワンルームマンションを借りている場合、床面積が限られているので、できれば有効活用したいところです。そのため、圧迫感のあるベッドは排除し、起きているときに動けるスペースを確保する必要があります。

その点、三つ折りのマットレスであれば、起床時にさっと畳んで部屋の隅に収納できるので、部屋を効率的に使うことができます。フラットなタイプが苦手な方は、狭いスペースに縦に置くと、より広く生活できるでしょう。

また、三つ折りタイプは掃除がしやすく、N字型に自立するので、壁がなくても立てかけて掃除したり、窓際で陰干するのもラクチンです。

ちなみに、マットレスの中には丸めて収納できるタイプもあります。とはいえ、場所を取らないという意味では便利だとはいえ、ロールタイプは厚みの目安が3cm程度が多いので、薄すぎるという問題もありますので、よく考えるようにしましょう。

また、マットレスはどんなに厚くてもせいぜい10cm程度にとどめておくのがベストです。それ以上厚くなると、3つ折りにしたときに小さなタンスくらいの大きさになってしまいます。せっかくミニマムなデザインを目指していても、部屋の中で見苦しくなってしまうので、これは避けたいところです。

選び方②軽くて運びやすいか

また、重量が軽いことも大切なポイントです。マットレスが重いと、畳んだり、毎日上げ下げしたり、ベランダで天日干ししたりするのが面倒になります。そのため、扱いやすい軽量のマットレスを選びましょう。目安は6kg以下が良いでしょう。

軽ければ、屋外に持ち出して、テントマットやヨガマット、ジョイントマット、キャンプマットとして使うこともできます。

また、部屋になるべくモノを置きたくないミニマリストにとって、マットレスは毎日収納したい方が多いので、軽さは重要なポイントになります。重たいマットレスだと、毎日片付けるだけでも一苦労です。その点、軽いマットレスを選べば、ミニマリストの日々の負担を軽減することができます。

選び方③洗濯できるか

また、洗濯が可能かどうかもポイントになります。床に直置きするマットレスは、ベッドに比べて湿気がこもりやすいものです。湿気はカビの原因にもなるので、こまめに天日干しをしたり、風通しをよくしたりすることが必要です。

寝ている間にたくさん汗をかく方や、お子様やペットがいる方は、手洗いできるマットレスを選ぶことをおすすめします。マットレスは長年使用するものがほとんどです。

その点、洗えるマットレスであれば、中に入り込んだホコリやハウスダストも洗い流すことができ、いつまでも清潔な状態を保つことができます。アレルギー体質など敏感な方は、ぜひ押さえておきたいポイントです。

選び方④コスパが良いか

4つ目のポイントは、マットレスの価格です。マットレスは数千円の安いものから、10万円近くする高級品までさまざまです。最近では、安価でも十分に寝心地の良いマットレスもあります。

一方、高価なマットレスはへたりにくく、長い期間使用することができます。予算や使いたい年数に応じて、最適なマットレスを検討しましょう。

ミニマリストにおすすめのマットレス8選

ここからは、ミニマリストに最適なマットレスを、厳選しました。部屋になるべく物を置かず、必要最低限のものだけで生活するミニマリストには必見の商品ばかりですので、購入の際の参考にしてください。

ミニマリストにおすすめ①アイリスオーヤマ エアリーマットレス ハイグレード

アイリスオーヤマ エアリーマットレスハイグレード
アイリスオーヤマ エアリーマットレスハイグレード

【サイズ】 約95cm×約198cm×約9cm
【梱包サイズ】約97cm×約68cm×約28cm
【商品重量】 約7.8kg

ベッドでも床置きだけでも使える、厚さ9cmのボリュームのあるマットレスです。このマットレスは、表がニット生地、裏が爽やかなメッシュ生地になっていますので、冬場はニット面でふんわり暖かく、夏場はメッシュ面で通気性が保たれます。

ミニマリストにおすすめ②エアウィーヴ スマートZ01

エアウィーヴ スマートZ01
エアウィーヴ スマートZ01

床でも、畳でも、一枚敷で使える三つ折りマットレス。
三つ折りできるから、収納しやすく省スペース。

中材には厚さ8cmのエアファイバーを使用しており、適度な反発力でフローリングや畳の上に直接使用できるのが便利です。一年中快適に眠ることができます。

カバーとエアファイバー(中綿)は取り外して水洗いできるので、ご家庭でのお手入れも簡単です。折りたたみ式で3つ折りにして押入れなどに収納できるので、お部屋のスペースを有効活用できるのもポイントです。

ミニマリストにおすすめ③モットン 高反発 マットレス

モットン 高反発 マットレス
モットン 高反発 マットレス

【サイズ】シングル 厚さ100mm×幅970mm×長さ1950mm、製品重量:約7.5kg

一般的なウレタンフォームに比べ、汗や空気を上から下へ流れやすくする最先端の技術を採用し、発泡体を調整することで、さらに高い通気性を実現しています。

反発力は、欧米人に比べて筋力の弱い日本人が、より自然に寝返りを打てるように設計されているのが特徴です。また、商品にはクローズドパッチテストを実施し、「安全な製品」として分類されています。

