記事作成日:

人間嫌いの原因や特徴は?克服方法を徹底解説!

人付き合いに悩んだ時、そもそも人間が嫌いだと考えたことはありませんか?「人間嫌い」だと自覚していても、すぐに克服するのは非常に難しいです。また、自分の身近にいる人が人間嫌いなのでは?と感じたことがある方もいることでしょう。そこで今回は人間嫌いの原因と特徴、克服方法を解説していきます。人間嫌いな方でも働きやすい仕事もご紹介しますので、併せてチェックしてみてください。

人間嫌いなのは悪いこと?

自分が「人間嫌い」という自覚を持っている方は、改善する努力をすべきなのか悩んでしまうかもしれません。まずはじめに、そもそも人間嫌いとはどういう意味を持つのか、生きていくうえで支障が 出るのかどうか見ていきましょう。

人間嫌いってどういう意味?

人間嫌いとは、「人との関わり合いを嫌う人」「人と関わりあうのを嫌う性格の人」のことです。あくまで他人とコミュニケーションを取るのを嫌ったり、苦手意識を抱いている人を指し、一人で行動することが平気な人は該当しません。

人間嫌いは悪いことではないがデメリットが多い

人間嫌いな性格はあくまでも「個性」であり、悪いことではありません。しかし、人間嫌いな性格だと、人と一緒にいることを苦痛に感じたり、ちょっとした世間話や仕事で必要な話さえもしたくないと考えていることが多いです。

社会生活を送るうえで人と接することは避けられない場合が多いですが、人間嫌いな性格だと円滑なコミュニケーションが取れないことが多くなります。そのほか、以下のようなデメリットが起こりやすくなります。

【人間嫌いが引き起こすデメリット】

  • 人と一緒にいると疲れてしまう
  • 飲み会や同窓会などの集まりが苦手
  • 悩み事があっても人に相談できない
  • 他の人の意見が聞けないので視野がせまくなりがち
  • 大人数でいるときに孤立しがち

人間嫌いという性格を持った人が悪い訳ではありませんが、このように思わぬところでデメリットを感じやすくなります。

人間嫌いな人に共通する5つの特徴

自分自身や身近な人が人間嫌いなのではないかと感じている場合、人間嫌いな人が具体的にどのような特徴を持っているのか気になることでしょう。ここでは、人間嫌いな人に共通する特徴を解説していきます。

特徴①集団行動が苦手で1人を好む

人間嫌いな人は、集団行動が苦手であることが多いです。大人数で行動をする時は、人とコミュニケーションを取る必要があるため、人間嫌いの人にとってはストレスになります。しかし、学生であれば遠足や修学旅行をはじめとする学校行事、社会人は研修や社員旅行、歓送迎会など多くの場面で集団行動をする機会が訪れます。

人間嫌いの人は、いざ集団行動をしても進んで輪の中に入ろうとしないので、孤立が深まってしまうことにつながるのです。そういったことが続くと、1人でいる方が楽だと感じてしまい、結果的に1人でいることを好むようになると考えられます。

特徴②自分に自信が持てない

自分に自信が持てなくて人との関わりを遠ざける人もいます。外見や内面に何らかのコンプレックスがあって自分に自信を持てないでいると、他人に嫌われるイメージだけが膨らんで人と関わることをやめてしまうのです。

たとえ相手が何とも思っていなくても、「自分とは仲良くなってくれないだろう」「そっけなくされたらどうしよう」というようにネガティブな考えばかりが頭に浮かんでしまいます。この苦手意識が結果的に人間嫌いにつながると考えられます。

特徴③他人に興味がない

人間嫌いな人は他人に興味がなく、「人は人、自分は自分」という割り切って生きていることが多いです。また、人の話を聞いたとしても、相手に興味がないので頭に入っていないことが多いのも特徴です。

言い換えれば「人に依存していない」「自分のことで精一杯」とも言えますが、そもそも他人に興味がないため、他人の話を聞く時間がもったいないと感じてしまうのです。

人と関わることがなければ一人でいることが多くなり、たとえ新しい環境になっても 同じことを繰り返してしまいがちです。

特徴④悩みごとがあっても自己完結する

人間嫌いの人は、悩みを人に打ち明けたり、相談することがありません。他人に自分の弱さを見せると相手にどう思われるかが気になり、ネガティブな深読みをしてしまうのです。

