記事更新日:

湯たんぽおすすめ15選!寒い冬を快適に過ごす選び方は?

寒い冬、足元を温めてくれる湯たんぽはエコの観点からも注目を浴びています。以前は、金属製の湯たんぽが主流でしたが、最近では充電式タイプや電子レンジ対応のものなど様々な種類が販売されています。今回は、湯たんぽを使うメリットや選び方のポイント、おすすめの湯たんぽをご紹介していくのでどうぞご覧ください。

湯たんぽを使うメリット

寒い冬「足が冷たくてなかなか寝付けない」という方はいませんか?そんな時に活躍するのが湯たんぽです。湯たんぽは、お湯を入れるだけで足元や体を温めてくれる暖房グッズとして活用できます。ここでは、湯たんぽを使うメリットについて解説していきます。

湯たんぽを使用する最大のメリットはエコなところです。湯たんぽはお湯を入れるだけで利用できるので余計なエネルギーを使うことがありません。また、本体を購入すれば何度でも利用できるのでコストパフォーマンスにも優れています。

ほかにも、100均などでも手軽に購入できるところや使用中はガスや電気を使わないことから火事の心配がない・空気が乾燥しないといったところもメリットにあげられます。

湯たんぽの選び方ポイント

ここまでは、湯たんぽを使うメリットについて解説してきました。ここからは、湯たんぽの選び方のポイントをチェックしていきましょう。

選び方①素材の種類

湯たんぽの素材には、昔ながらのトタンやブリキといった金属製・陶器製・プラスチック製・ゴム製などの種類があります。銅・ステンレス・チタンなどは金属製に分類されますが、耐久性が高くなる分値段も高くなる傾向があります。

金属製の湯たんぽは、熱伝導率が高く耐久性に優れているのが特徴です。直火加熱できるものが多く販売されており、お湯を入れ替えずに何度も使えるのが魅力です。ただし、お湯を入れるとすぐに熱くなるためやけどに注意が必要なところや錆やすいといったデメリットがあります。

陶器製の湯たんぽは、金属製のものより熱伝導率は低くなりますが、保温性には優れており温かみのある見た目も魅力です。しかし、金属製やプラスチック製のものと比べるとかなり重く壊れやすいのが難点です。

プラスチック製の湯たんぽは、成型しやすいため様々なタイプのものが販売されています。値段が安価で、錆びたり割れたり破れたりといった心配がなく、長く使用できるといったメリットがあります。また、カバーの種類が豊富なところも魅力です。金属製の湯たんぽよりも保温性には劣りますが、あまり高温にならないため赤ちゃんやペットにも使用できます。

ゴム製の湯たんぽは、柔らかな触り心地で体の形に合わせて温めたい場所にフィットさせることができます。プラスチック製同様に、可愛いデザインのものが多く、お子様やペットの使用にも最適です。また、氷枕として使用できるところも魅力です。

ただし、熱湯に弱く自立しないためお湯を入れるのが面倒なところがデメリットです。このように、素材によってメリットやデメリットが違ってくれるので自分の条件に合った素材を選ぶようにしましょう。

選び方②保温の持続時間

湯たんぽを購入するなら、保温の持続時間もチェックしておきましょう。就寝時に使用するなら、7時間~8時間の保温時間があるものを選ぶのがおすすめです。

散歩の際に使用する場合や室内で寒い時に使用したい場合は、3時間~4時間程度の持続するものを選ぶと良いでしょう。素材や大きさによって持続時間が違ってくるので、使用目的に合ったものを選ぶようにしてください。

選び方③温め方

湯たんぽには、お湯を入れて使用するタイプのほかに電子レンジに対応したものや充電式に対応したものがあります。電子レンジ式は、レンジに入れて2~3数分温めだけですぐに使うことができますが、使用回数が限れているのでマメに買い替える必要があります。

充電式は、使用する前に10~20分充電すると朝まで使うことができます。熱湯を使わないので、安全に使用できると近年注目されています。また、充電式には、温度調節機能が搭載れているタイプもあるのでそういったタイプを選ぶのもおすすめです。

選び方④サイズ

湯たんぽは、様々なサイズのものが販売されています。足元を温めたり布団を温めたりしたいなら、2.5L~3.0L程度のサイズが適しています。また、散歩などに持ち歩きたいなら、手のひらサイズの湯たんぽが最適です。このように、使用するシーンに合ったサイズの湯たんぽを選ぶようにしましょう

