記事作成日:

効き目があるEMSおすすめ13選!気軽にできる筋トレ人気商品をご紹介!

厳しいトレーニングなどをしなくても、手軽に筋肉が鍛えられて魅力的な肉体になれるアイテムが、EMSです。ここでは効き目があるEMSをご紹介していきます。おうち時間が増えてなかなか鍛えられない方やすこし体重が増えてしまった方、筋肉をつけて理想の体になりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

EMSとは?

体を鍛えている方や、シェイプアップしているという方はEMSをご存知の方も多いかもしれません。Electrical Muscle Stimulationの頭文字を取ってEMSと呼びます。直訳すると電気的筋肉刺激となりますが、EMSは外から電気の刺激を与えて、筋肉を刺激する道具のことを言います。

EMSを使う効果

EMSを使うと筋肉を鍛える効果が期待できますが、なぜ体が引き締まるのかまでは知らない方もおられます。筋トレなどをする際に、人は筋肉を動かそうという意思がありますが、EMSを使うと普段使わない筋肉に刺激を与えたり勝手に動いて運動してくれます。

脂肪を燃やしてエネルギーも消費してくれるので、ダイエット効果も期待できます。自分で筋トレをして筋肉をつけようとするより、簡単に筋肉が付きやすいので、継続しやすいです。元は医療用のリハビリや痛みの解消に使われていたので、怪我をしてトレーニングが出来ない方の筋肉維持にもおすすめです。

座ったままでも使うことが出来るので、運動する時間が取れない方や、筋肉トレーニングを長く続けるのが苦手な方でも続けやすいです。家事をしながらであったり読書をしながらなど、他のことしながらでも簡単に筋肉を鍛えられるので、使いやすいでしょう。

EMSの上手な選び方

ここからはEMSの上手な選び方をご紹介していきます。以前は腹筋を鍛えるだけのものが多かったのですが、近年は腕や背中など他の部位も鍛えられるタイプも増えてきて、余計に迷ってしまう方もおられます。

手軽さや人気もあって、EMSは様々なメーカーから発売されているので、選び方を参考に自分に合ったタイプを探してみてください。

選び方①部位

選び方1つ目は、部位です。EMSは鍛えたい場所に貼って使用しますが、機種によってはどの部位専用、など鍛えられる部位が決まっているものもあります。自分の鍛えたい部位に対応しているものを選ぶ必要があります。

腹筋や二の腕、太ももや背中などに使えるものがありますが、体全体を鍛えたい方は、1つで様々な場所に対応している多用途タイプのもの選ぶといいでしょう。

選び方②周波数

続いては周波数です。周波数はHz(ヘルツ)という単位で表され、その周期を1秒間に繰り返す回数のことを言います。60ヘルツなら1秒間に60回繰り返し、20ヘルツなら1秒間に20回繰り返す、ということになるので、20ヘルツのEMSは1秒で20回筋肉に刺激を与えてくれます。

周波数は機種ごとに違いますが、17.5ヘルツ~20ヘルツの低周波が筋トレに向いていると言われる周波数なので、初めて購入される方はその周波数を目安にしておくと選びやすいでしょう。

選び方③形状

選び方3つ目は、形状です。形状も機種ごとに違い、様々な形があります。パッド型と呼ばれる肌に貼るものは洋服の下にもつけることが出来たり、グローブ型は手に装着して鍛えたい場所を手で押さえて刺激します。

お腹や腕に巻き付けて使うベルト型は、体の正面や側面も一度に鍛えられるというメリットがあります。形状によって安定感も違うので、自分が使いやすいタイプを選んでみてください。

選び方④操作性

続いては、操作性です。電源を入れてボタン1つですぐ開始できる、というようなシンプルな操作性のタイプや、機種ごとに搭載されているプログラムが豊富なものなど様々です。プログラムが豊富なEMSでは、5ヘルツで連続した刺激を与えてくれるタイプや20ヘルツで引き締め効果のあるものなど、体調や鍛えたい場所によって選ぶことが出来ます。

ボタンも少なく、簡単に操作できるものもあれば、装着したまま操作できたりするものもあります。プログラムが豊富でも操作が難しかったり、表示が見にくいものだと使いにくくてあまり使わなくなってしまう可能性もあるので、自分が操作しやすいかを確認しておきましょう。

選び方⑤電気刺激の強さ

選び方5つ目は、電気刺激の強さです。EMSは電気の刺激を与えるので、使った後に筋肉痛になったり、筋肉疲労が残ります。ハードな筋トレをしたときと同様の刺激が筋肉に加わっているので、EMS商品を使っただけでひどい筋肉痛を起こす方もおられます。

あまりに痛みや疲労感が大きいと継続するのも嫌になってしまうので、刺激の強さと一緒に、刺激が強いものだけでなく弱いものや調節機能があるかどうかなどもチェックしておきましょう。

