記事更新日:

ファクタリングとは「売上債権を流動化して現金化すること」

引用:unsplash

事業を営む上で取引先と取引を進めることは当たり前ですが、この手続きには売上債権が発生します。個人事業主や法人限らず、売上債権の取り扱いは財務を安定化させるために必要なものです。しかし、売上債権について把握していないケースや、売上債権の効率化について悩んでいるケースがあると思います。

経営といいますと、取引先との取引や資金調達、事業展開の方針について力を入れますが、売上債権の取り扱いても大切ですし、売上債権流動化がポイントです。

そして売上債権を流動化するということは、資金調達及び現金化を早期に実現できますから、人件費や設備投資へ余裕を持って回すことができます。ただ、売上債権流動化が可能なファクタリングについて、一般的な方法として認識されていない背景があります。

そこでここでは、売上債権の基本から流動化させるために活用できるファクタリングについて、ご説明します。

案件受注が安定していても、売上債権の流動化を高めなければ経営を安定させることが難しいです。ですから、この機会に売上債権とファクタリングについて考えてみてください。

 

売上債権を譲渡して、現金化すること=ファクタリング

売上債権とは、取引先と取引する上で必ず発生する債権です。また、売上債権は財務上重要な項目であり、経営に大きく影響するポイントでもあります。しかし、事業を始めたばかりですと、つい財務上の項目について後回しになることも多く、実際に取引に注目しがちです。

また、現金化の重要性について把握しておかないといけません。

しかし、売上債権の流動化やファクタリングについても、よく分からない状態になりますから、まずは売上債権から解説していきます。

売上債権とは売掛手形や売掛金のこと

企業もしくは自営業でも売上債権という項目は、財務上必ず発生する債権です。経営上様々な債権が発生しますが、売掛債権と営業債権は売上債権と同じ意味です。

売上債権は、相手企業と取引を交わした際に発生する債権です。

一般的に取引は即現金化されません。商品の納品後やサービス提供後、後日相手企業から口座に振り込まれます。このような後払いを約束するために、売掛手形や売掛金が発生しましてまとめて売上債権と呼ばれています。

売上債権の譲渡し現金化させるサービスがファクタリング

売上債権を保有している状態では、支払いが済まされていませんから現金化もしていません。従って、未回収のままとなっており、資金調達できていない状況ともいえます。

ですから売上債権の流動化を高めることが、経営を安定化させるためにも必要なポイントになります。売上債権の流動化を高める方法の1つが、ファクタリングによる早期現金化です。

ファクタリング会社が存在しており、売上債権を譲渡することで期日前にファクタリング会社から資金を受取ることができます。

そして、期日までに取引先から支払われる売掛金は、ファクタリング会社に振り込まれてファクタリング手続きが完了します。

売上債権を譲渡するファクタリングの利用メリット

ファクタリングの利用メリットは、売上債権の流動化を高められることでしょう。売上債権の未回収期間が長い程、支出のみが増えていくため資金繰りが悪化するリスクがあります。

ですから、売上債権の早期回収=流動化を高めることは、資金繰りを悪化させないためにも重要な行動です。

売上債権の流動化を高める方法でもあるファクタリングは、最短で即日現金化できますから至急資金調達が必要なケースにも活用メリットがあります。

 

どうやって売上債権を譲渡するのか?

売上債権を譲渡するといっても、ファクタリングの仕組みについて理解しなくてはいけません。ですから、ここでは売上債権の譲渡であるファクタリングについて、ご説明します。

売上債権の譲渡は、特段難しい内容ではありませんから、この機会に覚えてみることをおすすめします。

売上債権をファクタリング会社に買い取ってもらう

まず、取引先企業と取引を行い売上債権が発生します。そして売上債権をファクタリング会社へ譲渡してもよいか、取引先企業へ承認を貰います。

承認を得ましたら、ファクタリング会社へ売上債権の譲渡契約を行い譲渡します。

譲渡契約が完了した後に、ファクタリング会社から売上債権に手数料を差し引いた金額を受取ります。この時点で事業者側は、売上債権の回収が完了します。

最後に、取引先企業からファクタリング会社へ、1ヶ月から2ヶ月後に請求書通りの支払いが行われます。

これが売上債権の譲渡です。

売上債権を譲渡する方法は2種類用意されている

売上債権を譲渡する方法は、元々1種類でして後述で紹介する3社間ファクタリングのみでした。しかし、ファクタリングが発展していく上で、2社間ファクタリングと呼ばれる方法も確立しまして現在は2種類のサービスが提供されています。

