記事作成日:

仕事が怖いと感じる時の対処法を徹底解説!原因と解決策を知ろう!

仕事が怖くて、行くのが恐ろしくなってしまう、といった経験は、メジャーではないにしても誰が思っていてもおかしくはないものです。そのままでは精神的に不安定なままですので、自分を大切にするためにも恐怖を感じている原因を解明し、解決方法を実践しましょう。

仕事が怖いと思う原因

誰しもが仕事に行きたくない思う時はあり、怖いという恐怖を感じるまでに至るのは、中々問題があるものです。これを克服するためには、原因をしっかりと改名する必要があります。

原因①ミスが多く怒られる

まず、自分のミスが多く叱責をくらい続けているというものが考えられます。これは自分自身に原因があるというタイプで、仕事が上手くいかないがために嫌気がさしてしまうというケースです。

もしも大変であろうと人間関係が良好に回っている場所であれば、多少のミス程度はカバーし合えます。しかし、ほんの少しのミスでもひどく叱責されたり、嫌みな事を言い続けられてしまうような環境では、ストレスから新しいミスを生んでしまいかねません

原因②職場の人が怖い

続いては、職場の人に対して恐怖を覚えているというものです。仕事を探すといった時には、自分がやりたい事をやらせてもらえるかがとても大切ではありますが、その場でずっとやり続けたいのならば人間関係の良好さも大切です。

些細な事で頻繁に起こられたり、常に緊張が張り詰めているような人間関係の職場となると、ミスをした時にも先述した通り叱責されてしまいます。実際人間関係が一番のストレスになる、というデータもあるほどです。

原因③労働環境によるもの

職場の人間に対して恐怖を覚える、というのが上記2つのケースでしたが、働いている労働環境が恐怖の対象になる場合もあります。異常と分かるほどに残業が多い、一人では無理なほどの業務をさせられる、といったケースです。

人間のキャパシティにも限界がありますから、それ以上の仕事を任されても当然時間が足りず、気づけば深夜まで残業していたなんてことも。体力的にも精神的にも、キャパオーバーな仕事をするのは良いものではありません。

原因④仕事が自分に合っていない

自分に合った仕事ができていない可能性も考えられます。自分が苦手としている作業や仕事をしていても、おそらく楽しくはない筈です。すると次第に劣等感を覚え始め、だんだんと仕事をすることそのものが怖くなっていくというものです。

苦手となればミスや失敗も発生しやすいので、それこそ叱責を多くくらってしまいやすくなります。だからこそ、仕事にするのは得意な事を当てはめたほうが続けやすいという訳です。

仕事が怖い状態で仕事を続けるとどうなる?

どれだけ仕事が怖いからと言っても、生きていくためには働いていかなければなりません。怖いというのは逃げだ、と思って耐え続ける人は日本人的な気質からも多いものですが、過度なストレスがかかっていますので、心身に悪影響を及ぼしかねません。

例えば、ストレスが蓄積し続ければ自律神経を上手く切り替えられなくなります。夜に寝られなくなったり、寝ても疲れが取れた感触が無いといったように、身体的な悪影響は様々発生します。

これが悪化すると、うつ病や不安障害といった精神的な病を発症したりといった事も考えられますので、怖いと思ったのであればやはり何かしらの対策を講じる必要があるという訳です。

仕事が怖いと思った時に意識すること

先にも少し触れていますが、仕事が怖いと感じた時であっても、日本人的な気質からその怖さが逃げなのではないか、と思ってしまう方は想像以上に多いものです。しかしだからこそ、意識するべき事があります。

意識すること①自分の感情を否定しない

まず、自分自身の感情を否定しないでください。怖いと思っている感情というのは、自分で感じている以上は間違いなく素直な気持ちです。これを例え逃げなどと否定したところで、気持ちが消えてくれるものではありません。

だからこそ、素直にその怖いという気持ちを自分は持っていると受け止めるのです。早めに受け止めておけば、その後の対処も先手を打って持って行けます。決して逃げではありませんので、そのままに自覚を持つべきです。

意識すること②原因をきちんと知る

続いて、自分が怖いと思っている原因を正確に把握しましょう。怖い、というのは一種の拒絶反応であり、自分が理解できないものや、漠然としていて捉えようのないものに対しては、誰であっても恐ろしさを覚えます。

