引用:O-DAN

記事作成日:

【ピッキング業務】とはどんな仕事?メリット・デメリットも詳しく解説!

ピッキング業務を聞いたことがある方や仕事内容を知りたい方も多いのではないでしょうか。記事ではピッキング業務の仕事内容や種類、ピッキングのメリット、デメリット、業務の進め方のコツについて紹介します。ピッキングはスキルが必要なく、未経験の方でも応募可能です。今より少しでも収入を増やしたい方やすぐにアルバイトを始めたい方、短期間だけ働きたい方はぜひ参考にしてください。

ピッキングの仕事内容とは?

ピッキングや倉庫内での仕事の募集を見かけたことはありませんか。ピッキングは工場や倉庫、バックヤードでの作業です。

マンパワーが必要な仕事内容に分類さるため、1人でも多くの人数が求められ、求人募集にいつも掲載される仕事です。仕分けや梱包など、まとめて軽作業と呼ばれます。通信販売や宅配サービスには欠かせない仕事で、商品をお客様に届けるための大切な業務です。

ピッキングとは

ピッキングとは、倉庫やバックヤードから指示書や伝票などのピッキングリストに指定された商品を見つけ出す仕事です。

アルバイトでは軽作業と呼ばれ、年齢や学歴、求められるスキルが少ない特徴もあります。時給が高めに設定されることも多く、単発や期間限定の勤務も可能です。また、会社によっては、平日の昼間だけでなく、土日や夜勤など様々な時間帯で募集します。

倉庫など保管場所が広ければ、取り扱う商品の数や種類も多くなります。小さな倉庫や店舗の場合は、ピッキング作業から梱包まで任されることもあります。比較的簡単な作業の繰り返しで、未経験でも応募できる仕事内容です。

ピッキングには2種類ある

ピッキングにはシングルピッキングとトータルピッキングの2種類の仕事の進め方があります。

シングルピッキングは、摘み取り方式とも呼ばれ、1つの発注書を作業員1人が担当します。メリットは、作業方法が簡単で商品管理システムと連動させるとミスを減らせること、デメリットは作業員が全ての商品の場所を把握する必要があり、体力的な負担も大きいことです。

トータルピッキングは、種まき方式と呼ばれます。発注書の合計をまとめて集め、オーダーごとに仕分けします。メリットは作業員全員が全ての商品の場所を覚える必要がなく、体力面も楽になることです。デメリットは、回収、仮置き、仕分けなど作業工程の増加です。

ピッキングの具体的な仕事内容

ピッキングの具体的な仕事は、受注した商品をミスなく集めて、検品・梱包担当者へ渡すことです。

仕事の流れは、担当する発注書を確認し、目的の商品の品番や数量を確認しながら効率よく回収し、回収場所に運びます。できるだけ短時間で作業できるように、商品の置き場所を考慮して回収する順番を工夫します。

また、取り扱う商品や勤務先が異なると仕事内容全く別物です。衣料品の通販サイトでは衣類だけですが、日用品や雑貨、本など多くの種類を扱う会社は、商品の大きさや重さも異なります。壊れ物など慎重な取り扱いが求められ、食料品は賞味期限の確認も重要です。

ピッキングの仕事のメリット

ピッキングの仕事のメリットは、作業が簡単なことです。誰でもすぐに作業を開始できるため、説明を受けた初日から就労できます。

日払いの求人もあり、短期間にお金が欲しい時に助かります。期間限定の募集もあり、自分の都合に合わせた応募も可能です。

同じピッキングでも扱う商品によって作業が異なるため、事前に作業内容が想像できることもメリットです。入社後のミスマッチを抑えられます。

メリット①未経験でもできる

ピッキングは誰でもできる作業で、未経験でも初日から働けます。アルバイトの募集も多く、採用される確率が高い仕事です。採用する企業も未経験者への対応に慣れていて、スムーズに作業に入れます。

多くの企業は、作業中の事故やミスを防ぐため、環境を整えています。そのため、入力システムや作業手順に注意すれば、作業内容に変わりがなく、どこの企業でも働けます。性別や年齢などの区別なく応募できる点も、ピッキングのメリットです。

メリット②シフトの融通がきく

ピッキングは、アルバイトの中ではシフトの融通がきくこともメリットです。コンビニなど店舗勤務は、シフトが決まっていて急な変更を言いにくい雰囲気があります。

しかし、ピッキングは大人数で作業を行うため、比較的勤務にゆとりがあります。1週間に2~3日とか、急な時間変更や休みとかにも対応可能です。とはいえ、勝手なこともできませんから、応募前に最低勤務日数などを確認しましょう。

場合によっては夜勤もあります。自分の都合に合わせて働けるピッキングは、精神的な負担が少ない点もメリットです。

メリット③時給が高い

ピッキングは時間帯によって時給の高い募集が多い点もメリットです。夜勤の場合は手当がつくため、日中勤務より高額です。同じ勤務時間で多く収入を得たい場合は、おすすめです。

