記事作成日:

【40代】モテるメンズ香水おすすめ15選!加齢臭とマッチする香りとは?

広告

性別年令問わずおしゃれアイテムとして利用される香水ですが、40代男性にはどんな香りの香水が似合うのでしょうか。40代といえば気になるのが加齢臭、香水選びを間違えると加齢臭と混ざって「臭い」と感じることも。そこで加齢臭にマッチする香りや40代におすすめのモテるメンズ香水を紹介します。40代男性で香水が気になる方はチェックしてみましょう。

40代メンズ香水の選び方

元々若いときから香水を使っていた人や、これから香水を使ってみようかと考えている人、40代メンズが今後香水を選ぶときのポイントをまとめているので香水選びの参考にしてください。

選び方①香りの強さや・持続時間

香水には含まれる香料やアルコールなどのバランス・濃度によって香りの強さや持続時間が違っています。香水はビジネスシーンやプライベート、カジュアルやドレスアップなど、用途や目的によって香りの強さや持続時間を使い分けるのが基本です。

メンズ香水には大きく分けてオーデコロン・オードトワレ・オールドパルファムの3種類があり、それぞれに濃度・持続時間が異なるのでシーンに合わせて使い分けましょう。

オーデコロン

濃度1~5%、持続時間は1~2時間と短めでほんのりと香る香水が多く、ちょっとしたお出かけや気軽に香りを楽しみたいときにおすすめです。

オードトワレ

濃度5~10%、持続時間は2~5時間で午前・午後と異なる香りを使い分けたいときに適しています。

オードパルファム

濃度10~15%、持続時間は5時間以上と長いので、香水の付け直しができないときや、長時間香りを持続させたいときに良いでしょう。

選び方②TPOに合わせる

香水は使うシーンやその場のTPOに合わせて選ぶことも重要です。例えば食事のときにキツい香りの香水をプンプンさせていれば、美味しい料理の匂いを台無しにするだけでなく、周りの人に不快感を与えてしまいます。

香水にはレモンやグレープフルーツなどの柑橘系の香りのフレッシュノート(シトラスノート)、グリーンや薬草っぽさのあるハーブ系のハーバルノート、木や森林を感じさせるウッディノート、アンバー・バニラ・ムスクなどのオリエンタルノートなどがあります。

ビジネスシーンでは落ち着いたハーバルノートやウッディノート、家族や友人とゆったり過ごすなら柔らかな印象のフレッシュノートやオリエンタルノートがおすすめです。プライベートでは好みの香りを使うと良いですが、特にビジネスシーンで使う香水はTPOを考えた香りを選んでください。

選び方③お試しならミニボトル

40代のメンズ香水は2000~1万5000円と幅広い価格帯ですが、特に人気なのが5000~1万円ほどになります。長く愛用する、好みの香りであれば少し高額でも良いですが、40代メンズが良く利用するハイブランドの香水でも1万円以内で購入可能です。

しかし昔から愛用していた香水の香りが合わないと感じたり、初めて使う香水などお試しで使いたい場合にはミニボトルがおすすめ、ミニボトルであれば少量で使い切りやすく、価格も2000~5000円ほどになります。また、シーンや目的別、気分によって香水を変えたい人もミニボトルで複数の香りを揃えるのもおすすめです。

加齢臭とマッチする香り・避けたい香り

香水は様々な香りを楽しむことができますが、40代となれば気になるのが加齢臭です。加齢臭が気になりだしたのをきっかけに香水を使い出したという男性も少なくありません。

そこで加齢臭とマッチする香り、避けたい香りもしっかりと把握しておきましょう。加齢臭が気になり香水を使う場合には好みの香りを選びつつ体臭に合わせた選び方をするのがポイント、自分では分からないという場合にはショップの方に尋ねるのもおすすめです。

