記事作成日:

仕事がつまらないは当たり前じゃない!つまらないと感じる原因と解決策は?

仕事は生活をしていく上で必要不可欠なものですが「やりがいを感じない」という方も少なくありません。この記事では、仕事がつまらないと感じる原因と仕事がつまらないと感じる時の解決方法をご紹介しています。また、仕事がつまらないいと感じる時のNG行動についてもまとめているので、興味のある方は参考にしてください。

誰もが仕事がつまらないと感じている?

人はなぜ仕事をするのでしょうか?それは生活をするためです。多くの方は働いた対価としてお給料をもらい、それを元に生活しています。「働かずに生活をしていける」という方はほどんどいないはずです。生きていく上で『仕事』は必要不可欠なものであるため、つまらなくても仕方ないと思っている方も多いでしょう。

しかし生活費を稼ぐためだけでなく、社会貢献がしたい・スキルアップしたい・人のためになる仕事がしたいなど、働くことに生きがいを感じている方もたくさんいます。ここでは、仕事がつまらないと感じる原因や仕事がつまらないと感じる時の解決方法をまとめていくので、興味のある方はぜひご覧ください。

仕事がつまらないと感じる原因

仕事に生きがいや魅力を感じている方がいる一方で、「仕事にやりがを感じない」「仕事がおもしろくない」と思っている方も多くいらっしゃいます。では、仕事がおもしろくないと感じる原因はどこにあるのでしょうか?ここでは、仕事がつまらないと感じる原因についてチェックしていきましょう。

原因①頑張っても正当な評価をされない

仕事がつまらないと感じる原因1つ目は「頑張っても正当な評価をされない」です。人は「努力したことを認めてもらいたい」と思うものです。頑張ったことに対して正当な評価をもらえると、達成感を感じるだけでなく、次の仕事への励みにもなります。

もちろん、仕事である以上努力しただけでは認められないこともたくさんあります。たとえば、営業職なら努力をしても数字を上げられなければ、認めてもらうことは難しいでしょう。

しかし一生懸命仕事に取組み、結果を残したのにも関わず正当な評価がもらえないと、やる気がなくなり仕事自体に面白みを感じなくなるのは当然と言えます。

原因②希望していた部署に入れなかった

仕事がつまらないと感じる原因2つ目は「希望していた部署に入れなかった」です。総務部を希望したのに経理部に配属された、事務職希望で入社したの営業職になってしまった、など自分の希望していた部署に入れないことは当然あります。

その部署で自分の力を発揮できれば良いのですが、性格的にそこの部署が合わないことも少ないありません。また、自分のやりたかった仕事内容と違っているとマイナスな気持ちが発生しやる気をなくしてしまいます。

はじめから希望の部署に配属されるとは限りませんが、その部署で自分の場所がみつけらるか、「次のステップにつながる」と気持ちを切り替えられるかが重要になるようです。

原因③人間関係が上手くいっていない

仕事がつまらないと感じる原因3つ目は「人間関係が上手くいっていない」です。学校生活でも気の合う人と合わない人がいるように、会社内でも気の合う人合わない人がでてきます。

先輩後輩があるとはいえ学生の場合、対等な関係であることがほとんで気の合わない人とはある程度距離をおくこともできます。しかし仕事関係の人となると、たとえ気の合わない相手でも付き合わなくてはなりません。

特に大きな影響を与えるのが上司との関係です。上司との関係が上手く築けていれば、重要な仕事を任せられる・正当な評価をもらえるといったことが期待できます。しかし、上手く関係が築づけていないと仕事がもらえない・成果を認めてもらえないということも考えられます。

また、たとえ同期であっても仲間ではなくライバル関係になることもあります。お互い切磋琢磨していけるライバル関係なら良いのですが、出世争いなどで関係が悪くなることもあるのです。仕事が辛くても、信頼できる上司や仲間がいれば耐えることもできますが、人間関係が上手くいっていないと、仕事がつまらないと感じてしまうのです。

原因④結果を出せてない

仕事がつまらないと感じる原因4つ目は「結果を出せていない」です。経理部や総務部といった部署で働いている場合、「結果が目にみえる」ということあまりありません。しかし、営業職の場合その結果が数字として表されることになります。

