記事作成日:

仕事が辛いときの乗り越え方は?原因と解決策を知って状況を変えるには?

「仕事がつらいけど、どうすれば解決できるのだろう」など、仕事に関する悩みを抱えている人は少なくありません。この記事では、「仕事がつらい」原因や「仕事がつらいときの対処法」について解説しています。このページを読むことで、直面しているつらさを克服する方法だけでなく、根本的な問題を解決するヒントが見つかるはずです。

仕事が辛い・ストレスを感じている人は多い

「仕事に行くのが辛すぎる、こんな風に思っているのは自分だけだろうか?」と困っていませんか?実は、社会人の約9割が「会社に行くのがつらい」と感じていることが明らかにされています。

ですから、朝が憂鬱なのは自分ではないことをまずは銘記しておきましょう。具体的な例を挙げていきます。

まず、「株式会社ビズヒッツ」が10代から60代の働く男女500人を対象に行った調査によると、「会社に行きたくないと思うことがある」と答えた人は91.2%にのぼりました。

また、500人中456人が「会社に行きたくないと感じることがある」と回答しています。大手転職サイト「エン・ジャパン」が実施した調査では、社会人の約7割が職場で強いストレスを感じていることが判明しています。

もちろん、調査機関や対象者にもよりますが、多くの人が「仕事がつらい」と感じていることは確かです。

仕事が辛いと思う原因

仕事がつらいときには、その原因を究明することが不可欠です。しかし、ほとんどの場合、仕事がつらいと感じる原因は大体決まっています。以下に該当するものがないか、考えてみてください。

原因①会社が自分に合っていない

どんな会社でも組織である以上、組織風土、つまり企業文化があります。企業文化には、「体育会系の雰囲気が強い」「結果のみを重視する」「結果よりもプロセスを重視する」「社員同士の結束が強い」など、さまざまなタイプがあります。

その社風が自分に合っていると思えば、その会社は居心地がいいと感じるでしょう。しかし、そうでない場合は、大きなストレスになることもあります。

それが「しんどい」というレベルに達しているのであれば、はっきり言って、その会社は辞めたほうが良いでしょう。これは就活の失敗とも言えます。

会社の文化は、その会社の多数派によって作られます。みんなが好きで、みんなが良いと思っている、そういう社風です。それを辛いと思う人は、その会社の中だけのマイノリティであり、異端児なのです。

今いる会社の待遇がどんなに良くても、世の中がどんなに良くても、働きにくいと感じるほど社風が自分に合わないのであれば、心の健康を保つためにも退職するのが良いでしょう。

原因②上司など人間関係が悪い

人間関係は仕事のモチベーションを左右する部分ですから、「上司や先輩とうまくいかない」「嫌いな人がいる」というのは、十分につらい理由になりえます。

対処の仕方を間違えると、大きなストレスになりますので、注意が必要です。上司との人間関係でストレスを抱えている人もたくさんいます。

年功序列の職場の場合、部下から能力不足と思われても、管理職として登用されるケースがあります。そのような上司は、部下のことを考えると、大変な思いをすることになるかもしれません。

世の中には、部下の無理なスケジュール要求に応じない上司や、結果だけを見て努力の過程を評価しない上司がいることでしょう。また、自分から仕事をする意欲がない、最悪の上司もいます。

部下から「管理能力が低い」と見られる上司の場合、部下は必要に応じて上司をサポートする必要がある場合があります。また、上司との関係でもっと酷い問題は、上司からのパワハラ、モラハラと言われる状況です。

「お前、バカか?何やってんだ?」「お前は使えない」などと言われることもあります。上司によっては、怒鳴ったり、机を叩いたり、椅子を蹴ったり、脅したりすることがあります。

このような上司であれば、完全にパワハラですので、人事部があれば人事部に、人事部がなければもっと上の上司に相談しましょう。携帯で録音して事実を元に相談すれば、まともな会社なら対処してくれるはずです。

原因③自分に仕事の能力が足りていない

3つ目の理由は、「仕事ができない、能力がないからつらい」です。単に仕事ができないだけであっても、「自分は役に立っていない」「貢献していない」という気持ちが強く、焦りからつらいと感じやすいのです。

