記事更新日:

制服をリサイクルするには?学生服は処分より買取がおすすめ!

学校を卒業して着なくなった制服や、身長が伸びて着られなくなったので不要になった制服は、どのように処分していますか?思い出の詰まった制服とはいえ、いつまでもタンスの肥やしにしておくわけにはいきません。そんなユニフォームの処分方法について考えてみましょう。制服の処分には、「ゴミとして捨てる」「譲る」「リサイクルする」などの方法があります。当記事ではそれぞれの方法について、詳しく説明していきます。

制服リサイクルとは?

最近、「リサイクル」という言葉をよく耳にしませんか?「リサイクル」とは、簡単に言えば「再利用」ということです。地球の資源を大切にして、不要なものを捨てるだけでなく、再利用するという考え方に基づいています。

資源の乱開発とそれに伴う環境破壊が深刻な問題となっている現代では、環境への負荷を軽減することが急務となっています。そのためには、不要なものをいかに捨て、使えるものをいかに再利用するかをよく考えることが重要だと見直されています。

その鍵となるのが、「リサイクル(再利用)」です。特に学校の制服は、場所によっては高価で、家計の負担になっています。制服の処分に困っている方は、ぜひリサイクルをご検討ください。

制服を処分せずにリサイクルする3つの方法

中学・高校時代の制服をとっておく方と、すぐに処分してしまう方とに分かれますが、ずっと取っておいても再度着用することはないでしょうし、ゴミとして処分するくらいなら、有益な仕方で手放すことを考えてみてはいかがでしょうか。ここでは、中学・高校時代の古い制服をどう処分すればいいのかをご紹介します。

制服リサイクル①学校や団体に寄付する

日本ではまだ制服を寄付するルートがしっかりと確立されていませんが、NPOやボランティア団体が制服を寄付するための制服バンクを設立しています。また、学校のPTAや塾でも寄付制度があるかどうかを確認してみるとよいでしょう。

制服は作りがしっかりしているので、長く着ることができます。制服がまだ使えるのであれば、後輩のために寄付することを考えるのも一つの方法でしょう。新品だと7万円から10万円もする制服の購入費用が負担になっているご家庭があるのも事実です。

制服リサイクル②欲しい人にあげる

親戚や知人に同じ学校に通うお子さんがいれば、制服をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。これも立派なリサイクルです。ただし、知り合い以外の誰かに「譲る」場合でも、譲る相手が着用する本人であることを確認できる方法で行うようにしましょう。

制服リサイクル③資源として回収してもらう

お住まいの地域の自治体によって異なるかもしれませんが、制服を資料として収集しているところもあります。基本的に制服を資源として回収する場合は、古着としての制服を回収することが多いです。

ただし、資源として回収できる制服は、まだ使える状態のものに限られます。再利用できない状態の制服は、可燃ゴミとして処分されます。

制服を処分するには、クリーンセンターに持ち込む方法もあります。クリーンセンターに持ち込むと、そのまま焼却炉に投入して処分することができます。

第三者の目に触れることなく処分できることに加え、焼却炉で燃やしてしまうので、名前などの個人情報が漏れることはありません。制服を資源として回収するか、可燃ゴミとして処分するかは、お住まいの地域の自治体によって異なります。

制服をゴミとして処分する場合は、自治体のルールに従わなければなりません。お住まいの地域の自治体のホームページや電話などで、処分方法を確認してから処分してください。

制服リサイクルのメリット・デメリットとは

制服を処分する方法は、それぞれメリットもあればデメリットもありますので、制服は賢く再利用することが大切です。ここでは、制服のリサイクルにまつわるメリットとデメリットをお伝えします。

制服リサイクルのメリット

制服は意外とお金がかかりますし、事情があって進学をあきらめなければならない家庭もあります。進学をあきらめなくても、制服を安く買えたり、譲ってもらえたりすると、とても助かります。また、制服のサイズが合わなくなって買い替えなければならないケースもあります。

そんなときにリサイクルすれば、学校の制服を必要としている方に届けることができます。リサイクルのメリットは、第一に、不要になった方から必要な方へ制服を引き継げるということです。