毎月の営業成績が貼り出されたり、成績優秀者は表彰されたりすることもあります。そのため、結果を出せていないことを周囲にも知られてしまい、この部署に自分は必要ないのかもしれないと自信をなくしてしまうこともあるようです。

原因⑤給料に不満がある

仕事がつまらないと感じる原因5つ目は「給料に不満がある」です。人は生活をしていくために働いていて、働く対価としてもらえるのがお給料です。多少仕事が大変でも納得のいくお給料をもらっていれば、これだけもらっているんだから仕方ないと割り切ることもできます。

しかし、『いくら働いても給料が上がらない』『頑張って働いた分が給料に反映されない』『残業代がでない』『給料が周りと比べると安い』など給料に不満があると、働く意欲がなくなるのは当然と言えます。

仕事がつまらないと感じる時の解決法

仕事がつまらないと感じる原因はいくつかあります。では仕事がつまらないと感じる時どのように解決すればい良いのでしょうか。ここからは、仕事がつまらないと感じる時の解決法をご紹介していきます。

解決法①信頼できる上司や人事に相談する

仕事がつまらないと感じる理由が、希望していた部署に入れなかった・給料に不満があるといった理由なら「信頼できる上司や人事に相談してみる」のも良いでしょう。

相談するときは文句や愚痴にならないように注意しましょう。『自分がなぜその部署にいきたいのか』『そこでどんなことやりたいのか』『自分はどれだけの功績を残したのか』などを要求を明確に伝えるのがポイントです。

また、困ったときにいつでも相談できるように普段から真剣に業務の取り組み、信頼関係を築いておくことも大切です。すぐの解決は難しくても、良い方向に進むはずです。

上司や人事に相談できな場合は、同僚や友人・家族に相談してみましょう。特に、友人や家族なら親身なって話を聞いてくれるはずです。人に話を聞いてもらうことで、気持ちが落ち着くこともあります。

解決法②思い切って休みをとる

忙しくて自分の時間がない・体が疲れているなどの理由から、仕事がつまらないと感じているなら「思い切って休みをとる」のも良いでしょう。

なかなか有給が取れないという場合でも、思い切って少し長めの休みをとってみましょう。仕事のことを忘れて、ゆっくりとした時間を過ごすことで気持ちを切り替えられるかもしれません。

解決法③仕事へのアプローチを変えてみる

新人でもできるような単純作業ばかりを行っていると、「つまらない、もっと責任のある仕事がしたい」と思うこともあるでしょう。そんな時は、仕事へのアプローチを変えてみるのも良い方法です。

まずは与えられた仕事の効率化を図ってみましょう。あなたの工夫次第で、作業時間の短縮や作業内容の向上が狙えるかもしれません。与えられた仕事を坦々とこなすことも大切ですが、前向きな姿勢をみせることで次のステップへと繋がるはずです。

解決法④仕事以外で夢中になれることを見つける

仕事以外に夢中になれることを見つけるのも、解決方法のひとつです。旅行や映画鑑賞・ライブ観賞・スポーツをするなど、なんでも構いません。自分にあった趣味を見つけてください。

次○○に行くために仕事を頑張ろう・これが終われば○○ができる・明日は○○があるから仕事を早く終わらようなど、プライベートを充実させることで仕事への意力もわいてきます。

解決法⑤小さなことでも目標を立ててみる

仕事がつまらないと感じたら「小さなことでも目標を立ててみる」のもおすすめです。無理に大きな目標を立てる必要はありません。「入力ミスをゼロにする」「無駄な残業時間を減らす」「笑顔で接客する」など自分が達成できる目標をひとつひとつこなしていくことで、前向きになれるかもしれません。

仕事がつまらないと感じる時のNG行動

ここまでは、仕事がつまらないと感じる時の解決方法についてまとめてきました。ここからは、仕事がつまらないと感じる時のNG行動をご紹介していくので一緒にチェックしていきましょう。

NG行動①無断で仕事を休む

仕事がつまらないと感じる時のNG行動1つ目は「無断で仕事を休む」です。いくら仕事がつまらないからといって、無断で会社を休むのは社会人としてやってはいけない行為です。

