記事作成日:

40代の転職活動は地獄?転職事情を徹底調査!

40代で転職を考えている方は、どうしても「年齢の壁」が気になるのではないでしょうか。結論から言うと、40代での転職は簡単ではありません。しかし、事前に対策をしておけば、40代での転職を成功させることは可能です。今回は、40代の転職事情を徹底解説し、転職が難しいと言われる40代でも転職を成功させる方法を紹介します。

40代の転職活動は地獄だと言われる理由

40代の転職が難しいと言われる理由は、以下の4つです。あくまで一般的な話ですが、考慮に入れておくと転職活動に役立つかもしれません。1つずつ詳しく見ていきましょう。

理由①求人の数が少ない

まず、40代の求人は、若手と比べると圧倒的に少ないという現実があります。実際、ハローワークや求人サイトでは、35歳以下という年齢制限を設けている求人が数多く見受けられます。

年齢制限のある求人が存在する理由は、長期的なキャリア形成が見込まれる場合には、35歳以下という年齢制限を認めるというルールがあるからです。

厚生労働省の「従業員の採用に関する規則及び支援措置」では、募集・採用において年齢制限を設けることは原則として禁止されています。

ただし、上記の条件を満たせば、35歳以下という年齢制限を設けることは可能です。このルールを適用して求人を出している企業は多いので、40代の方の求人はどうしても限られてしまいます。

理由②年収が以前より下がる可能性

40代以上の方は、独立していたり、一家の大黒柱として働いている方が多いです。家計のことを考えると、転職で年収アップを望む人も多いことでしょう。

しかし、未経験の職種に転職する場合、給与は最低額からスタートすることが一般的です。つまり、転職で年収を上げるどころか、前職の年収を維持することが難しくなり、経済的な条件が整わないために未経験職種への転職が失敗することもあるのです。

理由③企業側が扱いにくいと感じる

求人を出している会社の中には、40代以上の採用には積極的でないところも少なくありません。採用担当者が応募者より若い20代や30代の場合、応募者は「自分より年上だと現場で扱いにくい」と感じてしまうのでしょう。

そのため、採用担当者が応募者の人柄やスキルよりも年齢を見てしまい、面接の段階に進めないということになってしまうのです。他の候補者よりも優れたスキルや経験を持っていない限り、40代以上の転職は難しいかもしれません。

理由④マネジメント能力を求める企業が多い

また、40代での転職が厳しい理由として、マネジメント能力が求められることが挙げられます。多くの企業では、コミュニケーション能力、問題解決能力、リーダーシップ能力など、総合的なマネジメント能力がある人材を求めています。

「40代ならマネジメント能力があるに違いない」と思い込んでいる企業も少なくありません。そのため、過去にマネジメントの経験がない方は、転職が難しくなる可能性があります。

40代の転職を成功させるコツとは

40代の転職が難しい理由をご紹介しましたが、あきらめるのはまだ早いです。きちんと対策をすれば、40代での転職を成功させることは不可能ではありません。ここでは、40代の転職を成功させるためのコツをご紹介します。

コツ①持っている資格や技術が活きる職種を探す

40代で新たな職に就こうと思うと、これまでの経験やスキルを活かせる仕事を選ぶことが大切になってきます。即戦力となる人材であれば、年齢がネックになることはないからです。

特に、即戦力を求めるベンチャー企業や管理職の募集では、年齢よりも経験が重視されるため、40代でも十分チャンスがあるといえます。

転職して新しいことにチャレンジしたいという気持ちもありますが、これまでの経験やスキルを活かせる職場を選ぶことが転職成功への近道です。

転職活動を始めるにあたり、これまでのキャリアを振り返り、誇れる点やアピールできるポイントを明確にしておくようにしましょう。

コツ②採用担当者の目に留まりやすい応募書類を作成する

書類選考で見られる履歴書や職務経歴書は、採用担当者の心に響くような完成度の高いものにしましょう。前述したように、40代は若手と比べると年齢的に不利な面もあります。

