引用:Amazon

記事作成日:

車中泊におすすめの車中泊マット10選!選び方のポイントをご紹介!

新しい生活様式が求められる今の時代、キャンプとともに人気を集めているのが車中泊です。しかし、狭い車の中ではゆっくり休むことはなかなかできません。そんな時に活躍するのが車中泊マットです。この記事では、車中泊マットの選び方やおすすめの車中泊マットを厳選してご紹介していくので、興味のある方はぜひご覧ください。

車中泊マットは睡眠をサポートする便利アイテム!

 

キャンプや車中泊といったアウトドアレジャーは密が避けられることから近年注目を浴びています。中には座席がフラットになる車もありますが、段差や隙間ができるため、快適な睡眠をとるのが難しいといった難点があります。

そんな悩みを解決してくれるのが、車中泊マットです。車内に車中泊マットを敷くだけで、快適な睡眠へとサポートしてくれます。

車中泊マットの選び方

しかし、車中泊マットには様々な種類があり、何を基準に選べば良いのか分からないという方も多いはずです。ここでは、車中泊マットの選び方のポイントをチェックしていきましょう。

選び方①膨らませ方は「手動式」と「自動膨張式」

車中泊マットには、浮き輪などのようにエアーポンプや息を使って膨らませる「手動式」とバルブを開けると自動で空気が入る「自動膨張式」の2つのタイプがあります。手動式は、膨らませるのにやや手間がかかりますが、空気の量を調整することで好みの厚さや硬さに調整できるといったメリットがあります。

自動膨張式は、エアーポンプを用意する必要がなくバルブを開くだけで簡単に膨らませることができます。しかし、手動式と比べるとややかさばるといった難点があります。それぞれ、メリット・デメリットがあるので自分の目的にあったタイプを選ぶようにしてください。

選び方②凹凸をカバーできる厚み

座席の仕様は車の種類によって様々で、座席がフラットになるタイプの車でも、車内は意外と凸凹しています。薄いタイプのマットだと段差がカバーできないので、できるだけ厚みのあるタイプを選ぶようにしましょう。

できれば、8cm以上の厚みがあるマットがおすすめですが、5cm以上の厚みがあれば、車内の凹凸をある程度カバーできます。

選び方③収納時のサイズも考慮

車中泊マットを選ぶときは、収納時のサイズにも注意しましょう。マットの厚みがあればより快適に過ごせますが、厚みがあるタイプは嵩張るといった傾向があります。

キャンプや車中泊といったアウトドアレジャーの場合、荷物が多くなるので、できるだけコンパクトに収納ができ持ち運びが楽にできるタイプを選ぶようにしてください。

車中泊マットは軽自動車にも使うことができる?

では、車中泊マットは軽自動車にも使うことができるのでしょうか?ワンボックスタイプの軽自動車で、床が平らにできるものなら様々なマットを合わせることができます。

しかし、座席がある状態で車中泊マットを使用するとなるとしかっりとした厚みが必要になります。すべての条件を満たすのは難しいかもしれませんが、ある程度条件を絞れば軽自動車でも快適に過ごせる車中泊マットが見つかるはずです。

車中泊におすすめの車中泊マット10選

ここまでは、車中泊マットの選び方や車中泊マットは軽自動車にも使えるかについてまとめてきました。ここからは、車中泊におすすめの車中泊マットを厳選してご紹介していくので一緒チェックしていきましょう。

車中泊マット①FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚

FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚
FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚
本体サイズ : (約)60cm×188cm×10cm ※収納時 : (約)φ28cm×68cm ウレタンサイズ : (約)54cm×182cm×10cm 重量 (約)2.7kg

おすすめの車中泊マット1つ目にご紹介するのは「FIELDOOR 車中泊マット 10cm厚」です。高密度ウレタンフォームを使用した自動膨張式にマットレスで、空気の出し入れをスムーズに行うために、大型の二重バルブが搭載されています。汚れてもサッと拭き取れる生地なのでお手入れが楽にできところや2つ並べて連結できるところがポイントです。

