記事作成日:

クレジットカードの年会費について詳しく解説!年会費無料のメリットは?

クレジットカードを選ぶうえで、「年会費」は最も重要な要素の一つです。一般的には、年会費が高いほどサービスや保険の質が高くなると言われていますが、年会費無料でも質の高いクレジットカードはたくさんあります。初めての方でも取得しやすいことから人気がありますが、今回はその特徴や注意点、おすすめのカードなどをご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

クレジットカードの年会費とは?

まず年会費とは、カード利用者が毎年カード会社に支払う料金のことです。その金額はカード会社やカードの種類によって異なります。年会費が発生するタイミングは、入会日と毎月の支払日によって異なりますので、入会日と支払日は必ず確認してください。

また、カードの年会費には、旅行中に万が一のことがあった場合に補償される「海外・国内旅行傷害保険」や、クレジットカードの紛失や盗難、不正使用の被害に遭った場合に補償される「紛失・盗難補償」など、カードの各種付帯保険やサービスの費用も含まれています。

クレジットカードは基本的にランク分けされていて、最高ランクは「ブラックカード」、その他は「プラチナカード」「ゴールドカード」「一般カード」の順となっています。ゴールドカード以上のランクのカードは、「ステータスカード」(地位の高いカード)とされることが多いです。

基本的に、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどの「ステータスカード」は、年会費が高い傾向にあります。ただし、年会費が無料の「一般カード」もあります。また、ステータスカードは、一般カードに比べて入会条件が厳しくなっています。

年会費無料のクレジットカードの種類は?

それでは、ここからは年会費が無料のクレジットカードの種類についてみていきましょう。一口に無料といってもそのサービスにはさまざまな違いがあります。

種類①初年度のみ無料のクレジットカード

カード会社の中には、クレジットカードを作成した初年度のみ年会費が免除されるものがあります。つまり、初年度のみ年会費が無料で、2年目からはカード会社の規定に沿った年会費を払うことになりますので、申し込み時に確認する必要があります。

また、お試しで1年間だけ利用するつもりでも、自動更新されてしまうと年会費が差し引かれてしまいます。初年度無料のサービスを提供しているクレジットカードを利用する際には注意が必要です。

種類②条件付きで無料となるクレジットカード

また、一定の条件を満たせば年会費が無料になるクレジットカードもあります。例えば、給与振込口座に設定したり、1年間に一定額以上の利用があったりするなど、一定の条件を満たすと年会費が無料と言うサービスです。

種類③永年無料のクレジットカード

また、一度申し込めば、永久に年会費が無料になるクレジットカードもあります。年会費無料のクレジットカードを探している方は、できるだけ永年年会費無料のクレジットカードを選びましょう。

年会費無料クレジットカードがおすすめの理由

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶことで、年会費無料に加えて特別なサービスを受けることができます。ここでは、年会費無料のクレジットカードのメリットを、維持コスト、補償、ポイントの面から見てみましょう。

理由①維持コストがかからない

毎年年会費を払うカードと比べて、コストを気にせず気軽にクレジットカードを持てるというのは大きなメリットです。特に、ほとんどカードを使うことはない方や、初めてクレジットカードを利用する方など、お試し感覚で申し込むと言う場合には維持コストがかからない年会費無料カードがおすすめです。

理由②補償も充実しているものも多い

中には旅行中の病気やケガに対応できる国内・海外旅行傷害保険が付帯しているものもあります。海外旅行傷害保険が自動付帯されているカードであれば、特別な手続きをすることなく、クレジットカードを持っているだけで保険に自動的に加入することができます。またそれだけでなく、特定の提携店舗で使える割引や特典が付いているものもありますので、ぜひチェックしてみてください。

理由③使用してポイントがたまる

年会費無料のカードであっても、使用することでポイントが溜まるサービスを行っているものがほとんどです。

年会費がかかるカードの方がポイント率が高いこともありますが、そもそも、年会費を取り戻そうと思ったら、かなりの出費が必要になりますし、特定のサービスに絞って、かなり効率よく利用しないと元が取れないかもしれません。

また、うっかり有効期限を忘れて、せっかく貯めたポイントがなくなってしまっても、無料で利用しているカードならがっかりすることも少ないでしょう。

年会費無料クレジットカードのよくある質問

無料と聞くと本当に内容は大丈夫なのだろうか、どこまで無料なのだろうと、さまざまな疑問が湧いてくることでしょう。ここでは、無料カードに関わる心配事をまとめてみました。どうしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

質問①発行手数料はかかるのか?