湯たんぽおすすめ15選

ここまでは、湯たんぽの選び方のポイントについて詳しく解説してきました。ここからはおすすめの湯たんぽ15選を厳選してご紹介していくので、一緒にみていきましょう。

おすすめ①クロッツ やわらか湯たんぽ たまご型タイプ

クロッツ やわらか湯たんぽ たまご型タイプ
クロッツ やわらか湯たんぽ たまご型タイプ
耐熱温度】100℃ 【本体サイズ】約24×19×3cm 【製品重量】約160g

クロッツ やわらか湯たんぽ たまご型タイプは、低温やけどしにくくやわらかいウェットスーツ素材で作られている新感覚の湯たんぽです。肌触りが良く、心地よい温かさで体を温めてくれます。保温性に優れておりカバー無しでも使用できます。

【基本情報】

素材 本体:クロロプレンゴム・ナイロン・PET・
キャップ:ABS
ネジ付きローと:再生ポリプロピレン
サイズ 約24×19×3cm
重量 約160g
お湯の容量 約1.2L
耐熱温度 100℃
口コミ・評判

心地よい柔らかさと、保護カバーをしなくてもちょうど良い暖かさで火傷するような熱さにはなりません。翌朝湯たんぽのお湯を捨てるのが待ったないほど保温性抜群で一晩以上暖かさが持続します。

引用:Amazon

 

柔らかいのでお湯を入れたり出したりする時に少し注意が必要ですが、すぐコツを覚えました。ほんのり温かいし柔らかいので、足元だけでなく、脇に抱えたり首元に置いたり、温めたい箇所に自由自在に置けるので手放せません。

引用:Amazon

おすすめ②クロッツ やわらか湯たんぽ 座ぶとんタイプ

クロッツ やわらか湯たんぽ 座ぶとんタイプ
クロッツ やわらか湯たんぽ 座ぶとんタイプ
【耐熱温度】100℃ 【本体サイズ】約52×35×3cm 【製品重量】約600g

クロッツ やわらか湯たんぽ 座ぶとんタイプは、クロッツが取り扱う湯たんぽの中で1番面積が広いタイプで、お尻や背中・足の下に入れて使用したり、ひざ掛けとして使用したりといろいろな用途に使うことができます。肘掛けがある椅子や車椅子などの大きめのいすに使用できるところもポイントです。

【基本情報】

素材 本体:クロロプレンゴム・ナイロン・PET・
キャップ:ABS
ネジ付きローと:再生ポリプロピレン
サイズ 約52×35×3cm
重量 約600g
お湯の容量 約2.0L
耐熱温度 100℃
口コミ・評判

寝るときにも使えますし、普段、背もたれにしてもいいし
お腹にのせてもいいし本当にいろんな使い方ができます。

引用:Amazon

 

こちらの商品はいくつか愛用していますが、いつもハズレがありません。今回もベッドの足元を温めるのに良いと思い購入。買って良かったです。ふつうの湯たんぽと違って広い範囲を優しく温めてくれるので、足が伸び伸びでき、ぐっすり眠れます。オススメですよ

引用:Amazon

おすすめ③ハック 蓄熱充電式湯たんぽ ヌックホット

ハック 蓄熱充電式湯たんぽ ヌックホット
ハック 蓄熱充電式湯たんぽ ヌックホット
使用時間約4~5時間持続 蓄熱時間:8~15分

ハック 蓄熱充電式湯たんぽ ヌックホットは、お湯の交換がいらない充電式の湯たんぽです。約8~15分で充電で、4~5時間温かさが持続します。何度も繰り返し蓄電ができるほか、肌触りの良いケースも付いています。

【基本情報】

素材 ポリエステル・ABS・PVC(蓄熱材:水)
サイズ W23×D4.5×H17cm
重量 約1.1kg
表面温度 約60℃
電源 AC100V 50/60hz
口コミ・評判

充電式なので手軽に使えます。
10分もかからずに充電できるので使いたいときにすぐ使えていいです。とても温かくお湯を入れるタイプの湯タンポとかわりないです。

引用:Amazon

 

