記事作成日:

審査なしで作れるクレジットカードはある?代替カードなど詳しく解説!

通常、クレジットカードを作るには審査があります。しかし、何らかの理由で「審査を受けずにクレジットカードを作りたい」という方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、審査なしでクレジットカードを作ることが可能かどうかを解説するとともに、審査なしで取得できるカードや、クレジットカードに代わる代替カードをご紹介します。これを機にキャッシュレス生活を始めませんか。

ブラックでもクレジットカードを審査なしで作れる?

通常、いくら欲しいカードがあっても、審査に通らなければ手に入れることはできません。そのため、審査のないカードがあるのかどうか知りたいと思われることでしょう。ここでは、審査なしで作れるカードがあるのかを解説します。

審査なしのクレジットカードは存在しない

結論から言うと、審査のないクレジットカードというのは存在しません。その理由は、審査のないカードを発行すると、デフォルト(お金が返ってこない)のリスクが高まるからです。

カード会社は、利用客のカードを利用した支払い料金を立て替えて支払っています。もしも立て替えたお金が支払われないと、カード会社が被害を被ることになります。

そのため、カード会社は、カード利用者に返済能力があるかどうかを判断するために、必ず審査を行うことになっています。審査の難易度や基準は、クレジットカードごとに異なります。

審査なしでクレジットカードを持つ唯一の方法とは?

審査なしでクレジットカードを作る方法として、家族カードを作るという方法があります。クレジットカードの中には、会員カードとは別に、家族カードを追加で発行できるものがあります。

そして、この家族カードは、原則として本カード会員の審査状況に応じて発行されます。つまり、家族カード所有者に個別の審査はないということになります。

家族カードがあれば、家族が無職や無収入であっても、ほとんどの場合、審査なしでクレジットカードを利用することができます。また、ほとんどの場合、家族カードの機能は本会員のカードと同じです。

そのため、審査なしでカードが必要という方は、家族の中にクレジットカードを所有している方がいれば、そのカードの家族カードを発行してもらうのが一番簡単な方法です。

ほとんどのクレジットカードは、家族カードの発行に対応しています。ただし、家族カードの追加発行を認めていないクレジットカードもありますので、まずはカード会社に確認することをおすすめします。

代替カードを審査なしで持つ方法

ここまでで、クレジットカードを発行するためには、必ず審査があることを説明しました。しかし、クレジットカード以外なら、審査を受けずにカードを発行する方法もあります。ここでは、代替カードとしておすすめの「デビットカード」と「プリペイドカード」についてご紹介します。

デビットカード

デビットカードとは、支払い金額を自分の銀行口座から即座に引き落とすことができるカードです。自分のお金をそのまま使うわけですから、デビットカードは通常、審査なしで発行することができます。

現在では、多くの企業がデビットカードを提供しており、テレビCMでも放送されるほど人気が高まっています。デビットカードは、クレジットカードと同じようにお店やネットショップで使用できます。

おすすめデビットカード①楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードは、楽天が発行しているデビットカードです。支払いは口座から即時に引き落とされ、使ったお金はアプリですぐに確認できるので、いつも安心して利用できるのが特徴です。

楽天デビットカードは、100円で1ポイント貯まる高いポイント還元率が人気で、貯まったポイントは1ポイント=1円相当で利用することが可能です。

国際ブランドは、JCB、VISA、MasterCardの3種類からお選びいただけます。電子マネーのようにチャージする必要がなく、フレキシブルに買い物を楽しみたい方におすすめです。

楽天銀行デビットカードの申し込みはこちらから

おすすめデビットカード②GMOあおぞらネット銀行デビットカード

GMOあおぞらネット銀行デビットカードの年会費は無料なので、作りやすいデビットカードとしておすすめです。ステージに応じて0.6%~1.5%のキャッシュバックがあるので、現金で支払うよりもずっとお得です。

また、他社からの振込手数料が無料になる回数が増えるなど、ステージに応じて金銭的な特典が受けられます。デビットカードをお探しの方は、年会費無料で高還元のGMOあおぞらネット銀行デビットカードがおすすめです。

GMOあおぞらネット銀行デビットカードの申し込みはこちらから

プリペイドカード

与信審査なしで作れるカードの2つ目は、プリペイドカードです。プリペイドカードとは、前払い式のカードのことです。基本的には、支払いをする前にカードに料金をチャージしておき、チャージした金額を利用することができます。

プリペイドカードは、クレジットカードのような厳しい年齢制限がなく、審査なしで作成することができますので、手軽にカードを所有したい方にお勧めです。

おすすめプリペイドカード①バンドルカード リアル+

バンドルカードは、誰でも作れるVisaプリペイドカードです。オンラインショッピング用の「バーチャルカード」がアプリから1分で発行され、使いたい金額をチャージしてすぐに使うことができます。

オンラインだけでなく、国内外の店舗でも利用できるプリペイドカードです。チャージや支払いをすると、すぐに通知してもらえるので便利です。

また、アプリで利用明細を確認できるので、使いすぎを防ぐことができます。バンドルカードの最大の特徴は、後払い可能なプリペイドカードであることです。

「ポップアップリチャージ」機能を使えば、アプリに金額を入力するだけで、すぐにカードにチャージすることができます。リチャージ料金は後払いなので、今お金がなくても欲しいものを買うことができます。