周りは当たり前のように仕事をこなしているのに、自分だけうまくいかないとなると、急に焦りを感じるのは当然です。

特に20代後半~30代前半に差し掛かると、仕事の能力の差が顕著になり、スキルや能力の不足から、やりにくさを感じるようになります。

次に「仕事についてわからないことが多く、ついていけない」場合です。20代前半でこの症状に悩む人が多いようです。次に、「何度も失敗を繰り返し、何度も怒られる」場合です。

一生懸命やっているにもかかわらず、何度もミスをしては怒られるというのは、もどかしい気持ちになるものです。自分だけが何度も怒られると、「自分はダメな人間なんだ」と思ってしまうことも少なくないでしょう。

原因④仕事量・残業が多い

会社によって就業規則は多少異なりますが、時には残業を強いられることもあります。就業規則を無視して毎日残業させられたり、夜遅くまで仕事をすることが当たり前になってしまうと、肉体的だけでなく精神的にも仕事が辛くなってしまいます。

自分の部署で残業している人がいると、自分の仕事が終わっているにもかかわらず、先に帰れないという風潮がある場合もあるでしょう。最近の働き方改革では、残業時間の上限規制や有給休暇の強制付与が推進されています。

しかし、長年にわたって生産性の低さを仕事量でカバーしてきた企業では、そうした働き方自体が企業文化として定着してしまい、なかなか改善されないことが多いようです。

原因⑤給料や休みなどに関する不満

残業や休日出勤をしても十分な待遇が得られないことも、仕事が辛いと感じる理由の一つです。最低限の給与も支給されない会社では、従業員のモチベーションが下がり、生産性が低下してしまいます。

会社は従業員に労働の対価を支払う義務があります。経験を積み、結果を出すことで給料が上がっていくのであれば、最初は安い給料でも我慢できる人もいるかもしれません。

しかし、同じような待遇が長く続けばどんどん厳しくなっていくでしょう。また、給与や福利厚生への不満について交渉や話し合いができないことも、「仕事がやりにくい」と感じることにつながります。

仕事が辛いと思うのは甘えなの?

「仕事がつらいと感じるのは、自分の意志が弱いからではないか?」と思われるかもしれません。「ここで仕事から逃げたら、他で通用しないのでは?」と自分を責めたことはないでしょうか。

特に社会人になって間もない若手社員が、上司や親から「石の上にも三年」「辛くても我慢すればいい」「自分だけ文句を言ってはいけない」と言われるのは、よくある状況です。

確かに、仕事から逃げるような習慣はよくないし、そこまで不安に思うのは心が真面目な証拠ですが、長期間にわたって過度のストレスを受け続けると、心身の健康にも影響が出ます。

自分を責めすぎるのはNG

まず、自分を責めないことが大切です。もしかしたら、自分が思っている以上に頑張りすぎているのかもしれません。これ以上我慢すると、体を壊してしまいます。

まずは、「自分は頑張った」と素直に認めましょう。社員が一人辞めれば、会社は次の後任を探すだけです。そんな会社に人生を捧げる必要はないでしょう。

また、現状から逃げることは敗北ではありませんし、悪いことでもないのです。一般に言われる戦略的撤退と考えましょう。逃げるという行為は、自分を守るための防衛本能が働いているのです。

逆に言えば、逃げなければ、心身ともにボロボロになってしまうということです。十分に休んで、他のことにチャレンジしてください。逃げ出してよかったと思える日が必ず来ます。

甘えと思われてしまう退職理由は?

