記事作成日:

中古電動自転車はやめた方がいい?安全に購入する方法をご紹介!

広告

リーズナブルに電動自転車を購入したいなら、中古の電動自転車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。中古の電動自転車なら安くで手に入れることができますが、中古電動自転車購入ならではの不安もあることでしょう。そこで、この記事では、中古電動自転車を購入する際の注意点と、中古はやめた方がいいと感じる方におすすめの電動自転車についてまとめました。

電動自転車の魅力とは

電動自転車を購入する前に知っておきたい、なぜ電動自転車を選ぶのか、そのメリットをここではお伝えします。自転車そのもののメリットに加え、電動アシスト自転車ならではのメリットもたくさんあります。

魅力①坂道が楽

電動自転車にはいくつかの利点があります。まず、一番の魅力は急な坂道でも楽に移動できることでしょう。

坂道を登るのに苦労している人がいる中、電動アシスト自転車ならスイスイ登れます。景色を楽しみながら快適に坂を上れますし、追い抜きも楽々です。また、カゴに重い荷物を積んでいても、電動パワーならスイスイ登れます。

魅力②漕ぎだしが安定する

中古電動自転車の魅力は、なんといってもその軽さです。ペダルを踏み込めば、軽い力で走り出すことができます。特に女性やお年寄りには大きなメリットです。

従来の自転車はペダルをこぐのに力が必要でしたが、電動アシスト自転車はモーターの力を利用できます。そのため、体力や筋力に自信のない方でも、疲れを感じることなく軽快にこぐことができるのです。

中古の電動自転車はやめた方がいいの?

悪い口コミ

中古自転車には、新車に比べて故障のリスクが高いという現実があります。新品の電動アシスト自転車は、ほとんど故障することがないと言っても過言ではありません。

しかし、中古自転車には当たり外れが存在し、故障のリスクが高くなる傾向があります。そのため、中古自転車を購入する際には注意点を把握しておくことが重要です。

中古はやめた方がいいか①前オーナーの癖がついていることがある

中古電動自転車には、その自転車を使っていた人のクセが残っていることが少なくありません。そのため、同じ車種でも新車と中古車では乗り心地に若干の違いが生じることがあります。

しかし、乗り心地が劇的に変化することはまれで、ほとんどは許容範囲内です。販売店は一般的に、中古車を販売する前にその自転車の癖を直し、改善します。

点検や定期的なメンテナンスによって、中古自転車のクセが解消される場合もあります。また、多少の癖は気になるかもしれませんが、しばらく乗っているうちに慣れて気にならなくなるのが一般的です。

実際に乗ってみることで、自分のクセに慣れ、修正することができます。このように、乗り心地の違いに順応するためには、ある程度の時間をかけて慣れることが大切です。

中古はやめた方がいいか②駆動・オペレーション部分の劣化

劣化に注意すべきは、駆動部や操作性です。「チェーン」「ギア」「モーター」といった駆動部分に関わる要素は目には見えにくいですが、前オーナーのお手入れ次第で差が出やすいものです。

日頃のお手入れとしては、ボディパーツなどは乾拭きで簡単に済みますが、チェーンの汚れ落としや定期的な潤滑油の注入・乾燥運転など、少し手間のかかるメンテナンスが必要です。こうしたメンテナンスの積み重ねが大きな違いを生みます。

チェーンが汚れているのも困りますが、汚れていなくてもアイドリング時に違和感があったり、硬かったり、異音がしたりする場合は注意が必要で、場合によっては短期間で重大なトラブルにつながることもあります。

また、まれにモーター自体が劣化している場合もあります。実店舗で電動アシスト自転車の購入を検討している場合は、試乗や操作をさせてもらうなどして、できるだけ確認しておくと安心です。

中古はやめた方がいいか③破格の安さで購入できる

買取相場

電動アシスト自転車の中古価格は数万円台が主流です。ヤフーオークションでは、2023年4月現在の平均落札価格は39,000円程度となっています。一方、電動アシスト自転車の新品相場は約12万円なので、中古価格は非常に安いことがわかります。