無断欠勤は会社からの信用をなくすだけでなく、自分の居場所がなくなったり査定に影響がでたりと良いことはひとつもありませんし、一度サボりぐせが付くとなにか「嫌なことがあった時は仕事を休めば良い」と考えるようになります。

また、出社していても手を抜いて仕事をする行為はサボりとみられることもあります。無断で仕事を休んだり仕事の手を抜く行為は、あなた自身のプラスにはならないのでやめるようにしましょう。

NG行動②同僚や部下に愚痴をこぼす

仕事がつまらないと感じる時のNG行動2つ目は「同僚や部下に愚痴をこぼす」です。頑張っても正当な評価をされない・給料に不満があるなど会社での話は、社内の事情が分かる同僚や部下に聞いてもらいたいものです。

しかし、同僚や部下に愚痴をこぼすのは避けるようにしましょう。なぜなら、同僚や部下に話してもその問題が解決する可能性は低いからです。

あまり愚痴ってばかりいると、あなたの信用がなくなるだけでなく、同僚や部下からあなたのこぼした愚痴が上司に伝わることもあるかもしれません。

ひとに話を聞いてもらうと一時的に気持ちは収まりますが、何の解決にもならないので同僚や部下に愚痴をこぼすのはやめてくだい。どうして聞いてもらいたい愚痴があるなら、家族や仕事とは関係のない友人に聞いてもらうと良いでしょう。

NG行動③そのままの状態で続ける

仕事がつまらないと感じる時のNG行動3つ目は「そのままの状態で続ける」です。仕事である以上、多少つまらないと感じたり嫌なことがあったりしても、すぐに辞めることできません。

しかし、目標も立てられず前向きに慣れない状態が長く続くならそのまま働き続けるのはおすすめできません。真面目に働いているつもりでも、「仕事がつまらない」と思いながら働いているとその思いは周囲にも伝わります。

また、無理に働いていることで自分の成長できる可能性を逃してしまう可能性もあります。スキルアップを目指すなら、そのままの状態で続けるのではなく一歩先に目を向けてみましょう。

NG行動④無理に楽しもうとする

仕事がつまらないと感じる時のNG行動4つ目は「無理に楽しもうとする」です。無理に仕事を楽しもうとする行動は効果的にみえますが、あまり良いとは言えません。

前向きになろうとするのが悪いわけではありませんが、自分の気持ちに嘘をついて頑張っていると余計につらくなることもあります。もちろん、気持ちを切り替えることで良い方向に進む方もいますが、無理をしすぎるとストレスが溜まり、うつ病などを引き起こす可能性があるので注意してください。

仕事がつまらない状態が解決しない場合は転職も

では、仕事がつまらない状態が解決しない場合はどうしたら良いのかを考えていきましょう。信頼できる上司や人事に相談したり仕事へのアプローチを変えてみたりといろいろな行動を起こしても、仕事がつまらない状態が解決しないこともあります。

できる限りの努力をしても状況が改善されないなら、転職を考えてみるのもひとつの方法です。自分に合った仕事に就くことで前向きになれるかもしれません。ただし、転職したからといって必ず状況が良くなるとは限らないことは頭に入れておきましょう。次の会社でどうなるかはあなたの努力次第です。

転職の仕方が良く分からないという方は「転職エージェント」を活用してみるのも良いでしょう。転職エージェントとは、転職を考えている方に希望にあった仕事を紹介するなど、仕事選びから入社までをバックアップしてくれるサービスです。

転職サービスは様々な業者が行っているのでまずは自分の条件にあったサービスを探してみましょう。そういったサービス利用することで、より良い会社に出会えるかもしれません。

仕事がつまらない状態は自分次第で解決できる

仕事は生活をしていく上で必要不可欠なものです。働くことが楽しくて仕事が生きがいという方もいますが、仕事がつまらないと思いながら働いている方も多いことでしょう。

今回は、仕事がつまらないを感じる原因や仕事がつまらないを感じる時の解決方法について解説するとともに、仕事がつまらないと感じる時のNG行動についてまとめてみました。仕事がつまらない状態は自分次第で解決できるかもしれません。ここでご紹介したことがそのお役に立てれば幸いです。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。