個人事業主でも即日で融資を受けられる!その方法とおすすめの金融業者を解説

個人事業主でも即日で融資を受けられる!その方法とおすすめの金融業者を解説

引用:pixabay

「資金が不足しているからお金を借りたい」そう思っても、個人事業主の場合は法人に比べると融資を受けにくいと言われています。

とはいえ、切迫した状況で一刻も早く融資が必要という緊急事態が発生することもあるかもしれません。そんな時に頼りになるのが融資を申込んだ当日に、即日で融資を受けられるローンです。

そこでこの記事では、なぜ個人事業主は融資が借りにくいかを解説し、同時に即日融資を受ける方法やおすすめの金融業者を紹介します。

個人事業主が法人に比べて融資を受けにくい理由

個人事業主が法人に比べて融資を受けにくい理由はいくつかありますが、主に以下の3つが大きな要因です。

  • 所得が低く安定性に欠ける
  • 従業員の数も少なく取引先も少ない
  • 申告所得をごまかす可能性があり、事業者として信頼性に欠ける

個人事業主は法人に比べて平均的な所得が低く、かつ安定性にも欠けています。

また法人の多くは役員・従業員の数も多く、組織的に確立しているため、個人事業主に比べて売上げや事業規模も大きく、さらに取引先の数も多いものです。

一方個人事業主は、社員数が少なく、ときには個人事業主単独で事業を行っています。

そのため必然的に事業規模を大きくできず、所得も低くなりがちです。かつ取引先が1~2社に大きく偏っているため、顧客の動向に影響を受けやすく経営の安定性に欠けます。

これらのことから金融業者は個人事業主の評価を低く判断せざるを得ません。

さらに事業の意思決定が個人事業主単独でできるので、その気になれば融資を多く受けるため、実態以上に申告所得を大きく偽ることもできます。

個人事業主はどうしても法人ほど安定性も信頼性もないため、融資を受けにくくなるのが現状です。

個人事業主が借りやすく、即日対応してくれる金融業者とは?

融資の即日対応も含め、個人事業主が借りやすい金融業者とは、消費者金融などのいわゆる「ノンバンク」です。

特に即日対応に関しては、日本政策金融公庫はもとより、銀行・信用金庫では対応が難しく、この点ではノンバンクの独壇場となっています。

ノンバンクの審査は公的機関・銀行などの審査より早くでき、早いということはそれだけ審査の基準が緩いということでもあります。

融資を受けにくい個人事業主にとってはまさに渡りに船です。

個人事業主が融資審査でチェックされているポイント

個人事業主が融資の審査でチェックされているポイントとはどのようなものなのでしょうか?

大きくは以下の3つの観点からチェックされます。

  • 事業の現況及び将来性
  • 個人の生活実態
  • 事業者及び個人としての信用度

事業の現況及び将来性

事業の現況とは、個人事業主の事業に関する売上げ・利益状況、個人資産状況などを言います。

つまり事業が好調で、売上げや利益を継続して出しており、個人資産が大きければ大きいほど、貸金業者は融資に前向きです。

これらに加えて個人事業主が行っている事業に対する将来性もチェックされます。

個人の生活実態

個人の生活実態とは、個人事業主が個人として生活している諸条件がどのようになっているか、具体的にチェックします。

例えば本人の自宅が持ち家か賃借物件か、家族構成はどうなっているか、住宅ローン、カードローンなどの借入状況などがチェックポイントです。

事業者及び個人としての信用度

事業者及び個人としての信用度は融資審査で最も重要視される項目です。

これもまた複数の視点からチェックされます。

具体的には、貸金業者が個人信用情報機関へ本人の信用照会を行い、他社借入件数・借入残高、信用商品(ローン・クレジットなど)の過去及び現在の返済状況、金融取引履歴などを詳しくチェックします。

融資を受けやすい個人事業主とは?