ただし、中古の電動アシスト自転車には以下のようなデメリットがあります。

  • バッテリーが搭載されていない場合がある
  • 購入後に修理が必要な場合がある
  • 使用状況や各部品の状態がわからない場合がある
  • モーターやバッテリーが消耗している場合、別途交換費用がかかる場合がある

特にインターネットで販売されている中古電動アシスト自転車は、状態の確認が難しいため注意してください。

中古電動アシスト自転車は破格の安さで購入できる反面、上記のようなデメリットもありますので、中古品を選ぶ際には注意が必要です。十分な調査と確認を行い、自分のニーズと予算に合った選択をするようにしましょう。

中古はやめた方がいいか④選択肢の幅が広がる

中古車を選択肢に加えることで、選択の幅が大きく広がります。新車電動自転車市場では、車種や仕様が決まっていても、自分のニーズに合った車両を見つけることが難しい場合があります。

しかし、中古電動自転車市場には多種多様な自転車があり、自分のニーズに合った一台が見つかる可能性が高くなります。

例えば、生産終了車や限定車、特別仕様車など、中古市場ではなかなか手に入らない車種が見つかるかもしれません。

新車では希望の色や装備がなくても、中古車なら希望に合う車が見つかる可能性もあります。また、中古車市場には幅広い価格帯があり、予算に合わせて車を選ぶことが可能です。

新車の価格帯があなたにとって高すぎる場合、同じ予算でより多くの機能を備えた中古車を見つけることができるかもしれません。

中古の電動自転車を安全に購入する方法

口コミ

中古で購入する場合、最低限のポイントを押さえておくことで、安全に中古電動自転車を購入することができます。ここでは、中古電動自転車を安全に購入するためのポイントを5つ紹介します。

中古電動自転車の購入方法①バッテリーの確認

電動自転車にはバッテリーが搭載されていますが、バッテリーの寿命には限りがあり、通常は使用すると劣化します。バッテリーは放置していても自然に放電するものです。

新車でもそのまま放置すれば、バッテリーはいずれ使えなくなります。バッテリーは製造コストの中で大きな割合を占めています。

バッテリーを新品に交換すると3万円以上かかることも少なくありません。安い中古の電動アシスト自転車を買っても、バッテリー交換に数万円かかってしまうのであれば、新しい自転車を買った方が経済的です。

バッテリーは経年劣化するので、中古自転車の中には寿命が近いバッテリーもあります。とはいえ、バッテリーの状態を素人目で判断するのは困難です。

そのため、バッテリーの点検はショップに依頼することをおすすめします。信頼できるお店であれば、こちらから聞かなくてもバッテリーの状態を教えてくれることが多いです。

中古電動自転車の購入方法②モーターの状態の確認

電動自転車のモーターは、自転車のエンジンのようなものです。モーターの調子が悪いと、電動スイッチを入れても坂道が登れなくなることがあります。

モーターの修理が必要な場合、メーカーに持ち込むと通常2週間ほどかかり、費用も5万円ほどかかります。中古の電動自転車を購入後、モーターが壊れたという経験者もいます。

保証期間内であれば追加費用はかかりませんが、保証期間外の場合は自己負担となります。モーターの状態を個人で正確に判断するのは難しいので、信頼できる自転車販売店で購入することをおすすめします。

専門知識を持ったスタッフがモーターの状態をチェックし、問題があれば修理や交換をしてくれるでしょう。

中古電動自転車の購入方法③利用頻度や年式の確認

中古の電動自転車を利用する際には、使用頻度や年式などを確認することが大切です。電動自転車には、バッテリー以外にも注意が必要な点があります。長年の使用で歪んだり、経年劣化することもあります。