【基本情報】

サイズ 本体サイズ:60×188×10cm
収納サイズ:Φ28×68cm
重量 2.7kg
材質 ポリエステル・高密度ウレタンフォーム
タイプ 自動膨張式

車中泊マット②WAQ 車中泊マット 厚手 8cm

WAQ 車中泊マット 厚手 8cm
WAQ 車中泊マット 厚手 8cm
厚手の8cmで車内の段差や地面のデコボコを解消

おすすめの車中泊マット2つ目にご紹介するのは「WAQ 車中泊マット 厚手 8cm」です。車中泊だけでなくキャンプでも活躍する、自動膨張式の車中泊マットです。バルプを開いてから、約3分で使用できる手軽さがポイントです。

滑り止め&耐水加工が施してあるほか、2枚以上連結して使用ができます。セレナ・フリード・ノア・エルグランドといったミニバンの使用に適しています。

【基本情報】

サイズ 本体サイズ:縦190×幅65×厚み8cm
収納サイズ:縦65×幅20cm
重量 2.5kg
材質 PVC75D・ひし形打ち抜きウレタンフォーム
タイプ 自動膨張式

車中泊マット③アイリスプラザ 車中泊 マットレス 厚3cm

アイリスプラザ 車中泊 マットレス 厚3cm
アイリスプラザ 車中泊 マットレス 厚3cm
厚3cm 長180cm

おすすめの車中泊マット3つ目にご紹介するのは「アイリスプラザ 車中泊 マットレス 厚3cm」です。マットと枕が一体型になった(枕は自動膨張しません)車中泊マットです。

弾力のある高密度ウレタンが使われているので、寝がえりが打ちやすく長時間使用しても疲れにくいところがポイントです。また、息を吹き込めば硬さの調整ができます。

【基本情報】

サイズ 本体サイズ:幅190×奥行65×高さ3.8cm
収納サイズ:直径17×高さ17
重量 1.3kg
材質 ポリエステル 190T・ウレタン
タイプ 自動膨張式

車中泊マット④コールマン エアーマット シングルIII

コールマン エアーマット シングルIII
コールマン エアーマット シングルIII
使用サイズ:約63×195×5(h)cm 収納時サイズ:約15×70cm 重量:約1.8kg

おすすめの車中泊マット4つ目にご紹介するのは「コールマン エアーマット シングルIII」です。総合アウトドアメーカーとして知られるコールマンの車中泊マットで、マット側面のスナップボタンで連結すればダブルサイズに変更できます。

マットの膨らみが足りない時は、付属の収納ケースを使って空気を送ることができます。持ち運びに便利な収納袋も付いています。

【基本情報】

サイズ 使用サイズ:63×195×5(h)cm
重量 1.8kg
材質 ポリエステル・ポリウレタンフォーム
タイプ 自動膨張式

車中泊マット⑤モダンデコ 車中泊 エアーマット

モダンデコ 車中泊 エアーマット
モダンデコ 車中泊 エアーマット
本体…約 幅132×奥行き192×厚さ5cm 収納時…約 幅20×高さ68cm

おすすめの車中泊マット5つ目にご紹介するのは「モダンデコ 車中泊 エアーマット」です。自動膨張式のエアーマットで、マットの上部にはエアピローが付いているので、まくらを持っていく必要がありません。

表面になめらかでしっとりした肌触りのスエード調生地を使用することで快適な睡眠へと導いてくれます。また、裏面には摩擦に強く破れにくいポリエステル生地が採用されているので、長く使うことができます。

【基本情報】

サイズ 使用サイズ:幅132×奥行192×厚さ5cm
重量 3.5kg
材質 ポリエステル・高密度ウレタンフォーム
タイプ 自動膨張式

車中泊マット⑥Ceme 車中泊 ベッド SUV MPV

Ceme 車中泊 ベッド SUV MPV
Ceme 車中泊 ベッド SUV MPV
本体サイズ:長さ142×幅88×高さ45cm、収納サイズ:28×33×13cm 重量:2.4kg

おすすめの車中泊マット6つ目にご紹介するのは「Ceme 車中泊 ベッド SUV MPV」です。肌触りの良い起毛PVC生地を採用した、手動式の車中泊ベッドです。分離可能なインフレータブル式の枕が付いているので、快適な時間が過ごせます。