また、基本的に人のことを信用していないので、自分が抱えている悩みを打ち明けると弱みを握られたような気分になってしまうため、悩み事があっても自己完結しがちです。

素直に人に甘えられないので、自分の話を聞いてもらったり、助けてもらったら、相手に借りを作ってしまったように感じてしまうのも人間嫌いな人の特徴と言えるでしょう。

特徴⑤プライベートを話さない

他人に自分の話をしないのも人間嫌いな人の特徴です。他人に自分のことを知られるのを嫌い、たとえプライベートなことを聞かれたとしても受け流したり、はぐらかすことが多いです。

そういったことが続くと、話しかけられること自体が減っていきますが、人間嫌いの人はその方が気楽だと捉えます。それどころか、人のことをずかずかと聞いてくる人にプライベートな話をしなくて済むように距離を置いて接するのも人間嫌いな人の特徴と言えるでしょう。

人間嫌いになってしまうのは何が原因?

人間嫌いになってしまうのは、明確なが原因あるのかどうか気になりますよね。ここでは、人間嫌いを引き起こす原因を解説していきます。

原因①裏切りや嫌がらせなどトラウマになるような経験

過去のいじめや裏切りなどの辛い記憶を持っている人は、人嫌いになることがあります。周りから受け入れられなかった経験があると、人と関わるメリットを感じられなくなるのです。

「人と関わったって、ろくなことが起きない」「仲良くなっても裏切られる」と思っていると、人と接することから遠ざかるようになると考えられます。

原因②内向的な性格

内向的な性格の人は、自分に自信が持てず、自己主張をするのが苦手です。そんな内向的な性格の人は、人間関係がうまく築けないことがあると「自分は人に受け入れてもらえない」と決めつけ、さらに人間嫌いを深めてしまいます

内向的な人は自分のことを話すのが苦手で人に心を開くのに時間がかかりますが、聞き上手で観察力が高いといった良い面をたくさん持っています。自分が内向的だと感じている方は、少なからず人間嫌いの原因になっていることを頭に置いておくと良いかもしれません。

原因③幼少期の愛情不足

幼少期に周囲からの愛情を十分に受けずに育った人は、他人への不信感が強くなる傾向があります。また、身近な人からの愛情をうけずに育つと自己肯定感がしっかりと構築されないため、他人への肯定感も低くなってしまいます。

他人を認められなくなると一人でいる方が楽だと感じるようになるため、人間嫌いが増すのは当然のことです。また、人間不信の人は、「人と仲良くなっても、もしかしたら嫌な思いをするかもしれない」と警戒し、人と関わるのを遠ざけてしまいます。

原因④人の欠点に気づきやすい性格

人間嫌いの人は観察力が長けているので、他人の性格や行動を冷静に見ています。そして、ちょっとしたことでもネガティブに受け取ってしまうことがあります。

他の人にとっては何とも思わない事でも無意識に他人のあら探しをしてしまうため、さらに苦手意識を高めてしまう原因になってしまいます。人の欠点ばかり探すのをやめたい場合は、「お互いさま」の気持ちを持つのがおすすめです。

人間嫌いを克服するにはどうしたらいい?方法を紹介

周りに馴染めないからといって「自分はダメな人間だ」と思う必要はありません。ここでは人間嫌いを克服するための方法を解説していきます。

克服方法①「人は人、自分は自分」と考える

周りからの評価が気になってしまうタイプの人は、自分をよく見せようとする傾向があります。それが癖になると人付き合いに疲れてしまい、人間嫌いに陥りがちです。

そのため、まずはみんなに好かれようとするのはやめて、「人は人、自分は自分」と割り切りましょう。そして、そもそも性格や価値観が異なる人と合わないのは当然だと考えることが大切です。

克服方法②無理をしてまで相手を好きになろうとしない

当然のことながら、誰しも苦手な人や相性が悪いと感じる人はいるものです。人間嫌いな性格の方にとっては、他の人たちは人間関係が順調かのように見えるかもしれませんが、実際には合わないと感じながら接しているということも多くあります。

そのため、無理をしてまで相手を好きになる必要はないと言えるでしょう。人間嫌いではない人でさえ合わないと感じる人はいるのに、人間嫌いの人が無理に苦手な相手を好きになろうとすると、ますます人間嫌いを悪化させることにつながってしまいます