であれば、その恐怖を感じているものの正体を正確に把握できれば、自分の置かれている状況がある程度客観視できるようになります。例えば上司から怒られるのが怖いなら、どうすれば怒られないよう立ち回れるかなどを考えられます。

意識すること③周りの目は気にしない

怖いと感じている時、自分には味方が居なかったり、孤立していると思っていませんか?こういった状況では自己肯定感が低下していってしまいますし、気分が委縮して別のミスを誘発しかねませんから、気にしないというのも大切です。

価値観や捉え方というのは、人の数だけ存在しています。だからこそ完全には相いれないものですし、自分と他人を比較するというのも結局は時間の無駄になりかねません。自分自身に集中する、というのが重要です。

意識すること④家では仕事のことを考えない

家に帰ったら、仕事の話は全く考えないようにするのも大切です。自宅に帰れば完全にプライベートな時間となり、当然ながら出勤をしている訳でも時間外労働をしている訳でもありません。

プライベートでは、プライベートに集中すればよいのです。時間を忘れられるような趣味を見つけてみたり、仕事とは全くかかわりのない人とコンタクトを取ったりするのが、具体的な策になります。

仕事が怖いと思った時の対処法

仕事に対して恐怖を覚える事自体はおかしい話ではありませんが、それによって心身を傷めてしまうのだけは避けるべきところです。最後に、仕事が怖いと思った時の対処法をいくつか解説します。

対処法①信頼できる人に相談する

まず、信頼の置ける人に対して相談を持ち掛けてみましょう。自分一人だけで恐怖などのストレスを溜め込んでいると、蓄積していった結果どんどんネガティブな方向の考え方にシフトしていってしまいます。

そうなる前に、何でも話せる友人などに自分の悩みを聞いてもらうのです。自分の置かれている状況を人に聞いてもらうだけでも中々楽になるものですし、アドバイスから更なる具体的な解決策が見つかるかもしれません。

対処法②怖いと思う人に話かける

怖いかもしれませんが、苦手だったり怖いと思っている相手に話しかけてみるというのも対処法になります。そもそも上司などが怖いと思っている理由は、仕事の時しか話していないというようなコミュニケーション不足の可能性があります。

敢えて自分から積極的にコミュニケーションを取ってみる事によって、これまでの自分の怖かったイメージとは全く別の側面が見えてくる、というのは意外にも良くある話ですので、やはり会話をするというのは大切なのです。

対処法③会社の人事や労務に相談する

会社の人事や労務に相談して、人事異動や部署移動等を願い出るという対策もあります。これらは特に、現在の自分の労働環境が恐怖の原因となっている場合に有効な策になります。

今自分が置かれている環境や作業というのが苦手であっても、別の部署ならば得意を活かせるかもしれません。また、どうしても反りが合わない相手との物理的な距離を取れる方法でもあるので、そういった意味でも効果的でしょう。

対処法④ゆっくり休む

単純に疲労がたまっている所為という線もありますから、十分に休むというのも方法になります。精神的に既に滅入っていて、出社するのも拒否してしまうような状況であれば、無理に出ずに休職という手を打ちましょう。

仕事であれば誰でも替えが利くものですが、自分の体や精神というものはどこにも代替品がありません。だからこそ、自分が壊れそうになった時には自分の事を一番大切にしてほしいのです。

対処法⑤好きなことを楽しめる時間を作る

自分の好きなことに没頭する時間を作り、楽しい空間を創り出すのもとても効果的です。没頭するという事は、時間を忘れて熱中できるほどのものですから、余計な事は一切考えずに済みます

恐怖の対象への対処という根本的な解決方法ではないにしても、精神的な余裕を作る段階を踏んで、仕事に対しての捉え方や向き合い方を改め、改善法を練られるようになるかもしれません。自分の人生の豊かさという面においても、趣味等を1つ持っておくのはお勧めです。

仕事が怖いと思ったら我慢せず早めに対処しよう

仕事ならばいくらでも人の替えが利きますが、自分自身については全く替えが利かないものです。もし怖いと思った時には逃げでも何でもありませんので、是非とも対処法を実践してみてください。

その他関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。