加齢臭とマッチする香り

加齢臭やタバコ臭には渋めのサンダルウッドやアンバー、ベチバーなど渋みがあり落ち着いた印象のウッディ系がベスト、ムスクやナツメグなどスパイシー系のオリエンタルもマッチします。

また、甘さの少ないさっぱりとしたシトラスなどの柑橘系は加齢臭との相性も良くなっています。バジルやミントなどのハーブ系ハーバルノートは初めて香水を楽しむ方にも使いやすく、加齢臭をうまくカバーしてくれます。

加齢臭に避けたい香り

加齢臭に避けたい香りはベリー・アップルなど甘みのあるフルーティー系やジャスミン・ラベンダーなどのフローラル系になります。元々男性はフルーティー系やフローラル系の香りを使うことは少ないですが、甘みのある香水は加齢臭を強調してしまう可能性が高まります。

他にも甘さと爽快感のあるマリン系もNG、甘さのある香りを楽しみたいときはスパイシー系を合わせるとしっくりきます。

【40代】モテるメンズ香水おすすめ15選

加齢臭が気になる40代メンズにおすすめのモテ香水を紹介します。香りの好みを探しつつシーンやTPOに適した香水選びの参考にしてください。

40代メンズ香水①ストーリア

「女性にモテる香り」をコンセプトに開発された香水、大人の魅力溢れる色気のある香りは爽やかかつスパイシーでほのかな甘味を感じ、時間経過とともに柑橘系からフローラル、ウッディ系へと変化します。

リーズナブルな価格と25mlと手軽に使える内容量、スリムボトルで持ち運びにも便利です。40代メンズだけでなく20代・30代にもおすすめ、身だしなみや加齢臭対策、プレゼントなどにも適しています。

詳しく見る

40代メンズ香水②クリスチャン ディオール ソヴァージュ

クリスチャン・ディオールのメンズ香水は40代に人気のある香水が多く、そのなかでも特に人気が高いのがソヴァージュです。野性的で気高く、フレッシュな印象の香りとなっています。

トップノートはペッパー感をアクセントにしたカラブリアンベルガモット、ミドルにエキゾチックな印象のシチュアンペッパー、ラストは高貴でエレガントなムスク系のアンブロクサンと変化します。

詳しく見る

40代メンズ香水③ジバンシイ ウルトラマリン

メンズ香水の定番であるジパンシィのウルトラマリンはおしゃれな40代メンズにも人気、海を思い浮かべる香りは夏やマリンスポーツ好き、レジャーにおすすめです。爽やかで柔らかな香りでムスク系も感じられるため40代メンズにもぴったり、プライベートで楽しみたい香水となっています。

詳しく見る

40代メンズ香水④ブルガリ プールオム スプレイEDT

ハイブランドらしい洗練された個性的な香りでエレガントかつ爽やか、1996年の発売以来定番の香水として人気があり、軽やかな香りはビジネスシーンやプライベートなどシーンを選ばず楽しめます。

ウッディフローラルムスクノートで甘さがなく、ほんのりとした香りなのでキツい香水が苦手な方にもおすすめ、40代メンズにもピッタリですがクセがないため年齢性別問わず愛用者が多い香水です。

詳しく見る

40代メンズ香水⑤カルバンクライン CK エタニティフォーメン EDT

ビジネスシーンやプライベートなどシーンを選ばず万人受けするオールマイティーなウッディ系の香水、シックでクールな男性らしい印象を与えつつ森林のように柔らかな香りを楽しめます。

爽やかで清潔感があり、ほんのり感じられるスパイシーさが大人の魅力を与えてくれます。加齢臭が控えめな方に使いやすく、華やかな高級感もあり、女性とお揃いで使うのもおすすめです。