融資を受けやすい個人事業主とはどのような事業者なのでしょう?

以下のようなタイプの個人事業主は、融資を受けやすいと考えられます。

  • 事業歴が長くかつ申告所得が大きい
  • 他社借入れがほとんどない
  • 個人信用情報が特に問題ない

個人事業主として事業歴が長く、かつ申告所得が大きい方は、金融業者にとっても安心して貸出できる相手です。

事業歴の長さは個人事業主としての安定度を示しており、申告所得の大きさは事業の好調さを物語っています。

また申込み時点で他社借入れがほとんどない方も金融業者は安心して融資できます。

もちろん個人事業主が他社借入れの申告を貸金業者に怠ったり意図的に隠していたりしても、金融業者も自社加盟の個人信用情報機関や信用機関相互の情報交流システムを使って債務チェックするので、申込者が他社借入れを隠すことはできません。

むしろ意図的な無申告は金融業者の心証を悪くするだけです。

さらに過去及び現在の本人の信用情報に特に問題がなければ、金融業者も安心して融資ができます。

個人事業主でも融資を即日で受ける方法

個人事業主でも一定の条件を満たしていれば、融資は比較的簡単に受けられます。

しかし全ての個人事業主が前述のような条件を満たせるわけではありませんよね。

個人事業主の中には常に資金繰りが厳しく、申告所得が低かったり、多額の借入れがあったり、あるいは個人信用情報に問題を抱えていたりという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような個人事業主でも、即日融資を受けられる方法は以下の4つです。

  • 申告所得の1/3以下の融資希望額で申込む
  • 他社と同時申込みせず1社ずつ申込む
  • 個人事業主専用ローンに申込む
  • 即日融資OKを謳っている貸金業者に申込む