バッテリーに問題がなくても、フレームの細い電動アシスト自転車やチャイルドシートを頻繁に使用していると、目に見えにくい歪みが生じることもあるでしょう。

注意点

歪みによってフレームが突然壊れることはほとんどありませんが、フレームの特定の部分に負担がかかり、パンクしやすくなったり、異音が発生したりする可能性が高いです。

また、モーターの修理は自転車店でも難しく、ユニットごと交換しなければならないことも考えられます。「バッテリーは新品に交換済み」と書いてあっても、年式が古い場合は慎重に検討することをおすすめします。

中古電動自転車の購入方法④保証書などの付属ツール

中古販売専門店で購入された方や家電に詳しい方はご存知かもしれませんが、中古品を購入すると取扱説明書やメーカー保証書が付いてくることがあります。

電動自転車にも、もちろんメーカー保証書が付属しています。保証書がないと、購入後の防犯登録ができません。

購入前に、保険証や取扱説明書の書類一式、スペアキーの有無などを売主に確認することをお勧めします。

中古電動自転車の購入方法⑤防犯登録の状況

前所有者からの購入の場合、法人や店舗から購入された場合は削除されている可能性があります。しかし、メルカリやジモティなどの個人間取引の場合、セキュリティ登録が削除されておらず、新規登録ができない場合があります。

このようなトラブルを避けるためにも、どのような方法で購入した場合でも、必ずセキュリティ登録が抹消されているか確認するようにしましょう。

中古電動自転車を購入できるおすすめサイト

ここでは、中古の電動自転車を購入する際にぜひチェックしていただきたいおすすめサイトを紹介しています。

おすすめサイト①ミゾクール

ミゾクールは兵庫県明石市に実店舗を構え、中古の電動アシスト自転車を中心に販売しています。送料は別途かかりますが、全国配送も可能です。

ミゾクールの中古電動自転車は、自転車整備士による点検済みで、修理などのアフターサービスも安心してお願いできます。車体もクリーニング済みの中古品で、安心の国内メーカー品です。

専門資格者による整備点検をクリアした中古電動アシスト自転車は、価格も5万円以下とリーズナブルな設定です。

ミゾクールでは中古電動アシスト自転車の販売だけでなく、中古バッテリーの買取・販売も行っています。パナソニックやブリヂストンなど、各メーカーの中古電動アシスト自転車を取り扱っています。

在庫は頻繁に追加されますが、人気商品はすぐに売り切れてしまうこともあるので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。詳しい送料や手数料は公式サイトで確認できます。

ミゾクールの公式HPを詳しく見る

おすすめサイト②e-CHARIty

株式会社e-CHARItyが運営する中古通販サイトです。電動自転車に特化したサイトで、おすすめのサービスとして知られています。e-CHARItyでは、経験豊富なプロの整備士が、整備・点検・車体クリーニング・バッテリーの品質まで徹底チェックしています。

そのため、格安の中古電動アシスト自転車でも安心して購入することができます。また、e-CHARItyは他の中古通販サイトと比べ、ラインナップが豊富で、小径車からスポーツタイプまで幅広い選択肢があります。

e-CHARItyでは、電動アシスト自転車の買い取りも行っており、今お持ちの電動アシスト自転車の処分にも便利です。また、e-CHARItyでは一部地域で送料無料キャンペーンを行っていることがあります。

例えば、横浜店に在庫がある車両は、東京・神奈川への送料が無料、神戸店に在庫がある車両は、大阪・兵庫への送料も無料となっています。気になる方は公式サイトからチェックしてみましょう。