もし、苦手だと思う人がいる場合は適度に距離を保ちながら接するようにし、少しでも相手の良いところを見つけるようにすると良いでしょう。

克服方法③コミュニケーション力のある人と交流する

もし、人間嫌いを克服したいと思っているのであれば、コミュニケーション上手な人と交流してみましょう。最初は難しいかもしれませんが、社交的な人がどのように会話をしているのか観察し、自分にできそうなことは取り入れてみてください

人との接し方はもちろん話題の振り方や受け答えなどを真似してみると、徐々にコミュニケーションの取り方のコツがつかめてくるかもしれません。

克服方法④周囲の人間に期待しない

人に期待をして、自分の思い通りにならないと、「なんで○○してくれないんだろう」といった不満がつのるものです。しかし、人に期待をしなければガッカリすることも不満を持つこともなくなります

不要なストレスや不信感を増やさないためにも、親しい関係であっても人に期待をするのはやめるように心掛けてください。そうすることで人間関係の悩みの種がひとつなくなると言えるでしょう。

それでも人間が嫌い&怖い…人との関割が少ない仕事はある?

「人間嫌いを克服できるまでに時間がかかりそう」「コミュニケーションをとるのが苦手だけど、できるだけ快適に働きたい」という場合は、周囲とのやりとりが少ない仕事に就くのがおすすめです。ここでは、比較的人と関わらずに働ける仕事を見ていきましょう。

仕事①ライター

ライターとはクライアントから依頼されるテーマの記事を執筆する仕事です。資格を持っていなくてもできるお仕事で、会社に所属せずフリーランスで記事の執筆をする人を「フリーライター」と呼びます。

ひとことでライターといってもWebサイトの記事を執筆するWebライターや、書籍を執筆するブックライターなどがありますが、未経験である場合はWebライターの方が受け皿が広い傾向があります。

在宅でライターの仕事をする場合、クライアントとの連絡のみというケースが多いです。また、メールやチャットなどでの連絡がメインである場合が多いので、会話をせずに働ける環境を実現できる可能性が高いと言えるでしょう。

仕事②データ入力

データ入力は、クライアントから指定されたデータをパソコンに入力していく仕事です。データ入力の仕事はコミュニケーション能力よりも「入力の速さと正確さ」が求められるため、人と話す時間は極めて少ないと考えて良いでしょう。

膨大な量のデータを取り扱うため忍耐力や集中力が必要になりますが、黙々と作業をすることが苦にならないという方に向いている仕事といえます。

仕事③清掃スタッフ

一般企業をはじめ、ショッピングモールや公共施設などを清掃する清掃員の仕事も人との関わりが少ない仕事のひとつです。清掃員は自分の持ち場を掃除することが仕事なので、仕事中に人と関わることはほとんどありません。

清掃員同士で会話をしたり、雇い主とのやり取りはありますが、取引先やお客さんと会話することは基本的にありません。できるだけ人と話さなくて良い仕事をしたい方や掃除が好きな方におすすめの仕事です。

仕事④動画作成

動画作成や作曲の仕事は、クライアントが依頼する動画や曲を制作する仕事です。動画作成はYouTubeの動画編集やイベント、ウェディングの動画作成など作業内容は様々です。

作曲の仕事は、クライアントと連絡を取りながら希望に沿う曲を作っていきます。どちらとも資格を持たずにできる仕事ですが、パソコンで作曲をしたり、動画制作のソフトを扱えるスキルが必要です。

動画作成や作曲の仕事は基本的にクライアントとの連絡のみとなります。仕事をするうえで人と関わる機会が少ないため、できるだけ一人で仕事をすすめたい方や動画作成や作曲のスキルを持つ方におすすめと言えるでしょう。

人間嫌いは無理に克服しなくても大丈夫!

今回は、人間嫌いな人の特徴や原因、克服方法をご紹介しましたが、いかがでしたか。「人間嫌い」とは、「人とかかわりあうことを嫌う人」「人とかかわりあうことを嫌う性格の人」のことを指します。ここで間違ってはいけないのが、人間嫌いという性格はあくまでも個性であり、悪いことではないということです。

人間嫌いという人は、過去にトラウマになるような経験をしていたり、集団行動になじめないといった悩みを抱えていることがあります。しかし、「人間嫌い」をすぐに克服するのは非常に難しいです。記事の中では、人間嫌いな方でも働きやすい仕事をご紹介しました。個性を認めながら仕事をしていきたいと考えている方は、併せてチェックしてみてください。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。