10~15分程度でめちゃめちゃ温まり、布団の足元にいれて寝ると足先もポカポカと暖かくなり朝までずっと足元は温かいです!私の極寒つま先もこの湯タンポを使うと温度が上昇します。買って満足、元もとれた気がします。

引用:Amazon

おすすめ④マルカ 湯たんぽ Aエース

マルカ 湯たんぽ Aエース
マルカ 湯たんぽ Aエース
本体サイズ:約W29.5×D21.6×H7.4cm、トタン板厚:約0.5mm 本体重量:0.61kg

マルカ 湯たんぽ Aエースは、金属製の湯たんぽなのでガスコンロはもちろんIHやストーブ・焚火でもそのまま温めることができます。底がフラットで安定しているのでお湯が注ぎやすいだけでなく、内部には支柱が入っているので温度が下がっても凹みにくいなっています。湯たんぽを入れる袋も付いています。

【基本情報】

素材 本体:溶融亜鉛メッキ鋼板
口金:しんちゅう
パッキン:合成ゴム
サイズ 約W29.5×D21.6×H7.4cm
トタン板厚:約0.5mm
重量 0.61kg
お湯の容量 約2.5L
口コミ・評判

氷点下でのキャンプで、体の前は焚き火で暖まれるが、背中は寒い。
その時に、この湯たんぽで背中を暖めれる。
お湯を入れるのではなく、湯たんぽごと直火にかけれるので、とても楽。

引用:Amazon

 

直火でもIHでも使えるとのことで、購入を決めました。夜は布団に入れれば朝まで暖かいし、朝は愛犬のために膝掛けにくるんで置いておけば、仕事から帰ってきてもまだ充分暖かいです。

引用:Amazon

おすすめ⑤白元アース レンジでゆたぽん

白元アース レンジでゆたぽん
白元アース レンジでゆたぽん
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :サイズ:W380×D224×H30㎜

白元アース レンジでゆたぽんは、電子レンジでチンするだけで心地よい温かさになるジェルタイプの湯たんぽです。大きさが通常サイズの2倍あるので、ふとんの中を広範囲に温めることが可能です。ふわふわ素材の洗える専用カバーが付いており、温かさが約7時間持続するので朝までぐっすり眠れます。

【基本情報】

カバー素材 ポリエステル
サイズ W380×D224×H30㎜
成分 水・ゲル化剤・色素
口コミ・評判

布団の中に入れておくと中の空気が温められてポカポカします。
足を上に乗せると足先が温まり心地良いです。
身体の末端が温まると自然と寝付きやすくなってとても良いです。おかげで冬でもしっかり眠れるようになりました。

引用:Amazon

 

湯たんぽだとお湯を沸かして、翌朝捨てるのが面倒ですが、こちらはレンジで温めるだけなので簡単。このサイズなら両足が乗るのがとてもいい!!寝るとき、冷たい布団の足元に置いておくと、暖かいです。朝も緩いくらいに暖かいので、保温力もあるかと。

引用:Amazon

おすすめ⑥TONGMO 湯たんぽボトル かわいいカバー付き

TONGMO 湯たんぽボトル かわいいカバー付き
TONGMO 湯たんぽボトル かわいいカバー付き
ゆたんぽの耐熱温度120℃、耐冷温度-20℃ 。サイズ/容量36cm×11cm/容量850mL。

TONGMO 湯たんぽボトル かわいいカバー付きは、これまでにないおしゃれなデザインが魅力の湯たんぽです。安全のPVC素材を使用しているので、肌触りが良く水漏れの心配もありません。小さめサイズなので、膝の上に乗せて使うなどデスクワーク中にも活躍します。また、低温やけどを防ぐための専用カバーも付いています。

【基本情報】

素材 PVC
サイズ 36×11cm
重量 320g
お湯の容量 850ml
耐熱温度 120℃
耐冷温度 -20℃
口コミ・評判

ぬるい感じがずっと続くので、ちいさな子どもや年配の方には良いかも…
カバーは外して洗えるので替えがあると良いかも

引用:Amazon

 

お湯の温度を調整することなく注げるのが本当に便利!
電気の温もりではなく、じんわり温かくなる感じが身体にも心にも良いです。

引用:Amazon

おすすめ⑦ANKIPO 充電式 ゆたんぽ

ANKIPO 充電式 ゆたんぽ
ANKIPO 充電式 ゆたんぽ
1回わずか15分ほどの充電で最大で約12時間ほど温かさが続きます。充電することで熱が蓄えられる蓄熱タイプです。

