フリーローンは低金利がお得!おすすめのフリーローンや契約時の注意点を解説

フリーローンは低金利がお得!おすすめのフリーローンや契約時の注意点を解説

ローンの中にはビジネスローンのように事業目的への使用限定で、プライベートな目的には借り受けた資金の使用が禁止されているものがあります。

しかし、フリーローンはその名の通りどのような目的にも自由に使えるローンです。

自由に融資されたお金を使える反面、何度も融資を受けられません。そのためどのような目的に使うのかしっかりと考える必要があります。

また使い道だけではなく、どのようなフリーローンを利用するのか品定めすることも大切です。

なぜなら数あるフリーローンですが、サービスによってその金利はまちまち。将来的な返済計画を考えれば、低金利で借り入れられるに越したことはありません。

そこでこの記事では、なぜ低金利のフリーローンを利用すべきなのかその理由を解説します。おすすめのフリーローンや契約時の注意点も紹介するので、ぜひとも参考にしてみてください。

フリーローンとは?

そもそもフリーローンとは、銀行が提供しているどんな目的にも自由に使えるローンです。銀行によっては多目的ローンとして提供している場合もあります。

使い道はビジネス・プライベート問わず、ルールに違反していなければ自由。比較的様々な用途に使えのがメリットです。また、融資される金額が比較的大きいのも特徴です。

ただし、フリーローンは1回しか融資を受けられません。

使い道が幅広く、融資額が大きいフリーローンが大きな助けになるのは間違いありませんが、使い方・タイミングに気をつける必要があります。

またフリーローンは契約した後、すぐに融資額が振り込まれます。カードローンのように、一度に振り込まれる融資額を任意に調整することはできません。

フリーローンは低金利がおすすめな理由

フリーローンは会社によって金利が異なります。そのためできるだけ低金利で融資を受けられるサービスを利用するのがおすすめ。その理由は主に以下の3つが挙げられます。

  • 将来的な負担を軽減できる
  • 信頼性が高い
  • 大きな借入も狙える

低金利で提供している会社の多くが高い信頼性を誇ることに加えて、限度額を高く設定している場合が多くなっています。

将来的な負担を軽減できる

低金利で契約しておけば、将来的に金銭的な負担を軽減できます。

金利が高いと、その分利息も高くなってしまうため、最終的な返済額が大きく膨れ上がる可能性があります。

特に高額の借入が可能なフリーローンは、金利がたった1%違うだけでも支払額に数10万円の差が生まれるかもしれません。同じ金額を借りるのであれば、少しでも低い金利で契約する方がお得なのは間違いありません。

少しでも低金利で契約したい場合は、融資額を増やすといった対応が必要です。融資額が多ければ多いほど、低金利となる可能性があるからです。

特に融資額が決まっていないのであれば、低金利狙いで少し多めに借りるのも視野に入れましょう。ただし、当然ながら返済時の負担が増える恐れがあるため、計画的な返済が必要となります。

信頼性が高い

低金利の会社は信頼性が高い傾向にあります。

金利の高いフリーローンというのは、銀行系ではなく信販系、または消費者金融系が多くなっています。

対して低金利で提供しているフリーローンは、ほとんどが銀行の商品のため基本的に信頼性は高いです。銀行から借りられるため、安心感が高く問題が起きる心配もありません。

大きな借入も狙える

低金利の商品は、大きな借入を狙える可能性があります。

フリーローンの融資額は銀行によってマチマチですが、低金利ローンの中には、1,000万円以上の借入が可能となっているものもあります。大きな融資を必要としている人の助けになるでしょう。

しかし、フリーローンの中には大きな借入でないと金利が上昇する商品も多数あります。利用する際は、少額でも低金利で契約できる商品なのかを見極める必要があります。

低金利で契約できるおすすめフリーローン3選

低金利で契約できるフリーローンは数多くありますが、その中でも低金利で契約できるおすすめのフリーローンを3つ紹介します。これから契約したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

イオン銀行フリーローン

イオン銀行が提供しているフリーローンです。インターネットで契約できるためいつでもどこでも契約可能で、比較的大きな借入も可能です。

イオン銀行フリーローンの基本情報

融資額 10万円~700万円
金利 3.8%~13.5%
返済方法 元利均等方式
借入期間 最大8年
担保・保証人 不要

融資額は10万年単位で最大700万円まで用意されており、比較的大きな借入が可能です。

また、借入期間が最大8年までと長く設定されています。返済するまでに時間が必要な場合でも、安心して利用できます。

しかも担保や保証人も必要としない無担保型フリーローンのため、収入がしっかりしていれば融資を受けやすいというのもメリットです。

イオン銀行フリーローンの契約条件
  • 日本国内に在住していること
  • 20歳以上60歳未満
  • イオン銀行の口座を保有している
  • 前年度収入が200万円以上
  • 保証会社の保証を受けられる人
イオン銀行フリーローンのメリット