詳しく見る

40代メンズ香水⑥エルメネジルドゼニア ジーゼニア EDTSP

イタリアの高級紳士服ブランドの香水、ローズマリーやベルガモットなどの爽やかさとスパイシー系で魅力ある大人の男性を演出、高級感とエレガントさがある香りです。

パッケージデザインやボトルデザインも上品でセンスも良く、香りだけでなく見た目にもこだわるおしゃれな方やプレゼントにも適しています。

詳しく見る

40代メンズ香水⑦プラウドメン 練り香水 メンズ グルーミングバーム

上品かつ深みのある香りは透明感のあるシトラスから柔らかな香りのマリンフローラル、魅力的な男性を演出するウッディムスクと変化します。

ほのかな香りはクセがなくビジネスシーンにもおすすめ、スプレータイプではなく練り香水なので首元や脇の下など特に匂いが気になるところにもつけやすくなっています。加齢臭などの体臭が気になる方におすすめの香水です。

詳しく見る

40代メンズ香水⑧ライジングウェーブ フリー ライトブルー オードトワレ

Amazonの2022年男性用オードトワレ売れ筋ランキングNo.1の爽やかな香りが好印象の香水で、瑞々しい香りから甘さのある香り、ラストノートは大人の男性にぴったりのウッディ系と変化します。

独自処方のキープアロマテクノロジーによって持続時間をアップ、爽快で爽やか、柔らかく強すぎない香りが性別問わず好まれています。

詳しく見る

40代メンズ香水⑨NILE オードパルファム フィオーレの香り

トップノートはエキゾチックで華やかなジャスミン、ミドルノートは甘さのあるチューベローズやマグノリア、ラストノートは落ち着きのあるムスク系で深みがあり上品な印象の香水です。

気分をリフレッシュしたいときなど、毎日の生活に異なる香りを取り入れたい方におすすめのリーズナブルな価格、艶やかさと華やかさをプラスしたい気分にぴったりです。ユニセックスな香りなので男性だけでなく性別問わずおすすめ、パートナーとの共有にも適しています。

詳しく見る

40代メンズ香水⑩ヴェルサーチ マン オーフレッシュ オードトワレ

控えめなエレガントさでありながら存在感のある香りは、メンズのための力強さと自信をつけるためにおすすめの香水です。爽やかで甘すぎず、主張しすぎない香りが好印象、プライベートとビジネスシーン、穏やかに過ごす休日などにも適しています。

個性的なイメージが強いヴェルサーチですが、こちらの香水は無難で自己主張しすぎない万人受けする香りとなっています。

詳しく見る

40代メンズ香水⑪ダビドフ・クールウォーター メンズ EDT

発売以来世界中にユーザーが存在する人気の香水は女性ウケも良く、幅広い年齢層に利用されますが、特に40代メンズには魅力的な印象を与えてくれるだけでなく、クセのない香りが性別問わず楽しまれています。

一般的に香水はトップノートは柔らかく、ラストノートでは深みのある香りに変化するタイプが多いですが、こちらの香水はつけ始めはスパイシー感のあるハッとするような印象から清涼感と爽やかさのある香りに変化します。

詳しく見る

40代メンズ香水⑫ジャンヌ・アルテス セクシーボーイ

気取らず飾らない、けれどどこか魅力的な印象を与えてくれる香水はミント・ラベンダーを感じられる上品な香りとなっています。持続時間も長く、加齢臭ともうまくマッチするので体臭が気になる方にもおすすめです。

40代メンズだけでなく10代後半にも好まれる、幅広い年齢層に好評、リーズナブルな価格でコスパが良い香水として人気があります。

詳しく見る

40代メンズ香水⑬メゾンマルジェラ レプリカ EDT ジャズクラブ

「ブルックリンのジャズクラブ」をテーマにした性別問わず人気の香水、趣のある古い木材とほろ苦いシガーの香り、バニラ・ウッディでほのかな甘みがある中性的な香水なので女性にもおすすめです。気品と遊び心がある上品な香りはデートやドレスアップしたシーンにもぴったりですが、ゆったり過ごす休日にも適しています。