ANKIPO 充電式 ゆたんぽは、お湯の交換不要で繰り返し使える充電タイプの湯たんぽです。寒い季節はもちろん、クーラーの効きすぎた室内でも活躍します。1回15分程度の充電で、最大で約12時間ほど温かさが持続するところがポイントです。また温度が70℃以上になると、電源がオフになる「自動電源オフ機能」が搭載されているので安心して使用できます。

【基本情報】

素材 PVC・ポリエステル
人造うさぎの毛
サイズ 260×185×35mm
消費電力 最大400W
電源 AC100V 50HZ/60HZ
口コミ・評判

充電式湯たんぽは凄く便利ですよ。
思ったより充電は早いし、カバーはもふもふで気持ちいいし、なんといってもこのお値段❗️コスパはいいと思います。

引用:Amazon

 

実際商品がとどき、開封してみると、ふわふわのカバーでした。はやりメインは足に当てて寝るのですが、これだけもこもこしていると気持ちがいいです。そして、使用してみると、熱すぎず、気持ちい暖かさです。

引用:Amazon

おすすめ⑧クロッツ やわらか湯たんぽ 足用ショートタイプ

クロッツ やわらか湯たんぽ 足用ショートタイプ
クロッツ やわらか湯たんぽ 足用ショートタイプ
【耐熱温度】100℃ 【本体サイズ】S:約24cm 【製品重量】約780g

クロッツ やわらか湯たんぽ 足用ショートタイプは、足専用の新感覚の湯たんぽで、靴下のうえから履くだけで手軽に足湯の心地よさが味わえます。湯たんぽを履いたまま室内での軽い移動ができるので、キッチンでの立ち仕事やオフィスでも活用できます。足裏までお湯が入るので、足元からしっかり温めてくれます。

【基本情報】

素材 本体:クロロプレンゴム・ナイロン・PET
キャップ:ABS
サイズ S(24cm)・M(27cm)/靴の高さ(13cm)
重量 S(約780g)・M(800g)
耐熱温度 100℃
カラー レッド・ブラック
お湯の容量 片足1.1L
口コミ・評判

足湯をしているような温かさで、体全身がポカポカと温まります。
やる気もみなぎります。リラックス効果はさることながら健康にもいいと思います。

引用:Amazon

 

リピです。最高です。少し高いと思いましたが、冬の必需品、これがないともう生きて行けません。足がじわ〜っと温まると幸せになります。夫婦で愛用しています。

引用:Amazon

おすすめ⑨タンゲ化学工業 呼吸する湯たんぽ

タンゲ化学工業 呼吸する湯たんぽ
タンゲ化学工業 呼吸する湯たんぽ
サイズ:幅22×奥行9×高さ25cm 本体重量:49g

タンゲ化学工業 呼吸する湯たんぽは、業界初の呼吸する技術を取り入れることで、中のお湯が少くなても冷めても変形するのを防いでくれます。また、センターホール構造でより丈夫で安心して使用できます。本体が立てられるので、ちょっとした隙間に収納できるところが魅力です。

【基本情報】

素材 本体:ポリエチレン
キャップ:ポリプロピレン
サイズ 幅22×奥行9×高さ25cm
重量 49g
お湯の容量 1.8L
口コミ・評判

熱湯を入れられるのが凄いです。お湯捨ても立つので捨てやすく、カバーも付いていますし、朝までホカホカです。買って大満足です。

引用:Amazon

 

ふとした事で、満タンに入れなくていい
この商品を見つけて、使ってみたところ超便利!適当に余ったお湯入れれば布団の中がホカホカになって半分以上入れれば朝までしっかり持ちます。

引用:Amazon

おすすめ⑩タンゲ化学工業 立つ湯たんぽ

タンゲ化学工業 立つ湯たんぽ
タンゲ化学工業 立つ湯たんぽ
サイズ:幅220×奥行270×高100mm 本体重量:450g

タンゲ化学工業 立つ湯たんぽは、お湯漏れのしない一体成型を採用したポリ湯たんぽです。湯たんぽ本体が自立するため、本体に触れずに上からカバーがかけられるほか流し台など縁に立ててキャップを外せば、お湯捨てが簡単にできます。また、持ち手部分にはお湯が入らない構造になっているのもポイントです。