選び方⑥電源

最後は電源で選ぶ方法です。EMSは単4乾電池やボタン電池などを使用する電池式か、USBケーブルなどを使う充電式があります。充電式は内蔵バッテリーが搭載されているので、1回充電すると30回使用できるものなどもあるので、電池切れの心配もなく便利です。

電池式は充電式乾電池を使用するのがおすすめです。どちらの電源が使いやすいかは好みもあるので、使いやすいタイプを選んでみてください。

筋トレに人気の効果抜群おすすめEMS【パッド型】

ここからは筋トレに人気の効果抜群おすすめEMSをご紹介していきます。まずはパッド型です。EMSというとオーソドックスなのはパッド型です。薄いタイプも増えてきており、洋服の下に使用していても気にならないものも多いので、チェックしてみてください。

おすすめ①SIXPAD Abs Fit 2 MTG

SIXPAD Abs Fit 2 MTG
SIXPAD Abs Fit 2 MTG

外形寸法: 約173×198mm
本体重量: 約90g

20ヘルツの周波数が腹筋を鍛えてくれ、粘着力の高い薄さ約3mmのジェルシートが身体にフィットしてくれます。約5時間の充電で、30回の使用が可能です。

Bluetooth搭載でアプリと連動し、筋トレを可視化してくれるので、楽しく継続できます。20段階のレベル調整機能で体感の強さが選べるので、初心者からすでに腹筋が割れている方にも使いやすいです。

おすすめ②SIXPAD Abs Belt

SIXPAD Abs Belt
SIXPAD Abs Belt

約5時間の充電で、30回の使用が可能になりました。

続いてもSIXPADの商品で、Abs Beltです。おすすめ①のAbs Fit 2とBody Fit 2がひとつになった商品で、腹筋だけでなくお腹周りも鍛えられます。充電式で約5時間の充電で、15回の使用が可能です。アプリとの連動や20段階のレベル調整機能もAbs Fit 2と同じです。

周波数は20ヘルツで、おすすめ①にベルトがさらについているため、安定感は抜群です。脇腹も鍛えたい方におすすめです。

おすすめ③Muzik EMS 腹筋ベルト

おすすめ3つ目は、MuzikのEMS 腹筋ベルトです。腹筋と腕を鍛えられるセットで、柔軟性の高いソフトなPU素材と高電導のジェルシートを使用しています。USB充電式で、操作性も簡単です。

水泳モードやダイエットモードなどの6種類モードがあり、11段階強度で強度調節が出来るので自分好みの鍛え方が出来ます。

おすすめ④TBC エス スレンダーパッド

TBC エス スレンダーパッド
TBC エス スレンダーパッド

タイプ:本体(ボディ用) ※男女兼用
内容量:1セット

エステティックTBCから販売されているエス スレンダーパッドは、腹筋を鍛えるEMSです。筋繊維の方向に合わせたパディングで、腹直筋と腹斜筋を同時に鍛えるために設計されています。

モードは、5Hzのバースト連続波、20Hzのバースト連続波、3/5/10/20Hzのパルス断続波と3つのタイプがあります。レベルを10段階から選べ、コントローラーもシンプル設計で操作も簡単です。1日1回20分使用するだけでいいので、手軽に続けられます。

おすすめ⑤SIXPAD Foot Fit Plus SE-AG00

SIXPAD Foot Fit Plus SE-AG00
SIXPAD Foot Fit Plus SE-AG00

おすすめ5つ目は、SIXPADのFoot Fit Plus SE-AG00です。足裏やふくらはぎ、前すねや太ももまでに対応する商品で、歩行を支える筋肉に効率よくアプローチします。モードは2つで、歩くコンディションを整えたり歩く力のトレーニングが出来ます。 歩くたびに血行を活発にし、身体を健康へと導いてくれる商品です。

おすすめ⑥maxell ACTIVEPAD MXES-R410PRCP

maxell ACTIVEPAD MXES-R410PRCP
maxell ACTIVEPAD MXES-R410PRCP

おすすめ6つ目は、maxellのACTIVEPAD MXES-R410PRCPです。本体の最薄部分は約1mmで柔らかいシリコン素材を使用、フィッティングベルトを標準で付属しているので安定感が欲しい方には使いやすいです。

USB Type-Cケーブルで充電ができ、周波数は17.5ヘルツです。パワフルな3つのモード搭載で、腹筋だけでなく腰や太ももにも使用出来ます。

おすすめ⑦TORAY トレリート EM300

TORAY トレリート EM300
TORAY トレリート EM300

サイズ:高さ121×幅60×厚さ27mm
本体重量:約150g(電池含む)

続いては、TORAYのトレリート EM300です。気になる場所にパッドを貼って使う電池式のタイプで、腹部や腕、バストや太ももにも使用可能です。使用目安は1日最大2時間までで、周波数は5、6、50、80ヘルツが選べます。1台で様々な場所に使いたい方におすすめです。