汚れが気になる外カバーも取り外し可能なので、こまめに洗濯することができ、肌の弱い方でも安心してお使いいただけます。

ミニマリストにおすすめ④トゥーベスト 高反発 エアツリーマットレス

トゥーベスト 高反発 エアツリーマットレス
トゥーベスト 高反発 エアツリーマットレス

【サイズ シングル:約97×195cm】【素材 本体:ウレタンフォーム、内袋:ポリエステル100%、カバー:ポリエステル100%】

「tobest」は、快適な眠りを研究する寝具専門店です。高反発マットレスだけでも数多くの商品を販売しています。部分的な圧迫を防ぐため、頭と足のウレタンの内側だけをツリー状にカットし、沈み込みが負担になる腰部はあえてカットせずに自然な寝心地を追求した商品です。

商品を長く使って欲しいという思いから耐久性にもこだわっており、JIS規格の耐久性試験で、97.9%以上の回復率を実証しています。ホルムアルデヒドの品質試験にも合格しているので、赤ちゃんのいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

収納するときは、マットレスを丸めて側面のバンドで留めるだけで小さく固定できるので、あちこちに移動させるような使い方をする方にとっても便利です。

ミニマリストにおすすめ⑤エムリリー 優反発&高反発マットレス

エムリリー 優反発&高反発マットレス
エムリリー 優反発&高反発マットレス

【サイズ】幅97cm×奥行195cm×高さ11cm
【重量】約8kg

エムリリー独自の2層構造を生かし、上層には新素材「優瑠璃(スマートフォーム)」を採用したマットレスです。

新素材「スマートフォーム」は、低反発でも高反発でもない、独自の製法で生まれた次世代ウレタンフォームで、マシュマロのように柔らかく、体にフィットし、人肌のぬくもりのような優しい感触を実現しています。

寝ているときの姿勢は人それぞれで、質の良い睡眠をとるためには、寝姿勢を整えることがとても重要です。その点、このマットレスは体に順応し、優しい弾力性が筋肉に負担をかけずにスムーズな寝返りをサポートします。より快適な眠りを追求する方におすすめです。

ミニマリストにおすすめ⑥東京西川 エアー 01 マットレス

東京西川 エアー 01 マットレス
東京西川 エアー 01 マットレス

サイズ:8X97X195cm
本体重量:4.7kg

東京西川のエアマットレスは、睡眠中の身体をケアするために開発された特殊な立体交差構造マットレスです。表面に無数の凹凸がある特殊なウレタン素材を使用し、点で体を支える構造になっています。

また、マットレスは体圧を分散させる上層部と寝姿勢を支える下層部の特殊な立体構造になっているので、体全体をしっかりと支え、バランスの良い寝姿勢を維持してくれます。

ウレタン素材といえば通気性が悪いという欠点が挙げられがちですが、東京西川のエアマットレスは通気性を促進する構造になっているので、湿気や汗がたまる心配はありません。

ミニマリストにおすすめ⑦マニフレックス メッシュウィング

マニフレックス メッシュウィング
マニフレックス メッシュウィング

サイズ:約97×198×11cm
本体重量:約7㎏

多くのリピーターに愛されるマニフレックスのベストセラーマットレスは、日本の環境とライフスタイルに合わせて作られた日本限定の高反発三つ折りマットレスです。

メッシュウィングの最大の特徴は、横になったときに腰の一点にかかりがちな荷重を分散し、体全体の面で受け止め、朝まで維持することです。これを可能にしたのが、高密度・高反発フォーム「エリオセル」です。

テレビ東京系ニュース番組で東急ハンズ全店の売れ筋マットレスとして紹介されたこともある、日本一売れているマットレスです。畳やフローリング、ベッドの上でも使用可能です。

ミニマリストにおすすめ⑧GOKUMIN マットレス 三つ折り 敷布団

GOKUMIN マットレス 三つ折り 敷布団
GOKUMIN マットレス 三つ折り 敷布団

製品サイズ:約97×195×10cm
製品重量:約6.5kg

「GOKUMIN プレミアムグランマットレス」はどのタイプのウレタンマットレスも、マットレスの耐久性を左右する超高密度34Dを採用しています。そのためヘタリにくく、優れた耐久性を誇ります。また、マットレス自体に竹炭を練り込んでいるので、調湿・消臭効果に優れています。

多くの国際規格に準拠した工場で、ひとつひとつ丁寧に作られていて、安心してお使いいただける低ホルムアルデヒド仕様です。カバーは取り外して洗濯機で洗うことができるので、いつでも清潔に使えるのがポイントです。

軽くて収納性の高いマットレスを選ぼう

マットレスは、毎日の生活の中で睡眠の質を左右するとても大切なものです。収納力と寝心地を兼ね備えたマットレスが見つかれば、部屋は広く、睡眠は快適にという2つの理想的な生活を手に入れることができます。マットレスの買い替えを検討している方、初めてマットレスを購入する方は、ぜひこの記事を参考に、新しいマットレスライフを始めてみてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。