誰にでも、仕事がつらいと感じるときがあります。お客さんに怒られたとき、ミスをしてその埋め合わせをしなければならないとき、残業をして仕事を終わらせなければならないときなど、さまざまな場合があります。

しかし、中には自己中心的な理由で「辛いから辞めたい」と思う人もいます。「夜更かしや友達と遊ぶから会社に来るのが辛い」「早く帰りたい」「楽して稼ぎたい」などの理由です。

こうした理由は、仕事内容に関係なく、基本的に誰もが我慢していることです。そのため、このような形で退職理由を述べると、甘いと思われがちです。

仕事でミスをするのは誰にでもあることで、怒るのは当然です。そこで、しっかりと自分のミスを認めた上で、何が原因だったのか、対策はないのかなどを考えることで、成長することができます。

逆に、ミスを認めなかったり、何も反省しなかったりすると、いつまでたっても成長せず、怒ったままになってしまいます。

そんなとき、「怒られるのはつらいから」「仕事が自分に合わないから」という理由で退職しようとするのは、一般に甘いと思われます。

このような理由で退職しても、次の職場でも同じような不満を持つことになりかねません。自分に合わない仕事でも、やりがいを見出すことは可能ですし、やりがいのあることは、やる気があれば取り組みやすくなります。

やる気がなければ何をやっても結果は中途半端で、やりがいを感じることはないでしょう。それなのに、やりがいを見いだせないからと会社を辞めようとすると、上司や社会人歴の長い人からは「甘いな」と思われてしまうのです。

仕事が辛いときに出る身体や心のサイン

仕事がつらいときに気づく心身のサインには、どのようなものがあるのでしょうか。まず、寝つきが悪い人は要注意です。交感神経が働きすぎていたり、ストレスが原因だったりするからです。

最悪の場合、まったく眠れなくなることもあります。このまま一睡もできない状態が続くと、確実に体がボロボロになるので、早めの対策を考えた方がよいでしょう。

また、全身の痛みにも注意が必要です。今まで感じなかった頭痛や肩こり、腰痛、足の痛みなどを急に感じ始めたら、無理は禁物です。

ただの頭痛や肩こりだと思って放っておくと、病気につながっていることもあるので、早めの対処を考えましょう。また、家を出る時間が遅い人も要注意です。

これは、精神的・肉体的なストレスが無意識に出勤時間を遅らせる原因になっているためです。出勤前にやらなくてもいい仕事を始めてしまったり、朝の支度にやたらと時間がかかったりすることはありませんか?

そんなあなたは、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでいるかもしれません。このような方は、知らず知らずのうちにストレスを溜め込み、うつ病になる可能性もありますので、早めの対策を考えましょう。

また、少し失敗したくらいでかなり凹んでしまう人というのも、注意が必要です。ちょっとしたミスで落ち込んだり傷ついたり、怒ったりしやすい人は、「自分は仕事ができない」とネガティブ思考に陥りやすいからです。

このネガティブ思考から立ち直れず、精神疾患やうつ病になってしまう人もいます。そのため、上司が怒っているのは自分に対する愛情の表れだと受け止めたり、怒られたことをあまり気にしないなど、楽観的な考え方を持つことが大切です。

仕事が辛いと思うときの対処法

ここまでで、仕事がつらい原因と体への影響を理解できたところで、どうすればつらい状況に対処できるのでしょうか。ここからは、仕事がつらい状況を変えるために試していただきたい対処法をご紹介します。

対処法①会社が合わない場合

まず、会社のどこに不満があるのかを棚卸ししてみましょう。どうすれば不満なく働けるかを整理するのです。もしはっきりと不満となっている原因が理解できていないなら、転職先でも同じような問題が起きることが考えられるからです。

そのため、なぜ辞めたいのか理由を一度整理した上で、転職の意思の有無に関わらず、転職を検討しましょう。なぜなら、企業文化や経営方針は、一社員がどんなに頑張っても覆すことは難しいからです。

対処法②人間関係が悪い場合

上司との関係を劇的に改善できるテクニック、それはコミュニケーションの改善です。コミュニケーションが足りないと、相手が何を考えているのかわからないし、相手も自分が何を考えているのかわからないでしょう。

プライベートでコミュニケーション量を増やすのはなかなか難しいですが、仕事でコミュニケーションを増やすのは意外と簡単で、それは報連相です。上司は、頻繁に報告する部下を高く評価する傾向があります。

指示された仕事が終わったときだけでなく、途中経過の報告も含めて、1日1回は報告タイムをとる時間をルーティン化すれば、思った以上にスムーズに報告ができるようになるはずです。