以下詳しく解説します。

申告所得の1/3以下の融資希望額で申込む

法人は個人事業主より融資を受けやすいのは前述した通りですが、その大きな要因は法人の所得が個人事業主の所得より安定性が高いことです。

したがって法人の事業に将来性があれば、一時的に利益が低くなっても、金融業者は前向きに融資します。

しかし個人事業主の場合、事業そのものの安定度が低いので、金融業者も個人事業主に対して高い信頼を置くことができません。

さらに個人に対する融資には法律の面から「総量規制」という一定の制約がかかっています。

ノンバンクと呼ばれる消費者金融や信販会社に対しては、総量規制という法律で個人に対する融資に量的な制約が課されています。

総量規制を受けている貸金業者は、個人の所得に対して1/3を超える融資をできません。

その点、個人事業主に対する融資は事業資金なので、原則として総量規制の対象外です。

しかしそれはあくまで原則に過ぎず、多くの貸金業者では総量規制の趣旨に沿って、申告所得額の1/3を個人事業主に対する融資のめどとしています。

つまり逆に言えば、個人事業主が融資希望額を申告所得額の1/3以内に押さえて申込みすれば、他の条件に特に問題なければ、即日で融資を受けやすくなります。

他社と同時申込みせず1社ずつ申込む

金融業者が融資の申込みを受けると、申込者の信用情報に関して、金融業者が加盟している個人信用情報機関に照会します。

問い合わせの内容は多岐に渡りますが、その中のひとつに「他社の申込状況」があります。

金融業者が最も気にするのは他社との同時申込み、いわゆる「多重申込み」です。

複数他社に同時申込みする方は、借入れによる資金調達を急いでいる方が多く、個人事業者・個人問わず、資金繰りがかなり切迫していることを示しています。

資金繰りが厳しい方に貸しても、すぐに返済が遅れ始めて延滞・滞納となるリスクが高いので、金融業者としても融資を慎重にならざるを得ません。

そのため審査の通過率を少しでも上げたいなら、同時多重申込みせず1社ずつ順番に申込みするようにしましょう。

個人事業主専用ローンに申込む

個人事業主が申込みするローンと言えば、原則的に事業資金に対する融資でしょう。

事業資金の借り手は法人及び個人事業主ですが、金融業者によっては融資対象者を法人もしくは個人事業主のみに限定している場合があります。

金融業者があえて「個人事業主専用ローン」と謳っているのは、本人の持つ条件に信用上よほどの傷がない限り、融資に前向きに応じてくれることを示しています。

個人事業主が即日で融資を受けたいなら、優先して専用ローンに申込みすべきでしょう。

即日融資OKを謳っている貸金業者に申込む

公式サイトにわざわざ「即日融資OK」を掲げている業者は、間違いなく銀行より審査基準が緩やかな貸金業者です。

このような貸金業者は、審査時間も申込みから「最短30分」あるいは「60分以内」を謳っている業者であり、それだけ自社の審査ノウハウに自信を持っている証拠です。

そういう業者であれば、過去に多くの個人事業主から融資申込みを対応しているので、個人事業主の融資条件に多少難ありでも、様々な便益を図って融資に通る方法を一緒に考えてくれるでしょう。

そのような点からも「即日融資OK」を謳っている貸金業者に申込むのは、個人事業主が融資を確実に実現させる方法のひとつです。

▼ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

 

個人事業主が融資を即日で受けるときの注意点

個人事業主はサラリーマンなど給与所得者の場合と異なり、在籍確認の方法が異なります。

在籍確認とは、金融業者が個人からローンの申込みを受けたとき、審査の一環で行う手続きのひとつ。具体的には、本人の勤務先に電話をかけて「申込書に書かれた勤務先で本人が本当に働いているかどうか」を確認します。

個人事業主は厳密に言えば個人であり、申込みしたローンの種類が事業資金であれ、個人ローンの手続き同様に在籍確認が必要です。

しかし個人事業主は本人が事業をしている場所がそのまま勤務先になります。

したがって個人事業主に対する在籍確認は、給与所得者に対する在籍確認ほど対応が厳格でなく、電話の目的はあくまで「電話を掛けた事業所が本当にあるか」「固定電話で確実に連絡がつくか」という点での確認です。

個人事業主が融資を即日で受けられる金融業者

最後に個人事業主が融資を即日で受けられる金融業者を紹介します。

おすすめの貸金業者はアコム、プロミス、アイフルなどの大手消費者金融です。

これら大手消費者金融は「個人事業主向け専用ローンがある」「審査が迅速で申込みから最短30分で審査結果が得られる」「即日融資にも対応している」などの特徴を持ち、個人事業主が即日で融資を受けたいときの全ての条件を備えています。

個人事業主が融資を即日で受けたいなら、まずはこれら大手消費者金融の申込みを優先しましょう。

さらに大手で審査に落ちたときのことを想定して、中小消費者金融も数社候補先に加えておきましょう。

中小消費者金融の場合は必ずしも即日融資に対応している業者ばかりではありませんが、個人事業者向け専用ローンが用意されている業者や即日融資に対応している業者も存在します。

まとめ:個人事業主でも即日融資を受けることは可能

個人事業主でも即日で融資を受けられるということ、そしてその具体的方法について詳しく解説してきました。

個人事業主はどうしても法人に比べると安定性や信頼性の面で劣るため、融資を受けにくくなっています。また、そうした安定性や信頼性というものは、一朝一夕で改善できるものではありません。

しかし個人事業主に向いた貸金業者であれば、融資を受けられる可能性は高く、場合によっては融資を即日で受けられることもあります。

資金調達に関するおすすめ記事はこちら

▼ファクタリング即日OK!個人事業主にもおすすめ18業者比較

 

▼プロミスの個人向け事業ローンを利用するメリットとデメリットは?

▼アイフルのビジネスローン、メリットとデメリットは?法人と個人用プランで借りられる?

▼ビジネスローン専門のアイフルビジネスファイナンス!利用するメリットとデメリットは?

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。