車のサイズによって調整可能で、空気を抜けばコンパクトに収納できます。SUVやMPVなど様々な車に適用します。エアポンプが付属しているところがポイントです。

【基本情報】

サイズ 使用サイズ:長さ142×幅88×高さ45cm
収納サイズ:28×33×13cm
重量 2.4kg
材質 PVC生地
タイプ 手動式

車中泊マット⑦クイックキャンプ 車中泊マット 8cm

クイックキャンプ 車中泊マット 8cm
クイックキャンプ 車中泊マット 8cm
展開サイズ : 約201×70×8cm(ボタン部分含む) 収納サイズ : 約20×65×20cm 重量 : 約2.5kg

おすすめの車中泊マット7つ目にご紹介するのは「クイックキャンプ 車中泊マット 8cm」です。2つの特大バルブを搭載した自動膨張式の車中泊マットです。

高反発のウレタン素材が使われており、2枚以上連結して使うことができます。ダークグレーカラーはどんな車内にも馴染みます。車中泊マットしての利用はもちろん、急な来客や防災用マットしても活躍します。

【基本情報】

サイズ 使用サイズ:201×70×8cm
収納サイズ:20×65×20cm
重量 2.5kg
材質 75Dポリエステル・PU・ABS樹脂
タイプ 自動膨張式

車中泊マット⑧MIGHTYDUTY 車中泊マット SUV MPV

MIGHTYDUTY 車中泊マット SUV MPV
MIGHTYDUTY 車中泊マット SUV MPV
展開サイズ:175*130*10cm、収納サイズ:33×28×13cm

おすすめの車中泊マット8つ目にご紹介するのは「MIGHTYDUTY 車中泊マット SUV MPV」です。エアーマット×1・マットレス×2・枕×2・電動ポンプ・収納袋がセットになった車中泊マットです。空気の入れ口が6箇所に分かれているので、空気の入れ方次第でいろいろな車種に対応可能です。

汗をかいてもベタ付かず、耐寒性にも優れているので様々な季節で使用できます。二つの独立サポートエアクッションは、中が空洞になっているのでちょっとした小物を収納するのに便利です。

【基本情報】

サイズ 使用サイズ:175×130×10cm
収納サイズ:32×28×13cm
重量 3.96kg
材質 起毛タイプPVC
タイプ 手動式

車中泊マット⑨ZHBBRT 車中泊マット 厚手9cm

ZHBBRT 車中泊マット 厚手9cm
ZHBBRT 車中泊マット 厚手9cm
長さ200cm×横幅68cm×厚さ9cmのエアマットはわずか26cm×12cmの収納サイズ

おすすめの車中泊マット9つ目にご紹介するのは「ZHBBRT 車中泊マット 厚手9cm」です。エアーポンプがマット本体に内蔵された車中泊マットです。空気は簡単に抜くことができ、コンパクトに収納できるので持ち運びにも便利です。

バランスよく体を支える、ハ字型設計で快適睡眠へと導きます。連結ボタン付きで複数のマットが連結できるほか、透湿性にすぐれているところもポイントです。

【基本情報】

サイズ 使用サイズ:W68×D200×H9cm
収納サイズ:12×26cm
重量 850g
材質 40Dナイロン・TPUコーティング
タイプ エアーポンプ内蔵

車中泊マット⑩Berocia SUV車中泊エアマット

Berocia SUV車中泊エアマット
Berocia SUV車中泊エアマット
フルサイズ:70.86 * 50.4 * 4.7インチ。折りたたんだサイズ:11.8 * 9.84 * 4.7インチ

おすすめの車中泊マット10こ目にご紹介するのは「Berocia SUV車中泊エアマット」です。ヴォクシー・アルファード・ハイエースなどのSUV車に対応した手動式の車中泊エアマットです。

車内での使用はもちろんキャンプや急な来客の簡易ベッドとしても活躍します。人間工学に基づいた波の設計がしっかり体を支えて、快適な睡眠へと導いてくれます。

【基本情報】

サイズ 使用サイズ:70.86×50.4×4.7インチ
収納サイズ:11.8×9.84×4.7インチ
重量 3.13kg(梱包重量)
材質 PVC素材
タイプ 手動式

車中泊マットで快適な寝心地を手に入れよう!

キャンプや車中泊といったアウトドアは、密が避けられるレジャーとして近年注目を浴びています。今回は、快適な睡眠をサポートする車中泊マットの選び方とおすすめの車中泊マットを厳選してご紹介しました。ここでご紹介したことを参考に、自分の車にあった車中泊マットを見つけて快適な寝心地を手に入れましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。