コミュニケーション量を増やすことで、上司はあなたが何を考え、何をし、何に困っているのか、どこでミスをしているのかを把握することができ、安心感を与えることができるのです。

安心して仕事を任せられると、人に良くしてあげたいと思うのは、人間の自然な感情です。相談しにくい環境を減らすことができるのです。また、頻繁に報告することで、上司が何を考えているのか聞く機会も多くなります。

きっと、バラバラな指示だと感じていたことや、言っていることが変わったことが、実はそうしなければならない事情によるものだったと理解できるようになります。事情が分かれば、方針転換や業務変更のストレスは激減します。

対処法③仕事ができない場合

仕事ができないと、自分の力不足に焦ったり、周囲に申し訳なく思ったりすることも少なくなるはずです。そんな時、成果を出すために今、全力を注いでいるかどうか、もう一度振り返ってみましょう。

きちんと困ったことやわからない点は周囲に相談しているでしょうか。社会人の中には、思うような結果が出せず、葛藤している人も少なくありません。

特に、結果が出ないことの責任をすべて自分一人で背負い込んでしまい、ストレスを感じている人も少なくありません。

そんなときは、先輩や上司に相談してみてください。上司や先輩は、自分自身が結果が出ずに悩んだ経験があったり、周囲にそういう人がたくさんいるのを見てきたりするかもしれません。何か良いヒントを与えてくれるかもしれません。

できることをすべてやっても、なかなか解決しない場合は、社内の職種を変えてみることをおすすめします。また、どうしても社内で解決するのが難しいようであれば、転職するしないに関わらず、とにかく転職活動を始めてください。

対処法④仕事量や残業が多い場合

まず、原因が「目標を達成できなかったら早く帰るなという雰囲気が社内にある」場合の対処法です。このような社風の会社で一番簡単なことは、目標を達成することです。

おそらく、目標を達成した人、あるいは目標を大きく達成した人は、ある程度好き勝手に帰れるのでしょう。

しかし、すべての日本企業で、目標を達成していないのに遅くまで残業をしなければならないわけではありません。仕事量に対して社員が少ないという理由であれば、まずは上司に相談してみましょう。

その際、増員が必要な根拠を用意しておくとよいでしょう。おそらく、課長が上司に増員の相談をすると、理由を聞かれることになるでしょう。

「今、どれだけの仕事量があるのか?今いる人員でもっと早く作業ができないのか」、「もっと効率化した方がいい」などと言われることを踏まえ、明確な数字や根拠を用意した上で、部署の人数を増やせないか上司に交渉してもらいましょう。

対処法⑤給料に関する不満の場合

給与に不満がある場合は、まずは給与の目標額を設定してみてください。例えば、「30歳で500万、40歳で800万」というように具体的に考えてみましょう。

そして、設定した目標を社内で達成することが可能かどうかという基準で考慮してみます。もし異動によって給与が改善される可能性があるのであれば、上司や人事部に一度申し出てみることもできます。

この場合、現在の給与への不満ではなく、将来への希望を押し出して交渉するとよいでしょう。異動で解決できそうにない場合や、転勤が不可能な場合は、転職の意思の有無にかかわらず、新たに転職活動を開始する必要があります。

仕事が辛いと思うときに試したい乗り越え方

ここまで、仕事の大変さを根本的に解決する方法をご紹介しましたが、解決に時間がかかる場合や解決策が見つからない場合は、今目の前にある辛さを克服することを考える必要があります。

何が良いかは人によって異なりますが、ここでは仕事がつらいと思ったときに試してみたい、つらさを克服する方法をご紹介します。心に響く方法があれば、ぜひ試してみてください。

乗り越え方①音楽を聴く

仕事がつらいとき、疲れ果てて「もう本当に無理だ」と思ったとき、音楽は癒しとなり、気持ちを鼓舞してくれるでしょう。音楽には力があります。今の気持ちを肯定してもらうと、つらい気持ちも楽になります。