転職を成功させるためには、採用担当者に「会ってみたい」と思わせるような履歴書や職務経歴書を作成することがポイントです。

募集職種にマッチしていることはもちろんですが、効果的な履歴書で採用担当者の目に留まるようにしましょう。

コツ③希望条件を明確にしておく

さらに、自分が転職先で何を求めているのか、何を実現したいのかを明確にすることが大切です。特に40代の転職の場合、現職の勤続年数が長い方や、一度転職を経験されている方が多いと思われます。

そのため、今の仕事を続けることで得られるもの、得られないものをある程度整理することができます。これらを整理した上で、まずは自分が何を得るために転職を考えているのかを明確にすることが重要です。

コツ④40代向けの職種を選ぶ

未経験で今の仕事とは違う仕事に挑戦したいのであれば、年齢相応の仕事を選ぶと良いでしょう。職業によっては、新社会人の20代よりも、ある程度人生経験を積んだ40代の方が向いているものもあります。

例えば、男性であれば、建設業や運送業、ビルやマンションの管理人などの管理職がおすすめです。女性であれば、清掃スタッフ、調理スタッフ、介護職などが適しているでしょう。

また、仕事内容に「中高年」と書かれている場合は、40代、50代が活躍しやすい仕事なので、採用される可能性が高く、狙い目です。

コツ⑤転職エージェントを利用する

40代で転職活動をする場合、自力で仕事を探すのは難しいかもしれません。思うように求人が見つからず、「就活疲れ」を感じることもあるでしょう。

より効率的に転職活動を行うためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが担当し、求人の紹介や書類作成のアドバイス、面接日の調整、条件交渉などを行ってくれるサービスです。

登録後、キャリアアドバイザーと面談を行い、二人三脚で転職活動を進めていきます。転職エージェントは企業から「紹介料」を受け取ることで利益を得ているので、求職者は手数料を支払う必要がないのもポイントです。

若い世代に比べ、40代は転職に苦労することが多いので、ぜひ転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

40代の転職で成功しやすい職種とは

40代の転職では、どのような職種の求人があるのでしょうか?ここでは代表的な4つの選択肢を紹介します。

職種①警備員

警備員は、さまざまな施設で人々の安全を守る役割を担っています。主に行動や駐車場での交通整理、イベント会場での雑踏警備、ビルやショッピングモールでの施設警備に分類されます。未経験者でも研修を受ければすぐに活躍できるのがポイントです。

職種②介護職

高齢化が進む中、介護施設をはじめとする介護関連分野では人材不足が深刻化しています。そのため、40代以上の未経験者でも非常に転職しやすい環境です。

特に、力のある男性や、老人や子供の世話の経験がある40代女性は、介護業界では重宝されるでしょう。ただし、肉体的・精神的にきつい仕事であるため、離職率も高いです。

「介護業界の方が採用されやすいから」という理由だけで転職すると、後悔することになるかもしれません。

介護職の報酬は低いので収入は少ないのが現実ですが、介護職としてより高い資格を取得することで昇給することも可能です。未経験から転職する場合は、介護職員初任者研修の資格を取得するとよいでしょう。

職種③清掃員

主な仕事内容は、オフィスビルやマンションの清掃をはじめ、ホテルや病院、学校などの施設の清掃です。働く場所も多岐に渡り、様々な場所で仕事があります。

清掃員は特に資格がなくても始められますが、実は「ビルクリーニング技能士」という国家資格もある、奥深い仕事です。

職種④物流ドライバー

タクシードライバーは夜勤が多く、お客さんがいない時は収入が下がると言われており、人手不足が深刻化しています。そのため、未経験でも採用されやすい仕事といえます。

慣れないうちはなかなか難しいですが、経験を積めば安定した収入を得ることが可能です。タクシードライバーになるには普通免許の他に二種免許が必要ですが、タクシー会社に入社すれば、二種免許の取得費用は会社が負担してくれます。

また、インターネット通販の浸透に伴い、物流ドライバーをはじめとする物流業界の人材需要も高まっており、注目されている業界です。今後の成長も期待できる業界であり、頑張り次第では昇給も期待できるでしょう。

40代の転職でおすすめの転職エージェント

前述したように、40代の未経験者向けの求人は限られているため、転職先を見つけるのは簡単ではありません。

そのため、ハローワークや企業への直接応募だけでなく、転職サイトや転職エージェントなどの人材紹介サービスなど、あらゆる手段を試してみることをおすすめします。

ここでは、特に40代未経験の転職希望者におすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。ぜひチェックしてみてください。

