記事更新日:

ジャンク品がなぜ売れる?!高く売れるジャンク品と売り方を解説!

広告

リサイクルショップやフリマサイトで、ジャンク品という扱いで売られているものがあります。ジャンク品であってもなぜ売れるのか、不思議に思う方も多いでしょう。ここでは高く売れるジャンク品と売り方を解説していきます。これまでゴミとして扱っていたものも、もしかしたらお金に化けるかもしれないので、ぜひチェックしてみてください。

ジャンク品とは?

ジャンク品という言葉で物が売られていることがありますが、ジャンクは英語で廃品やがらくたといった意味があり、一般的には壊れて使えないもののことを言います。しかし、お店で販売されているジャンク品は、動作確認をしていないため動くか分からないもの、動くが傷がひどく見栄えが悪いものなども含まれているため、一概に絶対に壊れているものとは言えません。

壊れているから廃品回収に出そうと思っていたものや電源コードをなくして動くか分からないものでも、もしかしたら値段が付く可能性があります。まずは捨てる前に、売れる可能性を探ってみましょう。

ジャンク品はなぜ売れるのか?その理由とは

ジャンク品を買わない方にとっては、なぜジャンク品なのに売れるのか、不思議に思う方もおられるかもしれません。売れる理由を知ると、納得できるでしょう。

なぜ売れるのか①ジャンクでもそのまま使えることがある

理由1つ目は、ジャンク品でもそのまま使えることもあるからです。ジャンク品の中には、1つのボタンだけ効かないが他の操作は問題ないというものや、2個のスピーカーのうち1個は壊れているものなどもジャンク品扱いになっていることがあります。

故障部分があっても、その部分を使わない方にとっては安く買えてお得なため、ジャンク品を買う方も多いのです。

なぜ売れるのか②パーツ取り目的

自作で色々作る方は、パーツ取り目的で購入することもあります。一部の箇所は壊れていても、中のパーツは問題なく動いているものは多く、自作でパソコンを作ったり、組み立てる練習のために部品が欲しい方は、ジャンク品で安く購入して分解し、欲しい部品を使うのです。

新品で部品を購入するより安価で手に入れられたり、単品でその部品が売っていないときはジャンク品なら欲しい部品が手に入れられます。パーツ取りは機械などの知識がある方などに限られますが、パーツの需要は高いです。

なぜ売れるのか③修理して再利用

精密機器に詳しい方は、一部の故障でもこの故障ならどこの部分を修理したら再利用できる、というのが分かる方もいるので、修理できるレベルの故障ならジャンク品をあえて購入し、修理して使う方もおられます。

またお店にもよりますが、専門知識があって修理できるスタッフがいるところもあります。ジャンク品で売るより使える状態で売ればその方が高く売りに出せるため、修理して再販売できるものはジャンク品であっても買い取ってもらえるのです。

なぜ売れるのか④コレクションできる場合

売れる理由の最後は、コレクションできる場合です。生産を中止しているアイテムで、新品では購入できず、使えなくてもコレクションとして集めている方がおられます。使うためではなく、飾っておくことが目的なので、動かなくても問題ない方も多いのでジャンク品でも売れるのです。

ジャンク品でも高く売ることのできるアイテムは?

ジャンク品でも売れる理由が分かったところでも、実際ジャンク品を売りに出しても値段が付かなかったということもあるでしょう。やはり、故障の度合いがひどく修理代がかかり利益が出ない場合や、需要がないものは買い取ってもらえません。ジャンク品でも高く売ることができるアイテムはあるので、チェックしてみてください。

アイテム①スマホ

1つ目はスマホです。知らない方も多いですが、スマホには多くの金属資源が使われており、希少性の高いレアメタルも多く含まれています。日本では金属資源の採掘量は少ないため、貴重な資源として再活用もできます。

また、液晶パネルが壊れたり電源ボタンが反応しないなど、素人では直せないようなものでも修理のプロなら簡単に直せるものもあります。修理して海外に輸出したり高く再販できるものは、数百円~最新の機種だと1万円を超える高値が付くこともあるので、買取に出すのがおすすめです。

アイテム②楽器

続いては楽器です。楽器は弦が張られていないものやネックが反っているいるもの、傷があったり塗装がはがれているものなどでも、元々の値段が高い楽器はジャンク品であっても高値が付く可能性があります。