無料カードは発行手数料はかかりません。ただし、解約手数料が発生するカードがあります。また、カードの盗難や紛失があった場合には、別途発行手数料が必要になることもあります。さらに、年会費が無料でも、返済(分割払い、リボ払い、キャッシング)には手数料がかかりますので、覚えておきましょう。

質問②サービスの質は落ちるのか?

年会費が無料だからといって、クレジットカードの基本的な機能が欠けているわけではありません。ショッピングでの支払いはもちろん、各カード会社のポイントサービスも利用できます。また、優待サービスや特典が付いているものもあり、現金で支払うよりもお得に利用することができます。

クレジットカードの基本的な機能に満足している方や、ゴールドカードやプラチナカードならではの高いステータス性を求めない方は、年会費無料のクレジットカードで十分にメリットを実感していただけることでしょう。

質問③セキュリティ的な問題はない?

クレジットカード会社が有料・無料でわざわざ別のセキュリティシステムを用意するのはコストがかかるため、年会費があるものとないものではセキュリティに差はありません。そのため、年会費が無料だからといってセキュリティが甘いという心配はいりません。もし、どうしても心配な場合はカード会社にセキュリティ面での管理について尋ねてみましょう。

年会費無料クレジットカードの良い選び方

年会費無料のクレジットカードを選ぶ際には、目的や優先したい条件などを明確にした上で、自分に合ったクレジットカードを選ぶようにしてください。ここでは、良い年会費無料カードを選ぶための3つのポイントをご紹介します。

選び方①ポイント還元率

まず、ポイント還元率が高ければ高いほど、利用金額に応じて効率よくポイントを貯めることができます。また、無料のクレジットカードでも、1%以上の高還元率のものがあります。例えば、『Visa LINE Pay クレジットカード(LINEクレジットカード)』は、2%の高還元率なので、使えば使うほどポイントが貯まってお得です。

選び方②搭載されている便利機能

決済や家計管理に便利な機能がついているカードもありますので、そうしたカードを選ぶのもおすすめです。例えば、タッチレス決済機能付きのカードであれば、非接触なのでカードの読み込みに時間がかからず、スムーズに支払いを行うことができます。

選び方③付帯している保険やサービス

カード会社によって用意しているサービスや付帯保険はさまざまです。中には、ガソリンスタンドで給油する際に割引してくれるサービスが付帯しているカードや、ショッピング保険付きのものなどがあります。

年会費無料のクレジットカードを選ぶ時の注意点

年会費無料のクレジットカードであっても、思わぬ手数料を請求されるケースがあります。年会費無料のクレジットカードを作る際には、以下の点に注意してください。

注意点①途中で年会費が発生する場合がある

学生向けのクレジットカードや若者向けのクレジットカードには、年会費無料のものが多くあります。ただし、卒業後や一定の年齢を過ぎた後にクレジットカードが自動的に切り替わる場合には、年会費が発生するケースもあるので注意が必要です。

注意点②初年度無料のカードは翌年の条件を確認

年会費無料のカードには、初年度のみ無料のものと、次年度以降も無条件で無料になるものがあります。初年度が無料のカードは、条件を満たせば次年度以降も年会費が無料になるのが一般的です。

注意点③カードの増やし過ぎには注意

年会費無料だからといって、所有するカードの枚数を増やしすぎないように注意する必要があります。所有するカードの枚数に制限はありませんが、カードが増えれば増えるほど管理コストがかかりますし、紛失や盗難のリスクも出てきます。

また、効率よくポイントを貯めたいのであれば、ある程度カードの枚数を絞ったほうが良いでしょう。日常生活で頻繁に利用するメインカードと、それ以外の特典や目的のためのサブカードに分けることで、カードの価値を最大限に引き出すことができます。

注意点④ETCカードは年会費が発生する場合がある

年会費無料のクレジットカードならお金がかからないと思っていたら、ETCカードには年会費や発行手数料がかかることに驚くかもしれません。クレジットカードによっては、ETCカードを発行する際に、年会費、発行手数料、またはその両方が必要になる場合があります。

例えば、楽天カードは、クレジットカードとしての年会費は無料ですが、ETCカードを作ると、年会費550円が別途かかります(ゴールドカード以上は無料)。

また、年会費無料のクレジットカードの中には、エポスカードやオリコカードなど、ETCカードを無料で作れるクレジットカードもあります。特に、ETCカードのコストを確認しておくとよいでしょう。

お得な年会費無料のクレジットカードを見つけよう!

以上、無料で作れるクレジットカードにもさまざまな種類があることをお伝えしました。無料だからといってすぐに申し込まず、ぜひ特典や注意点を考慮して、自分の目的にぴったりの一枚を選びましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。