イオン銀行フリーローンのメリットは、インターネットで契約を完了させられるという点です。

銀行のフリーローンは窓口での契約が必要となるケースが多く、来店しなければ契約すらできない場合が多々あります。そのため全国的に展開しているローンが少なく、利用できる商品数が少なくなっています。

しかしイオン銀行フリーローンは、申込みから契約までを全てネット上で行い、手続が完了すれば振り込みで融資を受けられます。このように気軽に契約できるというのは大きなメリットです。

また、契約する金利が審査によって変動する他、固定金利で将来的に金利の上昇が発生しない点も魅力的なポイントです。長期的に低金利の恩恵を受けられる安心感があります。

みずほ銀行多目的ローン

メガバンクのみずほ銀行が提供するフリーローンです。限度額はメガバンクとしては物足りない数字となっていますが、契約しやすいのがメリットです。

みずほ銀行多目的ローンの基本情報

融資額 300万円まで
金利 5.875%~6.65%
返済方法 元利均等方式
借入期間 最大7年
担保・保証人 不要

融資額は300万円までに制限されており、無担保という性質も考慮してあまり大きな借入は期待できません。しかし、金利面では他社よりも大幅に低い数字を実現しており、6%程度の金利で融資を受けられます。

借りられる期間もそれなりに長く設定されているため、安心して利用できるローンと言えます。ただし金利が低い反面、審査が厳しい点には注意が必要です。

みずほ銀行多目的ローンの契約条件
  • 20歳以上66歳未満
  • 勤務年数が2年以上
  • 前年度収入が200万円以上
  • 保証会社の保証を受けられる人
みずほ銀行多目的ローンのメリット

一番のメリットは、他社よりも大幅に低い金利で契約できる点です。

最大の金利が6%台というのは、他社では実現していない低金利です。一方で最低金利が5.8%弱というのは少し高いように感じられますが、金利が借入額に左右されにくいという意味ではメリットと言えます。

また、メガバンクということもあり信頼性が非常に高いローンでもあります。

安心して借りられるという部分も含めて、借入額がそこまで多く必要でなければおすすめのローンです。

関西みらいフリーローン

関西みらい銀行が不動産担保を要求する代わりに、低金利と高額な借入を実現しているフリーローンです。大きな借入が必要であれば、このローンがおすすめです。

関西みらいフリーローンの基本情報

融資額 1億円まで
金利 2.0%~9.8%
返済方法 元利均等方式
借入期間 最大25年
担保・保証人 不動産担保が必要

最大の融資額が1億円までと非常に高額となっており、大きな借り入れに適しているローンです。しかし、不動産の担保が必要となっており、担保を出せない場合は融資を受けられません。

また金利も低く設定されているため、少額の借入でも利息額を抑えられます。さらに最大25年まで融資を受けられるため、ゆっくりと返済できるローンとなっています。

関西みらいフリーローンの契約条件
  • 20歳以上70歳以下
  • 信用事故が確認されない
  • 安定した収入を持っている
  • 保証会社の保証を受けられる人

収入の条件が曖昧な記載とですが、不動産担保に問題がなければ大きな収入がなくても契約できます。

関西みらいフリーローンのメリット

最大1億円という融資額の大きさがメリットです。

不動産担保によって融資額を拡大させられるローンとなっており、無担保のフリーローンでは実現しない金額が融資されます。

また、担保の価値が高ければ高いほど信頼性が高いと判断され、融資額を増やせる可能性があります。

担保というリスクはあるものの、融資額に対して金利が低く設定されているローンです。大きな借入を希望している人におすすめのローンと言えるでしょう。

低金利のフリーローンを利用する際の注意点

低金利のフリーローンを利用する場合は、以下の注意点を理解したうえで、どのローンと契約するかしっかり考えましょう。

  • 担保や保証人が必要な場合がある
  • 審査が厳しい

担保や保証人が必要な場合がある

フリーローンの中には担保を必要としている商品がいくつかあります。

担保を出さなければならない商品は、返済に失敗すると強制的に不動産を売却されて返済に充てられるというリスクがあります。

同じように、保証人を付けないと契約できないフリーローンもあります。保証人が必要な場合、当然ながら誰かに依頼して保証人になってもらわなければ契約できません。

審査が厳しい

低金利のフリーローンは審査基準が厳しく、審査に落ちやすくなっています。

低金利で融資をする以上、返済できない人にお金を貸すわけにはいきません。厳しい審査基準で対応する可能性が高く、審査落ちとなるケースも多くなります。

審査を通過するためには、特に収入の安定性が大切です。安定した収入がしっかり確保できるようになれば、フリーローンの審査を通過できるでしょう。

フリーローン低金利情報まとめ

フリーローンには低金利で借りられる商品も多数あります。

低金利で融資を受けられれば、その分将来的に返済する総額を少なくできるため、長期的に返済を考えている方や高額な融資を受けたい方ほど、できるだけ低金利のフリーローンを選ぶのがお得です。

また、なかには高額な融資を受けるほど低金利となるパターンもあります。どのような商品となっているか、事前にフリーローンの内容をしっかり確認するように心がけましょう。

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

▼ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。