楽器も修理できる専門の職人がいるところもあるので、修理して再販できるものやパーツ取りできるものは買い取ってもらえる可能性が高いです。名門ブランドのヴィンテージギターなどは観賞用としても需要があるので、人気のあるものは高値が期待できます。

アイテム③パソコン

最後はパソコンです。パソコンもパーツ取りが可能で、部品は自作でパソコンを作る方に需要があります。修理の知識がある方がいる買取店では液晶パネルの故障や電源が入らないなどの故障でも、パーツ取りした部品と組み合わせて再販することも可能です。

Apple製品やcorei7搭載機種、新しい機種は比較的高額で買取をしてくれるところもあります。リサイクルマークが付いていないパソコンは処分費用がかかるため、買取に出すほうがプラスになるでしょう。

ジャンク品をできるだけ高く買取ってもらうコツ

ここからはジャンク品をできるだけ高く買い取ってもらうコツをご紹介してまいります。家に眠っているジャンク品があったら、買取査定に出す前にぜひコツを実践してみてください。

コツ①付属品を揃えておく

1つ目は、付属品を揃えておくことです。スマホなら充電器、パソコンならマウスやキーボードなど、カメラなら保護フィルターやカメラケース、説明書など購入時に付属していたものを揃えておくと買取額が上がる可能性があります。あれば購入時の箱も一緒に出すと良いでしょう。

コツ②できる限りきれいにする

続いてはできる限り綺麗にすることです。やはりホコリが付いていたり、指紋が付いていたりすると印象は悪いものです。査定やフリマサイトに出す前に汚れや指紋を拭き取っておきましょう。

コツ③できるだけ早めに売る

できるだけ早くに売るのもポイントです。スマホやパソコンなどは製造年数があまり経っていない方が高額になる可能性が高いでしょう。最新機種なら高額買取が期待できても、何世代か前のモデルだと安くなってしまうことがあります。

取っておいて価値が出るケースはあまりないので、故障して使わなくなった時点で売りに出すのが良いタイミングと言えます。

コツ④自分で修理や改造をしない

最後は自分で修理や改造をしないことです。購入時はすべて純正部品が使われているわけですが、一般的な修理業者に出してしまうと再生パーツや社外品を使われてしまうことが多く、買取時に改造品扱いとなってしまうことがあります。自分で改造した場合も、もちろん改造品となってしまいます。

Apple製品どは改造品扱いになってしまうとかなりマイナスなので、Apple Storeに持ち込むなど正規のルートで修理に出しておく方が、のちのち売却することを考えると良いでしょう。

ジャンク品を売る際の注意点

ジャンク品を売る際には注意点があります。スマホやパソコンなどの場合は、壊れていても個人情報など、データはそのまま残っています。写真や連絡先、インターネットのIDやパスワードなども削除するだけでは不十分で、復元されてしまう恐れがあります。

個人情報を消すためには端末の暗号化などを行ってから初期化し、売却するようにします。電源が入らないなどの故障で、自分で作業できないという場合や、個人情報の消去に不安がある方は、無料で情報を消してくれる買取業者に買い取ってもらうと良いでしょう。

ジャンク品はフリマサイトでも売れますが、壊れていると後から文句を言われるなどのトラブルになるケースは多いです。壊れている箇所の説明や写真などを載せ、ジャンク品だということをしっかり記載しましょう。

ジャンク品を高く売る方法をマスターしよう

ジャンク品が売れる理由をご紹介してまいりましたが、壊れたと諦めて捨てていたという方には衝撃だったかもしれません。こんな状態では売れっこないと思っていたも、予想以上に高値が付く可能性があるので、家で眠らせたり捨ててしまう前に、まずは買取査定に出してみるのがおすすめです。

パソコンやスマホなどは、壊れても捨てにくいため家に置いてあるという方は意外に多いですが、壊れた時点で売ってしまうのがベストなタイミングです。ジャンク品でもちょっとした手間をかければ、さらに高値が付く可能性もあります。ぜひ高く売る方法をマスターして、ジャンク品を売却してみてください。

その他関連記事はこちら


【令和版】ジャンク品買取高く売るならここ!人気業者おすすめ比較

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。