コンビニ配送センターは、地方でも給与格差が少ない企業もあります。夜型生活の方や夜勤に興味のある方は検討してみましょう。

一方、夜勤は通勤手段が限られる場合もあります。金額だけで判断せず、通勤方法や拘束時間、シフト変更に対する柔軟性など事前に良く調べてから応募します。体力面や自分の適性も併せて考えます。

ピッキングの仕事のデメリット

ピッキングはメリットもありますが、デメリットもあります。繁忙期は業務量が増え、忙しくなる職場も多くあります。会話の少ない環境で、勤務先とのつながりが実感できず、孤独を感じることもあります。

同じ作業の繰り返しで、マンネリ化しやすく、長期間勤務すると仕事への意欲が低下することもあります。

仕事でのやりがいや達成感を得にくく、作業を効率化しても時給に反映されにくい点もテンションを下げる要因です。

デメリット①正確性とスピードを求められる

ピッキングは正確性とスピードを求められるため、プレッシャーに感じることがデメリットです。処理する発注書の枚数などノルマを課されることは少ないですが、検品や梱包作業に影響します。

勤務を始めた時は手順と商品の場所の把握を優先して正確な作業を心掛け、次第にスピードを上げていきましょう。

慣れてくるとミスも出やすくなります。メンタルをキープしながら、自分の中で目標タイムを設定するなど、達成感が得やすくなる工夫をします。

デメリット②夏は暑く冬は寒い

ピッキングは倉庫で働くことが多く、夏は暑く冬は寒いなど作業環境が厳しい点がデメリットです。

倉庫は作業する方より商品の保管環境を優先します。そこで、夏の水分補給や冬の寒さ対策など体調管理は必須です。

食品関係は冷蔵庫や冷凍庫内での作業になる場合もあります。夏でも必要に応じて冬用の下着など衣服で調節し、使い捨てカイロなど作業に支障をきたさないように工夫を行っていたり、通勤時と就労時間の服装を変えるなど、できる範囲で対策をしています。

デメリット③体力を使う

ピッキングは倉庫内を歩き回り、重いものを運ぶ場合もあるので、体力を使うことがデメリットです。

小さなものや軽いものだけを扱う企業もありますが、数量によっては大きく重くなる場合もあります。広い倉庫内では歩き回るだけでも疲れてしまいますが、高い場所や低い場所と様々な場所から物をとるため、運動量も多く、動きやすい服装や疲れにくいシューズを着用することが重要です。

体力や重いものを持つ自信がない場合は、取り扱う商品を確認して無理のない企業を選ぶと良いでしょう。短時間のシフトから始めるのもおすすめです。

ピッキングの仕事に必要なスキルは?

ピッキングは比較的簡単にできますが、必要なスキルもあります。求められるスキルは、スピーディーで正確に仕事をこなすことです。

また、発注書を的確に読み取り、商品の棚の位置をなるべく早く覚えること求められます。商品ごとの取り扱いも大切なスキルです。食料品は賞味期限の短いものから選び、日数が微妙なものは外すなど臨機応変に対応します。

スキルの他に、向いている性格もあります。大雑把や大胆な性格より、細かいことに気が付くほうがピッキングには適しています。

スキル①同じ作業が苦にならない

ピッキングに必要なスキルは、同じ作業が苦にならない性格です。発注書を確認して必要な商品を間違いなく集める作業の繰り返しです。

飽きっぽい性格では数時間も続かないこともあります。似たような商品から目的のものを的確に選び続け、ミスが許されないプレッシャーは、精神的にきつくなります。

そこで、発注書を確認する時すでにルートを頭の中に構築します。無駄な動きを省いて作業スピードを高める戦略を練ります。同じ作業を逆手にとって効率を上げ、こなせる仕事量が増えれば評価もアップできます。

スキル②最低限のコミュニケーション能力

ピッキングは、最低限のコミュニケーション能力も求められるスキルです。黙々と1人で作業に取り組むイメージですが、わからないことを質問したり作業の進め方を確認したりも必要です。

商品が見つからない時や発注書の記載内容の判断に困った時は、臆せずに周囲の方に相談します。休憩時間は商品の棚を覚えるコツなどを聞いて、自分のスキルに活かすことが出来ます。

ピッキングは孤独な作業ではなく、チームワークで行います。特にトータルピッキングは共同作業も行います。コミュニケーションが苦手な方は、作業を進めるために必要最低限は質問するように努めて下さい。

未経験からピッキングの仕事を始めてみよう

ピッキング業務は比較的単純で簡単なため、求められるスキルが少ない仕事です。仕事内容は、倉庫で発注書を基に商品を集め、検収や梱包担当者へ渡すまでを担当します。ECサイトなどでお客様へミスなく商品を届けるために欠かせない業務です。

ピッキング業務のメリットは、すぐに作業を始められ、収入を得られる点です。デメリットは、正確さとスピードが求められるプレッシャー、体力や作業環境の厳しさなどです。ピッキング業務は求人も多くあるので、未経験からでも仕事を始めましょう。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。