バンドルカード リアル+の申し込みはこちらから

おすすめプリペイドカード②VISAプリペ

Visaプリペイドは、審査不要で6歳以上(小学生以上)の方であれば誰でも無料で発行できるプリペイドカードで、Visaのタッチ決済やApple Payにも対応しています。

利用したときはメールで知らせてくれますし、カードを使わないときは、マイページで「利用停止」ができるので、万が一、紛失や盗難にあっても、すぐに「利用停止」ができて安心です。

クレジットカードと同様に、カード情報(カード番号、有効期限、セキュリティコード)はカード裏面に保存されているので、盗み見されるリスクを軽減できます。

また、Google Payに対応しており、iD加盟店でのお買い物や、Androidスマートフォンでのオンラインショッピングで利用が可能です。月間利用額が規定値を超えるとメールで通知されるので、使いすぎを防げるのもメリットです。

さらに、海外での利用やインターネットショッピングでの利用を許可するかしないかなど、利用状況に合わせて設定することができます。

VISAプリペの申し込みはこちらから

クレジットカードの審査基準とは?

カード会社は何を基準にしてクレジットカードを発行しているのでしょうか?カードの入会資格はカード会社ごとに異なり、審査基準を公開しているカード会社はありませんが、ある程度予測することは可能です。

一般的に、クレジットカードの審査で重視される可能性のある項目としては、「信用情報」と「属性情報」が挙げられます。信用情報とは、過去のクレジットカードや住宅、自動車ローンなどの利用履歴に関する情報です。

一般的に「クレジットヒストリー」とも呼ばれています。新規にカードを申し込む場合、カード会社は信用情報機関に申込者の信用情報の開示を依頼します。

信用情報機関は、申込者が期日通りに支払いができるかどうか、過去に支払い遅延や債務整理などの事故を起こしていないかなどを尋ね、申込者が返済を信用できるかどうかを判断します。

一方、属性情報とは、申込者の支払い能力に関わるさまざまな個人情報のことです。これらの情報をもとに、申込者が信頼性の高い人物かどうか判断されることになります。

とはいえ、カードの対象によって基準が異なることがあるため、年収が低い・収入がない人が必ず審査に落ちるというわけではありません。

クレジットカードの審査難易度を見極める方法

大前提として、審査のハードルは会社ごとに異なります。とはいえ、いくつかのポイントに注意すれば、審査の難易度はおおむね推測できます。

たとえば、法的には18歳以上(高校生を除く)であればクレジットカードを申し込めることになっていますが、カードによっては年齢制限が高いものがあります。このような場合は、年収、職業、年齢などの要素を組み合わせた高い判断基準を設けていることが考えられます。

また、クレジットカードには「ランク」が設定されていることが多く、一般カードからブラックカードになるにつれ、審査基準が厳しくなることが予想されます。

特に、プラチナ以上のランクは、カード会社が定めた基準をクリアし、多くの場合はカード会社からの招待を受けた会員にのみ許されます。

また、ランクが高いほど、特典や会員優待などのサービスが充実しており、利用限度額も高くなります。そのため、会員の支払い能力が厳しくチェックされることが予想されます。

また、クレジットカードは様々な種類の企業から発行されています。クレジットカードは、銀行系カード、交通系カード、消費者金融系カード、流通系カードなど、さまざまな種類の企業が発行しています。

銀行が発行するクレジットカードは審査のハードルが高く、流通系カードは審査のハードルが低い傾向にあります。

審査が甘いおすすめのクレジットカード3選

では、最後に比較的審査に通りやすいと言われているクレジットカードを3つご紹介します。それぞれのカードの特徴を取り上げていますので、ぜひ参考にしてください。

審査が甘いクレジットカード①ACマスターカード

アコムACマスターカードは、最短で即日発行が可能なクレジットカードです。仕事帰りや土日祝日でも、自動契約機でカードを受け取ることができます。

アコムACマスターカードのもう一つの特徴は、返済方法の豊富さです。口座引き落としのほか、コンビニエンスストアやインターネット、ATMから利用した分を返済することができます。

ACマスターカードの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード②三井住友カード RevoStyle

三井住友カードは審査が厳しいと言われていますが、「RevoStyle」はリボ払い専用のカードなので、審査は比較的簡単です。平均的なリボ払いの手数料は約15%ですが、「RevoStyle」の手数料は9.8%と低めに設定されています。

また、リボスタイルでは使いすぎ防止サービスも提供していますので、リボ払いに不安がある方や、初めてのクレジットカードという方でも安心してご利用いただけます。

三井住友カード RevoStyleの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード③ライフカード デポジット型

ライフカード(預金型)は、事前に預金をしてそこから使用できる預金型クレジットカードです。店頭での買い物やECショッピング、公共料金の支払いなど、通常のクレジットカードと同じように利用することができます。

また、ライフカードの魅力として、さまざまな特典やサービスが用意されていることが挙げられます。例として、無料の弁護士相談サービスや海外・国内旅行傷害保険などが付帯しています。

ライフカード デポジット型の申し込みはこちらから

審査なしで持ちたいなら代替カードも検討しよう

以上、無審査で発行できるクレジットカードについてご紹介しました。端的に言えば、家族カード以外で、本人会員のために無審査で発行できるクレジットカードは1枚もありません。そのため、どうしてもクレジットカードが欲しいという方は、「審査不要の代替カード」などがおすすめです。本記事の情報を参考にして、目的に合ったカードを発行してみてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。