記事更新日:

制服の買取業者おすすめ人気ランキング6選!高価買取のコツとは?

中学・高校の制服、部活のユニフォームなど、古くなった制服を売りたいと思っていませんか?とはいえ、どのように売ればいいのか方法が分からないという方も多いことでしょう。今回は、制服を安全に売る方法やおすすめの買取業者、制服を高く売るコツなどをご紹介します。ぜひ情報を役立てていただき、満足のいく買取を成功させましょう。

参考リンク:口コミで評判の制服買取店をおすすめランキング

いらなくなった制服を売ってもいいの?

学校の制服や学生服、自宅のクローゼットやタンスにしまい込まれている制服ですが、使わなくなったけど思い出のある制服や学生服、ユニフォームを処分するのはもったいないと考える方が増えています。

しかし、使わなくなった制服を買取業者に売りたいと思っても、法的に大丈夫なのでしょうか?まずは、制服やユニフォームを売る行為について確認しておきましょう。

制服買取は違法行為なの?

結論から言うと、手元にある学生時代の制服や部活のユニフォームを売るだけであれば、どのような販売方法であっても違法ではありません。

違法になるとすれば、同級生の制服を集めてまとめて売ったり、業者のように何度も繰り返して売ったりした場合でしょう。このような反復継続的な販売を行う場合は、「古物商」の許可が必要になります。

古物商が行う古物営業は、未成年者は許可を得ることができませんので、中学や高校を卒業したばかりの方は、個人使用の制服を売る以外のことはできません。逆に言えば、自分の制服を個人的に販売するだけであれば、何の法律違反にもなりません。

ただし、販売する相手が法律に違反している可能性はあります。例えば、先ほど説明したような古物商としての認可を受けていない会社などです。制服に限らず、リサイクルショップや古着屋さんが中古品を販売するには、古物商の許可を得なければなりません。

しかし、現実にはそのような許可を得ずに営業している制服買取業者も少なくありません。また、古物商では、買取価格が1万円以上の場合、販売者に身分証明書の提示を求め、個人情報を聞き出します。

これは法律で定められていることなので、この個人情報を取得しないと法律違反になります。制服が1万円以上で売られているにもかかわらず、個人情報の開示を求められない場合は、業者が法律に違反している可能性があります。

しかし、まず覚えておいていただきたいのは、その業者が正規の業者であろうと非正規の業者であろうと、制服を買い取りしてもらった側は法律違反ではないということです。

フリマやネットオークションでは禁止

結論から言うと、中学・高校の制服を売ることは法律的には問題ありません。しかし、メルカリやヤフオクなどのサイトで売ると、規約違反が発覚した場合、メルカリやヤフオク、ラクマのアカウントが停止され、メルカリやヤフオク、ラクマでの売買ができなくなる可能性があります。

制服・学生服1着を売るためだけに、その後メルカリなどのフリマアプリが使えなくなるのは、とても損だと思います。また、メルカリのような第三者に直接学生服を売るとなると、個人情報の漏洩が心配です。

売るときに個人情報が漏れることや、誰が何の目的で買ってくれるかわからないことを考えると、とても不安な方法だと言えます。

制服買取業者に売るのが安全

制服を売ることで、身バレするのが不安な方、また家族にバレるのが心配という方もいらっしゃいます。心配な方は、ネットオークションや掲示板などで不特定多数の相手に売るのではなく、信頼できる買取業者に制服の買取を依頼した方が安全です。

基本的に制服買取業者は、リサイクルショップと同様に、各都道府県の公安委員会から古物商許可を得て営業しています。

古物商許可証の主な目的は、個人情報保護の面で問題がないようにすることと、盗品の販売を防ぐことにあります。そのため、古物商許可業者を利用すれば、制服を売ったことが学校や会社にバレる心配はありません。