【基本情報】

素材 本体:ポリエチレン
キャップ:ポリプロピレン
サイズ 幅220×奥行270×高さ100mm
重量 450g
お湯の容量 2.6L
口コミ・評判

他の湯たんぽと1番違う点は熱くなりすぎない点です。
上部に空間が出来る様に設計されている為、布団に入れてちょんちょん足で触る程度なら温度もちょうどよく朝まであったかいです。

引用:Amazon

 

暖かく夜に入れた湯たんぽは、もちろん朝になっても充分に暖かく、そのまま夜まで布団の中に入れておいたら、ぬるくなっている程の保温力。コスパ最強ですので、リピ購入。これからまた20年と言わず10年持ってくれたら御の字です。

引用:Amazon

おすすめ⑪タンゲ化学工業 受験生ゆたんぽ

タンゲ化学工業 受験生ゆたんぽ
タンゲ化学工業 受験生ゆたんぽ
サイズ(約):30×23×9.7cm 素材・材質:ポリエチレン 生産国:日本 容量:2.0L

タンゲ化学工業 受験生ゆたんぽは、通常の湯たんぽとして使用できるのはもちろん、足元を温めて頭をすっきりさせる「頭寒足熱」本体の傾斜を活かした「ストレッチ効果」本体についた突起を使った「ツボ押し」など1台で4つの役割を果たす多機能湯たんぽです。この受験生バージョンには、専用のカバーと厳島神社の合格祈願お札が付属されているのがポイントです。

【基本情報】

素材 ポリエチレン
サイズ 30×23×9.7cm
お湯の容量 2.0L
口コミ・評判

毎晩の湯沸かしは 面倒ですが、朝まで暖かいです。合格。
高密度ポリエチレン樹脂製なので、可なり長持ちするでしょう。
形状もお気に入り。

引用:Amazon

 

最高です
COVID-19で換気しなければならない時、机の下に置いておいて、使いました。寒さにも負けること無く、風邪引くこともなく過ごすことができました。

引用:Amazon

おすすめ⑫土井金属化成トタン 湯たんぽ miniまる

土井金属化成トタン 湯たんぽ miniまる
土井金属化成トタン 湯たんぽ miniまる
サイズ: 直径192×高さ64mm 質量: 360g

土井金属化成トタン 湯たんぽ miniまるは、熱伝導率の高い金属製の湯たんぽで体に優しい自然の温もりが快適な睡眠へと導きます。コロンとした可愛い見た目が魅力で、ミニサイズなので持ち運びにも便利です。また、底面は平らになっているので、直火にかけられるだけでなくIHにも使えます。

【基本情報】

素材 亜鉛メッキ鋼板(焼付)・真鍮
亜鉛鉄線・合成ゴム・ポリエステル
サイズ 約205φ×64H
重量 約490g
お湯の容量 約1.2L
口コミ・評判

製品自体をコンロにかけて温められるので、使い勝手が良いです!
沸騰するまで温めると翌朝までぬくもりが持続します。

引用:Amazon

 

miniまる、とても気に入っています。
がんがんに沸かした熱湯を入れても大丈夫ですし、替えのゴムパッキンもついていましたし、
とにかくかわいいので、使っていないときでも、コロンとしたminiまるの姿を見ると、「なんてかわいいんだろう」とほのぼのします。

引用:Amazon

おすすめ⑬尾上製作所 トタン湯たんぽ

尾上製作所 トタン湯たんぽ
尾上製作所 トタン湯たんぽ
丈夫なトタン製

尾上製作所 トタン湯たんぽは、レトロな形が魅力の丈夫な金属製の湯たんぽです。お湯が2.4Lも入るので、温かさが朝まで持続します。カバーなしとカバーありが選べ、付属のカバーは保温性が高く、軽量なところや優しい肌触りがポイントです。

【基本情報】

素材 本体:亜鉛鉄板
カバー:ポリエステル
サイズ 290×220×80mm
重量 約630g
お湯の容量 約2.4L
口コミ・評判

トタン湯たんぽ、どこのホームセンターにも売っていなかったのでよかったです。
カバーまで付いていてこのお値段はとても安いです。
替えのゴムパッキンもう付いていてとても良かったです。