最近はインターネットで、仕事でつらいときに聴きたい曲のリストが見つかるので、そうした助けを借りて、気分を変えてみましょう。

乗り越え方②自分へのご褒美を作る

仕事に区切りがついたり、自分で決めた目標をクリアしたら、自分へのご褒美を考えましょう。寝ているときや休みの日でもずっと仕事のことを考えていると、気持ちも見た目も疲れてしまいます。

頑張った自分にご褒美を買ってあげよう、と思うだけで、気持ちが楽になります。高価なものでなくてもいいので、やる気が出る、気分がリフレッシュできる自分へのご褒美を考えてみてください。

例えば、いつもより少し高価なお菓子やおかず、買おうと思っていた新しいアクセサリーや雑貨、行ってみたかった場所への旅行などです。

乗り越え方③熱中できる趣味を見つける

3つ目の方法は、「休日に没頭できる趣味を見つける」ことです。休日に全力を注げる趣味があるかどうかは、仕事のモチベーションに大きく影響します。

例えば、ライブハウスでのコンサートが好きな人は、「今週はコンサートに行けるから全力で頑張ろう」と思えば、仕事が辛くても乗り切れるはずです。

好きな趣味のためなら頑張れるので、「自分は何が好きか」という視点で考えてみると良いかもしれません。

乗り越え方④初心に帰る

初心に帰ることで、苦難を乗り越えられるかもしれません。入社前に思い描いていた未来はどうだったのか、思い返してみてください。

未来の可能性に目を向けていれば、苦しい中でも達成感や充実感を味わえるはずです。逆に、明るい未来を思い描く余裕がなくなれば、苦痛は増すばかりです。

かつて思い描いていた未来に立ち返り、ポジティブな感情で仕事に取り組むことができれば、辛さは軽減されるでしょう。

乗り越え方⑤病院で診察を受ける

とはいえ、心身ともに疲弊している場合は、まず病院で診察を受けましょう。気付かないうちに実は大きなストレスを抱えていることが多いのです。

「病院に行く時間がない」と後回しにしていると、症状が進行してしまうこともあります。軽く考えず、早めに受診するようにしましょう。

仕事が辛いときにしてはいけないNG行動

ネガティブな感情でいっぱいになると、つい冷静さを失い、思いがけない行動をとってしまいがちです。しかし、とってはいけない行動もあります。後先考えずに行動して後悔しないように、やってはいけないことを頭に入れておきましょう。

まず、仕事を休むこと自体は悪いことではありませんが、無断欠勤は避けましょう。無断欠勤は職責を放棄していることになり、社内での信用を失い、キャリアアップのチャンスも失います。

「どうせ辞めるんだから」と思う人もいるかもしれませんが、損害賠償や懲戒解雇の理由にもなりますし、転職活動にも影響が出る可能性があります。社会人としての最低限のルールとして、欠勤届は必ず出してください。

また、仕事がつらい、仕事に行きたくないと感じたら、すぐにでも辞めたいと思うかもしれません。しかし、気まぐれに仕事を辞めるのはおすすめできません。

次の仕事が見つからないまま仕事を辞めると、一時的に無収入になります。すぐに次の仕事が見つかればいいのですが、転職活動が長引いてしまうと、経済的に困ることになりかねません。

また、早く仕事を見つけたいという焦りから、「すぐに働けるならどこでもいい」と考え、転職に失敗することもあります。

採用担当者の中には、転職先を決めずに退職する求職者は計画性がないのではと心配する人もいるようです。感情に流されず、じっくり考えて決断することが大切です。

仕事が辛いときは原因をきちんと把握することが大事

どんなに好きな仕事でも、肉体的な疲れやストレスを感じると、「働きたくない」と思うことがあります。しかし、「つらい」「しんどい」という感情は、放置すると危険な場合があります。

そんなときは、自分を責めたり我慢したりするのではなく、一度立ち止まって自分の本当の気持ちに耳を傾けてみてください。

また、自分一人では解決できない場合は、信頼できる周囲の人や転職エージェント、病院などを頼るのも効果的です。仕事の辛さを少しでも軽くするために、できることから試してみてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。