制服買取業者の上手な選び方

制服の買取会社を選ぶ際、「高額で買い取ってくれるかどうか」というポイントは確かに重要な要素ですが、比較すべき要素はそれだけではありません。ここでは、買取価格以外の3つのポイントをご紹介します。

選び方①買取にかかる手間

まず1つ目の選び方のポイントは、買取にかかる手間です。インターネットでユニフォームの買取を行っている業者はたくさんありますが、手当たり次第に査定してもらうのは賢い方法ではありません。

まずは、わざわざ査定してもらう価値があるのかどうかを見極めて、買取にムダな手間をかけないようにしましょう。

制服を売りたい理由の中には、少しでも高く売りたいということだけでなく、少しでも早くお金をもらいたいという理由もあることでしょう。

そのため、実際、多くのお店では、制服査定の一環として、専用の箱やキットを用意して、すばやい買取を行っています。ダンボールや袋を送ってくれるので、その中にユニフォームを入れて送り返すだけです。

選び方②入金の早さ

制服を郵送させるだけで、お金を払わない悪質な制服買取業者もあります。悪質な業者ではなくても、キャッシュフローが十分でない会社の場合、キャッシュフローを生み出すのに時間がかかり、制服を郵送しても、支払いを受けるのは取引が完了してからずっと後になることもあります。

場合によっては、制服を送った先で最終的なキャッシュフローが発生するまで入金が確認できないこともあります。簡単に言えば、取引完了後すぐに支払いをしてくれる会社は、キャッシュフローに余裕のある信頼できる会社ということになります。

今にも廃業しそうな不安定な会社に制服を売ってしまうと、お金が支払われない可能性がありますので気をつけましょう。入金が早いお店を選ぶためには、審査のスピード、審査から買取、入金までのスピードを明記している会社を選びましょう。

平均的なスピードは、送った制服が到着してから2~3営業日で査定結果が出て、取引成立後1~2日で入金が確認されます。ホームページに入金までのスケジュールを明記している会社や、電話で問い合わせた際に入金日を明確に教えてくれる会社を選ぶと安心です。

逆に、電話で入金日を聞いても返事がなかったり、時間がかかると言われたりした場合は、その会社を利用しない方がいいでしょう。

選び方③口コミや評判

制服買取業者に関する口コミはそれほど多くはありませんが、中にはインターネット上で公開されているものもあります。参考になりそうな信用できる口コミがあれば、ぜひチェックしてみてください。

買取業者に制服を売る際の注意点

それでは、具体的に制服を売る際に気をつけるべき注意点についてみていきましょう。以下のポイントを押さえておくことで、安心・安全に制服の売買を行うことができます。

ブルセラショップでないか確認する

売ろうとしている業者がブルセラショップではないかどうかも確認しておきましょう。「ブルセラ」とは、「ブルマ」と「セーラー服」を合わせた造語で、ある種のマニアを相手にしたアダルトショップのことです。

なぜブルセラショップが危険なのかというと、先ほどお話しした古物商の免許を申請していない店が多く、個人情報を扱うリスクが高まるからです。

また、直販の場合、商品の写真(実際に着用している写真)を撮らなければならないケースもあり、モラルに反する場合もあります。

でも、リスクを考えれば、高く売れるのでは?と思われるかもしれません。しかし、意外とそうではなく、通常の買取業者とあまり変わらない価格になることが多いのです。

このように、制服の買取業者を選ぶ際には、買取価格だけでなく、安全性にも注意を払う必要があります。

個人情報に注意する

制服には、ポケットの裏などに「名札」が付いています。また、刺繍された名前が縫い付けられているものもあります。珍しい名前だったり、フルネームが書かれていたりすると、学校や名前から素性がバレてしまうのではないかと心配になることがあります。

どうしても気になる場合は、マジックで名前を記入したり、縫い付けられたタグを外したりするなどの対策が必要でしょう。なお、刺繍された名前などは、生地を切ってしまうと買取不可になるケースがほとんどですので、注意してください。

