在籍確認の電話なしでキャッシングするには?

キャッシングやカードローンを申し込んだ際に職場への在籍確認があるのが気になる方も多いでしょう。在籍確認によっていきなり個人名から電話があると勤務先の業種によっては不審に思われたり、たまたま電話に出た人が消費者金融業者の在籍確認についてよく知っている人だと申し込んだことがわかってしまうかもしれません。もし、職場の人に申し込んだことがわかってしまうと職場内で噂になったり、上司などから心配されてややこしいことになりかねません。そこで電話による在籍確認の特徴やそれを回避するための方法などについてご紹介していきます。電話による在籍確認以外の方法に興味がある方は参考にしてみてください。

そもそも在籍確認とは何か?

在籍確認とはカードローンやキャッシングに申し込んだ本人が申込書上に記載された勤務先に在籍しているかどうかを確認するための銀行や消費者金融業者の手続きのことです。この手続きによって申込書上に書かれた勤務先できちんと働いていることが確認できます。金融業者が在籍確認をおこなう理由ですが、借りた人が勤務先から安定した収入を得ていて、返済する能力があることの証明になるからです。もし、申込書上の勤務地に勤務していないということになるとそれだけで信用がなくなり、審査に通らないことにもなりかねません。もし、在籍確認の担当者が勤務先に何度連絡しても誰も出ないということになるとその電話番号は無効であると判断され、代わりの電話番号がなければ審査に落ちる可能性も出てきます。貸付けをする業者にとって在籍確認はそれくらい重要な手続きとなっています。

電話による在籍確認の内容

在籍確認は勤務先に申し込んだ業者の担当者から電話があり、本人以外の人が出た場合には本人につないでもらうように依頼します。担当者の名乗り方は銀行と消費者金融業者で異なります。銀行の場合は、「○○銀行ですが、●●さんはいらっしゃいますか?」と銀行名を名乗ります。一方の消費者金融業者の場合、「○○(個人名)ですが、●●さんはいらっしゃいますか?」と社名は名乗らずに個人名でかけてくるケースがほとんどです。

貸金業者は「契約する人以外に契約の事実を知られてはいけない」という貸金業法があるために会社名を名乗って電話してくることはありません。しかし、銀行の場合は様々なサービスを提供しているため、銀行名を名乗っても必ずしもカードローンやキャッシングの申込みをしたことが明らかにはならないために名乗ってきます。これに対して消費者金融業者の場合、社名を名乗れば電話に出た人にすぐにわかってしまうためにあえて社名は名乗らず、個人名でかけてきます。ただし、勘がいい人なら銀行名が名乗られた時点で本人がカードローンやキャッシングの申し込みをしたと気がついてしまう人もいるでしょう。もし、確実にその事実が職場の人に知られたくないなら銀行への申込みは避けたほうがいいかもしれません。

尚、電話による在籍確認で聞かれることはとてもシンプルですのであまり心配する必要はありません。在籍確認の目的はあくまで申込書に書かれた勤務先に申込者が実際に勤務しているかどうかの事実確認だけです。ですから職場の人がそばにいる自分のデスクなどで年収などを聞かれたりということは一切ありません。ただし、生年月日や住所などを聞かれることはありますので落ちついて答えられるようにしておきましょう。

在籍確認の審査を電話なしにすることは可能なのか?

在籍確認の審査ですが、審査自体を省くことはできないものの、在籍確認の電話なしで審査を受けることは可能です。その方法としては次のような方法があります。まずキャッシングの申し込みが完了すると担当者から本人確認のための連絡が入ります。その連絡を受けた際に職場へ電話連絡は職場の事情などで回避して欲しい旨の相談をしてみるのです。事情について理解が得られれば在籍確認の手段として電話以外の方法を提案してくれます。職場の状況などにより個人差がありますので、まずは相談してみるといいでしょう。

上記のように相談すると電話による在籍確認以外の方法が説明されることになるでしょう。その方法としては在籍確認に必要な書類を提出することになります。キャッシング業者の中には最初からこの方法による在籍確認をするところが何社かあります。そのようなキャッシング業者を最初から選べば電話連絡の代わりとなる手続きにより審査がおこなわれることになります。

この場合、キャッシングを申し込んだ人は在籍確認のための書類をキャッシング会社に提出することで電話の代わりとして審査してもらえます。提出すべき書類としては以下のようなものが挙げられます。

 

・健康保険証(国民健康保険でも可能)

・雇用契約書

・会社の在籍証明書

・給与明細書

・源泉徴収票

・運転免許証

 

ただし、電話による在籍確認をしないとされている業者でも代替的な書類の提出については注意点があります。その注意点とは在籍確認をするのは原則として電話によるとしている業者が多く、申込者の過去のクレジット履歴等何かの理由でどうしても必要な場合には電話での確認が行なわれることもありえます。つまり電話による在籍確認は100%おこなわないと保証されているわけではないということです。また、業者によっては書類提出による在籍確認をするには何か特別な事情がある場合に限定されているケースもあります。この例外として認められるケースには、たとえばキャッシング申込者が勤務する会社の機密性が非常に高い場合やコンプライアンスが非常に厳しい場合、社名を名乗らない人には在籍社員の情報は一切教えないような例が考えられます。

尚、銀行のカードローンについてはほぼ電話による在籍確認がおこなわれているケースが多いと考えられています。銀行の場合、銀行名を名乗って電話連絡を職場によこしてくるケースがほとんどです。普段、あまり銀行から直接個人宛てに電話がかかるケースは極めて稀ですので、社内でカードローンの利用が疑われる可能性が非常に高くなってしまいます。ですから、職場への電話による在籍確認を避けるには、少なくとも銀行のカードローンへの申込みはやめて消費者金融業者のほうが無難です。

書類提出による在籍確認はこんなにカンタン

在籍確認に必要な書類提出ですが、インターネットの普及により今ではパソコンやスマホで撮った社員証や健康保険証の画像を送るだけという簡単な手続きで済むようになっています。もちろん郵送でも可能ですが、業者側に到着するのに時間がかかってしまいます。即日融資などを受けた場合にはそのメリットが半減してしまうでしょう。その点、写メやスキャンによる画像の送信ならその日のうちに業者側に届きます。

このように便利で簡単な画像送信による書類提出ですが、注意点があります。それはピントが合っていない画像やフラッシュで一部の画像が不鮮明な場合、もう一度撮りなおしておくるように依頼されてしまうからです。そのようなやりとりがあると即日融資などを申し込んだ場合にその日のうちに手続きが完了せずに借りるのが遅れることにもなりかねません。

ですから画像送信の場合はもう一度撮り込んだ写真がちゃんと撮れているのかを確認したほうがいいでしょう。特に免許証番号や保険証番号といった重要な数値やデータは審査で重要ですから気をつけたいところです。

まとめ

今回は電話による在籍確認なしでキャッシングする場合の方法についてお伝えしてきました。是非参考にしてみてください。

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事