ただ、どちらも売上債権を譲渡し、資金調達を早期に行える点は同じですからファクタリングとしての機能は変わりません。

売上債権の譲渡に際し利用手数料が掛かる

売上債権の譲渡を行う前に、知っておくべきポイントがあります。それは、利用手数料が掛かることと、売上債権に相当する金額を受取る際に差し引かれることです。

ファクタリング会社にとって、利益となる部分は売上債権に掛かる利用手数料です。ですから、事業者にとっては、売上債権に相当する金額のうち100%は回収できない点を覚えておきましょう。

また利用手数料は、金額や取引先企業の信用力によって異なります。

 

2社間で売上債権を譲渡する方法

2社間で売上債権を譲渡する方法を、2社間ファクタリングと呼びます。2社間ファクタリングは、中小企業にとってハードルとなっていた部分を除いた、便利なサービスです。また、債権譲渡登記が法律によって定められたことで可能になった方法ですから、こちらについてもご説明します。

2社間ファクタリングのポイントは、取引の流れと債権譲渡登記です。

2社間で売上債権を譲渡する方法は2社間ファクタリングを利用する

2社間で売上債権を譲渡する方法は、ファクタリング会社が提供している2社間ファクタリングのことです。

2社間ファクタリングは、売上債権をファクタリング会社へ譲渡し、契約を交わした後に資金を受取ることができます。

ただし、事業者が取引先企業に、売上債権の譲渡について同意を得る必要がなく、ファクタリング会社も取引先企業と支払い手続きがありません。ですから、取引先企業に知られずに売上債権の譲渡契約と、資金調達が可能になります。

売掛先の企業とファクタリング会社で取引は発生しない理由

2社間ファクタリングが可能になった理由は、譲渡債権登記制度と呼ばれる法律が定められたからです。譲渡債権登記制度とは、売上債権を買い取った側に権利が移動します。

ですから、取引先企業に売上債権の譲渡について同意を得なくても、ファクタリング会社に譲渡できます。また、ファクタリング会社にとっても、事業者に売上債権の不当な返却要求に従わなくて済むため、2社間ファクタリングができるようになりました。

 

3社間で売上債権を譲渡する方法

3社間で売上債権を譲渡する方法は、3社間ファクタリングのことです、3社間ファクタリングは、元々運用されていた仕組みでして、事業者と取引先企業・ファクタリング会社の3社が手続きします。

ここでは、3社間ファクタリングを行う方法と、売上債権の流れについて解説します。

3社間で売上債権を譲渡する方法は3社間ファクタリングを利用する

3社間で売上債権を譲渡する場合は、3社間ファクタリングを利用します。買取型ファクタリングで元々運用されていた仕組みです。

事業者が事前に取引先企業へ、売上債権の譲渡について同意を得ます。そして、売上債権をファクタリング会社に譲渡しまして、資金を受取ります。最後に、取引先企業からファクタリング会社へ売上債権に相当する金額を支払い、契約が完了です。

ファクタリング会社は、3社間ファクタリングのサービスを用意していますから、まずは相見積もりを行い利用手数料コストや実績から比較検討しましょう。

3社間ファクタリングは売掛先の企業とファクタリング会社間で取引が発生する

3社間ファクタリングの場合は、売上債権の譲渡について取引先企業に同意を得る必要があります。ですから、事業者が取引先企業に知られたくないと考えている場合は、2社間ファクタリングを選ぶのがおすすめです。

 

売上債権の譲渡とはファクタリングのことで資金調達を早期に達成できる

売上債権とは、売掛金や受取手形です。そして、売上債権の譲渡を行い資金調達するには、ファクタリングを利用しましょう。

ファクタリングは売上債権を譲渡しまして、最短即日で資金調達が可能です。また、2社間ファクタリングであれば、取引先企業に知られることなく手続きが完了します。

売上債権の流動化を高めるためには、ファクタリングも活用した早期資金調達がポイントです。売上債権回転率が低いことで悩んでいる事業者は、この機会に売上債権の譲渡を行うファクタリングを検討してみてください。

 

「自分の場合は資金調達できるのか…」という方はまず資金調達プロでチェック

資金調達プロでは「カンタン無料診断」という無料のサービスがあり、数個の項目を入力するだけですぐに資金調達を受けることができるのか知ることが可能です。
まずは自分が資金調達可能かを知りたいという場合はぜひ活用したいサービスです。

中小企業経営者の私がオススメする業者一覧
※即日OKのおすすめファクタリング業者を見る

資金調達にお困りの読者様に合わせて読んでいただきたい記事

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。