制服買取業者のおすすめ6選

ここでは、数ある制服買取業者の中でもおすすめのお店を5つご紹介します。まずは、それぞれのお店の特徴を知り、自分にぴったりのお店で買取をお願いするようにしましょう。

おすすめ制服買取①ラミパス

ラミパスではWeb、またはLINEで査定のお申し込みができるので、気軽に申し込みが可能です。その際、個人情報もしっかりと保護しているので、安心して取引することができます。

ラミパスの特徴

Web、またはLINEで申し込みした後は、キットが届くのを待って、届き次第不要な制服を箱詰めし、着払いで送り返すだけで査定の申し込みが完了します。自宅にいるだけで簡単に査定に出すことが可能です!

ラミパスでは、学校名入力で買取相場がネット上で分かるので事前に相場を調べる事も可能です。査定額に納得がいけば、即振り込みにて入金してくれるので、急ぎでお小遣いが欲しい方にもおすすめです。

制服買取ラミパスの公式HPを詳しく見る

ラミパスのサービス紹介動画

おすすめ制服買取②テケテケ

テケテケは学生服を中心に部活ユニフォームやチアリーディング衣装、会社制服など幅広いジャンルの買取に対応している買取サイトです。公安委員会の許可を得て営業しているので、安心安全に取引ができます。

テケテケの特徴

テケテケも宅配買取に対応していて買取キットを手配してくれます。自分で資材を準備する手間もかからず無料で査定に出すことができます。公式LINEから買取査定依頼ができるので、手続きも簡単!

しかも買取キット不要でご自身でダンボールを用意された場合は買取査定価格が上乗せされるキャンペーンもやっています。学生服や、部活のユニフォーム、会社制服など幅広いジャンルの買取にも対応しておりますので、家の中に眠っている制服関連のアイテムをまとめて査定に出してみてはいかがでしょうか。

テケテケの公式HPを詳しく見る

おすすめ制服買取③りぼん

 

 

りぼんは制服を中心に買取しているサイトですが、りぼんの運営会社では制服以外にも、様々な買取店を運営しております!例えばゴスロリファッション買取店や電動工具買取店、アウトドア用品買取店など幅広いアイテムを取り扱う買取販売の専門企業です。長年の実績から安心して取引を行えるおすすめのサイトです。

りぼんの特徴

りぼんは中学高校の制服を宅配買取専門で買取しているサービスで、送料無料、買取キット不要で査定金額アップなど制服を処分したい方におすすめのサービスです。問い合わせ返答や、入金までのスピードも定評があり、安心のできる買取サービスです。制服、学生服、ユニフォーム体操服など、もう着ないものがある方はりぼんで査定を検討してみてはいかがでしょうか?

りぼんの公式HPを詳しく見る

おすすめ制服買取④A-SPORTS

A-SPORTSは、スポーツ・アウトドア用品の専門店ですが、中学・高校の制服の買取も可能です。女性スタッフが査定してくれる「女性専用窓口」もあるので、女性スタッフに査定してもらいたいという女性の方は利用してみてはいかがでしょうか。

A-SPORTSの特徴

A-SPORTSはスポーツ関連の専門店なので、制服だけでなく、部活のユニフォームやスポーツ用品、アウトドア用品などをまとめて売るのにも適しています。取引方法は「店頭」「出張」「宅配」の3種類があり、どこに住んでいても気軽に宅配買取を申し込むことができます。

A-SPORTSの公式HPを詳しく見る

おすすめ制服買取⑤パディピア

パディピアは、女子の制服に特化した制服買取専門店です。学校の制服やランドセルなどの小物だけでなく、スポーツウェアやプロのユニフォームも買取しています。

パディピアの特徴

パディピアはLINE査定にも対応しており、写真と簡単な説明文を添えるだけで簡単に査定してもらうことができます。買取方法は店頭、宅配、出張の3つの方法から選べます。最もおすすめなのは、無料の宅配買取サービスです。希望すれば、宅配キットも用意されているのがうれしいポイントです。