また、限られた資源を大切に使い、過剰な生産や消費を抑えることで、地球の資源を守ることにもつながります。つまり、制服のリサイクルは、お財布にも地球にも優しい方法なのです。

制服リサイクルのデメリット

では、リサイクルのデメリットについても考えてみましょう。まず、中古品を再利用して販売することで、新しい製品の生産・販売量が減り、産業や経済の成長が損なわれるという見方があります。

ネットオークションやフリマアプリなどで商品を売ることもリサイクルといえますが、知らない相手と取引することになるので、トラブルになりやすいというデメリットもあります。これらのデメリットを踏まえた上で、賢いリサイクルの方法を考える必要があります。

中古制服は専門業者に買取してもらおう

制服の処分で最もおすすめの方法は、制服買取業者に買い取ってもらうことです。特に女性は、制服の売買に抵抗があるかもしれませんが、適切な買取業者を選べば、安心して売却することができます。

買取で制服をお金に変えることができる

制服をどこで売ろうかと考えたときに、真っ先に思い浮かぶのはオークションサイトやフリマアプリかもしれません。ですが、これらのサイトは青少年保護条例により中古制服の販売が禁止されています。

また、不特定多数の相手に販売できるサイトでは、相手が誰かわからないことが多いので、アダルト目的で利用する方が購入する可能性もあります。

思い出が詰まった制服が、そのような目的で使われるのは避けたいものです。そのためにも、しっかりとした回収・買取業者を選ぶべきでしょう。

制服買取は安全?フリマで販売は可能?

制服の売却を検討している方にとって一番気になるのは、「法律的に売っても大丈夫なのか?安全なのか?」という疑問ではないでしょうか。結論から言うと、中学・高校の制服を売ることは合法で、法的には問題ありません。

しかし、メルカリやヤフオクなどのサイトで売ると、規約違反が発覚した場合、メルカリやヤフオク、ラクマのアカウントが停止され、今後売買ができなくなる可能性があります。

制服・学生服1着を売るためだけに、その後メルカリなどのフリマアプリが使えなくなるのは、とても損なことです。また、メルカリのような第三者に直接学生服を売るとなると、個人情報の漏洩も心配です。

このように、個人情報の流出や、誰が何の目的で買っているかわからないことを考えると、サイト上での自由な売買はとても不安な制服の売り方といえます。

制服買取業者の上手な選び方

結論から言うと、ちゃんとしたお店を選ぶことができれば、安心して制服を販売できます。そして、ちゃんとしたお店とは、学校の制服、それも男子の制服を買い取ってくれる専門店です。売る前に必ず確認しましょう。

選び方①男子学生服も買取している

制服や学生服を売るとき、特に女性の場合は、次に買う方の使用目的が一番大切です。大人の目的で購入されるのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか。

また、ブルセラショップのような大人向けのお店で購入するのも危険です。ブルセラショップかどうかを判断する一つの方法は、男子制服・女子制服を問わず、すべての学生服を買い取ってくれる店を探すことです。

選び方②公安委員会の認可を受けている

安全な制服買取店はどうやって探せばいいのでしょうか。大きなポイントとして、公安委員会の認可を受けた正規店で制服を売るのが安全で安心です。また、ボランティア活動や寄付活動を行っているお店もありますので、そういったお店であれば安心して購入できます。

選び方③買取査定にかかる手間が少ない

また、買取査定にかかる手間ができるだけ少ないお店を選ぶのも1つのポイントです。制服を売りたい理由の中には、高く売りたいだけでなく、できるだけ早くお金をもらいたいというものもありますよね。

特に宅配買取を行っているお店では、買取を申し込むと制服や学生服の梱包キットが自宅に届きます。また、会社によっては、自分で段ボールを用意することで価格がアップするキャンペーンも行っています。こうしたお店を選ぶなら、自宅にいながら簡単に制服を売ることができます。

中学や高校の制服はリサイクルや買取してもらおう!

以上、制服を処分せずにリサイクルする方法や、リサイクルのメリット・デメリットについてお伝えしました。自宅に古い制服が眠っている方はぜひリサイクルを考えてみましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。