e-CHARItyの公式HPを詳しく見る

おすすめサイト③buychari

buychariは、株式会社チャリが運営する自転車買取専門店です。buychariでは中古車販売も行っており、特に中古のスポーツ自転車に力を入れています。

主な取扱商品はクロスバイクやロードバイクですが、国内人気メーカーの電動アシスト自転車も豊富に取り揃えています。

特徴は、自転車の販売だけでなく、パーツやアクセサリーの販売も行っていることです。価格帯は6万円から10万円が中心で、幅広い予算に対応できます。

また、スポーツ自転車の購入にも力を入れているので、買い替えを検討している人にもおすすめの通販サイトとなっています。

buychariの公式HPを詳しく見る

中古はやめた方がいいと感じる方におすすめの電動自転車

最後に、中古はやっぱり不安という方に、新品でおすすめの電動自転車を紹介します。ぜひチェックしてみてください。

おすすめ電動自転車①ペルテック 折り畳み電動アシスト自転車

PELTECH 折り畳み電動アシスト自転車は、日本電産製の高性能モーターを搭載し、快適な走行をサポートします。坂道や風の強い日でも、3段階のアシストモードで力強く前進します。

また、折りたたみ式でコンパクトに収納でき、車や電車への積み込みや持ち運びも簡単になっています。フロントバスケット、後輪ロック、フロントLEDライトも装備し、買い物や通勤通学にも最適なモデルです。

シマノ製外付け6段変速ギアシフターを採用し、速度や路面状況に応じたギアチェンジができます。バッテリーはリチウムイオンバッテリーで、1回の充電で最大約42km走行可能で、充電時間は約3.5~4時間となっています。

アルミフレームは軽量で耐久性に優れています。タイヤサイズは20インチで、推奨身長は140cm以上、重量は約26kgです。PELTECH折りたたみ電動アシスト自転車は、毎日の移動を快適にする優れた自転車です。

詳しく見る

おすすめ電動自転車②21Technology 電動アシスト自転車

21Technology電動アシスト自転車(26インチ)は、軽量で高性能な電動アシスト自転車です。コンパクトなリチウムイオンバッテリーとブラシレスDCモーターを搭載し、1回の充電で約50kmの走行が可能です。

また、坂道や風の強い日でも快適に走行できるよう、3つのアシストモードを切り替えることができます。バッテリー残量インジケーターとライトスイッチも装備し、バッテリー残量も確認できます。

スポーティなデザインで、柔らかなU字型サドルと上質なグリップを採用したモデルです。シマノ製社外6段変速シフターにより、スピードや路面状況に応じてギアチェンジが可能となっています。

フロントに大容量のバスケットを装備し、買い物にも便利ですし、リアキャリアも頑丈で、荷物を積むことができます。

高輝度LEDビームライトとリアリフレクターで、夜間走行時の安全性を確保しているのも特徴です。通勤・通学に最適な電動アシスト自転車と言えるでしょう。

詳しく見る

おすすめ電動自転車③ライフアシスト 電動アシスト自転車

ライフアシストの電動アシスト自転車は、組み立てや修理が簡単で、安心のアフターサポート付き自転車です。

リチウムイオンバッテリーと3段変速ギアを内蔵し、1回の充電で約40kmの走行が可能なモデルとなっています。また、3つのアシストモードを切り替えることで、坂道や風の強い日でも楽に走ることができます。

バッテリー残量インジケーターとLEDフロントライトも装備済みで、着脱しやすいコの字型フレーム、姿勢の取りやすいセミアップハンドルを採用しています。

フロントには買い物に便利な大容量バスケット付きで、リアキャリアも丈夫で荷物を積むことができます。シリンダー錠はバッテリーと同じキーで開閉可能なのも便利です。

詳しく見る

中古電動自転車を安全に購入して快適な暮らしを手に入れよう

今回は、中古電動アシスト自転車の安全な購入方法や注意点、中古販売サービスについてご紹介しました。中古自転車を購入する際に注意したいのは、メンテナンスや整備状況です。

特に電動アシスト自転車は機構が複雑なため、動作やバッテリーの状態を確認する必要があります。また、購入前に販売者とコミュニケーションをとり、詳しい情報を得ることも大切です。

今回紹介したポイントを参考に納得のいく自転車を手に入れて、快適な暮らしを実現しましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。