パディピアの公式HPを詳しく見る

おすすめ制服買取⑥制服買取専門.net

制服買取.netは、中学・高校の女子制服を専門に買い取るお店です。日本全国の制服の宅配買取を受け付けています。

制服買取専門.netの特徴

制服買取.netでは、キャンセル料や送料が無料なのが嬉しいポイントです。制服専門店なので、需要に応じた高額査定が期待できます。特に買取を強化している学校名がホームページに掲載されているので、取引の前に確認することをおすすめします。

また、ホームページから制服に関する簡単な情報を送るだけで、査定額の目安を知ることができます。また、一部の公立学校の買取にも対応していますので、まずは気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

制服買取専門.netの公式HPを詳しく見る

制服買取⑦スクユニ

スクユニは、制服の相場や実際の買取価格など、役立つ情報をホームページで公開している評判の良い会社です。また、個人情報の保護も徹底しているので、安心して取引ができます。

スクユニの特徴

スクユニの魅力は、スマートフォンやPCから簡単に査定の申し込みができるという手軽さです。また、梱包キットも用意されているので、申し込み後はキットの到着を待ち、不要な制服を箱に詰めて着払いで送り返せば、査定の申し込みが完了します。

また、事前にホームページで買取価格を確認することができるので、自分の制服がいくらで買い取ってもらえるのかを知った上で買取を決めることができます。

スクユニの公式HPを詳しく見る

制服を高価買取してもらうコツ

それでは、最後に制服を高価に買い取りしてもらうための、抑えておくべきコツもご紹介します。こうしたコツを把握しておくことで、思わぬ値段で買い取りしてもらえることもあります。

コツ①古くなる前に売る

数年前の学生服でも売ることはできますが、在校生が購入することを考えると、デザインが新しいほど需要があり、高価になる傾向があります。現在学生の方や卒業された方は、もう着ないと思ったらすぐに制服を売った方が、高額で買い取ってもらえます。

コツ②セットで売る

ブレザーとスカートは必ずセットで売るのと、学校指定のリボンや靴下などの付属品があるならセットで売るようにすると買取価格に大きな差が出ます。

また、夏服と冬服を一緒に売ることで、比較的高値がつくこともあります。その理由は、「入学予定だけど新品は高いから安く再利用したい」という方や、「卒業したけどハロウィンなどのイベントでもう一度着たい」という需要が高いからです。

そのような目的の方にとっては、多少高くてもセットで買ったほうが、一枚ずつ買い集める手間が省けます。逆に、売る側が別々に売ってしまうと、買い手が少なくなってしまい、結果的に買取価格が低くなります。

コツ③キャンペーンを利用する

エコ買取プランや、着物浴衣とジャニーズグッズを一緒に売るなど、お店のキャンペーンを利用するのも売り方の一つです。1,000円査定額アップ、500円査定額アップ、などお店ごとにさまざまなキャンペーンを行っているので、対象となる方はぜひ利用してみてください。

また、自分で梱包して着払いで発送すると、査定額を1,000円アップしてくれるといういうようなサービスを用意しているお店もあります。制服を少しでも高く売るために、こうしたキャンペーンをできるだけ利用したほうがいいでしょう。

参考リンク:制服買取業者おすすめ8選人気ランキング

不要になった制服を高く買い取ってもらおう

今回は、制服を安全に売るときのコツやおすすめの買取業者をご紹介しましたが、いかがでしたか?制服の買取にはいくつかのリスクがありますが、信頼できる買取業者を選べば、法的にも道義的にも問題はありません。

むしろ、制服を必要としている方の手に渡ることで、売る側、買う側、そして制服自体にとっても益になると言えます。制服を売ってお小遣い稼ぎをしたいと考えている方は、記事内でおすすめした買取業者を利用してみるのはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから





※記事の掲載内容は執筆当時のものです。