おすすめ①リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職エージェントです。公開求人と非公開求人を合わせると35万件以上の求人数があります。

これがリクルートエージェントを利用すべき大きな理由の一つです。リクルートエージェントは求人数が多いだけでなく、サポート体制も充実しています。

37万人以上の求職者をサポートしているリクルートエージェントなら、安心して転職活動を行うことができます。

リクルートエージェントの公式HPを詳しく見る

おすすめ②doda

dodaは手厚いサポートに定評のある転職エージェントです。特にdodaは面接対策に定評があり、クライアントからは「実践的なアドバイスが非常に参考になる」という声も聞かれます。

40代の転職では、自分のキャリアを最大限にアピールできるかが非常に重要です。dodaの優秀なアドバイザーのサポートを受けることで、選考対策が万全になります。

また、dodaはエージェントサービスだけでなく転職サイトとしても活用できます。転職活動をする際には、ぜひdodaの利用をおすすめします。

dodaの公式HPを詳しく見る

おすすめ③リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、ヘッドハンティング型の転職サイトです。応募者の履歴書を見たヘッドハンターから直接スカウトが届く仕組みです。

そのため、自分の年収がどれくらいなのか、どんな企業が自分を求めているのか、具体的に知ることができます。年収800万円~2000万円の求人も多く、思わぬ好条件のスカウトが届くかもしれません。

すぐに転職する予定がない方でも登録できるので、「いつでも転職できる心の余裕」を持つためにも、日頃からスカウトをチェックしておくことをおすすめします。

登録は3分程度で済みますし、手数料も一切かかりませんので、今のうちに登録だけはしておいて損はないでしょう。

リクルートダイレクトスカウトの公式HPを詳しく見る

40代で転職する際に覚えておきたい注意点

40代の転職で失敗すると、やり直しが大変です。失敗のリスクを減らすためにも、事前に注意点を把握しておいてください。

注意点①事前にパートナーに相談しておく

転職活動でよくあるのが、採用が決まってから相手に報告するパターンです。しかし、実際に就職したものの、パートナーに雇用条件を反対されて断念する人も少なくありません。

転職は人生の一大イベントです。特に給与に関しては、パートナーとの生活を左右する重要な部分です。パートナーの生活や二人の生活にも影響するため、よく話し合って決めることが必要です。

転職エージェントによっては、面接時にパートナーの同席を認めているところもありますので、事後報告の必要がないように、なるべくパートナーと話し合っておくと良いでしょう。

注意点②すぐに挫折せずなんとかなるという心構えを持つ

再三再四強調しているように、40代の転職は簡単ではありません。10回不合格であきらめる覚悟では成功は難しいと言えるでしょう。先にも述べたように、転職は企業との人間関係が全てです。

自分を必要としてくれる企業が見つかるまであきらめず、たとえ失敗しても気持ちを切り替えてフットワークを軽くし、次の企業へ向かうことが大切です。

注意点③転職活動は在職中に行う

会社に対して不満が多い人は、再就職する前に勢いで会社を辞めてしまうこともあります。しかし、40代の方が勢いで辞めてしまうのはかなり危険です。

40代で転職を希望する場合は、現在の会社で働いているうちに次の仕事を探し、採用が決まってから退職するようにしましょう。

会社に不満を持ちながら働くのは決して楽なことではありませんが、これをバネに転職することで、理想の職場が見つかるはずです。

40代の転職はやり方次第でうまくいく!

40代は年齢的に扱いにくいというイメージから敬遠されやすく、20代、30代の若手人材に比べて転職がしにくいのは事実です。ただし、すべての業界で40代の転職が難しいというわけではありません。

実際、介護業界では、40代を含め中高年の方が多く活躍されています。無資格・未経験でもチャレンジしやすく、努力次第でスキルアップやキャリアアップも可能です。

特に、資格取得支援制度がある施設では、働きながら資格取得ができるためおすすめです。40代で転職する場合は、40代にあった職種を選ぶことで、スムーズに新しい仕事を始めることができるでしょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。