おすすめ⑧MYTREX EMS HEAT NECK MT-P-EHN19W

変わった場所に効果が期待できるのが、MYTREXのEMS HEAT NECK MT-P-EHN19Wです。首回りを刺激するタイプですが、1Hz〜200Hzと幅広い周波数成分を組み合わせることで、首だけでなく肩の筋肉“僧帽筋”や背中にもEMSが届くので広範囲に効果が期待できます。

6つのモードが選べ、16段階の強さ調整が可能なので、様々な使い方が出来ます。3段階の温熱モードで疲れた首筋をじんわりリフレッシュしてくれます。

おすすめ⑨Ui STUDIO ウイスタジオ クアロ

Ui STUDIO ウイスタジオ クアロ
Ui STUDIO ウイスタジオ クアロ

セット内容/本体、保管用トレイ、ゲルパッド×4枚、リチウム電池×1個

パッド型のおすすめ、最後はUi STUDIOのウイスタジオ クアロです。リチウム電池式でバスト、ウエスト、ヒップ、太もも、二の腕に使用出来ます。強さは15段階調節が可能、3モード自動切替機能もあるので、様々な刺激で使えます。大人女子のために作られたもおり、価格も手頃でおすすめです。

筋トレに人気の効果抜群おすすめEMS【ベルト型】

続いては、ベルト型のおすすめEMSをご紹介していきます。ベルト型は体に巻き付けるため安定感があり使いやすく、脇腹にも刺激がくるのでお腹周りを鍛えたい方におすすめです。

おすすめ⑩SIXPAD Leg Belt

SIXPAD Leg Belt
SIXPAD Leg Belt

サ イ ズ:約244mm×187mm
本体重量:約105g

ベルト型のおすすめ、最初はSIXPADのLeg Beltです。脚を鍛えるためのもので、充電式で約5時間の充電で30回の使用が可能です。周波数は20ヘルツで、20段階のレベル調整機能があり、太ももに筋肉をつけたい方におすすめです。

おすすめ⑪マリン商事 スリミングベルト

マリン商事 スリミングベルト
マリン商事 スリミングベルト

体重量:700g

手軽に試したい方におすすめなのが、マリン商事のスリミングベルトです。ACアダプター電源式で、お腹周りだけでなく、お尻や肩、太ももやふくらはぎにも巻き付けて使うことが出来ます。1分間で最大2800回振動、2つのモードと9段階の強度が選べ、価格も手頃です。

おすすめ⑫Shop Japan EMS アブベルト

Shop Japan EMS アブベルト
Shop Japan EMS アブベルト

続いては、Shop JapanのEMS アブベルトです。お腹周りを鍛えるもので、4つのボタンで簡単に操作が出来ます。トレーニングプログラムが10種類あるので好みのものも選びやすいです。充電式で、人間工学に基づいて設計されているので、体にフィットします。

おすすめ⑬ラヴィ 腹筋ベルト 3B-3567

ラヴィ 腹筋ベルト 3B-3567
ラヴィ 腹筋ベルト 3B-3567

プログラム:6種類
強弱調整:30段階

最後にご紹介するのが、ラヴィの腹筋ベルト 3B-3567です。お腹周りを鍛えるタイプで、幅が広いので広範囲の腹直筋や腹斜筋に効果を与えます。プログラムは6種類あり、強度は30段階調節可能です。

適応ウエストサイズは約60~100cmなので、男女とも使用出来ます。価格も5000円しないので、まずEMS商品が合うかどうか、試しにお腹周りで使ってみたいという方にもおすすめです。

EMS利用時の注意点

EMSを使用するにあたって、いくつか注意点があります。パッド型やグローブ型だと様々な場所に貼り付けられたり、指で好きな場所に刺激を与えられたりしますが、心臓付近への使用はNGです。心臓疾患など、心臓に負荷を与えてはいけない持病をお持ちの方は心臓だけでなく、その周辺への装着も止めておきましょう。

また、長時間の使用もNGです。使い終ってすぐは、負荷がかかった気がしなかったり、早く筋肉をつけたくてもっと使用したいと感じても、後からひどい筋肉痛がきたりと、すぐに効果は分からないこともあります。使用時間も機種ごとの目安を確認し、長時間使用しすぎないようにしましょう。

目的部位に合った商品で理想の筋肉をつけよう!

おすすめのEMSやEMSの選び方をご紹介してまいりましたが、着けれる場所が決まっているものも多かったので、自分が使いやすいものを絞りやすかったのではないでしょうか。家にいながら自分の好きなタイミングで使用出来るので、おうち時間が増えた方にも手軽に使えるメリットがあります。

EMSはつい長時間使用したくなりますが、注意点を守って使用しないと悪影響が出る可能性があるため、時間や使用方法を守って使いましょう。誰もがメリハリのある体や筋肉をつけたいという気持ちがあっても、これまで失敗してきたという方もEMSを使えば、願いが叶うかもしれません。目的部位に合ったEMSを使用して、理想の筋肉をつけてください。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。