引用:Amazon

 

お布団を上に乗せて使っています。
翌日の昼まで暖かいです。
満タンいれなければ駄目だと書かれてますが、満タン入れるのには、結構なお湯の量が要ります。

引用:Amazon

おすすめ⑭スリーアップ 蓄熱式 エコ湯たんぽ

スリーアップ 蓄熱式 エコ湯たんぽ
スリーアップ 蓄熱式 エコ湯たんぽ
サイズ:幅22×奥行27×高さ4.5cm 本体重量(kg):1.6

スリーアップ 蓄熱式 エコ湯たんぽは、アンカとしてもカイロとしても使える蓄熱式の湯たんぽです。約20分の充電で、布団内でアンカとしての使用なら約6~8時間・体に当ててカイロとしての使用なら3~4時間温かさが持続します。蓄熱温度は、60℃(強)・40℃(弱)から選べます。柔らかな肌触りが魅力の専用カバーも付いてきます。

【基本情報】

素材 本体:ナイロン・PVC(3層構造式)
カバー:ポリエステル
サイズ 本体:幅22×奥行27×高さ4.5cm
カバー:幅28×横27cm
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 最大400W/平均270W
口コミ・評判

布団の中に入れて使うと朝まで暖かいと言っています。一般的な湯タンポは硬くて布で覆ってもゴツゴツしていて布団の中で異物感があるのですがこれは肌触りが柔らかく気持ち良く快眠出来ると言って大喜びしています。

引用:Amazon

 

20分ほどの通電で暖まり長時間使えるので重宝します。夕食後に膝の上に乗せ毛布を掛けてTVを見てますが、全身がポカポカして暖房無しで過ごせます。その後、布団へ移しておくと布団も暖か、寝る時はわきに抱えて寝てます、朝でも少しの温かさが残る程度です。

引用:Amazon

おすすめ⑮マルカ 湯たんぽ 純銅

マルカ 湯たんぽ 純銅
マルカ 湯たんぽ 純銅
容量:約2.2L

マルカ 湯たんぽ 純銅は、熱伝導率性と保温性に優れた湯たんぽです。ガス火などでの直火加熱(IHには非対応)に対応しているので水の入れ替え不要で再加熱できます。氷も入る大口径キャップなので、氷を入れれば夏は氷のうとしても使用できます。

【基本情報】

素材 純銅(表面クリアトップコート仕上げ)
しんちゅう・合成ゴム・ポリエステル
サイズ 約幅21.6×奥行29.5×高さ7.4cm
重量 約1.08kg
お湯の容量 約2.2L
口コミ・評判

以前はアルミので柔らかい所に落としただけで直ぐに水漏れしてましたが銅の何時まででも温かくて耐久性もよいので気に入ってます

引用:Amazon

 

一晩中暖かさが持続します。金属製で硬いので、抱えて寝ることは難しいですが、寝る前は足の下に置いて足裏を温め、寝るときは足元の邪魔にならない布団の中に置いて使っています。

引用:Amazon

湯たんぽの正しい使い方

ここまでは、おすすめの湯たんぽを厳選してご紹介してきました。ここからは、正しい使い方をチェックしていきましょう。

湯たんぽを使用するうえで注意しなければならないのは、お湯の温度です。耐熱温度は素材によって違ってきます。耐熱温度以上のお湯を入れると、破損ややけどの原因となるので、必ず耐熱温度を守って使用するようにしましょう。

 

また、お湯を入れる量にも注意が必要です。たくさんのお湯を入れるのがもったいからといって湯量を守らないと湯たんぽが変形したりフタが開かなくなったりする可能性もあるので指定の湯量も守るようにしてください。

使用後はしっかり乾燥させることも大切です。中に水が残っていると、カビや雑菌が繁殖してしまうほか、金属製のものは錆びてしまいます。それを防ぐためにも、中身をしっかり乾燥させてから収納するようにしましょう。

寒い冬は湯たんぽで快適な睡眠を

湯たんぽは、お湯を入れるだけで足元や体を温めてくれます。最近では、エコな暖房グッズとしても注目されています。今回は、湯たんぽを使うメリットや選び方のポイント、おすすめの湯たんぽを厳選してご紹介しました。ここでご紹介したことを参考に、お気に入りの湯たんぽを見つけて快適な睡眠を手に入れましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。