個性的な香りは使い方次第でおしゃれでセクシーさを印象づけることができますが、ビジネスシーンや和食などを楽しむ場には不向きです。まずはほんのりと香る膝やウエストあたりにつけて楽しんでみましょう。

詳しく見る

40代メンズ香水⑭シャネル ブルー ドゥ シャネル EDT

芸能人にも人気があるシャネルの香水、大人の魅力と男らしさを演出、爽やかかつ気品ある香りはクセがなく、ほんのりとした甘みとスパイシーさが好印象です。

ハイブランドであるシャネルの香水は質感の良いパッケージデザインもおしゃれ、シンプルなのに上品なボトルは自分用だけでなくプレゼントにもおすすめできます。主張しすぎず落ち着いた香りでシーンを選ばない大人の香水となっています。

詳しく見る

40代メンズ香水⑮ジョルジオアルマーニ アクアディジオ オム

爽やかで清潔感・透明感のある香りはメンズ香水王道のウッディ・スパイシー、落ち着いた雰囲気はプライベートだけでなくビジネスシーンにもおすすめです。

さっぱりとセクシーな印象が夏にぴったり、香りのイメージから大学生など20代におすすめされることも多いですが、年配の方にもOK、ほんのりと香る程度につけると良いでしょう。

詳しく見る

40代メンズ香水の付け方&コツ

加齢臭など体臭が気になる40代メンズ、身だしなみやおしゃれとして香水を使う方も少なくありませんが、香水は付け方を間違えると周囲の人に不快感を与えてしまいます。40代メンズ香水の付け方とコツをチェックして香水をおしゃれに楽しんでください。

香水を付ける場所

香水は正しい付け方をしなければ香りの効果を最大限に発揮することはできません。香水は肌に直接付けるので、まずは香りが汗や皮脂と混ざってしまわないように肌をきれいにします。

付ける場所は香り方や香水によって異なりますが、基本的には手首や耳の裏、首筋などがベストとなっています。香りのキツい香水やほんのり香る程度にしたいときは足元や膝の裏、ウエスト付近など下半身に、香りが弱くしっかりと際立たせたいときには首筋や肩などの上半身がおすすめです。

しかし香水は体温が高いほうがよりしっかりと香り、男性は基本的に女性よりも体温が高いので、男性が香水を付ける場合には下半身、特にビジネスシーンなどではウエストや膝裏などに付けるようにしましょう。また、「加齢臭が気になるから」と汗をかきやすい脇の下などはNG、香水の香りと汗が混ざってしまいます。

香水を付ける量とタイミング

香水は基本的にスプレータイプが多く、付ける量はワンプッシュがベスト、肌から10cmほど離した場所から吹き付けるか、手のひらに付けてから肌に付けるのもおすすめです。また、濃度の低いオーデコロンはスプレーで直接肌に面で付ける、濃度の高いパルファンは1滴、点で付けることを意識すると良いでしょう。

直接吹き付ける以外に、肌着や下着を入れている場所に香水を付けたコットンなどを入れておけば、香水を付けなくてもほんのりとした香りを楽しむことができます。香りを付ける基準は「自分ではあまり香らない程度」です。

香水を付けるタイミングは、付けた直後は香りがキツくなりやすいので外出30分前ぐらいにします。香水は時間経過とともにトップノート・ミドルノート・ラストノートと香りが変化しますが、もっとも安定した基本の香りとなるのはミドルノート、そしてミドルノートに変化するのが付け始めから20分ほど、そこから2時間後ぐらいはミドルノートを楽しむことができます。

香水によって香りの変化に違いがあるので、お気に入りの香水の香りの変化を把握して、時間を逆算することで外出時に狙った香りを楽しめるようになります。

 いい匂いを身にまとう40代男性になろう!

香りは相手の印象として強く残り、いい匂いの香水は好印象を与えると同時に相手に自分の印象を残すことができます。加齢臭に悩む40代男性は、お気に入りの香水でいい匂いを身にまとってみませんか。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。